韓国、水車作れなかった(^^:)

242

21319
  • 1一条玲2018/02/15(Thu) 03:46:39ID:U5OTgyMjA通報

    朝鮮半島の水車の歴史

    1429年 世宗11年12月3日 日本の水車が凄いと報告
    1430年 世宗12年9月27日 水車を造ろうとする
    1431年 世宗13年5月17日 「中国も日本も水車の利を得ているが我が朝鮮にはそれがない」
    1431年 世宗13年11月18日 日本と中国の水車の研究の記述が散見
    1431年 世宗13年12月25日 水車導入を試みる
    1451年 文宗元年11月18日 20年かけて水車の導入失敗
    1488年 成宗19年6月24日 水車導入の試み(成否不明)
    1502年 燕山君8年3月4日 水車導入の試み(成否不明)
    1546年 明宗元年2月1日 水車導入の試み。琉球(沖縄)と中国から福建式水車輸入

    以後百年間水車の記述無し。一方お隣り日本では、鉄砲伝来後3年目にはすでに量産体制。

    1583年 一方お隣り日本では、口径80㍉のファルコン砲を量産開始(大友宗麟)
    1650年 孝宗元年5月15日 水車導入の試み 30年記述無し。日本では、鉄砲量産10万丁
    1679年 肅宗5年3月3日 水車を造らせたと記述。そして70年記述無し
    1740 英祖16年4月5日 水車など無くなりました『孝宗大王嘗頒遼瀋水車之制於外方, 今無見存者』
    1740年 英祖16年11月20日 水車を造らせたと記述(18世紀時点でわざわざ記録に残す程?)
    1764年 1763-64年の朝鮮通信使「日東壮遊歌」(淀城の水汲み水車の感想)「その仕組みの巧妙さ見習って作りたいくらいだ」と記述
    1781年 一方お隣り日本では、水車があまりにも増えすぎて治水工事のジャマなので、水車税を導入(田沼意次)
    1795年 正祖19年2月18日 水車之制について盛んに出てくる。つまりまだ試作中
    1811年 純祖11年3月30日 ここの記述で水車なんか必要なのか?と書かれており全く普及していない

    職人文化を広めよう!

  • 193名無し2018/02/21(Wed) 16:40:20ID:I1MjY0MDU(13/13)NG通報

    都会のど真ん中なんだけど、うちの近所にもなぜかコインの精米所があるわ。
    玄米とか白米の何分つき?とかのある、籾付きのお米を入れるやつだったよ。
    うちの兄が仕事でつながりのある農家から買った米を、よくコイン精米所に精米しに行ってた。
    数年前に一度お供しただけだけど「お米がちょっと熱くなってたけど劣化しないのか」という会話をしたのを思い出した。
    今もまだ、そのコインの精米所はあるけど、そういうタイプの精米所も珍しくはないんじゃないかな。

  • 194 2018/02/21(Wed) 19:51:04ID:Y3NDMwMDM(6/14)NG通報

    何も知らない情弱が、籾摺りもできるコイン精米所も知らずに、まだ喚き散らしてんのか(笑)

  • 195名無し2018/02/21(Wed) 22:46:26ID:AzMjIxNDA(1/1)NG通報

    >>190

    石川住まいだが初めて見た。ちょっと気になるのはここの糠は籾だらけで使用不可?

  • 196ニート2018/02/22(Thu) 00:38:39ID:I1NjQ2NDQ(1/1)NG通報

    水車作れないくせに水車は韓国起源とか言ったら面白いw

    相撲、柔道、味噌とか韓国起源とか言ってるし

  • 197 2018/02/22(Thu) 10:42:28ID:Q1NjY1NDY(7/14)NG通報

    >>192
    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5457213.html
    質問「籾付き米から籾殻を外す方法教えて」

