この騒動で韓国人が「慰安婦は日本軍に拉致された」という認識を変えるだろうか?

158

    • 1名無し2020/05/19(Tue) 08:09:55ID:U0NDM1MjA(1/1)NG報告

      多分ないよね?ただプロパガンダ展開はしばらく休みそう。知らんけど日本でもテレビは無視してるだろ

    • 109名無し2020/05/23(Sat) 11:48:06ID:E4MDEwNjU(2/4)NG報告

      自分の所属してるネット情報会社のスポンサーが、CIAだと自覚してない人が多いね
      非合法活動の犯罪組織ですよ?
      室内侵入して盗撮して個人情報さらしで脅迫したりしてさ

    • 110名無し2020/05/23(Sat) 11:50:05ID:E4MDEwNjU(3/4)NG報告

      大体お互い敵国のスパイ同士とか言っても、上の方ではつながってるからね?
      抗争劇をやらされてるのは下っ端だけなんだよ

    • 111絶対!無理!2020/05/23(Sat) 11:53:37ID:M2NjcxMjA(1/1)NG報告

      最優先にされるのが「日本は悪」と言う
      結論がある訳でね
      そこから 慰安婦は20万人強制連行され
      人として扱われなかった
      とか
      強制徴用され 酷い差別を受けた
      といった 2次的な結論がある

      そこへ 到達する道程が変わるだけだよ
      (笑)

    • 112名無し2020/05/23(Sat) 11:57:58ID:E4MDEwNjU(4/4)NG報告

      アメリカがピンプ(暴力ヒモ)で、日本と韓国がタレントA、タレントB、という所かな
      アメリカからすれば、タレントAとBが仲が悪いほど仲介者として管理しやすい
      現在はタレントBがハネっ返りで嘘バレかまして、マネージャーのアンクルサムを困らせてる感じだな

    • 113名無し2020/05/23(Sat) 12:09:10ID:cxNzYyMzE(2/2)NG報告

      >>103
      ホンダは日系人だが、華僑の資金で議員になった奴だから
      華僑に頭が上がらない。
      そして、数年前ホンダのパートナーがアメリカでスパイ認定されてたはず。

    • 114名無し2020/05/23(Sat) 12:09:31ID:g0MTkwODY(1/1)NG報告

      朝鮮人は、生まれ変わっても朝鮮人。
      変わる訳がない。

    • 115名無し2020/05/23(Sat) 12:15:53ID:g0ODUwMDk(1/1)NG報告

      だって今まで疑問にすら思っていないのだから
      今後も疑問にすらならないだろう
      慰安婦少女像の替わりにイ・ヨンス像になるんじゃないだろうか?

      やったねカンコックン!どんどん増えるよ!!

    • 116ぽじ2020/09/23(Wed) 18:32:23ID:QxMTgyOTQ(1/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義』より
      「強制連行説を裏付けて来た、これとは別の根拠が元慰安婦たちの証言です。
      一般的に歴史学者は、他の資料により傍証されない個人の証言を、史料として認めていません。
      20世紀に入って米国の歴史学者たちは、南北戦争で解放された黒人奴隷を対象に、
      彼らの奴隷生活に関する記憶を採集しました。
      そのとき歴史学者たちは、インタビューが繰り返されると、
      彼らの記憶が一貫性を維持できないことを知りました。
      昔のことであるため、記憶が薄らいでいることも、前後関係が混乱することもあり、
      またその間に、新たな記憶が作られることもあります。
      何よりも、記憶を聴取する人との相互作用で、
      記憶という行為自体を政治化できるというところに留意する必要があります。」


      「帝国の慰安婦」は「慰安所」の慰安婦である。
      大韓民国陸軍特殊慰安隊の「慰安婦」は第五種補給品という物である。

    • 117ぽじ2020/09/23(Wed) 18:53:16ID:QxMTgyOTQ(2/31)NG報告

      >>116
      「元慰安婦たちの証言においても、そのような問題点が多く露出しました。
      ある女性は、鉄道駅の前で日本軍に捕まえられて中国に連れて行かれた。
      汽車には多くの女性と軍人が乗っていた、と証言しました。
      ところが、この女性が最初に行なった証言は、その話とは違っています。
      彼女は、継父が自分を売った、だから自分は日本軍よりも継父をもっと恨んでいる、と言っていました。
      証言が変わった理由を説明するのは難しくありません。
      継父が自分を売ったと言うと、聞き手があまり興味を示さなかったり、
      そのような話をしてはいけない、と忠告までしたりするのです。
      そのため、次第に聞き手が期待する内容に変えるようになります。
      そうなると、政治的待遇も大きく変わります。
      ある状況に達すると元慰安婦は「二度とこのようなことがあってはならない」と、
      日本に訓戒を垂れる独立運動の志士に変身します。
      日本軍に奴隷狩りをされるようにして連れて行かれた、という証言は、ほとんどこの経路で創作されたと言ってもいいでしょう。」


