日本は文禄・慶長の役をどう教えてるんですか?

552

    • 1日本語勉強中の韓国人。2018/11/27(Tue) 19:01:51ID:cwMTQwNTM(1/1)NG報告

      韓国の教科書は
      日本を統一した豊臣が内部の不満を外に向けようとして
      起こした戦争。戦前、朝鮮は通信使で異変を感じたんだけど、他に対策を立たない上、朝鮮の王は
      ソウル防御線が破られたのを聞いて明の満州へ逃げようとした。
      だが、李舜臣の活躍と明の支援で侵略を防いだ。と述べている。
      またその後、戦争の影響で、明が滅び、淸が政権を取った、日本は無理な戦争に不満、また
      豊臣が死んでから、德川家康が動いて豊臣家から政権を奪うことになった。
      と述べている。日本の方はどうですか?

    • 503名無し2020/11/21(Sat) 13:49:45ID:I4Mzk0MzI(22/24)NG報告

      知識をひけらかすクセに、間違いを指摘されても謝罪はおろか訂正すらしない。

      >日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)「内容に反論できない馬鹿(*´w`*)」
      俺「お前もそうだろw」「違うって言うのなら反論して見ろ。」

      >日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)「ドイツは第二次世界大戦当時、輸送を馬匹に頼っていたから駄目」
      俺「第二次世界大戦当時、アメリカ以外、全世界の軍隊は輸送に馬匹を利用していましたが?」
      >日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)「・・・」

      >日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)「レオパルド2は対戦車ミサイルで(側面装甲を)貫通されたから主力戦車とは呼べない」
      俺「レオパルド2より後に開発されたチャレンジャー2は正面装甲を増加装甲ごと貫通されてますが?」
      >日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)「・・・」

      (*´∀`*)アハハハハハハハハ

    • 504名無し2020/11/21(Sat) 13:50:36ID:I4Mzk0MzI(23/24)NG報告

      自分から挑発しておいて被害者面

      >「先に手を出してきた」馬鹿への対応だ(*´エ`*)

      https://kaikai.ch/board/114296/
      日本の世論調査 若年層ほど保守派が多い事が判明!

      18日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 11:11:04ID:E3MTU0NjA(1/9)
      >>1
      >保守じゃなくてウヨが多いだけでしょ(*´エ`*)

      自分から手を出しておいて、被害者面をする人間のクズ

    • 505名無し2020/11/21(Sat) 13:50:59ID:YzMDc0MDc(1/1)NG報告

      >>501
      しかも昼間っから一日中キチガイみたいに延々連投し続けるからな。
      まぁ、実際キチガイなんだが。

    • 506日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 13:51:55ID:E3MTU0NjA(45/45)NG報告

      そもそも徳川家康って3万以上の軍勢を直卒したこと無いし(*´w`*)

      レベル的には4万8000の兵士を統率したローマ帝国のシリア総督より下。

      織田信長が生きてる間とか、8000が精々。

      戦術レベルで強くても戦略レベルで勝てなければ意味がない。
      戦略で勝つには兵站が重要。

      豊臣秀吉が「唐入り」で使用した兵力は最大で30万程だ。

      徳川家康に30万の兵力を統率できる能力が有るのかね?(*´w`*)

      関ケ原でも3万を持て余してたくらいだぜ。
      事実上の主力だった秀忠軍なんてカネがなくて立ち往生だ。

      徳川家康は小物なんだよ。豊臣秀吉に比べれば遥かに、ね。

    • 507名無し2020/11/21(Sat) 13:55:25ID:I4Mzk0MzI(24/24)NG報告

      日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)へ

      他人の知識に間違いがあると言うのなら、それを指摘すればいい。
      ネトウヨがどうのと挑発するな。
      自分から挑発しておいて、被害者面をするな。
      見苦しいにも程があるぞ。

      お前には人としての誇りが無いのか?

    • 508(´・ω・`)2020/11/21(Sat) 13:58:22ID:M4MjcwNzI(1/1)NG報告

      >>464

      何この写真?

      体操選手なの?