    答え「一升瓶と棒」

    嘘つき呼ばわりした謝罪と、
    俺以外にも実践してる経験者を教えてもらった事に、お礼を言おうか。

  • 198名無し2018/02/22(Thu) 12:43:30ID:U1NDkyOA=(1/1)NG通報

    頭の上に物を乗せて運んでいるうちは土人

  • 199名無し2018/02/22(Thu) 12:50:25ID:Y0MTg3OTQ(2/4)NG通報

    お金を使わず物々交換主体の取引をしているようでは土人

  • 200makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/22(Thu) 20:40:29ID:E1NzMwODI(12/12)NG通報

    >>172
     それが、日本統治時代になって、塩田や、田舎の一部でしか使われなかった踏式水車(무자위)が、塩田以外のあらゆる農地でも、使用されるようなった。厳密に言えば、使用できるようになった。なぜかわかりますでしょうか?
     気候や土地地質や雨の時期などの、人智ではどうにもならない事を理由にするならば、日本統治時代でも、同じ理由で普及出来ないはずですか、一転して普及しました。
     なぜ急速に普及したのかを、答えられますか?
     本当は、水車を使う為に必要だった事は、何だったのか?
     なお、踏式水車(무자위)以外の水車も、日本統治時代に多く作られましたが、近代の動力の普及期と重なった為に、踏式水車(무자위)程、多く作られませんでした。
     踏式水車(무자위)の日本統治時代の普及と矛盾する点を、韓国国内では誤魔化している人が多い。
     興味本位で1800年頃書かれた、朴趾源の「課農小抄(과농소초)」の解説書(日本語版)を読みました。少なくとも、今の韓国人の一般認識より水車を普及させる為に、必要な事が何だったか?の答えに行き着いていた。
     そして、残念ながら、朴趾源の提言を実行出来たのは、日本統治時代であった。本来であれば、貴方達自身が、実行して対処すべき問題であったのに、それができなかった原因を、正しく知るべきでしょうね。

  • 201名無し2018/02/23(Fri) 02:28:33ID:U4OTI4NjY(1/1)NG通報

    >>190「精米と籾擦り」お疲れ様でした。途中で籾擦りの勝ちは予想できましたよ。
    しっかし、写真を見せられてもシツコク言い張る所なんかウチの奥さんみたいw

  • 202 2018/02/23(Fri) 12:33:51ID:IzOTAwODk(8/14)NG通報

    水車がなかった理由として、突き詰めると『朝鮮農林分布図』(1910年)等の保水力としての植生に行きつくんだろうけどね。

    画像は1903年撮影みたいで、こんな景色は日本だと、火山周辺でしか見ないね(火山灰ガスで木が枯死するような場所)。雨降れば一気に山崩れ起こる。

    クヌギ等の広葉樹もあったらしいけど、
    日本だとクヌギ林を伐採後は、株はそのまま、そのひこばえ(幹を切った後に脇枝が出る)を十年単位のサイクルで何度も切って半永久的に利用してたけど、それすらもやれてない。

    一昔前の日本の子供がカブトムシやクワガタで遊んだというのは、実はクヌギ林が全国的に恒常的に利用されてた事の証で、そうい遊びも植生の指標になると思うけど、画像から見ても、何のヒントもないというか。

    帽子はシラカバ製らしいから、原材料は北海道ぐらいの北部で作られてたと類推できるぐらいかな。
    山に石垣や土嚢を積んで、水平に保たせて土留めする訳でもなく、
    この景観に危機を持たないというのは、北朝鮮が無理な食料増産で同じ事やった背景にも繋がるのかもね。

  • 203 2018/02/23(Fri) 12:57:33ID:IzOTAwODk(9/14)NG通報

    >>201
    うちは農業改良普及員の資格持ってるけど、
    農業というのは、知識や理論だけを持ってる者よりも、現地で実践し方法や手段の経験を持ってる者が、まず尊重されるべきですからね。

  • 204白妙2018/02/23(Fri) 14:16:06ID:Y3Njk4Nw=(10/10)NG通報

    調べていて勉強になりました。
    千歯扱きや唐箕が思ったより古くから使われていたことや、手動での脱穀と精米の方法の数々、江戸時代の治水事業、そして籾摺り機能付きコイン精米機の存在など、知らないことばかりで面白かったです。
    改めて、視野は広く、自分の常識より広く持つことが大切だと思いました。

