稲作はどうやって日本に来たのか?

212

    • 1名無し2018/06/20(Wed) 12:46:21ID:MzODEwMDA(1/2)NG報告

      ジャポニカ米とは日本列島、朝鮮半島、中国、東南アジアの一部で栽培されてる米です。

      画像はジャポニカ米の遺伝子です。a~hの8つの遺伝子があります。

      日本列島はほとんどab遺伝子だけ。朝鮮半島はb遺伝子を除くすべて。中国はa~h遺伝子のすべて。

      遺伝子的には中国から朝鮮半島を経由し日本に伝わったのは嘘になります。

      次は歴史です。
      日本の昔の教科書には弥生時代に稲作が伝わり稲作は縄文時代と弥生時代の文化の違いとも言われていました。

      プラントオパール【plant opal】 イネ科植物の葉に含まれるケイ酸が化石化したもの。 枯れた後も、その植物に特有な細胞の形のままで残り、ガラス質で、安定性が高い。 発掘調査で、イネの栽培状況や水田跡の解明などに用いられる。
      Wikipedia参照。

      公式には日本最古の稲作遺跡は岡山県の6400年前の朝寝鼻貝塚(岡山県)検出のプラントオパールが最古です。

      非公式ですが鹿児島県の遺跡では、12000年前の薩摩火山灰の下層からイネのプラントオパールが検出されたことから、稲作起源地と想定されている中国長江流域より古い年代が与えられる結果となっている。”’(「九州先史時代遺跡出土種子の年代的検討」(甲元眞之他、2003年3月31日、熊本大学学術リポジトリより))

      勿論まだ研究中ですしこれから他の地域でもっと古い稲作遺跡が発掘されるでしょう。
      稲作が日本発祥とは言う気もないです。ジャポニカ米は元は熱帯の植物ですから。

      いかがでしたか?不思議な稲作伝来でした。

    • 163名無し2019/10/22(Tue) 06:57:31ID:MwOTMxMzg(1/2)NG報告

      >>161
      韓国人は嘘をつくが、植物は嘘をつかない。

      植物の伝播は、
      「この有用な植物を、自分の村でも植えてみよう」という単純な動機から、地続きで行われる。パフアニューギニアの奥地の原住民の集落に行けば『お前の集落では何を栽培してるんだ?』はよく尋ねられる。なぜなら飢餓対策は、集落の存続にとって重要な関心事だからだ。それは古代の集落でも同じ。
      珍しく有用な植物があれば、自分の集落で栽培してみようと試みる。そして環境が合わずに、生育出来なかった植物は伝播しない。

      だから、稲の生育限界(寒冷により朝鮮北部で稲が適応し生育しない)が、朝鮮半島の陸路伝播ルートを否定する。

      稲が華北~半島北部で生育しないのに、
      中国大陸から半島北部の集落から次の集落へと伝って、稲が栽培されながら、半島南部の集落までは伝播しないという事。

    • 164名無し2019/10/22(Tue) 07:28:39ID:MwOTMxMzg(2/2)NG報告

      >>160
      何が『識者各氏の検証を得られれば幸いです。』だ。
      お前は、胡散臭い上に、質問にも答えようとしないじゃないか。

      陸稲を育てたら麦が出来た事に、ちゃんと科学的な立証事例を説明しろ。

      それに何かを例えたい時に、何の関連性もないウンチクを垂れるという、いちいち無駄な文章を足すのは止めろ!例える必要もないだろ。

      単にお前の駄文で無関係な知識を披露する事で、深遠に見せようとしてるだけで、
      中身は胡散臭い100%の文章だとバレてるぞ。

    • 165名無し2019/10/22(Tue) 07:35:42ID:E5NzY2MjI(1/1)NG報告

      みな落ち着け
      稲は自ら歩いて日本にきたのじゃよ
      住み心地がよくて居着いてしもーたわい
      その恩返しに美味しいお米を実らすのじゃよ
      めでたしめでたし

      ごめん叩かないでね(汗)

    • 166ㅇㅇ2019/10/22(Tue) 19:13:42ID:k4OTcyNjQ(1/2)NG報告

      >>1

      벼농사의 유래, 기원 이전에 말이야, 너희들 그 석기 유물처럼 조작하고 있는 것 아닌가? 일본인, 부끄럽지?

    • 167名無し2019/10/22(Tue) 19:27:04ID:IzMDQxMjI(1/1)NG報告

      稲作に限らず南方からのものは、日本と朝鮮半島に同じ時期に伝わったというのが今の学説だったはず。
      大陸のものが半島経由で伝わったという設定をしてるのは朝鮮人だけだよ。

    • 168名無し2019/10/22(Tue) 20:35:26ID:U5NzE1Mzg(1/3)NG報告

      >>166
      日本人が日本で捏造した場合、
      →その研究分野から追放される。

      韓国人が韓国で捏造した場合、
      →民族の英雄として称賛され、そのまま君臨する。

      ES細胞の論文を捏造した黄禹錫は、どうなった?
      韓国では、嘘つきを、遺伝子研究から追放したのか?ww

    • 169ㅇㅇ2019/10/22(Tue) 21:05:05ID:k4OTcyNjQ(2/2)NG報告

      >>168

      ??한국인이 한국으로 날조 한 경우
      → 민족의 영웅으로 칭송 그대로 군림한다.

      그 근거는?

    • 170名無し2019/10/22(Tue) 21:07:11(1/1)

      このレスは削除されています

    • 171名無し2019/10/22(Tue) 21:56:19ID:U5NzE1Mzg(2/3)NG報告

      >>169
      論文を捏造した黄禹錫は、その後どうなった?
      遺伝子研究分野から追放されたのか?ww

      ・韓国報道人連合会認定「誇らしい韓国人大賞」が授与
      ・大韓航空のファーストクラスに10年間、無料乗り放題
      ・5メートルを超す巨大な「黄禹錫石像」が建立
      ・ファンクラブの大量成立
      ・黄の伝記や漫画
      ・黄の研究に疑惑、倫理問題から批判番組を製作した韓国文化放送 (MBC) に対して、
      デモ、スポンサーへの不買運動を展開。スポンサーが降板し、放送中止に追い込む。
      韓国社会が「黄禹錫に対する批判は許さない」という風潮を成立。


      韓国では、嘘つきが、民族の英雄として称賛され、そのまま君臨するww

    • 172名無し2019/10/22(Tue) 22:57:20ID:g0MDEyNjY(1/1)NG報告

      1万年以上前、麦、農耕していないのに、麦を加工し食糧生産している。
      https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352409X18303468

    • 173ㅇㅇ2019/10/23(Wed) 05:55:46ID:g0OTUyMzY(1/1)NG報告

      >>171

      한국 언론인 연합회에서 수상한 것은 2004년의 일. 황우석 사태가 벌어진 것은 2005년쯤이야.