      「帝国の慰安婦」は慰安婦」の慰安婦である。
      大韓民国陸軍特殊慰安隊の「慰安婦」は、第五種補給品という物です。
      人間を物扱いすることは「奴隷」扱いです。

    • 118ぽじ2020/09/24(Thu) 12:40:53ID:E1MTY0NzI(3/31)NG報告

      一般的に歴史学者は、他の資料により傍証されない個人の証言を、史料として認めていません。
      証言をいくら作ってもそれを根拠とするには別にそれを証明する資料が必要です。


      「帝国の慰安婦」は慰安婦」の慰安婦である。
      大韓民国陸軍特殊慰安隊の「慰安婦」は、第五種補給品という物です。
      人間を物扱いすることは「奴隷」扱いです。

    • 119ぽじ2020/09/24(Thu) 14:16:28ID:E1MTY0NzI(4/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義』より
      「次に、周旋業者たちが地域で女性を募集する最初の過程を見てみます。
      前に少し紹介しましたが、女性が娼妓となるには、保護者の就業承諾書が必要でした。
      保護者は普通父親ですが、父親がいなければ母親、
      母親もいなければ戸主になっている兄や他の親族が保護者でした。
      これら保護者をひとまとめにして戸主と言ってもいいでしょう。
      周旋業者は戸主を説得して、就業承諾書に印鑑を押させます。
      それから女性と戸主との関係を証明する戸籍謄本と印鑑証明書を発給してもらいます。
      このような書類を揃えなければ、管轄警察署長から就業許可を得ることはできませんでした。」


      拉致、強制ではこのような書類は作れない。

      「帝国の慰安婦」は「慰安所」の慰安婦である。
      大韓民国陸軍特殊慰安隊の慰安婦の慰安婦は「第五種補給品」という物である。
      人間を物扱いすることは、人間を「奴隷」として扱うことである

    • 120ぽじ2020/09/24(Thu) 15:17:00ID:E1MTY0NzI(5/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義との闘争』より
      「日本軍慰安婦問題を長い間研究して来た尹明淑は、『ハンギョレ新聞』への寄稿文の中で、
      「映画『鬼郷』のように、日本軍が銃剣で脅迫して少女たちを連れて行くことはなかった。
      映画で描いた場面は度が過ぎた」と指摘しました。
      韓日両国の慰安婦研究者たちは、以前からそのような理解を共有していました。
      日本における慰安婦研究の権威と言える吉見義明教授は、
      「権力による慰安婦の強制連行は証明されていない」と、数回表明したことがあります。
      韓国内でもよく知られている方ですが慰安婦運動を主導して来た和田春樹教授も、
      「官憲による直接的な強制を立証できる文書史料が、
      未だに発見されていないのは確かである」としています。
      戦時期の朝鮮総督府は、
      慰安婦に関して労務者動員のような募集や斡旋政策を強行したことでありません。
      1940年に発布された国民職業紹介令や付属の施行規則も、慰安婦を対象とはしていませんでした。
      制度と政策のレベルで、「総督府が慰安婦を動員した」と主張できるような証拠はありません。

    • 121ぽじ2020/09/24(Thu) 15:37:17ID:E1MTY0NzI(6/31)NG報告

      >>120
      数年前にお亡くなりになりましたが、
      戦時期に忠清南道の論山郡で
      各種の戦時動員の実務を担当しておられた金栄漢という方がいらっしゃいます。
      大量の古文書を所蔵していらっしゃったことがきっかけで、親交を結ぶようになりました。
      その方も、「女性を動員の対象とした公文書が下達されたり、
      そのような政策が施行されたことはなかった」とおっしゃいました。
      私の、動員の有無を問うような質問に、
      むしろ私が変な質問をしたかのような表情でした。
      要するに日本軍慰安婦募集は、戦時期の各種動員政策の対象ではありませんでした。

