77年前に戻れるとしたら太平洋戦争を回避する方法はあったのだろうか?

118

  • 1名無し2016/12/29(Thu) 21:58:30ID:U3MzExNTE通報

    77年前の12月29日に戻ったとします。
    来年は皇紀2600年、東京オリンピックがあるはずでした。
    太平洋戦争を回避して、日本と大東亜共栄圏を守る選択肢はあったのでしょうか?

    今年、1939年にあったできごとは、

    3月 チェコスロバキア解体
    6月 ノモンハン事件
    8月 独ソ不可侵条約締結
    9月 ドイツ軍、ポーランド侵攻
    11月 ソ連・フィンランドで冬戦争

    日本は阿部内閣です。
    日中戦争は継続中だし、第二次世界大戦ももう始まっています。
    ちなみに日独伊三国同盟はまだ結ばれていません。

  • 69名無し2016/12/30(Fri) 16:30:13ID:E5NjQ4MzA(1/1)NG通報

    朝鮮半島をアメリカに割譲すればよかったのに。

  • 70名無し2016/12/30(Fri) 17:02:28ID:U3NzU4NzI(1/1)NG通報

    戦争は避けられないが、宣戦布告が真珠湾攻撃前に伝わっていれば、戦況が色々変わり、早期講話に持ち込めたかもしれない。
    ここが精一杯かな?

  • 71名無し2016/12/30(Fri) 17:08:12ID:YxMDI0MzA(3/8)NG通報

    国際情勢の話をする人は多いけど、日本の国内情勢の話をする人は少ない
    でも、日本が対米開戦した理由は国内情勢にあるからね
    1920-30年代の日本は単に貧しいだけではなく、
    国家体制が分裂しつつある時代だったけど、一般にはほとんど認知されていないのが問題だよね

  • 72名無し2016/12/30(Fri) 17:11:22ID:Q3OTAzMzA(5/8)NG通報

    >>66
    民衆支持を得ることが常に国益に適うとは限らない。
    その場合、列強諸国は「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつくということになる。
    民衆支持を得ることが"大義"なら、日本の民衆支持は戦争を支持した。
    もっとも朝日などの新聞に煽られた結果だが。

    スレタイから太平洋戦争を回避する方法はなかったという立場で書いている。
    資源、暗号技術で劣り、「情報戦」「経済戦」で負けるわけがない相手を見逃すほど、列強は甘くない。
    さんざん蒋介石に援助して国共内戦で支援せず見限ったあと、すばやく共産中国にキッシンジャーを送るような芸当ができるアメリカが、アジアで邪魔な日本を見逃すわけがない。
    なぜなら共産中国という市場を造ったのはアメリカだからだ。

    私は日本が全て間違っていたなどとは言っていない。
    マレー、シンガポール、フィリピン、インドネシアでは、中国系華僑は名誉白人であり、抗日ゲリラとして白人側につき、儲けてきた。
    常に白人連合に組して、アジアの分断分割統治に協力してきた中国は、アジアの裏切り者の汚名を世界に広めないためには、世界を植民地にして搾取してきたイギリスなどの白人国家とは連携し協力して、
    「白人対有色人種」 という世界史の真実を、隠蔽しなければならないのである。
    この視点に立つ時、欧米と中国にとってもっとも邪魔な存在は、有色人種で欧米と真っ向勝負した日本であり、歴史戦を含めて日本は悪の敗戦国にしておかなければならないのだ。
    日米戦は悲しいかな避けられない運命だったという立場だが、もう少し巧い負け方はなかったものかとも思う。

  • 73名無し2016/12/30(Fri) 18:37:00ID:gxOTc0NzA(1/1)NG通報

    太平洋戦争は回避できないにしても
    現代の状況から考えるに
    足手まといの朝鮮半島だけは、無駄な投資せずに欧米式の植民地経営をしておけば良かったと思う