      따라서 근거로써 실격이다.

    • 174名無し2019/10/23(Wed) 12:36:34ID:U0NDgwMTc(3/3)NG報告

      >>173
      それで?
      韓国社会は、捏造した黄禹錫を、その分野から追放したのか?

      熱烈な支持者によって、秀岩生命工学研究所を設立して、その所長に就任して活動してるよな。

      韓国では、嘘つきが、民族の英雄として称賛され、そのまま君臨するww

    • 175名無し2019/10/26(Sat) 21:50:19ID:kxNTUxOTg(19/29)NG報告

      >>164
       私の文章の最後に出てくる「まとめ」の言葉としての、
      「識者各氏の検証を得られれば幸いです。」
       この言葉に対しての、あなた様の感想が、
      「胡散臭い」
       これで御座いますか?
       なぜ、その様に成るのか、私ごときには、トンと理解できない次第です。
       ですが、似た様な経験をしたことが御座います。
       それは、1999年3月の連合軍に依る空爆が激化した時期の事でした。
       当時は、世界最大の掲示板に至っていた、アメリカのメッセージボードの「コソボ」トピックで、私がセルビア人に対して、
      「コソボ国内の軍事基地に於いて戦車と戦闘機のブリキの模造品でも造って置いて、軍人達は山の獣道でも歩いてセルビアに移動すべきだ。
       なぜならば、米軍側の最終目標としている対象は、コソボでは無くセルビア本土なのだから。
       日本列島の様に蹂躙される前に、それを実行する義務がセルビアの男達には有る。」
       この様な発言をして、それに似た様な現象が有って、事態の沈静化が見通せる様に成った後の事でした。
       白人の一人が、
      「ところで、ミロシェビッチの様に、昔の日本人の行ったホロコーストの証拠写真として、この新河岸虐殺現場写真が有る。
       これに関して、大和民族のキャプスとしてのコメントを出してくれ。」
       この様な投稿を受けて、私が、
      「その6千人の女子供の死体写真の肌の色を見ると、死んだ魚の腹の様に見えます。
       これは大和民族の日本人の死んだ場合と特徴で、中国人の場合はインド人と同じ色に成りますので、その写真は私の同胞の犠牲者と認識しています。
       識者各氏の検証を得られれば幸いです。」
       この様な投稿をした時の事です。
       この「識者各氏の検証を得られれば幸いです。」に関しての英訳は、私に成りに苦心した結果、
      「It would be greatly appreciated if the verification by people of all over the world is obtained.」
       この様にしていました。

    • 176名無し2019/10/26(Sat) 21:51:18ID:kxNTUxOTg(20/29)NG報告

      >>175
       それに関しては、私のメル友に成ってくれていた、日本語文章も上手なコロンビア大学院の白人の学生から、
      「充分に意味が通じている。文章全体の結論には賛成できないが、論理としては、黒人向けのローンの説明書の様に、とても解りやすい。その上、ファニーアンドグッとテイストだ。」
       この様にお褒め頂いていた形です。

       ですが、その一文に対して、あなた様と同じ様に感情的に絡んで来た人が二名程いたのです。
       すると、周りのアメリカ人の人々が怒り出して、
      「アメリカは自由の国であって、反証的物証が明らかでは無い前提に於いては、発言の自由は保障されている。」
      「しかも、彼は断定的に自分の主張を唯一の真実と言っているのでは無く、真実で有る可能性を考慮して頂きたい、と言う趣旨だ。」
      「その彼の発言を圧殺しようとする言動は、このアメリカに対する冒涜だ。」
      「君たち二人は、真のアメリカ国民では無いな?」
      「いずれ明らかに成るのだから、正直に自分の国籍を名乗れ。」
      「この内の一人の行きつけのコンビニは、この写真のところだ。」

       この様なバッシングが発生し、その二人はアメリカ在住だけれども、国籍は韓国の人と、中国の人で有る事が、自ら白状する形で明らかに成りました。

       で、この様な経験から思うのですが、あなた様は、日本の国を冒涜する中国人か韓国人の人なのでは有りませんか?

       そもそも日本の国民社会の中に於いては、検証を求めているだけの人に、専門家が立証した事例の提示を求めて、それが出来なければ、胡散臭い人間で有る断定する、と言う様な人の在り方は、御座いません。
       それは、革命国家の中国や韓国や台湾の在り方で有って、日本やアメリカや諸外国の在り方では御座いません。

       実際のところ、如何なものでしょうか。
       あなた様は、真面目なお話として、日本の国民には検証を求める権利を認めない、と言うお立場なのですか。

       あなた様の真摯な解答を得られれば幸甚です。

    • 177名無し2019/10/26(Sat) 21:53:05ID:kxNTUxOTg(21/29)NG報告

      >>176
       私自身は、学の無い田舎の単純労働者なので、たいした証明は出来ません。
       私としては、単に自分のお爺さんの検証結果をお伝えするだけなのです。
       即ち、陸稲を栽培して自家採種した種籾で三年ほど栽培して、その三年目の収穫で自家採種した種籾を、四年目に播種して収穫した時には、陸稲の籾では無く、大麦の籾の収穫に成った、と言う事なのです。

       その他に提示出来るものとしては、参考に値するものかどうかは定かでは御座いませんが、この様なページも御座います。
       https://www.jstage.jst.go.jp/article/ktpps1954/1968/15/1968_15_3/_pdf
       これは、インドの稲の栽培に於いて、場所に依って黄萎病と雲形病が猛威を振るっていると言う事の紹介事例です。

       そして、こちらをご覧下さい。 https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/gijutsu/nougyo_tech/byougaityuu/byougaityuu-index/mugi/mu036.html
       即ち、雲形病とは大麦にだけ発生する病気だと言う専門家の説明です。
       インドの稲の栽培地の実情に関しては、自家採種を重ね過ぎている事が原因で、稲の収穫と言う依りも、他の穀物の収穫に成っている様な悲惨な状態だ、との様な評論が有った様に思います。
       即ち、大麦が収穫されているのでは無いでしょうか。
       実際に、
      「陸稲の栽培を自家採種の種籾で何年も繰り返し行っていて、何の支障も無く、陸稲の収穫が出来ている。」
       この様な事例は、少なくとも、この日本国内には存在しないのでは有りませんか?