    • 509名無し2020/11/21(Sat) 15:13:16ID:EwODQyNTI(1/2)NG報告

      朝鮮の文録慶長の役の争乱を書いた作品に『壬辰録』がある。成立したのは17世紀頃と見られており、実在の人物が出てくるが架空戦記の小説。バリエーションも色々あるらしい。

      子供がいない夫婦の夢に関羽が現れ、罪を犯した天上人を子供として授けるとのお告げがあり、子どもが生まれる。名前は崔日景といい、宣祖に仕えることとなった。

      ある夜、宣祖が不思議な夢を見た。それを聞いた崔日景は「その夢はつまり…倭が襲来してくることを意味しているんですよ!」と言って、逆に不穏を煽った罪で、崔日景は流刑にされる。

      やがて本当に倭軍が侵攻してきた。
      李舜臣は奮戦するも銃弾に倒れ、姜弘立は各地で倭軍を撃退するも清正に敗北。朝鮮王朝は首都放棄を決定する。

      清正は漢城を包囲し餓死寸前にまで追い込んでいたが、その時、関羽が天から現れて、清正を叱責する。清正は慌てて退却。

      一方、首都放棄した宣祖の後を追った崔日景は金応瑞の任用と明に援軍を請うよう進言する。その金応瑞の命を受けていた妓生によって、小西行長も寝首を掻かれる。

      明皇帝は援軍を要請されて「農繁期だから無理」と断っていた。
      しかし、そこに関羽が現れて
      「明皇帝は劉備の生まれ変わりで、朝鮮王は張飛の生まれ変わり。つまり義兄弟なんだから助けてやれ」

      関羽に諭された明の皇帝は李如松を援軍として出すことを決定。ところがこの李如松、朝鮮に赴いたのは良いが、傲慢であった。
      李「氾濫してる鴨緑江に一晩で橋かけろ!龍のテールスープ&象牙の箸で食わせろ!
      あと、宣祖は王の器ではないから兵を引き上げるぞ!」
      結局、柳成龍と崔日景の機転により、李は態度を改めた。
      (続く)

    • 510名無し2020/11/21(Sat) 15:17:35ID:EwODQyNTI(2/2)NG報告

      >>509(続き)
      やがて両軍の決戦が行われるが決着がつかない。そこで清正と李如松が直接対決をすることになった。
      しかし、そこに関羽が現れ、清正は関羽の威に圧されて、李如松に討ち取られた。

      こうして、殆ど関羽のお陰と朝鮮軍と明軍の奮戦により戦いは終わった。
      倭軍は撤退し宣祖も都に帰還することができたが、崔日景は病に倒れ亡くなった。

      十数年後、降伏文書を受け取るため惟政が倭に赴くこととなった。
      惟政は18990字の詩を諳んじたり、焼かれた部屋に閉じ込められても動じなかったりと、数々の窮地を神通力で乗り越えた。
      この使者にビビった倭王は遂に観念し、二度と朝鮮を侵略しないこと、毎年人の皮三千枚と銅鉄三千斤を朝貢することを約束するのであった。

      ~と、妄想話に『〇〇録』をつける点が実に朝鮮人らしい。漢字が分からない韓国人には意味が分からない事だろうが。

      関羽が出てくるのは、この時に遠征に来た明兵から、関羽信仰が朝鮮に来た影響。

      韓国では近年でも妄想戦記で日本を屈服させる小説がヒットしてるが、
      現実では達成出来ない恨を、朝鮮人の都合の良い妄想で満たそうとするのは、400年前から確認出来る。

    • 511詠み人知らず2020/11/21(Sat) 15:19:29ID:A4MjMzODE(1/1)NG報告

      朝鮮人が路上に排泄したウンコ臭が博多まで匂ってきてた。
      そこで衛生観念を教育するため止む無く出兵したらしいね。
      それでも300年後の日韓併合まで路上排泄の悪習は治らなかった。

    • 512名無し2020/11/21(Sat) 15:29:52ID:A3NTU0NzQ(1/1)NG報告

      李舜臣の活躍❓
      日本が明との停戦合意後、背後を襲って来た卑怯者か!
      しかも魚の餌になった愚将かwww
      朝鮮の英雄って、日本人を一人でも倒したら英雄になれるって簡単だなwww

