トヨタが新型バッテリー搭載SUVを2021年上海モーターショーで発表する!! 全個体電池車の誕生か

17

    • 1名無し2021/03/15(Mon) 22:39:26ID:M5NTM3MzA(1/1)NG報告

      トヨタは4月に行われる2021年の上海モーターショーで中型バッテリー電気SUVをプレビューすることを発表した。

       最近のヨーロッパでのイベントで伝えられたSUVは、トヨタの新しいe-TNGAプラットフォームを採用し、汎用性が高く、さまざまな製品タイプに簡単に適応可能という。

      「最新モデル試乗」水素で走るFRスポーティサルーン、新型MIRAIはクラウン後継になり得るのか

       e-TNGAの基本的なアーキテクチャの原則は、主要な要素は固定されたままで、他の要素は変化することに基づいて機能する。このアプローチにより、車両の幅、長さ、ホイールベース、および高さを変えることができる。

       e-TNGAは、前輪、後輪、または4輪駆動にすることもでき、さまざまな車種や使用用途に合わせて、さまざまなバッテリーおよび電気モーターの容量を搭載可能だ。

       e-TNGAテクノロジーの多様性と柔軟性により、トヨタはバッテリー式であるだけでなく、運転するのがエキサイティングで見た目も美しい車両を設計および作成可能だという。

       公開された写真にはベールにおおわれたクルマが1台。コンパクトSUVのようにも見えるが、中型のSUVなのだろうか。上海モーターショーが待ち遠しい。

       上海モーターショーは4月21日から28日(公開日)に開催
      https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/82a199d65ee02455311d1eee3c38709901ace64d/

    • 2名無し2021/03/16(Tue) 00:44:37ID:U4MTg2MTI(1/2)NG報告

      韓国車って中国から追い払われてるんでしょ。

      2兆ウォンの損失出したとか。

      トヨタが取って代わるんだろうな。

      中国の消費者にとってもいいことじゃないの。

    • 3名無し2021/03/16(Tue) 01:08:55ID:UwMzcxMjA(1/1)NG報告

      中国で売るなら違うな

    • 4名無し2021/03/16(Tue) 01:10:31ID:Y0MDIwMTI(1/1)NG報告

      朝鮮の個人投資家がトヨタ株を買うの?

    • 5名無し2021/03/16(Tue) 06:23:28ID:M3Nzk3NjA(1/1)NG報告

      中国で撤退レベルのシェアまで落ち込んだ韓国車は滅びましたww

    • 6名無し2021/03/16(Tue) 08:34:09ID:g2MjY5Mjg(1/1)NG報告

      乾電池ってことか
      予備の乾電池を積めるのかな?

      液体と充電時間の差も気になる

    • 7名無し2021/03/16(Tue) 08:40:04ID:U4MTg2MTI(2/2)NG報告

      先生、大変なの!

      昨日まで息をしていたヒュンダイちゃんが死にそうなの!

      ってクマーAAが出来そうだな。

    • 8名無し2021/03/16(Tue) 19:15:34ID:cxNzk1NzY(1/4)NG報告

      スバルと共同開発してたやつのトヨタバージョンかな?

    • 9名無し2021/03/16(Tue) 19:40:19ID:E1Nzg3ODA(1/1)NG報告

      明日、欧州で電動SUV「Xプロローグ」を発表するという噂だが、全固体電池を発表するならこっちじゃないの?
      秋の東京モーターショーかもしれんが。

    • 10名無し2021/03/20(Sat) 10:37:53ID:U1MzU1MjA(2/4)NG報告

      >>9
      内燃機関のコンパクトカーだった模様

      トヨタ新型「アイゴXプロローグ」登場!
      https://kuruma-news.jp/post/357977

      2021年3月17日、トヨタの欧州法人はAセグメントモデルとなる新型「アイゴXプロローグ」を世界初公開。欧州市場で展開されている「アイゴ」の後継モデルとなりますが、これまで日本市場には導入されていません。