       それとも、あなた様は、その様な栽培で陸稲を育てていて、麦を収穫すること無く陸稲を収穫出来る事に、ちゃんと科学的な立証事例を説明出来ますか?
       もし仮に、それが常識的に存在する真実で有るならば、それこそ、簡単に立証事例を提示できる事で御座いましょ?
       で有れば、どうぞ、ここに、実際に提示して見せて下さい。

       あなた様が、それが出来ましたならば、私は幾重にもお詫び致します。
       ですが、もし、それがお出来に成れないので有れば、私の方の表現の自由の権利も、お認めに成って下さいます様にお願いします。

       あなた様の真摯な解答を期待しております。

    • 178名無し2019/10/27(Sun) 06:51:27ID:Y3MjIxNDA(1/3)NG報告

      >>177
      お前の文体が結論を先に言わない。
      結論を先に言わない上に、何を言いたいのか判らない話を延々とやる。
      それで「検証を得られれば幸い」「深く掘り下げる」で繋いでも、
      お前だけが主旨を分かってるだけで、人に理解してもらう文章ではない。

      誰もコソボの話を延々語れとは言ってないし、胡散臭いと批判されたお前の内容に、コソボの話なんか存在しない。
      その時点で既に、議論をやる事に対して、関係ない話を色々持ち出して、議論の主旨を収集不能にしかねない前途多難な資質の者だと分かる。

      いちいち自分が学の無いなんて素性と資質を語る必要はない。それは上記で俺が説明したように資質は文体で判るし、科学議論が出来るなら素性は一切関係ないのだからな。
      単にお前が批判された場合の自己保身として、逃げ道を用意しようとするその姿勢がイライラさせるだけの無駄な情報だ。

    • 179名無し2019/10/27(Sun) 07:43:31ID:Y3MjIxNDA(2/3)NG報告

      >>177
      >それとも、あなた様は、その様な栽培で陸稲を育てていて、麦を収穫すること無く陸稲を収穫出来る事に、ちゃんと科学的な立証事例を説明出来ますか?
      >もし仮に、それが常識的に存在する真実で有るならば、それこそ、簡単に立証事例を提示できる事で御座いましょ?で有れば、どうぞ、ここに、実際に提示して見せて下さい。


      まずお前が科学的根拠を提示して仮説を出すのが先だろうが。
      陸稲と麦が交配出来る?(稲が突然変異して麦になる?)のなら、世界各地の色んな環境で、その発生事例は確認出来るだろう。
      仮説すら科学的に説明出来ないなら、他にも似た事例が同科で、亜種や派生種ではない植物にあるなら出してみろ。
      適応性についても、鳥が食べて稲が育たない北部で落としたなら、そこで適応出来ただろうからな。でも現実には人為的に品種改良するまで、そんな事実はなかった。
      お前の言う通りなら、江戸時代以前に二毛作やった頃に、畑から外れた場所で確認出来ただろうからな。

      まずその栽培した圃場は、爺さん以外誰も何も干渉出来ない環境だった。麦類を一度も撒いた事がない陸稲だけの圃場だった。爺さんは保管した稲籾を麦籾と間違わずに播種した事を証明するのが先だろう。
      お前が農家なら、実証実験は既にやったのか?
      プランターで、3年もあれば証明出来る話だろ。
      その上で、確認出来てから言ったらどうだ?

    • 180名無し2019/10/27(Sun) 17:49:35ID:Y3MjIxNDA(3/3)NG報告

      一応注意しとくけど、全く関連性のないAとBの話がある。

      Aの話は信憑性ある事実(稲に感染するバイルス、中国農業等)

      Bの話は単なる妄想、根拠のない憶測(この場合、稲が麦に変わった話)


      詐欺師はAのウンチクを色々持ち出して、Bの話も事実だと混同させようとする。
      だから、Bと全く関係してない知識を持ち出して、披露しようとする事を止めない。

      俺はそういう手法をやる者に、イライラする。

    • 181名無し2019/10/28(Mon) 05:12:25ID:MwODEzNzY(1/1)NG報告

      >>173
      現在進行形の捏造は韓国ではないか 知らないの?
      韓国艦艇によるレーダー照射問題、慰安婦問題、偽徴用工判決
      数え上げたら限がないくらいだ

      >>166は解決済みの話だ

    • 182名無し2019/11/01(Fri) 20:45:02ID:MyNzY5MjM(22/29)NG報告

      >>180
       あなた様の様な人に、どの様に説明すれば良いのか、少し戸惑っている次第です。
       参考までに、こちらをご覧下さい。
       http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000203132
       こちらを拝見させて頂きますと、中東アジアのサウジアラビアと言う国に於いては、「カブサ(Kabsa)」とい言うお米を使った伝統食が有る様で御座います。
       お米の伝統食は有るのだけれども、不思議な事に、ほとんど国内のお米の生産実績が無いのです。
       伝聞証拠としては、サウジアラビアの東部ハサー地方に於いては「ハサウィ米」と言うお米が生産されている、と言うのですが、国家としての統計には出ていないのです。

       私の知り合いで、中東で稲を栽培する技術者の人がいらっしゃるのですが、その方のお話では、
      「苦心惨憺してコンピューターで特殊なシャワーを掛けるスプリンクラーの完成に依って、エジプトでは大麦に変化させること無く、日本と同じ短粒種のお米を収穫する事が可能に成った。
       だけれども、その高価なハイテクの設備を使っても、サウジアラビアで播種した稲は、収穫する時には小麦に成ってしまう。
       でも、そうした稲作技術の現場の現状に付いては、華僑社会から殺気の様な異様な敵愾心が発生するので、怖くて口外できないでいる。」
       この様なお話で御座いました。