  • 74名無し2016/12/30(Fri) 19:47:09ID:MxMjc2NTA(12/17)NG通報

    >>72
    ここでいう民衆とは日本以外の国も含むものだな。相手は全部外国なのだから。
    列強は非文明地域を植民地化して文明化するという大義名分を持ってたよ。
    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=PjwXWW4rk20
    この歌は愛国主義の歌としてリスティングされてたが愛国主義の歌じゃない。天道思想といって、日本では「公」つまり天道に背かず生きるという思想がある。
    これのために新政府は地元の薩摩軍を滅亡させ武士は武士身分を廃止した。昭和には天道思想は世界あるいはアジアを指した。
    簡単には開拓精神とも言える。まあ少年漫画の付録の歌だけど・・・

    で次に"民族主義"というものがある。
    これは言語や文化に基づいてアイデンティティを決めるもの。
    民族のルーツはナショナリズムを表し、それは戦争の善悪の基準になっていた。民族自決というのはそういうもので、これに合致するか否かで支持数が変わる。
    つまり戦力と全く無関係のところで力関係が変わるわけ。
    石油の備蓄量がどれだけあっても説得力ひとつで全て吹き飛ぶ。
    その説得力を得るのは、やはり嘘を吐くより事実を理解するのが一番早いんだ。

    だが日本のルーツは中国にはないことと、中国がアジア解放を目指して無かったことは、全然認識出来て無かったね。
    一方で満蒙には民族のルーツが多分あった。
    わかっていれば、もっと違う協力の取り付け方があった。
    まあそれでもアメリカンサイコだけは抑えられなかったかもしれないけど。。

  • 75名無し2016/12/30(Fri) 19:57:26ID:Y4MTk5NzA(1/1)NG通報

    1937年まだ戻れば…と思ったけど、やっぱ無理かなぁ。
    パナイ号事件の経緯を見れば当時のアメリカ世論が戦争を望んでなかったのは明らかだけど、中国の排日運動が激化するのは避けられなかっただろうし、そもそもルーズベルトは日本と戦争したがってたからな。

    日米開戦は避けられなくても、もうちょっと上手に戦えたはずなんだけどね。
    個人的には真珠湾攻撃は間違いだったと思ってる。
    とりあえずインドシナを押さえて、アメリカが出てきたら機動部隊で叩くべきだった。
    南方に手を広げたのが失敗。

  • 76名無し2016/12/30(Fri) 21:02:21ID:c0NDg3MzA(5/13)NG通報

    対外的には、アジア解放思想を強調すべきだと思う。事実、異民族虐殺をした白人とは違うのだし。
    しかし、本質的には、韓国の事大好隣主義を見て、中国本土でも大日本帝国の力が、通用すると判断を間違えた。
    日本は、中華思想が通用する国では無いが。
    差別主義者の白人共と違い中華思想の存在そのものは良く知っていた。
    これが、覆るなら。日本は貿易も、国防も得ることができる絶好のチャンスだったのだ。

  • 77名無し2016/12/30(Fri) 21:09:34ID:AxODc1MjA(2/2)NG通報

    >>41
    残念ながら無理だ。
    当時のアメリカには 第二次大戦が勃発した理由について、
    第一次大戦で ドイツを徹底的に叩かなかったからという認識があった。
    だから今回は ドイツや日本が無条件降伏するまで戦う決心をしていた。

    日本は 早期講和に持ち込むつもりだったけど、
    日露戦争の時は 開戦前に英米が講和の仲介をしてくれる目途がたっていたのにたいし、
    第二次大戦のときは なんの目途もたたないうちに開戦に踏み切るしかなかった。
    本当に 追い込まれていたんだろう。

  • 78名無し2016/12/30(Fri) 21:12:36ID:YxMDI0MzA(4/8)NG通報

    中国との講和にしろ米国との戦争回避にしろ結局それを選択しなかったのは日本なのに
    なぜ日本国内の話をしないのだろう…

  • 79名無し2016/12/30(Fri) 21:52:32ID:c0NDg3MzA(6/13)NG通報

    >>78
    原因は、朝鮮総督府がいつまでも赤字でマネーゲームが出来なくなったことだ。
    当然、香港や上海を牛耳る白人にも怒りの矛先が向くし。
    その流れに、中国を同調させたかったし。

  • 80名無し2016/12/30(Fri) 22:03:37ID:Q3OTAzMzA(6/8)NG通報

    >>78
    国内の分裂とは皇道派と統制派や、戦後恐慌に突入したことを言ってるなかな?