    • 122ぽじ2020/09/24(Thu) 16:15:29ID:E1MTY0NzI(7/31)NG報告

      >>121
      それでも、尹明淑をはじめ多くの慰安婦研究者は、
      冒頭の「反日種族主義者による強弁」に見られるように、
      「実態としての“強制動員”や“強制連行”はあった」と主張しています。
      「1937年に日本軍慰安所が設置される前から存続していた公娼制と周旋業が、
      その役割を果たした」と言うのです。
      周旋業者は、貧しい家の18歳前後の無学な娘を、
      暴力や強圧によってであったり、
      良いところに就職させてあげるという甘言で騙したりして、連れて行ったそうです。
      刑法では、前者を「略取」と言い、後者を「誘拐」と言います。
      このように、当事者を意思に反して特定の非支配状態に置く略取と誘拐行為は、
      当時の刑法が禁じ、処罰する犯罪でした。
      日本軍が周旋業者にそのような犯罪を依頼し、総督府がそれに協調したのだから、
      日本軍の慰安婦募集は事実上“強制動員”と変わらないのだ、というのが尹明淑の主張です。
      ところが、私が『反日種族主義』の中でその点を否定したため、
      「ただの見解の相違という言葉で済ませることはできない」と脅迫的な憤怒を表明しています。

    • 123ぽじ2020/09/24(Thu) 16:35:21ID:E1MTY0NzI(8/31)NG報告

      >>122
      同様な主張は尹明淑以外にも、
      『反日種族主義』を糾弾するさまざまな学術会議の場において、
      あるいは文章によって表出されています。
      例えば、民族問題研究所が主催した「『反日種族主義』緊急診断」という学術会議で康誠賢は、
      「強制とは本人の意思に反して連れて行く略取と誘拐の犯罪だが、
      日本軍がそれを指嗾し、総督府が幇助したのだから、強制動員と変わらない」と主張しました。
      彼らは私を「極右派」と罵倒し、
      さらには私の発言を「法律を制定してでも規制すべき」と叫んでいます。

    • 124ぽじ2020/09/24(Thu) 16:52:42ID:E1MTY0NzI(9/31)NG報告

      >>123
      実はこのような強制動員の拡大解釈は、日本の吉見義明教授が嚆矢です。
      韓国の多くの研究者たちは、吉見教授の説を無批判に受け入れて、
      日本の国家責任を執拗に追及したあまり、
      慰安婦問題を出口のない洞窟に押し込んでしまいました。
      『反日種族主義』の中で朱益鍾氏が指摘した通り、
      両国関係が破綻してしまっても良い、というような無責任により、
      この国の国家体制に大きな危機を招いてしまいました。
      私は、このような強制動員の拡大解釈に疑問を抱いています。

    • 125ぽじ2020/09/25(Fri) 15:56:58ID:g5MTQ2NTA(10/31)NG報告

      >>124
      次項の表1-1は、1920年〜43年に略取と誘拐の疑いで警察に検挙された件数と人数、
      その中で検事に送致された件数と人数、また、その中で起訴または不起訴された人数を表わしています。
      1920年には、警察の検挙件数は733件に過ぎなかったのですが、
      1920年代を経過する中で二倍以上に急増しており、1930年には、年間2160件でピークを迎えます。
      その後、急速に減少し、1941年には718件となり、1943年には347件に過ぎませんでした。
      1920年に警察の検挙が急増したのは、それほど農村社会の貧困が深刻な時期だったからです。
      1929年と1930年が件数や人数の面でピークを迎えていたのは、
      その時期が世界大恐慌期だったのと密接な関連があります。
      それからは減少して行きますが、1934年と1939年に一時反騰したのは、
      両年が深刻な凶作の年だったからです。
      このような事実は、誘拐と略取犯罪が、
      主に下層民の貧困から来る社会問題だったことを示唆しています。

    • 1262020/09/25(Fri) 16:07:17ID:k4Njc5MDA(1/1)NG報告

      変えようが変えまいが、あいつらのやってきたこと、やっていることは拭わせない。徹底的に糾弾あるのみ、這いつくばらせ地べたを舐めさせろ!みたいな?

    • 127ぽじ2020/09/25(Fri) 16:26:13ID:g5MTQ2NTA(11/31)NG報告

      >>125
      1930年代に入り、略取・誘拐の検挙件数が減ったのは、
      下層民の貧困が改善された社会経済的変化を反映しています。
      1920年代が相対的に停滞と貧困の時期だったとしたら、1930年代は活発な開発と成長の時期でした。
      1人当たりの所得水準が改善されました。
      落星垈経済研究所の推計によると、1930〜40年の間に1人当たりの実質所得は1.33倍にも増加しました。
      それだけ、
      貧困のために前借金を貰って娘を周旋業者に渡す家父長たちの非情な行為も少なくなりました。
      生活水準の改善は、適齢期児童の就学率においても観察されます。
      普通学校(のちの小学校)への就学率は、1933年から明らかに改善され、
      1943年頃になると、適齢期の男子児童の60%、女子児童の40%が就学しました。
      女性の人権意識が次第に高まって来たことも、主要原因の一つでした。
      「女の子が勉強すると狐にしかならない」と言って、
      自分の目を盗んで学校に行った娘をひどく殴った家父長の非情な暴力も消えて行きました。