       あなた様が、失礼に感じるのか、名誉に感じるのか、その辺のところは私には計り知る事は出来ませんが、あなた様は華僑の人、即ち韓国人で有るか、中国人なのでは御座いませんか?
       或いは、そちらに系譜の有る人なのでは無いでしょうか。
       その様な事でも無ければ、たかだかお米と麦が繋がっているとか、どうとか、その様な事で怒る人は、いないと思いますよ。

       実のところ、サウジアラビアで稲の種籾を播種して、どの様に日陰を作って日本同様に涼しくして、どの様にスプリンクラーを使って日本同様に湿度を作っても、ジャポニカ米の稲の収穫が出来ません。
       あなた様は、その事実に付いては、認める事が出来ますか?
       それとも認める事が出来ませんか?
       あなた様の真摯な解答を得られれば幸甚です。

    • 183名無し2019/11/01(Fri) 20:45:51ID:MyNzY5MjM(23/29)NG報告

      >>179
       いずれにしましても、たかだか仮説の一つを掲示しただけで、詐欺事件の犯人呼ばわりされる様な事は、私の今までの経験の中では御座いませんでした。
       参考までに、こちらをご覧下さい。
       web-wac.co.jp/program/galileo_x/
       「仮説」とは「その真偽をともかくとして、何らかの現象や法則性を説明するのに役立つ命題」とされている。(中略)
      「科学的に正しい」と言われることも絶対的な真実であるという保証はない。

       如何でしょうか。
       私の仮説の場合も、農家で有れば、誰でも確認できる事です。
       それはあなた様も認めている形です。
       で有れば、私以外の多くの農家の人に、確認して頂ければ済むお話で御座いましょう。
       それこそ、あなた様は、私と言う人間の人物像に関して、「胡散臭い」「詐欺犯罪を行いそうな人間」との様に断定しています。
       その様な人間が何を証明したとしても、あなた様の様な在り方で有れば、「信用に値しない」との様に、否定せざるを得ずして否定する事は、火を見るよりも明らかな事で御座います。

       では、あなた様の様な人は、どの様にすれば認める事に成るのか、と言いますと、第三者のお立場の小規模農家の人々に、実際に実験して頂いて、結果を報告して頂く事が一番で御座いましょう。
       あなた様は、「プランターで、3年もあれば証明出来る話だろ。」と言うけれど、それは稲を知らないから、その様に主張出来るのです。
       確かに、小学生の子供が陸稲の種籾を播種して、水稲と同じ様に栽培したケースがインターネットで紹介されていますが、それでは実験した意味が有りません。

       陸稲は、飽くまで陸で栽培して、毛根を60㎝以上も伸張させて中耕する必要が有るのです。
       秋に稲刈り風景を見る時には、地上の5㎝ほどを切った視野しか目に入りませんが、地面の下にも稲の細胞が有って、全体として陸稲と言う植物として生きているのです。
       識者各氏の検証を得られれば幸いです。

    • 184名無し2019/11/01(Fri) 20:46:44ID:MyNzY5MjM(24/29)NG報告

      >>178
       そもそも、たかだか仮定の一つを掲示しただけで、なぜ「胡散臭い」「詐欺事件の常習犯の人間」との様に断定されるのでしょうか。
       しかも、その様に断定した上に、
      「プランターで、3年もあれば証明出来る話だろ。」
       この様に証明する事を求められます。

       どこかに、誤謬と認識錯誤が発生している様に思われます。
       そこで考えて見ますと、この様な日本語の使われ方は、大和民族の市民同士の間では発生しませんでした。
       すると、ここで用いられている言語は、日本語ですが、それこそ仮に、これらの遣り取りを中国語で行っていたとすれば、如何でしょうか。

       とても、整合性が有るのですよね。
       即ち、華僑社会に於いては、即ち韓国や香港や台湾や中国の国内に於いては、選挙区の中や会社の中で、ボスを決める時には、投票を行う前に、まず地下活動の技を出し合ってその勝負で、ある程度の結果を出します。
       或いは軍事バランスを話し合う場合や、内戦や戦争で決めます。
       いわゆる真実の存在するサイドよりも、実力の有るサイドが、正しいとされるのです。

       実力も無いのに真実を主張すると、「ファシスト」「軍国主義」「帝国主義の残滓」との様に罵られ、その後は言わば丸裸にされて骨までしゃぶられ、不名誉な死に追い込まれる構造です。
       韓国の大統領の任期が終了した場合に、往々に見かける現象です。

       その様な構図とプロセスで、2万年前から杭州平野や南京平原や華北平原を領有していた女真族は、元寇の時代に華僑社会と白人社会から掌中の獲物として扱われ、軍事支配を受け、通貨の砂金を奪われ、それを制度化する様に南京には白人社会が収税長官を輩出する時代が有りました。
       北アメリカ大陸にも同様の支配が及んでいた様ですが、環太平洋諸国に於いては、500年に一度発生する風土病の第1世代のT細胞逆転写酵素ウィルスに依って、2万年以上前からの生まれつきのキャリア遺伝子を持たないそれら域外の人々は、いわゆる風と共に全て消え去りました。

       ですが現在はまた、日本列島に於いてまで、華僑社会と白人社会が実力に基づいて支配する構図が存在する状況です。
       即ち、その顕著な事例が、稲作のルーツの歴史認識にも写し出されているのです。
       その点に関して、次の投稿で説明させて頂きます。

    • 185名無し2019/11/01(Fri) 20:47:35ID:MyNzY5MjM(25/29)NG報告

      >>184
       そもそも、稲作農業が中国から日本に伝来した、と言う命題に関しては、植物学的には論理的に破綻しているお話なのです。
       具体的には、中国国内で永く栽培している稲の品種で有る長粒種の稲の籾を種籾として、日本列島で播種して稲を栽培しても、収穫する前に枯死してしまうので、稲作農業を教えるなどと言う行為は、物理的に不可能なのです。