    • 513名無し2020/11/21(Sat) 15:55:20ID:A0NDAwMw=(2/2)NG報告

      >>506
      一人の指揮官が直卒できるのは精々300人というのがこの時代の常識。文献には「手勢三百」といった言葉がたびたび現れる。小隊〜中隊規模の人数を「直卒」する指揮官たちが一軍の将に付嘱して、さらにそれらの将たちを指揮するのが家康クラスの大将。通信機器が発達した現代だって、一人の指揮官が30万人を「直卒」するなんて無理だよw

    • 514名無し2020/11/21(Sat) 16:06:12ID:Q0Mjg0OQ=(1/1)NG報告

      韓国人は他国の歴史を知る前に自国の本当の歴史を学ぶべきだろ。

    • 515名無し2020/11/21(Sat) 16:51:27ID:A1OTcxMA=(1/1)NG報告

      >>1
      豊臣がスペインやポルトガルなどの植民地支配の暴虐を見て脅威を感じ、西洋によるアジア支配に対抗すべく起こした行動。朝鮮には「通行の邪魔をしなければ、お前らには手出ししないよ」と言っていたのに、馬鹿な朝鮮民族が邪魔立てしてきた。これにより、アジアの自主自立は1900年代半ばまで遅れることになる。

    • 516名無し2020/11/21(Sat) 16:57:02ID:Q3ODk3Ng=(7/7)NG報告

      >>515
      それで良かったと思うけど
      もし、日本が中原を征していたら
      いずれ、中華の一部になってしまう
      それだけはダメだと思う

    • 517名無し2020/11/21(Sat) 17:01:39ID:U3MzQ1NTQ(1/1)NG報告

      >>1
      どう教えてるのかって?バカなのか?判明している史実を教えてるだけだ。おまエラ捏造してるから、日本も都合よく教えてるって思ってるんだろ?おまエラの歴史は、全てがファンタジー捏造物語だ。特に日本相手だと、ウリたちは被害者だと都合よく洗脳してるだけ。

    • 518能力全開さん2020/11/21(Sat) 19:04:20ID:MzNzgzMDU(1/1)NG報告

      >>1日本ではそんなに詳しく教えてないですね
      侵略国家のレッテルが怖いからか?
      韓国の方に追加情報はあります
      そもそも織田信長の計画でした
      それを豊臣秀吉がコンプレックスを感じて
      遂行しようとしたのは間違い無いでしょう
      織田信長は明まで征服しようと考えていましたら
      それがその後の日清日露戦争に繋がり
      満州建国まで続く思想だったと思います
      韓国の方には失礼ですが
      日本人は常に大陸に憧れがあり 朝鮮半島には
      眼中に無いのは変わらぬ事実でしょう

    • 519名無し2020/11/21(Sat) 19:29:56ID:IzMjgyOTY(1/2)NG報告

      >>506
      お前本当に馬鹿なんだな。
      適応障害は理解していたが、そこまで深刻な状況とはな。

      ひとりの人間がじかに統率できる範囲など知れていることすら理解しないのはアホの極致だな。
      そんな数比べる時点でお前の脳みそはキムチいか。ウジ虫沸いた脳味噌ではまともな思考はないだろうな。

    • 520名無し2020/11/21(Sat) 19:38:47ID:IzMjgyOTY(2/2)NG報告

      >>415
      お前本当に底なしの馬鹿だな。
      横に並び、縦に次銃隊が控えているのだよ。
      お前字読めないんだろ。

      どこの藩の指南書読んだらお前のような馬鹿が生まれるんだ?