    • 128名無し2020/09/25(Fri) 16:38:53ID:EyNzU2NzU(1/1)NG報告

      대만 위안부 동상에 일본 우익 ,후지이 마쓰히코가 발차기

      대만에도 위안부 동상이 있는가?www

    • 129ぽじ2020/09/25(Fri) 17:01:42ID:g5MTQ2NTA(12/31)NG報告

      >>127
      1937年以降、多くの男性が労務者、軍人、軍属として日本、中国などに出て行きました。
      1942年以降の農村では人手不足が甚だしく、したがって、女性が農業労働の中心となって行きました。
      また、戦時統制の政策と機構が、農村社会の底辺にまで深く浸透するようになりました。
      総督府は、金融組合を通じて1933年から施行して来た自作農地設定事業に、拍車をかけました。
      それに従い、戦時期にかけて農地を所有しなかった純小作農の相当部分が、
      若干の自作地を所有した自小作農へと上昇しました。
      これ以上詳しく説明はしませんが、以上のような1930年代の社会経済的変化は、
      下層民の娘を相手にした略取と誘拐犯罪を大きく減少させる原因として作用しました。
      再び表1-1を見ると、1937年以降、日本軍慰安所が、朝鮮、満洲、中国の各地域に設置されますが、
      それが、略取と誘拐犯罪を増加させる契機としてさようしなかったことを確認することができます。
      『反日種族主義』の中で強調したことですが、日本軍慰安婦は以前からあった公娼制の一部分でした。
      慰安所の設置により、新規に約3600名に達する朝鮮人慰安婦に対する需要が発生しましたが、
      それによって略取と誘拐犯罪が増加することはありませんでした。
      むしろ、急激な減少に推移しました。

    • 130ぽじ2020/09/25(Fri) 17:22:01ID:g5MTQ2NTA(13/31)NG報告

      >>129
      新規需要のおよそ3600人を面に割り当てると、一つの面当たり平均1.6人です。
      面を出て国内外で働く娼妓、酌婦、芸妓、女給の数は、一つの面で平均7〜8名でした。
      そのような状態では、1.6名程度の追加需要は既存の娼妓や酌婦で充当できました。
      また、3600名の一定部分が新しく募集されたとしても、
      社会的に大きな問題になる状況ではありませんでした。
      既存の公娼制市場の規模を考えると、
      新しく発生した慰安婦市場は、それほど大きな規模ではありませんでした。
      当時の新聞を検索してみても慰安婦に関する記事がまったくないのは、そのためでした。
      もう一つの要因があります。
      多くの場合、慰安婦の募集は、合法の要件を備えたか、それを偽装した、という点です。
      以下では、それについて見て行きます。

    • 131名無し2020/09/25(Fri) 17:25:47ID:E1MzIzNzU(5/5)NG報告

      >>1
      変わらないし、嘘つきは治らないので、日本が関わる事はもう無い。

    • 132日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/09/25(Fri) 17:43:34ID:k2NDUxMjU(1/2)NG報告

      >>1
      10年も経てば、数が倍になってる(*´エ`*)
      なんにも変わらんよ。

    • 133日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/09/25(Fri) 17:46:15ID:k2NDUxMjU(2/2)NG報告

      そもそも戦後75年経つのに「私は慰安婦でした!」と名乗る女性がいる不思議に気が付かないし(*´エ`*)

      10年後でも、20年後でも、30年後でも「私は慰安婦でした!」って主張する韓国人女性が「いる」と思うよ。

    • 134ぽじ2020/09/28(Mon) 16:39:04ID:ExMDkxODQ(14/31)NG報告

      募集広告に18歳以上とあり、
      2020-1945=75
      18+75=93

    • 135ぽじ2020/09/29(Tue) 17:18:55ID:g1MDczNjI(15/31)NG報告

      正義連の人も拉致強制連行があったとは本にかいていないという。

    • 136ぽじ2020/10/05(Mon) 13:43:21ID:A3Njg4OTA(16/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義との闘争』より
      「日本軍慰安婦問題を長い間研究して来た尹明淑は、『ハンギョレ新聞』への寄稿文の中で、
      「映画『鬼郷』のように、日本軍が銃剣で脅迫して少女たちを連れて行くことはなかった。
      映画で描いた場面は度が過ぎた」と指摘しました。

