世界の2021年SDGs通信簿が公開

9

    • 1名無し2021/09/01(Wed) 18:41:47ID:M4MjQ0NjI(1/1)NG報告

      国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は8月9日、産業革命前と比べた世界の気温上昇が2021~2040年に1.5度に達するとの予測を公表しました。2018年の報告書で想定した2030~2052年より10年ほど早まりました。

      IPCCは人間活動の温暖化への影響は「疑う余地がない」と断定。産業革命前は半世紀に1回だった極端な猛暑は、1.5度の気温上昇で9倍、2度で14倍に増えると予測しています。強烈な熱帯低気圧の発生率は1.5度の上昇で1.5倍、農業に被害を及ぼす干ばつの発生率は2倍に拡大する予想です。

      気候変動リスクをきちんと受け止め、対策を急ぐ必要性が高まっています。10月末からの第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の議論への注目度が増しています。

      世界のSDGs達成度の通信簿
      国連のシンクタンクが2015年から毎年公表している「The SDGs Index & Dashboards」で世界全体のSDGs(持続可能な目標)達成度を見ても、全体的に改善基調で推移する中、環境関連(目標12-15)は遅々として進捗していません。

      社会や経済面では、3)保健や8)成長・雇用に関する基礎的サービスやインフラが改善していましたが、コロナ禍における失業率や貧困率の上昇により、足元ではやや失速しています。一方、経済面の9)イノベーションは過去6年間で飛躍的に改善しました。

      国別にSDGsインデックススコアを見ますと、日本は79.8で世界18位/165ヵ国。フィンランド(1位:同85.9)やドイツ(4位:同82.5)、英国(17位:同80.0)など欧州勢が上位を占める中、米国(32位:76.0)を上回る上位につけました。

      https://media.moneyforward.com/articles/6642

    • 2名無し2021/09/01(Wed) 21:53:49ID:g1Mzg4MA=(1/1)NG報告

      SDG なんてのも、結局は左派のプロパガンダだったりするんだよな

    • 3名無し2021/09/01(Wed) 22:07:04ID:Q5MzY0ODc(1/1)NG報告
    • 4名無し2021/09/04(Sat) 21:14:02ID:k2MTgxMDQ(1/1)NG報告

      脱炭素資源でアジアと連携 供給網を構築、政府1兆円支援
       日本政府と国内のエネルギー関連企業は脱炭素化を推進するため、アジアや中東各国との連携強化を本格化させる。「脱炭素資源」のアンモニアの安定調達に向けたサプライチェーン(供給網)の構築を目指すほか、政府は約1兆円の投資枠を活用した金融支援でアジア地域の段階的な脱炭素化を後押しし、日本企業の商機拡大にもつなげたい考えだ。

       燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないアンモニアや水素は発電や船の燃料など幅広い活用が期待され、電力会社などが実証事業を進めている。アンモニアの需要は2050年に年3千万トンと、現在の国内消費量の約30倍に相当する量が想定される。

      https://nordot.app/806770625338064896

    • 5名無し2021/09/08(Wed) 05:31:48ID:gxNjE0ODg(1/2)NG報告

      トヨタ、全固体電池は特性を考えハイブリッド車から導入へ 2020年代前半に量産車投入で、電池関連の総投資額は1.5兆円

      トヨタ自動車は9月7日、カーボンニュートラルへ向けた2030年までのトヨタの電池戦略を説明する「電池・カーボンニュートラルに関する説明会」を開催した。その中で、世界初となる全固体電池搭載車両でナンバーを取得して、試験走行を開始したことを紹介するとともに、全固体電池については特性を考えてハイブリッド車から投入することを明らかにした。全固体電池の投入スケジュールは2020年代前半から変わらないとしている。

      そして、目指すべき2050年のカーボンニュートラルに向けて、前田氏は「今後、継続的に各地域のエネルギー事情やインフラ、お客さまの感性、利便性への要求は変わっていくと考えられます。電動車において、クルマと電池は切り離せるものではなく、1997年から電池のグループ内生産に拘り、HEVだけでも1810万台を導入してきたトヨタは、電池開発をグループで取り組んできた自動車メーカーであり、不確定な電動車の未来にも、確かなステップで前へ進んでいきたいと考えています。未来にサステナブル&プラクティカルに適応していくためには、トヨタは、変化への適応力、自らの競争力を高め、もっといい電動車の本質的普及を目指し、カーボンニュートラルに貢献していきたいと考えます」との意気込みを述べた。

      https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1349279.html

    • 6名無し2021/09/08(Wed) 09:11:51ID:gxNjE0ODg(2/2)NG報告

      東京パラ支えたメードインジャパンの技術-SDGsの視点とも呼応

      (ブルームバーグ): 5日に閉幕した東京パラリンピックでは、日本の技術が国内外のアスリートらを支えた。こうした取り組みは、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)とも呼応し、障害者が広く活躍できる社会の実現を目指す動きの一助となりそうだ。