    • 521名無し2020/11/21(Sat) 19:40:03ID:Q5OTMwNTc(1/1)NG報告

      >>1
      日本の教科書には載っていないが、最近の研究で朝鮮出兵は秀吉とスペインの野望が複雑に絡みあったものと考えられ始めている。
      当時、スペインは東アジア制覇のため、最大の人口をほこる中国を狙っていた。
      日本にはスペインが一番欲しい銀鉱山があったが、鉄砲伝来後、日本は自ら改良・製造するようになり、スペインも簡単には攻略できない軍事大国になっていた。
      そこでスペインは日本を植民地化するよりもその軍事力の利用を考えるようになる。
      まずスペインは信長に取り入ってキリスト教布教を条件に、大量の銃、そして弾丸、火薬を提供した。
      長篠の戦いがあった古戦場で鉛玉が発見されているが、その鉛はタイの鉛鉱山から産出されたものであることがわかっている。
      天下統一直前に信長が死に、スペインの目論見は失敗するが、その後、秀吉に取り入り、自分たちが育てたキリシタン大名に協力させて統一が実現する。
      そして日本統一後、秀吉は明の征服を志す。
      目論見通りに動いてくれた秀吉に対して、スペインは積極的に協力する。
      その結果、朝鮮出兵には多数のキリシタン大名が先兵として参加している。
      ところがその後秀吉がフィリピンを攻略し、スペインから奪おうとしていることが判明する。
      また秀吉が強くなりすぎたキリシタン大名の力を朝鮮出兵で削ごうとしていることも判明する。
      そんな時、さらにフェリペ一世が亡くなり、スペインは東アジア制覇戦略の変更を求められることになる。
      一方、日本も秀吉が亡くなり、日本軍は朝鮮半島から撤退、フィリピン攻略も無くなった。

      スペインの宣教師が残した記録をからわかってきたことだ。

    • 522日本人2020/11/21(Sat) 20:58:04ID:I5ODk2ODQ(1/1)NG報告

      >>1
      朝鮮半島のゴキブリ
      🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ
      潰しながら満州へ
      豊臣秀吉が亡くなり
      朝鮮半島のゴキブリ
      🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ🪳ブチ
      潰しながら帰国?

    • 523名無し2020/11/21(Sat) 21:36:35ID:Q3MTcwMDg(1/1)NG報告

      >>515
      まあ、船で大陸と直行する案があったんだよな。調達出来ず半島経由

    • 524日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 21:38:25ID:M2ODgzNzM(1/1)NG報告

      >>519
      馬鹿すぎ(*´w`*)

      大規模な軍隊を近代以前に運用できない理由は、兵站。
      基本「現地調達」しないと兵力を養えない。
      現地調達してしまえば、その地はしばらくは使えなくなる。
      (物資を根こそぎ奪われるから当然だ)
      それを変えたのがナポレオンと、豊臣秀吉。
      河川・海上での物資輸送とその維持・管理をできるから大規模な軍隊を維持、機能させることが出来るわけ。
      兵力の大規模な戦略機動ができるのも、兵站を理解する指揮官があってこそだ(*´w`*)

      ナポレオンにおいては1796年のイタリア戦役、1805年のオーストリア戦役が好例。
      豊臣秀吉においては山崎合戦に至る「中国大返し」、賤ヶ岳合戦にいたる長浜・岐阜、伊勢へのの戦略機動が好例。

      戦術的な優位なんぞ、戦略と兵站の前には無意味だ。
      「”戦闘”には勝てても、”戦争”には勝てない」のだよ(*´w`*)

    • 525日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 21:45:05ID:I0NjcxMjk(1/5)NG報告

      >>520
      底なしの馬鹿(*´w`*)

      横隊戦術には教練が必須。
      適当に集められた連中が、急に「軍隊」になるとでも思ってるわけ?
      敵前でも整然と動作を繰り返しおこなるような「年単位での訓練」が必要。
      ドリル、って知ってる?
      これが出来ないと、銃兵の横隊は無理なわけ(*´w`*)
      YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=S6v_WcZLTd0&ab_channel=%E5%85%AB%E5%92%AB%E7%83%8F%E3%81%AE%E5%BA%AD
      そもそも、銃による横隊戦術の前提は
      「銃の性能が低い」
      「安全性の高い着火方式」
      「白兵戦、騎兵の突撃に対応可能な銃剣を装備している」事だ。
      横隊戦術と「命中率の低い銃」「銃剣」「フリントロック式」はセットなわけ(*´w`*)

      日本は精度のマッチロック式マスケットを量産していた。
      一方で銃剣がない。
      日本と西欧は違うんだよ、馬鹿が。

    • 526日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 22:01:48ID:I0NjcxMjk(2/5)NG報告

      だいたい、銃兵を横に並べたら騎兵と近接歩兵に対応できないだろうが、馬鹿が(*´w`*)

      織田・豊臣の軍の編成は時期によって変わるが、おおよそ

      銃兵:1 弓兵:1 近接歩兵:1 槍兵:5 騎兵:1 補給段列:1 だ。

      銃兵は有力では有っても、主力ではないのだよ。
      兵科の編成から見れば、テルシオに近い。

      そもそも命中率低下と射程の低下に目をつぶって毎分4~6発は発射してた欧州の銃兵による横隊と、 
      日本では環境が違う(*´w`*)