      実はアイゴXプロローグコンセプトの発表の直前に以下のような発表をおこなっています。

      「欧州Aセグメント向けの新型車に『GA-B』プラットフォームを採用する」
      「ヤリスとヤリスクロス、そして欧州Aセグメントモデルを合わせて、GA-Bプラットフォームベースの車両の欧州における年間生産台数は50万台を超えると見込んでいる」

      この欧州Aセグメント向けの新型車が、アイゴXプロローグコンセプトの量産仕様なのはいうまでもないでしょう。
      TNGAプラットフォームは固定部位と変動部位を決めて、複数バリエーションに対応できるのが特徴です。
      さらにGA-Bは、ほかのTNGAプラットフォームと比べると、重量/コストを抑えながら高い性能を実現しています。

      昨今の環境規制などを踏まえると「電動化」といいたい所ですが、トヨタ自身は「パワートレインは内燃機関を搭載予定」と語っています。

      市販モデルはそう遠くないタイミングで登場予定だと思われますが、基本的には「欧州市場のためのモデル」であることから、日本への導入は極めて低いというのが事実でしょう。
      ただ、当初は欧州専売の予定だったヤリスクロスがトヨタ社長の提案により日本にも導入されヒット作になったことを考えると、もしかしたら、もしかするかもしれません。

    • 11無名2021/03/20(Sat) 10:44:16ID:UwODE5MjA(1/1)NG報告

      >>10
      アイゴw
      韓国には売る気が無いみたいだw
      アイゴ~

    • 12名無し2021/03/20(Sat) 19:57:01ID:g3MzY0MDA(1/1)NG報告

      しかしこの先、トンスル自動車会社は、
      持ちこたえられるの?

    • 13名無し2021/04/20(Tue) 17:10:08ID:Q0MzQxMjA(3/4)NG報告

      トヨタ、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ」を発表
      https://global.toyota/jp/newsroom/toyota/34997209.html

      トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は4月19日、電動車のフルラインアップ化の一環として新EVシリーズ「TOYOTA bZ(トヨタ ビーズィー)」を発表し、中国・上海モーターショーにて、シリーズ第一弾となる「TOYOTA bZ4X(トヨタ ビーズィーフォーエックス)」のコンセプト車両を初披露しました。

      TOYOTA bZ4X Concept Unveil
      YouTubehttps://youtu.be/GuF25AjWcYU

      1.ホームプラネットの発想でSDGsに貢献
        2050年カーボンニュートラル実現に向け地球規模でチャレンジ

      2.「サステナブル(持続可能)な移動手段をプラクティカル(実用的)に市場に投入する」考え方でCO2削減に実効ある「電動車のフルラインアップ化」を推進;2025年時点で電動車70車種程度

      3.「電動車のフルラインアップ化」の一環で、2025年までにEV15車種、うち新EVシリーズ TOYOTA bZは7車種導入

      4.第一弾のTOYOTA bZ4Xは、株式会社SUBARUと共同開発、両社の強みを生かしたSUV、2022年年央までに順次グローバルで販売予定

      なお、TOYOTA bZ4Xは、日本と中国での生産を予定しており、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画です。

    • 14名無し2021/04/20(Tue) 17:17:25ID:c1MzkxNjA(1/1)NG報告

      게이 자동차

    • 15名無し2021/04/21(Wed) 10:36:10ID:UwODY5MDU(1/1)NG報告

      モーターもバッテリーも他所から買ってきて組み立てるだけ
      これじゃヒュンダイの儲けは微々たるもの
      もう廃業しかないなw

    • 16名無し2021/09/08(Wed) 08:25:28ID:M4NTkyODg(4/4)NG報告

      トヨタ、電池に1.5兆円投資 車両と一体開発でコスト半減目指す
      https://jp.reuters.com/article/toyota-battery-idJPKBN2G30GT

      トヨタ自動車は7日、2030年までに電動車用電池の生産と研究開発に約1兆5000億円を投資すると発表した。世界で脱炭素の流れが強まる中、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの需要拡大に向けて電池のコスト低減に取り組むとともに、生産体制を整える。