      韓日両国の慰安婦研究者たちは、以前からそのような理解を共有していました。
      日本における慰安婦研究の権威と言える吉見義明教授は、
      「権力による慰安婦の強制連行は証明されていない」と、数回表明したことがあります。
      韓国内でもよく知られている方ですが慰安婦運動を主導して来た和田春樹教授も、
      「官憲による直接的な強制を立証できる文書史料が、
      未だに発見されていないのは確かである」としています。

    • 137ぽじ2020/10/05(Mon) 16:27:48ID:A3Njg4OTA(17/31)NG報告

      >>130 李栄薫先生『反日種族主義との闘争』より
      表1-1で分かるように、警察によって検挙された犯罪被疑者は、90%近くが検事に送致されました。
      警察は、彼らなりの使命感で犯罪嫌疑者を熱心に逮捕し、検察に渡した、と言えます。
      しかしその後、検事によって起訴され、裁判にかけられた人は少なかったのです。
      1924〜41年の間で、合わせて4万553人が検察に送致されましたが、
      検察が起訴したのは2506名に過ぎず、3万9621名は不起訴処分にしました。
      起訴と不起訴処分の合計が送致数と一致しないことについては、正確に説明することができません。
      とにかく、警察の検挙人数を基準にして不起訴率を算出すると、1924〜43年の間で平均87.8%です。
      表1-1にはありませんが、実際に裁判に回付された人々の中で、
      有罪判決が下り懲役刑に処せられた人々の比率は85%でした。
      残りの15%は、無罪でした。
      総合すると、当初警察によって犯罪嫌疑者として検挙された人々の中で、
      最終的に有罪判決を受けたのは10%程度に過ぎません。
      なぜ、このような結果になったのでしょうか?
      『朝鮮総督府統計年報』によると、不起訴処分の最も大きな事由は、
      「罪を構成する要件を満たさない」ということでした。

    • 138ぽじ2020/10/05(Mon) 17:04:16ID:A3Njg4OTA(18/31)NG報告

      >>137
      この事実は、現在の慰安婦論争において何を示唆するのでしょうか?
      不快に聞こえるかも知れませんが、
      全ての慰安婦が略取と誘拐犯罪の犠牲者というわけではない、ということです。
      彼女達の一定部分は、もともと娼妓、酌婦、芸妓、女給として性売買業務に従事していた女性たちでした。
      『反日種族主義』の中で紹介したことですが、1942年にビルマ(現ミャンマー)にいった
      文玉珠が属した20名のチームの中の7名は、文玉珠のような元芸妓か娼妓、酌婦でした。
      残りの13名の中の何名かもそのはずなので、
      少なくとも文玉珠チームの半数は、元娼妓、酌婦、芸妓でした。
      他の半数は、家族の負債を償還し、東南アジアの新天地で看護婦などとして働きながら高所得を得、
      良質の人生を送ることができる、という希望を持ち、
      そのような甘言に騙されてビルマ行きの慰安婦チームに参加しました。
      では、そういう彼女たちが皆、
      略取や誘拐犯罪の犠牲者として“強制連行”された女性たちだったと言えるでのでしょうか?
      彼女たちを連れて行った業主ら皆が警察にそのような嫌疑で逮捕されたとしても、
      右記のように、
      捜査と裁判の結果、彼らの10%だけが本当の意味での犯罪者として処罰されたと思われます。

    • 139名無し2020/10/05(Mon) 17:13:35ID:MwNDMxNjU(1/1)NG報告

      >>137強制連行では無かった事が見破られたら、次は「軍と悪徳業者が癒着していた」に切り替えるつもりだね…
      軍警が取り締まりして、捕まえた奴にはちゃんと罰が下されてる。記録が有るのに10%とか嘘の数字で騙せる訳無いだろw

    • 140ぽじ2020/10/05(Mon) 17:29:37ID:A3Njg4OTA(19/31)NG報告

      >>138
      残りの90%は、なぜ訓戒放免されたり、無罪判決を受けたりしたのでしょうか。
      それは彼らが、慰安婦本人の就業理由書、戸主の就業同意書、戸籍謄本、印鑑証明書、
      警察署長の旅行許可書、またこれらの書類に基づいて発行された旅券などを備えていたからです。
      つまり形式要件上、周旋業者や慰安婦業主の行為は合法でした。
      それに関連して一つの事例を紹介します。
      1942年、中国の華北、華中、華南で暮らす朝鮮人の姓名、本籍、事業体、職場、
      住所を収めた「在支半島人名録」が刊行されました。
      中国の進出した朝鮮人社会の、情報疎通と団結を図るためのものでした。
      それには、日本軍慰安所と見える事業体と、そこに所属している慰安婦が含まれています。
      慰安婦であっても朝鮮人同胞社会の一員であるという、
      その所属感をよく表している資料だと思います。
      彼女たちを、同胞社会に所属できない奴隷的存在と見てはなりません。