      銃兵を横隊で運用する=先進的~! じゃあねえっつーの。
      世界は欧州を中心に回ってるとでも思ってるわけ?アホか(*´w`*) 
       

    • 527日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/21(Sat) 22:05:32ID:I0NjcxMjk(3/5)NG報告

      そもそも、マスケット銃は狙って撃つものじゃねぇし(*´w`*)

      馬鹿って、時代劇の見すぎ(苦笑)

    • 528名無し2020/11/21(Sat) 23:20:38ID:YwMDYyNzk(1/1)NG報告

      >>1 >>2 >>6
      李舜臣が英雄とされ有名になったのは近代だと思う。
      「戦闘の勝利」という単純業績から評価はされるだろうが、現実には王の命令に背いて罷免されたり、戦闘員のいない輸送船だけを狙ったり、やっていることはあまり「戦士として正々堂々と戦う」という行動ではない。

      日本統治時代、世界的に海軍大将として世界的に有名だった東郷平八郎(1904年バルチック艦隊を撃破した人)の名前を使った李舜臣の逸話が朝鮮で有名になった。

      東郷平八郎が唯一尊敬できる歴史の将軍として李舜臣の名前を出した、という逸話。
      実際に日本にそのような逸話はなく、朝鮮人が朝鮮で流行らした創作逸話だった。

      李舜臣と東郷では、戦闘に対する思想心情が違いすぎるので、かなり無理のある話だ。

      だから正直、韓国で行われた観艦式に「国旗以外の旗を飾らないよう要請」した韓国戦艦でムン大統領が「師」の旗の下で笑っている写真を見て、笑った。
      いや、その人、王の命令違反をして罷免された人でしょ。

    • 529名無し2020/11/24(Tue) 00:09:24ID:AyMDIwNzI(1/3)NG報告

      鉄砲や大砲の話題が出ている様なので、少し補足を。
      当時の日本の主力兵器は「石火矢」や「種子島筒、(鉄砲)」でしょうか。
      「大砲」に関して、日本は遅れておりましたので、少し特殊です。

      文禄・慶長の役の後になりますが、大坂冬の陣で大坂城を落とすために大砲が使われましたが、これは青銅製の大砲で、文禄・慶長の役の鹵獲砲だと言われています。はっきり言って、当時の日本は大砲後進国と呼んでも差支えなかったと感じます。
      しかし、その後に日本らしさを発揮致します。家康の命により日本は鉄砲を「大型化」する事により、かなりの数の大砲を作成しました。国友鍛冶や堺の鉄砲鍛冶芝辻が作成した大砲は、全て「鍛造」による大砲です。

      余談ですが、韓国人の方々がお嫌いな靖国神社の遊就館に、当時としてはかなり大きな大砲、「芝辻砲」が展示されていますが、これも約12.5ミリの鉄板を同心円状に8枚重ね合わせて作成した、鍛接鍛鉄砲です。

    • 530日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 00:19:54ID:U1NTE4NzY(4/5)NG報告

      >>529
      「日本は後進国だった」には反論(*´エ`*)

      戦国時代は「必要ないから普及しなかった」ってのが僕の主張。
      応仁の乱からこのかた造成された城の大半は「山城」「丘城」。
      それらを防御するにしても、攻撃するにしても大砲は使いづらい。
      (欧州でも大砲が機動的に用いられるようになるのは、17世紀半ば、グスタフ・アドルフ以降。)

      江戸期にそれなりに大砲が作られたのは、攻撃用に運搬する必要がない「純粋な防御兵器」になったから。
      同時期の欧州から情報収集している日本では、「騎兵砲」とか試みられてもいない。
      必要ないんだもの。

      まあ、あとはやっぱり馬の問題。
      軍で運用可能な一定の質の馬匹が養成されるようになるのは明治以降だし(*´エ`*)
      安土・桃山にはアラブ馬も日本に入ってきているが、結局導入されていないし。