      YouTubehttps://youtu.be/syOegAKcL9A

      電池の生産に1兆円、残りを研究開発に充てる。車両と一体で開発を進めることで、1台当たりの電池コストを引き下げる。20年代後半には、来年発売する新型EV「bZ4X」に比べて50%の低減を目指す。

      オンライン形式で会見した前田昌彦・最高技術責任者は、電池単体のコストを「材料や構造の開発によって30%以上の低減を目指す」と説明。車両の走行1キロメートル当たり消費電力も30%改善させて電池容量の削減につなげ、電池コストを下げる考えを示した。

      より高性能な電池として期待される全固体電池については、20年代前半に実用化する従来の方針を維持した。前田氏は、現時点では寿命に課題があり、EVに搭載するには課題があると指摘。解決に向けて鍵となる固体電解質の材料開発を続けるとともに、早期に実現できる「HVにも適用したい」とした。

      現在主流のリチウムイオン電池に比べ、全固体電池は安全性や充電時間などに優れているとされる。リチウムイオン電池の電解質は液体だが、全固体電池は固体のため、ショートしにくく発火などのリスクが小さい。重量当たりのエネルギー密度も高く、大きさが同じでも走行距離を延ばすことができる。

      電池の生産は自動車を販売する各主要市場で行う方針。トヨタは自社で電池を内製するとともに、パートナー企業と協業している。投資額1兆円はその合算で、岡田政道・最高生産責任者は、電池生産量の拡大では「その地域に得意なパートナーとしっかり組む」と話した。

      トヨタはパナソニックとの合弁会社プライムプラネットエナジー&ソリューションズ、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)、比亜迪(BYD)子会社、東芝、ジー・エス・ユアサなどと電池生産で協業している。

    • 17名無し2021/10/15(Fri) 08:28:41ID:I0ODMyNzA(1/1)NG報告

      トヨタは全個体電池に注力、韓国企業はリチウムイオン電池で市場牽引

      最近、日本のトヨタが公式YouTubeチャンネルを通じて、世界で初めて全固体電池が搭載された電気自動車(EV)を公開した。バッテリーを構成している全ての素材が固体からなる全固体電池は、充電時間が短く移動距離が長く、技術力では従来のリチウムイオン2次電池を上回っているという評価を受けている。業界は、全固体電池が商用化されれば、世界の電気車向けバッテリー市場の勢力図が変わるだろうと見ている。しかし、まだ技術的に乗り越えなければならない課題が多いだけでなく、大量生産までには短くて5年、長くて10年以上かかるものと予想されている。韓国毎日経済が報じた。

      10日、業界によると、全固体電池が搭載された車両を公開したトヨタは現在、バッテリー耐久性の低下問題を解決するため、データ収集や材料開発に乗り出している。

      「夢のバッテリー」と呼ばれる全固体電池の商用化が容易でない状況で、直ちに増える電気車市場に対応するため、バッテリー業界は既存リチウムイオン二次電池の性能向上に力を入れている。数兆ウォン(数千億円)単位の大規模生産施設投資が行われているだけに工場生産ラインは大きく変えないまま、正極材・負極材などの素材開発と工程効率を通じて、価格は下げながらも走行距離を伸ばした電池の開発に乗り出しているのだ。

      LGエナジーソリューションはNCMA(ニッケル、コバルト、マンガン、アルミ)正極材を適用したバッテリーを生産し、来年1月から供給する。SKイノベーションもニッケルとコバルト、マンガンの割合を8対1対1で混ぜた正極材を適用した「NCM811」バッテリーを2016年に世界で初めて開発し、2018年から量産して起亜(キア)「ニロ」電気自動車に納品してきた。サムスンSDIは先月から、次世代バッテリー「ジェン5」をハンガリー工場で量産している。ジェン5にはニッケル含量が88%のNCA正極材が搭載される。従来のバッテリーよりニッケル含量を引き上げ、エネルギー密度を20%以上高め、1kwh(キロワット時)当たりのバッテリー原価は20%程度引き下げたという。ジェン5基盤のバッテリーはBMWをはじめ、ロールスロイスなどに適用される。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除