    • 141ぽじ2020/10/05(Mon) 18:04:46ID:A3Njg4OTA(20/31)NG報告

      >>140
      表1-2は、その本に収められている、中国安微省の当塗にあった朝日館という慰安所の、
      業主夫妻と慰安婦たちの姓名と本籍地です。
      所属した慰安婦は全部で8名です。
      周知のように、慰安婦たちは大体無学でした。
      自分の名前はもちろん、本籍地の住所を漢字で書けるだけの学歴はありませんでした。
      それでも右記の人名録は、彼女たちの名前と本籍地が全て搭載されています。
      戸籍謄本のような書類があったからです。
      彼女たちが略取と誘拐犯罪の犠牲者だったら、あり得ないこことです。
      戸籍謄本は、戸主の意思と承諾があってこそ発給できる文書です。
      彼女たちが、遥か遠くの中国安微省の当塗の慰安所まで行けたのは、
      戸主たちの就業承諾書とそれを証明できる戸籍謄本のような書類があったからです。
      同人名録には、中国全域にわたって、慰安婦と見られる580余名の女性の名前が収録されています。
      彼女たちは皆、漢字で表記された姓名と本籍地の所有者でした。
      つまり、実際の内容はともかく形式要件上では、
      合法的な経路から慰安婦になったという女性たちだったのです。

    • 142ぽじ2020/10/05(Mon) 18:38:30ID:A3Njg4OTA(21/31)NG報告

      >>141
      もっと遠くの東南アジアや南洋に行った慰安婦たちも同様でした。
      城田すず子という日本人の女性がいました。
      父親の事業の失敗で家庭が崩壊し、慰安婦になった女性です。
      彼女は2回にわたって南洋に行きました。
      1944年頃でしょうか、彼女が2回目の南洋行きの船に乗ったとき、
      海軍特別慰安隊所属の慰安婦20名が同乗しました。
      彼女たちは皆、朝鮮と沖縄の女性たちでした。
      彼女たちは、パラオ諸島の紅樹園という慰安所に行きました。
      そこで城田は帳場人として働きました。
      とうとう米軍がパラオ諸島に上陸したとき、城田は慰安婦たちと共に密林に避難しました。
      その慌ただしい状況下でも城田は、責任として慰安婦たちの借金帳簿と戸籍など、
      「(彼女たちが)パラオにきているという証拠書類だけは、
      風呂敷に包んでいつでも持ち出せる用意をしていた」と言っています。(城田すず子、1971年、62貢)
      つまり、遥か遠くの南洋のパラオ諸島まで朝鮮の女性たちを送ったのは、
      誘拐のような犯罪ではなく、戸主たちの就業承諾とそれを証明する戸籍でした。
      表1-1で分かるように、朝鮮の警察が熱心に嫌疑者を逮捕して検察に送致しても、
      その90%が訓戒放免処分か無罪判決を受けたのは、まさにそのような理由からでした。

    • 143ぽじ2020/10/05(Mon) 19:18:48ID:A3Njg4OTA(22/31)NG報告

      >>142
      したがって私は『反日種族主義』で、
      「日本軍慰安婦問題を単純に国家権力による国家犯罪の問題としてだけ追及してはならず、
      朝鮮に移植された民法をはじめとした近代的法制、戸主制家族、家父長権力、
      貧困などが総合的に作用し、極貧下層の娘たちに強要した悲しい運命として再評価する必要がある」
      と強調したのです。
      慰安婦問題は、略取と誘拐の犯罪の角度から見ると、国家権力、周旋業者、慰安婦業主だけではなく、
      男性、家父長、社会が加担した犯罪であり、また、その当時の固有の歴史的、文化的現象であったのです。
      そのことについて、当時の新聞から多くの情報を得ることができます。
      『反日種族主義』では、1937年、京城(現ソウル)の鍾路で金草香という妓生が、
      父母が自分を満洲のある遊郭に娼妓として売ろうとしたとき、極力抵抗した事件を紹介しました。
      その前の1934年、京畿道の素沙でも類似する事件がありました。
      三人娘の父親が、既に売った長女と三番目の娘に続き、残りの二番目の娘までも売ろうとしたのです。
      その二番目の娘が素沙警察署に飛び込んで泣訴しました。
      警察署は、その非情な父親を呼んで「説諭」しました。
      「説諭」というのは、説得して分らせる、という意味です。
      処罰はできず、説得したのです。
      家父長に与えられた合法的権利だったのです。