    • 531名無し2020/11/24(Tue) 00:36:45ID:AyMDIwNzI(2/3)NG報告

      >>530
      大砲に関して、ですよ?
      言葉を切り取るつもりはありませんが、>「必要ないから普及しなかった」...つまり有用性に気付かない時点で、出遅れていたのは明らかでは無いでしょうか?
      勿論、結果的に開発する事になっている事も根拠の一つですが。

      文禄・慶長の役が一つのきっかけとなり、大砲の必要性や有用性に気付いた、との見解ならば同意致します。
      事実、鉄砲や石火矢、良質の刀や槍、機動力重視の武具の差は日本が圧倒的でした。

    • 532日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 02:28:18ID:U1NTE4NzY(5/5)NG報告

      >>531
      例えば米は高カロリーで炊飯器は便利だが、欧州では栽培されないし殆ど使われないでしょ(*´エ`*)
      ガレー船は地中海では便利でも、バルト海や大西洋では使われなかったでしょ?

      環境と目的が重要。それに合致していなければ、無意味だしコストが掛かるだけ。
      日本の場合、城の構造とインフラ、地形の問題、輸送に使用する馬匹の影響が強い。

      日本の山城、その小さな曲輪では砲座を置くだけの余地が無いし、
      高低差を活かしての防御陣地で砲を移動させるのも困難。
      そもそも山城は人的、維持費などコストパフォーマンスも重視している。
      大量に火薬を使い、運搬も困難、日常的な訓練も必要で、つまり維持費がかかる大砲は不適なのよ。

      あと、インフラと地形。
      まあ、言うまでもないと思うので割愛。

      それに輸送の問題。
      欧州の例で言えば17世紀半ばにグスタフ・アドルフが軍政改革するまで、
      欧州では大砲は機動力のないもので防衛用に使われるくらい(*´エ`*)
      で、グスタフ・アドルフが何をしたかと言えば、大砲の小型化と馬匹の改良。
      大砲を小さくして軽くした上で、能力を均一化した馬を大量に育成したわけ。
      なので1630年代以前で言えば、日本も欧州も技術的にも運用的にも大差がない。

      日本の馬は体高130cmあまりの小型馬だし、そもそも日本は湿気が強い。
      馬自体、封建武士の乗り物であって、大量生産なんぞ無理だし。

    • 533日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 02:32:32ID:k2ODcwNzI(1/4)NG報告

      (続き)
      そもそもが火薬武器自体、当時は普及し始めたばかりで「現代の火砲」じゃあるまいし、
      有用性なんて未知数なんだよね。

      あと、豊臣・織田、特に豊臣秀吉は戦略機動を重視してる軍を運用しているので、
      大砲は正直いらない子だし(*´エ`*)
      (再三だが欧州で機動的な大砲の運用が始まるのは1630年代頃から。秀吉が活躍する時代の約40年後)

      江戸時代の日本で大砲の価値を見出すのはフェートン号事件の影響が強い。
      沿岸防衛用(つまり、カトリックに対しての武装中立)のために必要だと痛感させられたわけだし。

    • 534日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 02:39:00ID:k2ODcwNzI(2/4)NG報告

      大砲=強い

      わけじゃないのよ(*´エ`*)

      例えば戦車は強いかもしれないが、市街地では単なる「的」。

      環境と状況によっては、特に17世紀以降(つまり日本では太平の江戸時代)の発展途上にあった大砲は、
      戦国時代も終わった日本からすれば、必死に追っかける必要をあまり感じてないんだよね。

      内戦の殺し合いが終わったのに、武器作ってても意味ないでしょ?
      まあ、欧州はそれから断続的に20世紀まで戦い続けるので、ある意味「武器」は発展するけどね。

    • 535名無し2020/11/24(Tue) 02:44:04ID:M3MDY3NjA(1/2)NG報告

      >>532
      信長の鉄甲船はどこまでガチ話なんだろうかね。

      史実通りなら大砲vs村上水軍の焙烙

      当時はコスト云々、海上の覇者になるんだろう

      欠点は言い出したらキリがないけど

    • 536日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 02:51:16ID:k2ODcwNzI(3/4)NG報告

      >>535
      有用なら量産されているだろうし、他の地域の有力者も造ってるでしょ(*´エ`*)
      それが「全く無い」ってことが良い証拠だと思うよ。