       逆に、日本に生えている稲から取った種籾を中国で播種した場合は枯死すること無く収穫可能で、何年か経過して長粒種に変化して五分の一にまで減収するが、種子更新で再び本来の一反歩当たり10俵まで回復します。
       では、なぜ稲作が中国から伝来して日本に来た事に成ったのか、と言いますと、言わば1842年のアヘン戦争で清国がアヘンを合法化された事に依って、国が消滅するまで相手の言いなりに成る忖度が発生した事と同じ心理学的な整合性が原因です。

       その百年後の、言わば1941年からのヒロポン戦争に依って日本がヒロポンを合法化され、名目上は1945年に合法化された1年後の1946年に取締法が出来た事に成っていますが、実質的には橋本政権の1997年に、原料で有る「麻黄」の密輸入を三年の懲役に処するとする法律が出来るまで、黙認する事が強制された時代が続きました。
       ヒロポンとは、攻撃的な人格を形成すると共に、効果的な演技力と自己催眠術効果を発生して被害者意識と加害者意識を完全に入れ替えて、猛烈な興奮状態と陶酔状態を発生する、人柄とその社会を攻撃的に形成する、生活習俗的に利用されている覚醒剤です。

       言わば、自分達の立場に関して、
       移住者の立場で有ったのに、原住民の立場に入れ替えた話をして信用させる。
       侵略勢力の立場で有るのだが、防衛勢力の立場に入れ替えた話を真しやかに話す。
       虐殺に依って相手の家族を殺害した立場で有るのだが、それを虐殺に依って家族を殺害された立場に入れ替えて真しやかに話す。
       脅迫に依って性奴隷にする加害者の立場で有り続けているのだが、脅迫に依って性奴隷にされた被害者の立場に入れ替えて宣伝する。
       相手の国を被植民地支配国の様に扱って通貨の砂金や企業資本や財政資金や「産業技術」を奪い続けている立場なのだが、それらを奪われた被害者の立場に入れ替えて宣伝する。
       更に、次の投稿で、その全体像を俯瞰する様に考えて見ます。

    • 186名無し2019/11/01(Fri) 22:23:40ID:Q2Nzg0NzA(1/3)NG報告

      >>182
      稲が麦に変化するという論文は?稲と麦が交配出来る論文でもいい。裏付けのないお前の伝聞より、そちらの方が客観的に信用出来る。そして、その陸稲を撒いた圃場は、その後に誰も麦を撒かなかった。麦を一度も撒いた事がない圃場だと断言出来るのか?
      陸稲には当然連作障害がある。それを防ぐ為に安全策として、別種と混ぜて播種する事は自然農法でもやる事(その年の土壌に適した、どちらかが育てば良い)。 同農法では、耕せば耕すほど土壌の団粒構造が崩れ、逆に耕起作業は根の成長に良くない浪費作業という事も。
      陸稲だけは実験出来ないとホザいてる時点で、お前が堅持してるのは擬似科学だ。
      俺も戯れ事で、水稲を、陸稲のように畑に植えてみた事がある。

      >>184
      お前は最初に言った時に仮説であると一文を書いていたのか?またお前は、全く関係のないウンチクをダラダラと語り始める。
      お前が堅持してるのが擬似科学だから、俺はイライラしてるに過ぎない。

      >>185
      >長粒種に変化して

      また科学を無視した胡散臭い言い方を、お前はやる。
      日本の短粒種が単独で長粒種に変化するのか?

      それとも周りの圃場には長粒種を含んだ稲栽培をしていて、その長粒種由来の花粉によって、日本種が遺伝子汚染され長粒種遺伝子を含んだ雑種化したのか?

      それをお前が理解してないから、お前は擬似科学を語ってるんだろうが。
      それに、以前から指摘したように、ヒロポンもアヘンも、稲とは関係のない話。
      まずお前は、書き込む前に、稲と関係ない文章、稲と関係ない無意味な例えやウンチクは、全て削ってから投稿しろ。

    • 187名無し2019/11/01(Fri) 22:35:19ID:MzNDE1MTU(1/1)NG報告

      黙って電波野郎はNGにでもしておけよ
      発掘調査とDNA解析で長江流域から日本に来たってのは確定済みなんだしな
      DNAは嘘つけない

    • 188名無し2019/11/01(Fri) 22:36:33ID:QyNjM5MjE(1/1)NG報告

      普通に呉越あたりから来たんじゃないのかな
      日本って呉や越が入った地名が結構多いしかなり流れてきているんじゃないかと思う

      まぁ、越前越中越後の越は「こし」なんだけどね

    • 189名無し2019/11/01(Fri) 22:39:16ID:kzMjkxNzA(1/1)NG報告

      >>41
      논리적으로 맞는말이다.
      조몬인도 농사를 지울수 있다.
      농사가 원자력 발전소 만드는것 처럼 어려운일이 아니다.

    • 190名無し2019/11/02(Sat) 00:31:37ID:I0Mzk5NDA(2/3)NG報告

      >>187
      そのDNAが、稲から麦に変化する?と言ってるんだから、

      植物遺伝学が根本的に覆る事を、
      >>184のID:MyNzY5MjM氏が言い出してる。

    • 191名無し2019/11/02(Sat) 01:15:33ID:g3Mzg5ODA(1/1)NG報告

      日本の農工は縄文中期7000年前から6000年前による始まった。青森の三内丸山遺跡で栗や雑穀を栽培していた。また秋田県では4000年前の稲が見つかっている。つまり、日本の稲作は縄文時代からある。水田は縄文末期にあった

    • 192名無し2019/11/02(Sat) 20:50:36ID:QzOTg1NDY(26/29)NG報告

      >>185
       言わば先のヒロポン戦争とは、日本列島の上に存在する女真族に対して、清国同様に民族の入れ替えを強行する目的の戦争で有ったのでしょうか。
       原子爆弾の投下で、無垢の市民約20万人もの人々に対してその顔の皮膚を生きたまま焼き落として殺害した事も、それに加えて炎のカーテン無差別爆撃で赤ちゃんからお年寄りまで約350万人もの無垢の人々を殺害した事も、日本を貶める様に日本語を使う異邦人に入れ替える為の活動だったのでしょうか。