    • 144ぽじ2020/10/05(Mon) 19:27:30ID:A3Njg4OTA(23/31)NG報告

      閑話休題
      李栄薫先生『反日種族主義との闘争』を一時離れて、

      国としては豊かになっているのに、
      多くの女性が海外売春に出向き、
      おばあさんたちが売春の為に栄養ドリンクを売っているふりをしている国があります。
      「国家権力、周旋業者、慰安婦業主だけではなく、
      男性、家父長、社会が加担した犯罪であり、
      また、その当時の固有の歴史的、文化的現象であったのです。」
      という李栄薫先生のお言葉が身に沁みます。

    • 145名無し2020/10/05(Mon) 19:55:05ID:U5NDc2MA=(1/1)NG報告

      国連に「日本の右翼はささいな会計ミスを騒ぎ立てている」と言っているようだな。良く考えろよ韓国人、従軍志願慰安婦の婆さまが、「金が欲しいのにくれなかった、腹が減っても買ってくれなかった」と言っていたし、横領した六万ウォンという大金が、「ささいな」と言えるのか?!
      まず第一に、婆さんの証言が二転三転していることを考えれば、嘘と断じざるを得ない

    • 146ぽじ2020/10/06(Tue) 15:18:47ID:gxNjcwNjg(24/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義との闘争』より
      「日本軍慰安婦問題を長い間研究して来た尹明淑は、『ハンギョレ新聞』への寄稿文の中で、
      「映画『鬼郷』のように、日本軍が銃剣で脅迫して少女たちを連れて行くことはなかった。
      映画で描いた場面は度が過ぎた」と指摘しました。
      韓日両国の慰安婦研究者たちは、以前からそのような理解を共有していました。
      日本における慰安婦研究の権威と言える吉見義明教授は、
      「権力による慰安婦の強制連行は証明されていない」と、数回表明したことがあります。
      韓国内でもよく知られている方ですが慰安婦運動を主導して来た和田春樹教授も、
      「官憲による直接的な強制を立証できる文書史料が、
      未だに発見されていないのは確かである」としています。
      戦時期の朝鮮総督府は、
      慰安婦に関して労務者動員のような募集や斡旋政策を強行したことでありません。
      1940年に発布された国民職業紹介令や付属の施行規則も、慰安婦を対象とはしていませんでした。
      制度と政策のレベルで、「総督府が慰安婦を動員した」と主張できるような証拠はありません。

    • 147ぽじ2020/10/06(Tue) 16:23:54ID:gxNjcwNjg(25/31)NG報告

      「帝国の慰安婦」に「拉致強制連行」はありません。
      韓日両国の慰安婦研究者たちは、以前からそのような理解を共有していました。

      オランダ女性人の話は「帝国の慰安婦」に関係ありません。

    • 148ぽじ2020/10/09(Fri) 21:56:18ID:AzNjE2MDI(26/31)NG報告

      国としては豊かになっているのに、
      多くの女性が海外売春に出向き、
      おばあさんたちが売春の為に栄養ドリンクを売っているふりをしている国があります。

      「国家権力、周旋業者、慰安婦業主だけではなく、
      男性、家父長、社会が加担した犯罪であり、
      また、その当時の固有の歴史的、文化的現象であったのです。」
      という李栄薫先生のお言葉が身に沁みます。

    • 149キャンセル韓国2020/10/09(Fri) 22:26:49ID:M1Nzk1NzA(1/1)NG報告

      チョンにとって慰安婦とは架空の英雄だからなぁ

    • 150ぽじ2020/10/11(Sun) 19:59:18ID:UxNTc5NTg(27/31)NG報告

      李栄薫先生『反日種族主義との闘争』より
      「日本軍慰安婦問題を長い間研究して来た尹明淑は、『ハンギョレ新聞』への寄稿文の中で、
      「映画『鬼郷』のように、日本軍が銃剣で脅迫して少女たちを連れて行くことはなかった。
      映画で描いた場面は度が過ぎた」と指摘しました。

      韓日両国の慰安婦研究者たちは、以前からそのような理解を共有していました。
      日本における慰安婦研究の権威と言える吉見義明教授は、
      「権力による慰安婦の強制連行は証明されていない」と、数回表明したことがあります。
      韓国内でもよく知られている方ですが慰安婦運動を主導して来た和田春樹教授も、
      「官憲による直接的な強制を立証できる文書史料が、
      未だに発見されていないのは確かである」としています。