  • 81名無し2016/12/30(Fri) 22:06:58ID:YxMDI0MzA(5/8)NG通報

    >>80
    軍は軍を統制できず、
    政府と軍も対立している
    けっこう軽く思われてますよねこれ

  • 82ららら太陽2016/12/30(Fri) 22:16:25ID:cxNjA0MTA(1/1)NG通報

    満州を渡すだけで回避できるよ。朝鮮半島の支配はアメリカも認めてたからね。問題は日清、日露と戦争に勝ったために軍部が抑えられない事だね。2.26が起こる時勢で平和の国なんて無理だよ。今の韓国が自力で親日国家になるくらい難しい。日本は太平洋戦争に負けて、帝国主義の国から平和主義に変わらされたんだから…GHQの支配下で変えられたんだから、アメリカは平和主義の国になれば戦争を仕掛けないのは確実だし、真珠湾攻撃で分かるように日本から仕掛けてるぐらいだし、国論を変えるのは無理だね。
    クーデタが起こったしてももっと帝国主義強硬派に変わるだけだし。クーデタで平和主義になった国なんて存在しない。選挙でなった国は一杯あるけどね。ロウソク革命では民主主義は間違いなく後退する。嫌な結果でも選挙を重ねる事で民主主義は確立する。朝鮮人は歴史を知らない。

  • 83名無し2016/12/30(Fri) 22:42:07ID:c0NDg3MzA(7/13)NG通報

    >>81
    あまり関係がないように思える。
    身近な話として捉えれば、
    徴兵され日本軍人として訓練を受けて。そこで国際情勢の勉強もしたとする。
    学ぶのは、事実として、欧米の侵略とアジア人の反乱に晒されている日本だろう。
    そうすれば、日本の世論は白人への復讐と固まる。
    政権に限らず。一貫したものであったはずだ。

  • 84名無し2016/12/30(Fri) 22:47:51ID:c0NDg3MzA(8/13)NG通報

    左翼が作った洗脳という嘘では無くて、当時の「事実」として、
    白人が敵であったことを考えてほしい。

  • 85名無し2016/12/30(Fri) 23:08:16ID:U4Njk4NzA(2/2)NG通報

    >>52
    スペイン帝国への牽制で明討伐目的の侵略も、秀吉が生きてたら明も潰された可能性が高いし、
    西洋に近い軍隊を編成し現在の地図にはロシアすらなかったかもしれない。
    こうなると日清戦争の可能性もなく、日本に力がありすぎて大東亜戦争の可能性もなくなる。

    秀吉が死んだために統率力がなくなり西側の大名も疲弊。戦争に参加しなかった徳川家康の東側が
    兵力を温存し関ヶ原の戦いで勝利。これで京都から東京に遷都。これで朝鮮が遠くなり、
    鎖国政策という引きこもりに走る。西側の大名が勝っていれば、さらなる大国侵略に傾いたろう。

    歴史はほんのわずかなことで大きく書き換わる。たしかに「もし」を言い始めたらキリがない。

  • 86名無し2016/12/30(Fri) 23:11:35ID:g5OTc1NzA(1/1)NG通報

    と言うか普通に現地軍が陸軍中央の不拡大方針に従ってりゃ良かったんじゃねえかな

  • 87名無し2016/12/30(Fri) 23:16:32ID:Q3OTAzMzA(7/8)NG通報

    >>81
    言いたいことはわかる気がする。
    農業国が大和やゼロ戦つくれちゃったもんだからねぇ~
    神尾光臣とか小畑敏四郎とか石原莞爾とかその当時長期戦が不利だと解っていて
    皆優秀で先を見通せたのに、内部抗争や寿命ででみないなくなっちゃったからね・・・

  • 88名無し2016/12/30(Fri) 23:32:02ID:YxMDI0MzA(6/8)NG通報

    >>87
    石原なんて政府と軍の方針を決定的に矛盾させて日本外交を破壊し
    現地軍の独断先行で軍自体の統制も崩壊させた
    日本を対米戦争に歩ませた最大級の立役者だと思うけどなぁ