        ホンダは多くの障害者が働く特例子会社のホンダ太陽(大分県)などと協力して開発した陸上競技用車いすレーサーの最新モデル「翔(かける)」で選手をサポートした。ホンダでは、社員向けの製作をきっかけに20年以上前から開発を手掛けている。

      車いすでも楽しく外出

        NTTは今大会で車いすを利用する国内外からの観戦客向けに、スマートフォンで最寄りの公共機関の駅から競技会場までのアクセスや周辺のバリアフリー情報を閲覧できるアプリ「ジャパンウォークガイド」を開発し、7月からサービスを開始した。

      企業活動に障害者の視点を

        国際パラリンピック委員会(IPC)は、パラスポーツを通じ、誰もが分け隔てなく当たり前に参加できる「インクルーシブ」な社会をビジョンに掲げている。SDGsも目標達成に向け「誰一人取り残さない」ことを重視している。

      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-07/QYPD33T1UM1201

    • 7名無し2021/09/14(Tue) 18:01:14ID:Y2ODk0OTQ(1/1)NG報告

      BTSを「大統領特使」に任命 国連総会で演説も 韓国
      韓国の人気グループBTSが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使に任命された。

      BTSのメンバーは14日、文大統領から「未来世代と文化のための大統領特使」任命状を授与された。

      BTSは今週、アメリカ・ニューヨークで開幕する国連総会に大統領特使として参加し、SDGs(持続可能な開発目標)について演説するほか、パフォーマンス映像も披露するという。

      https://www.fnn.jp/articles/CX/238892

    • 8名無し2021/09/18(Sat) 21:44:08ID:MyNTgwMDg(1/1)NG報告

      SDGs戦略で注目される東京
       SDGsはメディアの力を借りながら、ようやく私たちの生活に浸透してました。街なかではSDGsの公式バッジをつけたサラリーマンを見かけますし、プロサッカーチームの「J2 東京ヴェルディ」はチームウエアにSDGsのロゴを掲載することを発表しました。SDGsがビジネスやスポーツと業界を超えて支持されるのは良い兆候といえます。

      また2021年に東京都が策定した「『未来の東京』戦略」では都、都民、企業、大学が一緒になってSDGsを進めるための具体的戦略が掲げられました。さらにこの東京都のアクションは「Tokyo Sustainability Action(トウキョウ サステイナビリティ アクション)」という英文書にまとめられ、世界の大都市が課題に向き合うためのロールモデルになると期待が寄せられています。

      言葉のキャッチーさから、SDGsはまるで「真新しい考え」のような印象を受けますが、その歴史をたどると、思いのほか古いのです。SDGsの原点には「MDGs」という前身のアイデアが存在し、およそ20年以上も前からその取り組みは継続しています。

      https://urbanlife.tokyo/post/66609/

    • 9名無し2021/09/21(Tue) 05:29:14ID:U2MTkzOTM(1/1)NG報告

      【公式】「BLACKPINK」、国連の「SDGs」活動の広報大使に委嘱される…“アジアのアーティストで初めて”

      ガールズグループ「BLACKPINK」が人類のより良い未来のために全世界に善良な影響力を発揮する。

      18日、所属事務所のYGエンターテインメントによると、「BLACKPINK」はアジアのアーティストで初めてUN(国連)の「SDGs(持続可能な開発目標)」の広報大使に任命された。

      「UN SDGs」はUNが設定した国際社会の共同目標。貧困、疾病など人類の普遍的な問題から、地球環境、経済・社会問題まであわせ持っている。17の主な目標と169の細部目標で構成されており、持続可能な経営(ESG)のグローバル基準として通用される。

      YGエンターテインメント側は「『BLACKPINK』が厳しい選定過程を経て、広報大使に選ばれた」とし、「アントニオ・グテーレスUN事務総長の直筆署名が盛り込まれた書信をいただき、全世界に肯定的な変化をもたらそうとするUN SDGの趣旨に深く共感し、うれしい気持ちで参加を決定した」と伝えた。

      これに「BLACKPINK」は「より良い世界に向かって進む道に参加することになり光栄」だとし、「BLINK(ファンダム名)とともにSDGsの重要性を全世界に知らせ、私たちが向き合っている問題解決に寄与したい」と感想を明らかにした。

      UN SDGsの広報大使は現在、各国総理、大統領、王妃など国家元首級の最高指導者をはじめに、世界的な芸術家のようなグローバルリーダーたちで構成されている。「BLACKPINK」は彼らとともにUN SDGs達成の重要性を伝え参加を促す活動を繰り広げる予定。

      http://www.wowkorea.jp/news/enter/2021/0918/10315532.html

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除