    • 151ぽじ2020/10/12(Mon) 13:55:32ID:I1NTYxMzY(28/31)NG報告

      「拉致・強制連行」説が維持できないため、
      「人身売買」説が持ち出されてきた。

      これは争点の核心部分の変更である。
      私は「人身売買」説に同意しないが、
      仮に「人身売買」があったとしてそれは誰が行ったのか?
      契約書に署名したのは娘の親である朝鮮人の父母である。
      契約書の相手方として署名したのは朝鮮人の業者である。

    • 152名無し2020/10/12(Mon) 13:56:26ID:IyMTM0NTY(1/1)NG報告

      그것은 없다

    • 153ぽじ2020/10/12(Mon) 19:37:20ID:I1NTYxMzY(29/31)NG報告

      >>152
      私は「人身売買」説に同意しないが、
      仮に「人身売買」があったとしてそれは誰が行ったのか?
      契約書に署名したのは娘の親である朝鮮人の父母である。
      契約書の相手方として署名したのは朝鮮人の業者である。
      韓国人はこのことを認めましょう。

    • 154ぽじ2020/10/13(Tue) 17:18:11ID:k5NTQzMTQ(30/31)NG報告

      良心的日本人は慰安婦の「拉致」「強制連行」を見つけようとしましたが見つかりませんでした。
      そこで「強制された」という方針を維持するために「人身売買」説を持ち出しました。
      「人身売買」は朝鮮人の父母と業者の間で行われたました。

      私は「人身売買」説には同意しません。

    • 155sanyasan2020/10/13(Tue) 20:11:57ID:QxODczMTU(1/1)NG報告

      >>154
      「反日種族主義」やその続編は面倒なので私は読んでいないし、此処にいる殆どの嫌韓諸氏も読んでいないと思う。
      今の日韓情勢に何の影響も与えていない様に見えるが、実際には歴史問題の根源的な処に打ち込まれた最も重要な楔である。絶対に有り得ないと誰でも思うだろうが、ある日ふと誰かが神の座に居座っている「慰安婦像」を引きずり降ろしたらと思った時に、その金の子牛に取って代わるバイブルに成り得るからだ。これは比喩では無く、綿密なデータに基づいて書かれたこの著書に、反論出来る韓国人など今もこれから先も一人も無いと本文のデータが語っている。原本の比べれば短い抜粋ですが、私はこれらをコピペしてくれたぽじさんに深く感謝します。

    • 156ぽじ2020/10/26(Mon) 22:31:46ID:YxMzA2Mjg(31/31)NG報告

      正義連の目的は、たとえば正義連が慰安婦への支援金を、
      脱北者の北への帰国の説得に使っていたように、
      女性の人権の擁護ではありません。
      慰安婦や応募工という山を大きくしていくことによって、
      日本を貶め日本と他の自由主義陣営の国々と分断すること、
      韓国の保守派を積弊清算して新しい国をつくり、
      極東から自由主義陣営を追い出していくことです。
      我々日本人は、大韓民国の歴史研究者たちとは若干の意見が異なりますが、
      今日的には、日本の『反日』活動家、大韓民国の『反日種族主義』者達の、
      捏造と妄想によるファンタジーを糺だす必要があります。

    • 157名無し2020/10/26(Mon) 22:50:10ID:c0ODUxMDY(1/2)NG報告

      拉致したのが朝鮮人で当時朝鮮人は日本人だったから
      日本は日本人がやった事として謝罪している
      日本がバカ真面目してる事が問題
      はっきり朝鮮人が拉致をしたと公言し証拠を出せば
      韓国人は発狂し倒れる。

    • 158名無し2020/10/26(Mon) 22:55:22ID:c0ODUxMDY(2/2)NG報告

      >>157

      1930年代の朝鮮人紹介業者の人身売買と誘拐事件

      1933年、少女たちを誘拐し、売春宿に売り飛ばしていた朝鮮人誘拐団のトップが逮捕された事件、
      1936年には農村の女性を騙して満州に娼妓として売却しようとしていた朝鮮人を逮捕、
      1938年には17歳の二人の少女に満州での就職をもちかけて誘拐し、
      自分に親権があるかのように委任状を偽造して遊郭に売った朝鮮人紹介業者が逮捕され、
      1939年には日本女性を騙して中国へ売り飛ばそうとしていた朝鮮人が逮捕、
      また同年には、1932年から各地の農村を歩き回って「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があると騙し、
      約150人を満州や中国本土などに売っていた朝鮮人が逮捕され、
      その朝鮮人から50名ほどを買った京城(現ソウル)の遊郭業者を警察が呼び出すと、
      それを察知してその女性たちを中国に転売した事件(朝鮮南部連続少女誘拐事件)が発生していた。

      以上のように、朝鮮人が女性を甘言・誘拐により、
      売春宿に売却しようとして日本の警察に逮捕された例が数多く報道されている。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除