      戦争だってコストの範囲内でやる「経済活動」だし。
      破産してるのに戦争するのは、ドイツ第2帝国と昭和の大日本帝国くらいだよ。

      そして、どっちも負けました。

    • 537名無し2020/11/24(Tue) 02:53:41ID:M3MDY3NjA(2/2)NG報告

      >>536
      毛利から本願寺への兵糧を止める事が最大の目的だったしね。

      完全に封鎖した後はお役御免って感じなんだろうね

    • 538日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 02:57:04ID:k2ODcwNzI(4/4)NG報告

      >>537
      織田信長らしい直接アプローチ、だと思う(*´エ`*)
      「力技」って感じ。
      良いか悪いかではなく、「信長らしい」と思う。

      制海権獲得への方法が、秀吉と信長では違っていて面白い。

    • 539名無し2020/11/24(Tue) 05:03:14ID:Y1MjIwMTI(1/1)NG報告

      >>537
      2年ぐらい前、TV番組で、
      船の専門家が構造計算して、鉄鋼船の模型の断面の輪切り状態を再現し、本当に浮くか否かを検証してみたいけど、
      ギリギリ汽水域を満たしてて“浮く”事は証明してたね。

      ただしギリギリなので、波がある外洋には向かない。
      波がない瀬戸内海での運用だったから使えたんでしょ。

    • 540名無し2020/11/24(Tue) 05:36:07ID:YwODM4NDA(1/2)NG報告

      가토는 임진왜란 당시 조선의 백성들에게 귀신이라 불리며 두려움을 샀다. 또 임진왜란 중에 호랑이를 마구 잡아서 '호랑이 가토'라는 별칭을 얻었으며, 여기서 도라켄(虎拳)이라고 하는 놀이의 기원이 되었다. 당시 한반도의 셀러리를 일본에 가지고 들어 왔기 때문에 현재 일본에서 부르는 셀러리의 별칭 중에 "기요마사 인삼(清正人参)"이 있다.
      현재 일본 교토 시 사쿄 구(左京区)에 위치한 다이토쿠사(大徳寺)의 소켄인(総見院)에는 가토가 조선에서 가지고 돌아왔다고 하는 돌을 조각해 만든 호리누키이도(掘り抜き井戸, 땅을 깊이 판 우물)가 남아있다.

    • 541名無し2020/11/24(Tue) 05:40:21ID:YwODM4NDA(2/2)NG報告

      부산과 쳐들어온 왜군을 묘사한 조선시대 기록화.

      치열하였던 교전(交戰)의 전말(顚末)을 한 화폭에 효율적으로 담기 위하여 높은 곳에서 내려다보는 방식의 조감법(鳥瞰法)을 사용

    • 542がおらー◆TYBVULIPSU2020/11/24(Tue) 06:03:44ID:Y5MjQ0NjQ(2/2)NG報告

      >>541
      この絵は両方ともよく見るんだけど、
      誰が何のために描いたんですか?

    • 543名無し2020/11/24(Tue) 07:29:11ID:QyMTAwMzI(1/1)NG報告

      秀吉は出自が平民だったから
      日本の支配者として君臨するためには関白の位だけでは足りないと感じていた

      なので中国を支配することで豊臣家を磐石にしようとしたわけだけど
      朝鮮を通して欲しかったのに中国の属国だった朝鮮が通してくれないから
      先に朝鮮を倒さないといけなくなり戦争になった

      教科書に書かれた内容は1ページにも満たない

    • 544名無し2020/11/24(Tue) 07:43:17ID:IxMjE3ODQ(1/1)NG報告

      >>535
      鉄甲船は自力では動けなくて他の船に引っ張らせて動かしたようだし
      汽水域の川に砦のように配置して通れなくしただけみたいだね

      錆びて直ぐにダメになったんだろうし
      村上水軍を倒すための1回だけの奇策用の船だと思う

    • 545腐女子なめるな2020/11/24(Tue) 09:14:41ID:I1Mzc3MzY(1/1)NG報告

      >>538…この人気持ち悪い。歴史とかあんまり詳しく無いけど、本当に気持ち悪い。

    • 546名無し2020/11/24(Tue) 09:20:26ID:E1OTM3MjQ(1/2)NG報告

      織田信長の死体が見つからなかったので「御館様は大陸に亡命した」と探しに行ったのが真相ではないかな?