  • 89名無し2016/12/30(Fri) 23:33:26ID:c0NDg3MzA(9/13)NG通報

    >>73
    できれば、独立国であってほしかったw
    まあ、名目上は友好国になっているので、決して無駄では無かったと思うがw

  • 90名無し2016/12/30(Fri) 23:37:05ID:YxMDI0MzA(7/8)NG通報

    経済不信、外交破綻、政府と軍の対立、軍の指揮命令系統の崩壊
    これらを解決するものが全体主義と総力戦という国家改造だった
    上海事変も包囲網もハル・ノートも、国家改造を継続するよい大義名分として用いられた
    日本にとっての日中戦争、対米戦争とはそういうものである

  • 91名無し2016/12/31(Sat) 07:51:10ID:I4OTYwODA(1/1)NG通報

    俺はさらに時間をさかのぼって朝鮮との併合を阻止したい。

  • 92名無し2016/12/31(Sat) 08:22:02ID:c3ODk3MDU(13/17)NG通報

    連邦制みたいな形とってたからいいんじゃないの。
    大体目の前でハワイ併合したりしてる国が、なぜ日本の行為を非難できるんだ。
    その尻馬に乗って少数民族自治区を何個も持ってる所もいろいろ言って来るという謎の理屈で、頭の中どうなってるのか是非開けて見てみたい。

  • 93ㄷㄷ2016/12/31(Sat) 08:56:57ID:czNTA3NjU(1/1)NG通報

    우선 노구교사건을 일으키려는 자부터 총으로 쏴야하지만

    이는 1939년의 한참 이전의 일이네.

  • 94名無し2016/12/31(Sat) 09:06:29ID:c3ODk3MDU(14/17)NG通報

    分業すればよかったんじゃね。
    アメリカとやるのは日本がやるから、
    英国は韓国がやってね、とか。
    戦国時代ならそんな感じに分けたはずだ。

  • 95名無し2016/12/31(Sat) 09:25:30ID:c4MDQ1MDE(8/8)NG通報

    神尾光臣も小畑敏四郎とも石原莞爾も、みな日本は長期戦になれば負けることはわかってた人達。
    第一次大戦後バンザイ突撃では戦にならないことを予想できた人材だった。
    遠いヨーロッパの戦いで日本は大戦景気に沸き、儲かった。
    昭和初期の輸出品は、生糸、綿、マッチ、亀の子たわし。
    戦争が儲かることに気づいた財界と悲惨な近代戦に恐怖した軍エリート・・・・
    長期戦は絶対ダメ、やるとすれば短期決戦でとにかく天皇を護れという小畑敏四郎ら皇道派の提案だけが生き残っていく。
    統制経済で国力を蓄え、満州というアジアの拠点と資源で工業国となり、対米戦に備えるという石原莞爾らの統制派。
    石原は共産主義を除いた戦後のソ連を理想としていたといえる。
    1930年代、アメリカが不況でほぼ0成長の時、日本は満州事変を機に8.2%経済成長を果たしている。
    日本が工業力を整え、アジアをまとめて東洋対西洋(アメリカ)の最終決戦を挑むと石原が想定したのが40年後であり、1970年代ということになる。
    現実では日本が高度経済成長に突入にているのが感慨深い。
    しかし実際には、軍内部の抗争でこれらの主張をした者はいなくなり、核のない状態で、残ったものが1941年に対米戦に突入していく。石原は激怒したそうだが・・・・
    明治憲法を創った維新元勲が憲法をつかさどっていた時には軍は上手く回り、死に絶えた後に軍が暴走したことを思うと、持たざるものが持とうとした時に隙が出来て、先行するものはこの機を見逃してくれずに撃たれるということだろう。
    つまりは、歴史上外敵の攻撃だけで滅んだ国家はないということか・・・・

  • 96名無し2016/12/31(Sat) 10:27:38ID:c3ODk3MDU(15/17)NG通報

    満州では従来型の騎馬戦を一環してやっていたな。
    遊牧民は都市を持たないから近代戦があまり意味を成さないのかも。

  • 97名無し2016/12/31(Sat) 19:20:32ID:YzOTIwOTI(1/2)NG通報

    중일전쟁 개전 주장하는 군부 강경파를 통제하지 못해서 전쟁은 계속 확대된거지.