       いずれにしましても、戦後の日本に於いては、前述の様な論理的に破綻している命題を、金科玉条の如くに崇め立てる忖度が発生しています。
       そこに有る作用の中には、言わば恐怖社会に於ける支配的作用に似たものが有ると言えるでしょう。
       言い換えれば、公式に大きく目立つ様に動けば、中共に依る「赤色テロ」を受けて、人生が終わってしまう、と言う構図です。

       そうした因果関係も御座いますので、私としては、数多遍(あまたあまね)く、検証を求めるスタイルを選択しているのです。
       そもそも、日本の国の本来の農業スタイルとしては、最大の規模で精々2町2反歩(2万2千㎡)の面積で、いわゆる嗜(たしな)み程度と言われる規模で行う事とされて来ました。

       その様に細分化していれば、誰がどこで自家採種した陸稲の種籾で4年も作付けを繰り返しているのか、と言う事は、いかに中共の軍事調査網や粛正の為の監視網が発達していても、その全員を粛正して、事実を闇から闇に葬り続ける、と言う事は出来ません。
       必ずいつか、言葉が言葉を呼び、言葉が言葉に応じて、真実が浮き彫りに成ります。
       あなた様は、私のここでの記述の目的を問われた事が御座いましたが、私の目的とは、その様に存在するのです。
       即ち、例え国民の半分が中共側の地下活動に依って恐怖で縛られて服従させられる状況に成ったとしても、残りの半分がその実情を詳らかに知って、日本の国の工業潜在能力を最大限に発揮して、全国民の安全と自由を回復する事なのです。

       では次に、なぜ華僑社会が、高々仮定の一つに殺気立つのか、と言う点に付いて、掘り下げて考えます。

    • 193名無し2019/11/02(Sat) 20:53:03ID:QzOTg1NDY(27/29)NG報告

      >>192
       実は、なぜ華僑社会が、高々仮定の一つに殺気立つのか、と言う点に付いては、私も気には成った事は御座いましたが、掘り下げて考えて見るほどの問題とも思っていませんでした。
       ですが、この度のあなた様の登場に依って、
      「これは、やはり、ただ事では無いのかも知れない。」
       この様に感じ入った次第なのです。

       考えて見れば、なぜなんでしょう。
       当初は、情動反射的な感情論の惰性的な発露とも思っていたのですが、実は、その大きな国家的な戦略に於いて、大きな支障を及ぼす因果関係があったのですねぇ。
       即ち、日本の稲が本当に、亜熱帯性気候で、砂漠性気候の中東のアジア諸国に於いても、環境に合わせて突然変異しながらも枯死しないで生きて、熱帯のインドやインドネシアでも枯死しないで生きているとすれば、そこに大きな大問題が発生するのですねぇ。

       なぜならば、中国の稲は、中国以外の亜熱帯性気候や砂漠性気候の国で播種しても、ほとんど収穫前に枯死して収穫出来ず、温帯性気候の日本で播種しても、収穫前に枯死して収穫出来ず、亜寒帯気候のロシアで播種しても、収穫前に枯死して収穫出来ないのです。

       世界中のどこの国の、どの様な気候に於いても、播種して栽培して穂を収穫出来るのは、日本産の稲だけなのです。
       世界の稲が、どこから生まれて伝わって来たのかと言えば、日本から生まれて伝わった稲以外は、なにしろ枯れて死んでしまうんですから、稲を栽培した事の有る人で有れば、言わずもがな、なんですよねぇ。

       それにしても、そうした鉄壁の道理の答えが有りながら、一体全体、どれほどにパワフルな「赤色テロ」が及んで、今現在の日本を取り巻く、稲のルーツに関する報道管制、遺伝子学や考古学などの学術部門に対する実効支配状態、更にはこれまでの庶民社会全体に対する言論統制が達成され得るのでしょうか。

      「ヒロポン」や「麻黄の実」と言われる、生活習俗的に服用される薬剤は、言わば治外法権的に利用され続け、飽くなき欲望追求型の攻撃的な人格を形成し続け、清国や大韓帝国の様に原住民が殆ど絶滅するまで、その本能的欲望を増幅させ、攻撃的思考性と行動性を増幅させ、依り攻撃的な人格とその社会を形成します。
       実のところ、中国共産党に依る対日の内政干渉の先には、何が有るのでしょうか。

    • 194名無し2019/11/02(Sat) 20:54:02ID:QzOTg1NDY(28/29)NG報告

      >>193
       ここまでに幾度か説明した様に、その欲望の増幅にブレーキを掛ける様な、何らかの有効な手立てが成されずに放置された場合には、やはり「1961(ナイトティーン・セックスティーワン)ベトナム戦争」、即ち「ベトナム王国の青天の霹靂の悲劇」と同じ結果に流れ込む。
       ゆっくりと、しかし確実に、みんながそこに向かって押し流される。
       その可能性が極めて高いと言えるでしょう。

       何しろ、一方には飽くなき欲望の追求が有り、それが増幅し続ける。
       その受け手の一方には、表社会に於ける忖度と裏社会に於いて順番に命乞いする立場に追い込まれる構図です。
       その構成は、香港に於けるいわゆる「赤色テロ」の様に大々的に喧伝される定量的なテロでは無く、極小さな単位で、しかし確実にゆっくりと効果を出す、言わば定性的なテロで有り、ここではその名称を便宜的に「マイクロテロ」と表現します。
       さて、ここまでの演繹的な説明をこれで終わり、関係する時間と空間の全てを俯瞰して、全体の流れを総括すると、どの様な実像が浮き彫りに成るでしょうか。

       1731年からの東インド会社に依るアヘンを持ち込む浸食が始まり、1842年のアヘン戦争で勝利した白人社会と漢民族社会は、清国の領土を自分達の固有の領土として、後に原住民の女真族を全滅させるホロコーストを完全に達成し、その歴史と名誉を含めて丸ごと入手しました。
       1941年のヒロポン戦争で勝利した白人社会と漢民族社会は、日本列島に於いても浸食を進め、被植民地支配国の様な現象を及ぼし、2040年頃にはマイクロ戦争で勝利して、完全に日本列島全体を「掌中の獲物」の如くに自由にすべく、駒を進め続けている。

