北の核に対応する斬首部隊、予算執行は5%のみ

6

    • 1名無し2019/08/21(Wed) 15:21:35ID:U1NDc5Njg(1/1)NG報告

       韓国国防部(省に相当)が、北朝鮮の核とミサイルに対応するための大量反撃報復(KMPR)関連予算について、低調な水準で執行していることが20日までに判明した。特に、有事の際に北朝鮮の指揮部を取り除くため創設した「斬首部隊」の予算は、執行率5%という水準にすぎなかった。

       国防部が20日、保守系最大野党「自由韓国党」の白承周(ペク・スンジュ)議員に提出した資料によると、韓国軍は昨年、北朝鮮の核・ミサイル対応のための予算のうち、KMPR関連予算を62.6%しか執行しなかった。その中でも、KMPRの中心概念だった特殊任務旅団(斬首部隊)関連予算の執行が特に低調だった。国防部は、斬首部隊の予算3億3700万ウォン(現在のレートで約2970万円。以下同じ)のうち1800万ウォン(約158万円)しか使わなかった。予算執行率は5.3%にすぎなかった。斬首部隊は2017年、有事の際における北朝鮮の指揮部の除去やWMD(大量破壊兵器)破壊を目的として創設された。だが9・19南北軍事合意の後、韓国軍は斬首部隊関連事業に消極的な立場を示した。最近では、斬首部隊に補給された消音装置や照準器、拡大鏡、夜間暗視装置などを南スーダン派遣部隊(ハンビッ部隊)の訓練用に転用した事実も判明した。

      KMPRと関連があるC130H輸送機性能改良事業も、112億2100万ウォン(約9億8730万円)のうち1億4400万ウォンしか執行しなかった。国防部は、2018年国防予算編成結果を説明する際に浮き彫りにされたチヌーク・ヘリ(CH/HH47D)性能改良事業関連予算も、31億6400万ウォン(約2億7840万円)のうち3200万ウォン(約280万円)しか使わなかった。総予算の1%しか執行しなかったのだ。

       国防部は、最近国防中期計画の代表事例として宣伝した「停電弾」事業についても、予算を全く執行していないことが判明した。国防部は、2020-24中期計画を発表した際、2020年代末に停電弾を開発・配備したいと発表した。だが配分された研究・開発予算5億ウォン(約4400万円)を一文たりとも使っていないことが判明した。
      http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/08/21/2019082180037.html
      梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    • 2名無し2019/08/21(Wed) 16:12:25ID:U1MDQ5MDI(1/1)NG報告

      とても休戦中の国とは思えんなw

    • 3名無し2019/08/21(Wed) 16:37:03ID:c2OTQ1MTk(1/1)NG報告

      >>1
      もう北にミサイル打ち込んで貰って滅びればいいさ(笑)

    • 4名無し2019/08/22(Thu) 03:15:55ID:YwMDYwNDg(1/1)NG報告

      シルミドって映画があったな。

      捨て駒にされるはずだった犯罪者部隊が、反旗を翻して青瓦台を目指す反乱部隊になるという。

      日本に犯罪者部隊があっても国会や皇居に向かうなんて絶対ありえない。

      韓国は未開すぎる。

    • 5東洋人で申し訳ございません◇soCialiSt2019/08/22(Thu) 05:52:15ID:Y5ODIzMTI(1/1)NG報告

      脅威は北朝鮮だけではない

    • 6名無し2019/08/22(Thu) 19:37:03ID:kxNTU1MzY(1/1)NG報告

      対安倍首相の斬首部隊があれば1000億ウォン位の予算つくだろw

      反対に斬首されるだろうがw

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除