    전쟁을 위해 지하자원이 필요한데

    일본열도에 지하자원이 부족하니까 해외에서 얻을수밖에 없는 상황인데 서방 열강은 반대해서 자원 수출을 금지하니까

    지금까지 인적자원과 투자한 국력 모든것을 포기하고 철수하려니 도저히 아까워서 포기할 수 없었던거지. 그래서 진주만 공습으로 미국 태평양함대를 기습공격과 동시에 자원을 얻기위해 동남아시아 진출... 이것도 전선의 무리한 확대로 인해 보급선이 늘어나고 일본군의 투입가능한 자원과 능력을 분산시키는 좋지않은 효과를 만든다.

    진주만 공습은 성공했지만 미국 항공모함과 석유 저장 시설을 파괴하지 못했고 이것은 미국 태평양함대의 완전한 괴멸이 실패했다는 의미였다. 이는 곧 미드웨이 해전의 패전으로 나타난다. 그리고 전쟁 장기화 될수록 일본 내부는 피폐해지고 반면에 미국의 물량공세는 더욱 강해진다. 결국 일본은 패전.

  • 98名無し2016/12/31(Sat) 19:32:47ID:YzOTIwOTI(2/2)NG通報

    청일전쟁, 러일전쟁의 승리로 일본군부 내부에서 강경파가 득세했는데. 그들은 일본이 절대 패배하지 않는다고 믿었던것 같다 w

    중일전쟁, 중국을 지배하겠다는 일본의 야심은 현실적으로 불가능했다.

    중국의 매우 거대한 영토와, 중국의 인구를 생각하면 규모가 일본이 감당 할 수 없는 전쟁이었다.

    게다가 침략전쟁은 방어보다 공격이 불리한데, 보급도 쉽지 않았을것이다. 일본이 전쟁에 필요한 자원을 얻는것도 힘들어지고. 게다가 중국은 대국이기 때문에 전쟁은 필연적으로 장기화 되었다. 일본은 중국의 영토를 일시적으로 점령하는데 성공하였다. 점령은 쉽다. 하지만 중요한것은 점령지역을 통치하고 지배하는것이다. 이것은 점령보다 훨씬 더 많은 자원과 노력을 필요로 한다. 확실히 중일전쟁은 일본으로서 힘들다는 결론에 이른다.

    그리고 중일전쟁은 미래의 중일관계에도 커다란 영향을 만든다.

    중국과 일본. 대립의 시작이랄까... 아무튼 슬프다.

  • 99名無し2016/12/31(Sat) 19:47:40ID:c3ODk3MDU(16/17)NG通報

    >>98
    中原への進出は失敗だ。
    あれは満州軍閥の張作霖の方針だった。
    彼はそれに失敗し、彼を倒した日本軍がそれを引き継いだ形になった。
    だが目標は蒋介石の国民党だけで、それを倒したら撤退する予定だっただろう。
    蒋介石が倒れなかった。それを支援していたのが英国と米国だった。
    だから中国で戦っているときから米国は関わっていたんだ。
    日本が米国のあらゆる諜略を全て破ったので直接対峙することになった。
    引き際の判断は難しかったと思う。

  • 100名無し2016/12/31(Sat) 22:58:00ID:I5NzQ5ODE(10/13)NG通報

    >>93
    翻訳が野口先生になっているがw
    노구교사건을→盧溝橋事件を。
    で合っていると思う。
    それ以前に、華北工作で日本は終わりだw
    優秀な中国を騙そうとした時点で、終わりw

  • 101名無し2016/12/31(Sat) 23:16:13ID:I5NzQ5ODE(11/13)NG通報

    >>98
    中国ではなくて、ただ上海と香港を取得するために。
    多くの日本人が死んだし、多くの中国人を殺した。
    欧米と違い、アジアの事大主義を知っていたために。
    中国でも通用すると勘違いした結果だろう。

  • 102名無し2017/01/01(Sun) 01:24:43ID:YwNjQwMjc(1/1)NG通報

    >>52 終わってしまった事、失敗した事についてどうすれば良かったのか考察するのは大事なことだと思うけどね。また似たような機会があれば、ただ失敗を繰り返す可能性を少しでも減らす方法を考えるのはそんなにおかしいことかな?