       即ち、アヘン戦争もヒロポン戦争も、その一時期だけの戦争では無く、その前の百年に最小単位の侵略が及び続けて、その後の百年で相手は最後の足掻きで、精々ベトナム戦争型の抵抗の後に消滅に至る。
       その様に、表面化しないがその水面下で、一人一人に侵略が及び続けると言う形の、百年戦争の歴史の繰り返しだったのです。
       華僑社会が、大東亜戦争と言う言い方を嫌って怒る理由も、自分達に依る侵略が始まったアヘン戦争を含めた見方が発生し、自分達が侵略勢力として浮き彫りに成るので、嫌っているのですね。

       次の投稿で、その最悪の場合を回避する答えを考えて、この論述を完了します。

    • 195名無し2019/11/02(Sat) 20:56:56ID:QzOTg1NDY(29/29)NG報告

      >>194
       そこに、即ちその超巨大な戦略的行動と、超微細な戦術的行動の全てに対して、まさに平安の世を永らえさせる種として、日本の稲の種籾の存在が有る、と言う事なのです。

       それは何故かと言うと、日本特有の高師小僧と言う製鉄原料が道端に転がっていたお陰で、鉄鋼の刃物に関しても、白人社会よりも五百年も早い古代の時代から所有していた事と合わせて、それを稲刈り釜や包丁や鍬などの輸出品として、それと一緒に主食を栽培する為の種籾も輸出する構造で、「大東亜共栄圏が古代から存在していた事」を証明する存在として、日本の稲の種籾の存在が有るからなのです。

       即ち、「世界の稲作農業の発祥の地」が、インドでも中国でも無く、「日本の国で有った場合」には、中国も白人社会も、表社会に於いても裏社会に於いても、これ以上の日本人社会に対する侵略活動は、行いにくく成り、拡大傾向から縮小傾向に変化せざるを得ずして縮小するからです。
       なぜならば、多くの日本人が、用心深く安全を確かめながら、自由に言葉を使い続ける事。
       そしてその自由の中で、学の無い田舎の単純労働者でも理解する事が出来た稲作農業のルーツの真実を、そもそも元々は、この日本の国の中で自然に存在し、自然に語り継がれていたその真実を、再び自由に語り合うこと。

       その様な事が叶えられた場合には、この国も地上世界全体に於いても、先の太平洋戦争が飽くなき欲望を追求する政治路線の呪縛から生まれた戦争で有って、戦争に勝って広大な領土とその産物と女達を奪い取ろうとして戦っていたのは、日本側では無く、漢民族社会と白人社会で有り、その広大な領土で原住民とその歴史を丸ごと消滅させるホロコーストを行った社会は、日本側では無く、漢民族社会と白人社会で有る事が、浮き彫りに成るからです。

       更には、それ以上の飽くなき本能的欲望に対する追求路線を漢民族社会や白人社会が進もうとし続ける場合、或いはその為の政治宣伝やパフォーマンスが続けられる場合には、地球上の多くの人々が、五百年に一度の神の裁きが下される事を、神に祈り続ける様に成るからです。

       実のところ、彼ら侵略側の弱点は、例え軍人と市民で合わせて60億人の巨大な連合軍を形成できたとしても、「ワシらは無神論者だ。」とは言えない点です。
       識者各氏の検証を得られれば幸いです。

    • 196名無し2019/11/02(Sat) 21:08:35ID:gxNTc5MzY(1/1)NG報告

      朝鮮人(韓国人)は、嘘つきで人を騙す民族です。これだけは世界に発信していかないといけません。被害者が増える前に❗

    • 197ヤマト2019/11/02(Sat) 21:10:17ID:QwNjA0ODg(1/1)NG報告

      スレ違だけど、稲の事は、よくわからんが、遣隋使・遣唐使もあり、西暦1000年位に「日宋貿易」もあり、朝鮮との貿易記述は、無い。
      仏教も、日本から中国に行ったり、中国から日本に来たりしてた。
      朝鮮にも仏教があったが、儒教が頭角を表し、仏教弾圧したんだよな。日本は、仏教でも、神道でも米を奉納する文化がある。朝鮮には、ありますか?

    • 198名無し2019/11/03(Sun) 01:25:03ID:AyMDE0MTA(3/3)NG報告

      >>195
      だから、お前はな。カスみたいな駄文を29レスも使ってダラダラと書くなと。

      ・科学的に検証&立証されてもいないのに、陸稲は実験出来ない、中国稲は他で栽培出来ない等を言い出す。擬似科学を振り回す駄文。

      ・『〇〇のような』等、事前に説明してもない桶狭間等の歴史ウンチクを披露(スレタイと直接的にも間接的にも全く関係のない、例える必要性が皆無な駄文)を多用。

      ・ベトナム戦争型、ヒロポン戦争、等、
      勝手に分類用語や戦争名を作り出し、あたかもそれが社会常識かのように突然言い出して、読み手を混乱させる駄文を羅列。
      “自分が分かってる知識は、みんなが分かってるはず”という典型的な老害思考。

      ・『あなた様は、私のここでの記述の目的を問われた事が御座いましたが、私の目的とは、その様に存在するのです。』(192参照)
      ~と、結局スレタイを全く理解してない知恵遅れ。

      結局、お前は駄文の氾濫の長文なだけで、何を言いたいのか意味不明。
      人に理解してもらえる文ではない。
      自分でブログ立ち上げて、そこで好きなだけやれ。

    • 199韓国の研究は世界で無視されている2019/11/03(Sun) 04:36:51ID:g3MTY1MTg(1/9)NG報告

      >>24
      世界中で、韓国人の論文だけが、既存の研究成果との整合性が取れず、無視されている。

      ここで韓国人が挙げている論文は、完全に否定されている。
      朝鮮半島周辺では古代の野生稲が全く発見されておらず、伝播の軌跡を全く追うことが出来ない。結果、捏造が含まれる、として完全に否定され、近年の他国の研究論文では一切引用されていない。

      日本人の中にも、稲作の起源に詳しくない人が大勢いるだろうが、図で見るように稲の起源研究においては中国と日本の共同研究でも長江以北での古代野生稲の存在は確認されていないし、過去の研究で明らかにされた稲の分布との間に全く何の関連性も見出されない。

