陸自12式地対艦誘導弾を改良した長距離巡航ミサイル 海自の次世代イージス艦にも装備される

12

    • 1名無し2022/08/17(Wed) 16:31:49ID:kxNDEzMzc(1/2)NG報告

       政府が、近く建造される予定の新型イージス艦に地上目標も攻撃可能な国産開発の長射程巡航ミサイルを搭載する方向であることがわかった。ミサイル防衛に加え、自衛目的で敵のミサイル発射地点などを破壊する「反撃能力」を想定した設計とする。複数の政府関係者が明らかにした。

      政府は、地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の配備断念を受けた代替案として、2020年12月に新型イージス艦を2隻建造することを決めた。既存の海自イージス艦は、沖縄県、尖閣諸島を含めた海域で活動するのに対し、新型イージス艦は、常時日本海で北朝鮮のミサイル警戒にあたることが想定される。米国企業と既に契約済みの次世代イージスレーダー「SPY-7」のほか、新型対空ミサイル「SM-6」の搭載も決まっている。

       新たに搭載する方向となったのは、陸上自衛隊の「12式地対艦誘導弾」を改良した巡航ミサイルで、射程を1000km以上に伸ばし、様々な艦艇に搭載できるようにする。

       政府は、年末までに国家安全保障戦略など3文書を改定し、自衛隊の「反撃能力」保有を打ち出す方向で調整している。日本海に常時展開する新型イージス艦に長射程巡航ミサイルを搭載すれば、抑止力強化につながる。

      https://www.yomiuri.co.jp/pluralphoto/20220803-OYT1I50241/?from=yhd

    • 2名無し2022/08/18(Thu) 00:32:06ID:MyMjQ2NjA(1/1)NG報告

      下朝鮮のイージス艦にはSAMSUNGの冷蔵庫と洗濯機が搭載されるんだろ?😆

    • 3名無し2022/08/18(Thu) 00:32:53ID:k5MzUxNjg(1/1)NG報告

      配置が完了するまでに朝鮮は日本に宣戦布告すべきでは?(^^)

    • 4名無し2022/08/18(Thu) 01:55:12ID:kzODA4OTg(2/2)NG報告

      このミサイルを射出可能な日本独自のVLSも合わせて作られるでしょう

    • 5名無し2022/08/18(Thu) 03:30:32ID:Q2MzI1MjY(1/1)NG報告

      これで日本海に平和がおとずれる。

    • 6名無し2022/08/18(Thu) 06:21:37ID:A1NTA3ODg(1/1)NG報告

      ステルス巡行ミサイル
      最大射程1500km
      衛星とリンクして攻撃目標の移動に対応する

    • 7名無し2022/08/18(Thu) 10:20:18ID:kxNDk2ODg(1/1)NG報告

      国産兵器の対応力を高める事は、有事の際の対応力、向上に繋がるからね。
      国内で生産できる体制は必要だよね。

    • 8FFT所属味方殺しのヨメコ∀2022/08/18(Thu) 18:36:14ID:EwOTUxNTY(1/1)NG報告

      空自使用の極超音速ミサイルも配備済みみたいだし、ここら辺発表が難しいのかも。装着してもテスト段階とか?

    • 9名無し2022/08/18(Thu) 20:53:23ID:E1MTc1MTg(1/1)NG報告

      核弾頭を装着すれば何時でも朝鮮半島は火の海じゃ。
      (^^)

    • 10名無し2022/08/18(Thu) 21:18:39ID:MzMTMyMDI(1/1)NG報告

      >>8
      JAXAの協力の元で極超音速巡航ミサイルのエンジン技術のテストが行われてるからね。

    • 11名無し2022/08/18(Thu) 21:23:50ID:g4NjA0MjI(1/1)NG報告

      12式地対艦誘導弾

    • 12名無し2022/09/08(Thu) 22:22:32ID:U3MTc3NjA(1/1)NG報告

      射程1千キロ見込むミサイル、陸自が展開訓練 台湾事情にらみ配備か

      陸上自衛隊は8日、奄美駐屯地(鹿児島県奄美市)で、敵艦艇を迎え撃つミサイル「12式地対艦誘導弾」の射撃態勢をとる訓練を報道公開した。長射程の「スタンド・オフ・ミサイル」として改修・量産されるもので、ミサイル網が構築されつつある南西地域に配備されれば中国本土も射程に収めることになる。

      トラック型の発射装置が機械音を上げ、ミサイルが収まる荷台部分を上空へ向けた。ミサイルの射程は約200キロ。防衛省は1千キロ程度に伸ばす能力向上型を開発しており、日本を攻撃しようとする他国を攻撃する「敵基地攻撃能力(反撃能力)」を備えるとみなされる可能性がある。

       車両から射撃するタイプは来年度に量産を前倒しし、部隊への早期配備を目指す。将来的には艦艇や航空機から射撃するタイプの配備も見据える。どちらも相手国への接近が可能で、攻撃性はより高まるとみられる。

       同省が長射程化を急ぐのは台湾有事が現実味を帯びつつあることも背景にある。防衛省は奄美や沖縄にミサイル部隊の配備を進める。一方、長射程化すれば発射地点を敵から遠ざけることも可能になるといい、自衛隊関係者は「戦略の選択肢を広げることにつながる」と話す。

      https://www.asahi.com/articles/ASQ985SF5Q98UTIL01D.html

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除