  • 103名無し2017/01/01(Sun) 02:39:41ID:czNjM4NTA(1/1)NG通報

    日本が組む相手はドイツしか残されていない時代だな。
    組まずに単独でいてもアメリカの対日行動は同じだっただろう。
    国土や権益の一部を放棄すれば大日本帝国は崩壊し内乱に至る。

    遡れるなら明治時代に朝鮮半島を併合しない選択をすれば
    大陸への進出も無く平和なままの可能性が・・・。

  • 104名無し2017/01/01(Sun) 06:49:43ID:gwMDI2OTI(1/3)NG通報

    白人帝国主義の牙が日本だけを見逃してくれるわけはない。
    アメリカにおけるグルカ兵にでもなる覚悟があればべつだが、そうなったとしてもシベリアで対ソ戦にいいように使われるだけだろう。
    日本は日英同盟を、「国際協調にそぐわない」と破棄させられ、海軍軍縮条約で戦わずに戦艦を沈められ、ワシントン会議では山東を返還、アメリカの野心の牙は確実に、そして狡猾に日本へ迫っていた。

  • 105名無し2017/01/01(Sun) 08:20:31ID:A4MjEzNTE(12/13)NG通報

    根本的には、無知な白人が、日中韓の区別もせずに日本を開国させたことw
    どう考えても、中華思想と関係ない日本に触れたらまずいだろう。
    ぜんぜん、計画的ではない。ただ、アメリカが無駄金つぎ込んで、自ら日中韓を経済脅威にしただけw

  • 106名無し2017/01/01(Sun) 10:39:08ID:AyMTc1NTU(17/17)NG通報

    >>103
    大陸には夢があるからね。明治に岩倉使節団がローマとかエジプトい視察旅行に行った写真があるだろう。そこから始まっている。
    その後、私設公設含めていくつもの団体が大陸を探検している。宗教的由来の調査で敦煌などの調査に行った宗派もある。
    個人ではシベリア単独横断の挑戦者が続けて現れ、冒険旅行のジャンルも確立していた。
    これは西洋側とも呼応していて、スウェンヘディンがタクラマカン砂漠を横断したのと同じもの。

    さらに少し違うのは、日本人は古代から大陸に恒常的に行っている。雲南には14世紀に日本人の建てた寺もある。中国で天竺行がブームだった三蔵法師の時代に日本人も行っている(ただ帰還してない)。現代よりも日本人と大陸との関わりが薄い時代は実際はほとんどない。

    今が一番世界観が狭い時代だ。
    元々知ってるものを知らないフリをするのは難しいだろう。
    むしろ数十年前の戦争を否定することのためだけに、過去数千年の関わりを全て否定しているわけだ。

    漢族は1900年代から1940年代にかけて4千万人が満州に移住している。ほぼ全数の漢族よりも日本人の方が先にそこにいた。
    今は閉塞して病んだ時代になっていると思う。別に住みたくも無い土地に移住して権利だけを主張するようなどこかの宗教関係国家群のような対立をする必要は無いが、少なくとも明治以降大陸に渡った日本人は個人としてその地を好んで行っている。張宗援や催健軍といった大陸名も名乗り、維新志士→自由民権運動家→大陸浪人、の系譜の者が行動していた。

    現在のような安定が最初からあれば成長を止めた国でも生活できるが、本質的には現実的でないと思う。

  • 107名無し2017/01/01(Sun) 21:57:37ID:gwMDI2OTI(2/3)NG通報

    >>105
    >アメリカが無駄金つぎ込んで、自ら日中韓を経済脅威にしただけw

    時間をかけて市場を育て、おいしく頂いたとも言える。
    韓国10大財閥の株主は外資。
    中国は共産党という特権階級と外資が市場を維持し、庶民を労働させて吸い上げてるだけ。
    2国とも新自由主義で格差が拡大したアメリカと結果的にはは同じこと。
    日本は小泉政権で新自由主義に寄った。
    そして10年たった・・・・

  • 108名無し2017/01/01(Sun) 22:18:32ID:I1MTQ1NDE(8/8)NG通報

    日本が戦争を開始するのは国際情勢ではなく国内情勢という点が理解されなければ、
    この議論が意味を持つことは無いのだろうなあ

  • 109名無し2017/01/01(Sun) 22:58:26ID:Y1MDEwNTc(1/1)NG通報

    일제가 만약 원자폭탄을 맞지 않고 전쟁에 승승장구하였다면, 그들은 과연 어디까지 장악하려고 했을까? 궁금하다.