      図は近年の研究によって、稲の起源が従来の長江上流域から、より南東で始まった可能性が高まったことを表わしたもの。

      起源を主張するためには、どんなに矛盾だらけの論文でも平気で発表してしまう、という韓国人の異常さを世界に知らしめた典型的な例。

      米を主食とする、中国インド東南アジア日本など各国から軽蔑されるのは当り前。

    • 200名無し2019/11/03(Sun) 04:49:38ID:I3ODg1NzY(1/1)NG報告

      南方から来たんだろうね
      稲は、南方系の植物だし

      日本の文化自体が、南方系だからね

    • 201中国での分布2019/11/03(Sun) 05:16:58ID:g3MTY1MTg(2/9)NG報告

      >>199 中国における古代イネ遺跡の分布/2012年

      研究の絶対量が、中国と韓国では比べ物にならない。

    • 202既にその仮説は古い2019/11/03(Sun) 06:12:41ID:g3MTY1MTg(3/9)NG報告

      >>24 朝鮮半島から渡ってきた弥生人 > 間違い

      中国南部から北上した人々は、
      ①北九州と朝鮮半島南部にほぼ同時期に別々にたどり着いた。
      ②北九州にたどり着いた人々が、後に朝鮮半島に渡った。
      ③朝鮮半島南部沿岸にたどり着いた人々が、日本に渡った。
      の3つの仮説が存在する。

      現在有力なのは①  後に、この人々が倭人文化圏を形成。

      それまで、朝鮮半島南部には、ごく僅かに縄文人が住んでいたに過ぎず、現代朝鮮人の主な祖先となる民族は、まだその痕跡も無く、遥か北方の極寒の地にいた。エラ(頬骨)が張っているのはそのせい。

      民族の起源に関する歴史認識は、近年どんどん改まっており、朝鮮人は歴史から取り残されている。

      現在では支持されていない過去の日本人の仮説を繰り返し引用して、現実逃避中。

      日本人が倭人から教わったものは、たくさんあるが、そもそも倭人は日本人の祖先の一部であり、現在の朝鮮民族には、倭人の生き残りがわずかに含まれているだけ。
      なぜかその倭人たちを朝鮮人と主張したがる。

      残念ながら、事実は古代朝鮮人と現代朝鮮人では、骨格が大きく異なり、はるかに日本人に近い。
      北朝鮮と韓国で民族的に若干の相違があるのは、韓国に倭人遺伝子がわずかに残っているため。
      北朝鮮には、全く無い。

    • 203名無し2019/11/03(Sun) 06:19:17ID:g3OTA0MQ=(1/1)NG報告

      >>202
      ①も②も③も
      そうは変わらない様な気がするけど
      中国南部から来た事はね

    • 204名無し2019/11/03(Sun) 06:43:30(1/1)

      このレスは削除されています

    • 205背乗りとなりすまし2019/11/03(Sun) 06:53:37ID:g3MTY1MTg(4/9)NG報告

      >>45 今の朝鮮人の主流は、なりすましの子孫だからじゃないか。

      百済、高句麗、新羅時代以降になりすまし民族が北から流入してきた。
      成り済ますことはできたが、自分じゃ何も生み出せないので、それまでの技術や文化を失った。

      他人のものを盗み取るという民族性は、千年前から変わっていないと思う。

      韓国が『韓』を名乗ったのだって、自分らとは関係の無い古き文化に憧れただけだろう。

      朝鮮から習ったことと言えば、「嘘をつくと朝鮮人みたいになるよ。」ということくらいかな。

    • 206名無し2019/11/03(Sun) 06:57:17ID:g3MTY1MTg(5/9)NG報告

      >>203
      言いたかったのは、倭人が朝鮮半島に住み着く以前から朝鮮半島に住んでいた別の民族が弥生人の祖先となった、というのは既に仮説にすら入っていない、ということ。

    • 207名無し2019/11/03(Sun) 07:11:30ID:g3MTY1MTg(6/9)NG報告

      >>159
      韓国の学会は、韓国人向けに願望を垂れ流すのが目的であって、世界に向けて発信しているわけじゃないから、おかしくも何ともないよ。

      韓国人が騙せる相手が、韓国人のみ、というだけ。願望をそのまま言ってあげるお仕事だから、信じるのは当り前。韓国人に論理性を求めても無意味というのは、歴史が証明している。
      国内で権威づけをしてあげれば、後はその願望が一人歩きを始める。

      「使途不明のフッ化水素の行き先を明らかにしろ」というだけで「日本が貿易戦争を仕掛けてきた」という戯言を国民の殆どが信じ込んでしまう国だぜ。

    • 208名無し2019/11/03(Sun) 08:15:27ID:g3MTY1MTg(7/9)NG報告

      >>89 
      >>111
      その論文は、韓国人学者自身によって「無効」だと否定されていますが。

      https://link.springer.com/article/10.1007/s12520-010-0029-9

    • 209名無し2019/11/03(Sun) 09:33:16ID:g3MTY1MTg(8/9)NG報告

      >>111
      >>208
      ついでに言うと、年代測定結果に疑いがあるということで、第三者検証を求められたのを拒否。
      結果、世界中のイネ研究者から無視されて現在に至る。

      その論文を引用して自論を展開した韓国人研究者たちも無視されることとなった。

      学会でハブられているのを知らないのは韓国人だけ。
      日本人研究者は中国やインド、東南アジアの研究者たちと共同研究をしている。
      韓国にいては、まともな研究ができず、真実を発表することができない、と逃げ出した研究者もいる。

    • 210名無し2019/11/03(Sun) 09:52:18ID:g3MTY1MTg(9/9)NG報告

      >>209

      ハブられる = 仲間はずれにされる = 仲間に入れてもらえない

    • 211名無し2019/11/04(Mon) 21:36:29ID:IwODYwMTY(1/1)NG報告

      >>202その説だと朝鮮人は、アイヌ系と言うことになる

    • 212日本首狩り族(似非日本人専門)2019/11/04(Mon) 22:06:58ID:czMDM5MzY(1/1)NG報告

      >>1
      まあ東南アジア(高温多湿)地域原産の稲が、氷河期後でも約2000年、
      ツンドラ・ステップ気候だった朝鮮半島から来たというのは無い。

      日本の東部でも寒冷地に適応した品種改良が進む20世紀までは、育成するのが困難だったし(*´エ`*)

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除