    • 547名無し2020/11/24(Tue) 09:22:18ID:E1OTM3MjQ(2/2)NG報告

      >>545
      餌でも食ってろ。

      信長×秀吉←家康

    • 548名無し2020/11/24(Tue) 11:21:08ID:M4MzU5OTI(1/1)NG報告

      >>543
      1577年「中国征伐の後は、九州を退治し、更には進んで朝鮮を従へ、明を征伐する許可を(信長に)請うた」『朝鮮征伐記』

      関白就任前から、光秀を討った1582年山崎の戦いよりも前から、秀吉は構想してる。

      根拠もなく妄想で秀吉の動機を断定するのは良くない。

    • 549名無し2020/11/24(Tue) 20:19:17ID:AyMDIwNzI(3/3)NG報告

      >>532
      >>533
      少々誤解がある様に感じます。

      15世紀の中頃には、日本は支那や朝鮮半島に対し、かなりの量の銅や硫黄を輸出しています。硫黄はまだしも、銅は意外に思いますが事実です。そして明や李朝では、これを大砲や火薬の原料としていた事が知られています。流石にこれを当時の日本が気付かないとは考えにくいです。しかし、日本では16世紀の中頃以降でやっと大砲の記録が確認されます。必要なかったのではなく、開発に出遅れたと感じる理由は後述の通りです。

      史実では、大友氏は1578年には大砲数門を鋳造していますし、1580年~頃には信長に大砲を贈っています。
      そして1585年に小西行長が雑賀攻めに用いた大砲も、信長が支那人に命じて伊勢の国で鋳造させたと記録され、北条も1589年に領内の鋳物師に大筒20丁の鋳造を命じてます。他にもありますが...キリがありませんので、一例として読んで下さい。

      この様な、慌てて作成したかに感じる史実から、出遅れたと感じる次第です。
      大砲の有用性や必要性に気付いたからこそ、作成したと考えます。
      まぁ、私個人の考察ですから、ムキになって反論するつもりも無いのですが(笑)

      因みに、15世紀の李朝ですら、明の技術を盗んで改良し、大砲を作り始めています。

    • 550日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 23:44:14ID:c5OTUxNTI(1/3)NG報告

      >>549
      17世紀以前に「大砲」の運用を試行してたのなら、
      むしろ「出遅れていた」のではなく「先行していた」ことになる(*´エ`*)

      再三だが、大砲の汎用性、機動性が大幅に向上したのはグスタフ・アドルフ以降。つまり1630年代。
      1500年代に大砲を試行錯誤してる時点で、欧州に「遅れてない」わけさ。
      むしろ、戦国時代の間は日本のほうが火薬武器に関しては先行してるし。
      (欧州で火薬武器が発達するのは1618年、30年戦争前後から)

      再三だけど、大砲の運用に必要なのは製造技術だけではない。
      (まあ、青銅や真鍮でも良いけどね)

      用途、輸送手段、インフラ、地形(*´エ`*)
      大砲=最強 ではない。

    • 551日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/24(Tue) 23:55:56ID:c5OTUxNTI(2/3)NG報告

      ああ、それに学問としての弾道学の発達も必須(*´エ`*)
      1638年、ガリレオによる「放物線運動の発見」と力学が始まるまで、大砲って直射しかできないし。

      戦国時代の日本の城塞は山城・丘城が圧倒的に多い。
      弾道学無しで曲射は困難。つまり、大砲は使えない子。

      いずれにしても戦国時代が終わった17世紀の日本からすれば、あんまり注目する点ではない。

    • 552日本首狩族酋長(似非右派・似非保守専門)2020/11/25(Wed) 00:05:04ID:M2MTY1MDA(3/3)NG報告

      (続き)
      1614年、大阪夏の陣で日本の「戦国時代」は事実上終結するが、
      ガリレオによる弾道学もグスタフ・アドルフによる軍政改革は「掠ってもいない」んだよね(*´エ`*)

      「出遅れ」ようが無い。
      むしろ、大砲をバカスカ運用してたら日本のほうが大砲先進国になってしまう。

      江戸時代、欧州での大砲の発達(学問としての弾道学や運用思想も含めて)に、
      日本が「置いていかれた」のは事実だと思うが、戦国時代はむしろ欧州とあまり変わらない。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除