  • 110名無し2017/01/01(Sun) 23:40:14ID:c1Njc4MjI(1/1)NG通報

    >>109
    原爆無くてもボロボロだから、もう少し手前で勝ったとして。
    重慶を落とせば終了でした。現に日本は本題のそこしか狙ってなかったから、大陸に二百万もの主力を残して太平洋で数十万で負けた。

    中国はあれだけのことをやったのでタダでは済みません。
    といってもいきなり統治は無理なので汪兆銘政権に任せます。そもそも日中戦争の発端は尋常じゃない中国人テロの制圧が目的だったので、それを改めて実施します。
    それと同時に大東亜共栄圏樹立を宣言します。そして大東亜軍はインドに行ってイギリスを倒します。

    ここまでの大東亜共栄圏:
    日本朝鮮台湾(主幹)、満州、モンゴル、中国インドネシアフィリピンマレーインドシナ、太平洋国家、インド(New)、ハワイ

  • 111名無し2017/01/02(Mon) 00:00:56ID:M3MzU5ODI(1/1)NG通報

    残念ながら歴史は変えられない。
    ただただ英霊に感謝するのみ。

    YouTubehttps://youtu.be/dcbH6TcvUro

  • 112名無し2017/01/02(Mon) 05:10:39ID:YzNDc2MDI(13/13)NG通報

    >>109
    中国本土に、「満州国」のような植民地を建国。
    香港は、そのまま日本の委任統治領になり。
    その他は、「大韓帝国」のように独立させるのでは?
    大東亜共栄圏は、あくまで宣言であるため、日本にとって不要な拡大はしないと思う。

  • 113左巻きの名無しさん2017/01/02(Mon) 14:23:19ID:E4OTM5NzA(1/1)NG通報

    >>109 >>110 >>112

     日本の戦い方は、経済性無視、主敵の本拠を戦闘の蚊帳の外に置いたものだった。特段の事情が米国側に発生しない限り、獲得テリトリーでの権益を確保することは不可能だったでしょう。更に、占領地での統治政策も、人材と財政面での援助無しでの推進は不可能だっただろうから、着手時に、即破綻してたでしょうね。
     あれだけ、若者を殺して軍隊を拡張し維持し続けたら、社会を支える人材は居ない。

     日本の戦後復興は、復員兵が産業を支えたからだよ。

  • 114名無し2017/01/02(Mon) 14:32:13ID:M4Mjg3MzI(1/1)NG通報

    日本を中心にして地球は回らないし戦争も回らない。
    WW2時代にユーラシアで戦争が回避できたという夢物語を創造しても意味が無い。

  • 115名無し2017/01/02(Mon) 22:19:12ID:c3NjY2NjY(1/1)NG通報

    >>1
    最近、ハル・ノートの解釈で、戦争回避可能性を語られているが、やはり回避は難しかったと思う。
    日本・ドイツ・イタリア三国同盟を結んだのが最大の失敗。
    対ソ連、対共産主義を前面に出していれば、アメリカ世論は戦争に突入できなかった。

  • 116名無し2017/01/02(Mon) 22:21:20

    このレスは削除されています

  • 117名無し2017/01/02(Mon) 22:26:51ID:EwMTYxODQ(3/3)NG通報

    >>115
    ハリー・デクスター・ホワイト ハルノート で検索

    >>114 の言うように、日本を中心にして地球は回らないし戦争も回らない。

  • 118名無し2017/01/02(Mon) 22:53:32ID:U3MDQ3MTA(3/3)NG通報

    >>114
    現代においての知識を持ってすれば開戦を避けれなくても、妥協点を探り最小限の被害で抑える事は可能だったでしょう。
    時代の流れを変える事は出来ませんが、中身を変える事は可能でしょう。
    ifとはそういう物も含まれるのでしょうし。