    ところで治水について調べていると、1000年前の関東地方の河川の推定図とか出てきますが、ソウルが百済だった頃の生活跡とか、城や古墳以外の遺構は無いのでしょうかね?
    大都市周辺は歴史や遺跡が積み重なって出来ているので、それらを見れば治水や色々な事が判るのでは、と思ったのですが。
    水車にはあまり関係ないですね。

  • 205名無し2018/02/23(Fri) 15:03:32ID:U4MzEyMjE(3/4)NG通報

    反日教が蔓延し絶対的価値として信じられているから学術的検証および学説で
    反日教に反することなどことごとく吊るし上げ叩かれる
    歴史家や学者が真実を解き明かすとか公表とかできる余地などない
    今だ根本的に中世の価値観で国というか社会が運営されている
    今後も理性と知性で反日教に挑むなど社会的自殺でしかない
    韓国ではな

  • 206makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/24(Sat) 16:44:07ID:QxNjg0NDg(6/11)NG通報

    >>140
     田植えや水車の普及の妨げとなる、各種の重要な情報は、貴国の居る諸先生の情報の転載になります。諸先生への敬意もありますので、紹介しておきます。
     李宇衍先生(李氏朝鮮時代の山林の荒廃について、有名な論文がいくつもあります。)
     李榮薰先生(もう説明するまでもありませんね。「大韓民国物語(대한민국 이야기)」で、日本でも有名です。)
     
    「数量経済史で再び見朝鮮後期」(ソウル大出版部刊)に掲載された「総説:朝鮮後期経済史研究の新たな動向と課題」の抜粋版の記事が以下にあります。
    http://monthly.chosun.com/client/news/viw.asp?nNewsNumb=200608100015

  • 207makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/24(Sat) 19:22:43ID:QxNjg0NDg(7/11)NG通報

    >>204

    >>城や古墳以外の遺構は無いのでしょうかね?
    少し調べてみましたが...ソウル周辺には、古墳、陵、城、寺院等が圧倒的に多く、あまり水田遺跡等は、少ないですね。水田の灌漑水利設備(貯水池等含む)を持つ跡は、気候が温暖で農耕に適した、漢江以南、特に忠清、湖南省、嶺南に集中しているようです。
     この周辺になれば、三国時代から由来している有名水利灌漑設備も多く...
    堤川の義林池貯水池 (제천의 의림지저수지)
    密陽の守山堤(밀양의 수산제)
    金堤の碧骨堤 (김제의 벽골제)
     等が有名らしいです。
     ソウル周辺では、これらの情報は少ないですね。 

  • 208金玉2018/02/24(Sat) 20:21:28ID:g4NzY0MTY(1/1)NG通報

    >>204
    その時代だとソウル(漢城)よりも慶州(金城)の方が研究進んどるやろなあ
    新羅王京でググると色々出てくる

  • 209makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/24(Sat) 23:45:58ID:QxNjg0NDg(8/11)NG通報

    >>202
     興味深いので『朝鮮農林分布図』の情報が無いか調べてみました。
     高解像度の地図がデジタルでありました。
    https://www.digital.archives.go.jp/das/image-l/F1000000000000064725
     上記から高解像度の情報は拾えるので、興味がある人はどうぞ。
    凡例に、
    緑色:成林地、立木の密度完全なる物を1としその0.1以上を有するもの。
    桃色:稚樹発生地、鎌にて刈りうる程度の稚樹発生地にして密度0.1以上のもの。
    黄色:無立木地、密度0.1未満の疎林地及稚樹疎生地又は草生地岩石地等。
    人口が多い地域の森林が黄色だらけ(禿山だらけ)どいう...。
     「>>171」に書いた、朝鮮で初めて実用的水車が動いた、「大韓民国慶尚南道咸陽郡」周辺は、しっかり森林が残っている。 また、ジャガイモ王国と呼ばれる地域は、田植えによる稲作が李氏朝鮮末期まで行われたが、江陵市と原州市を含めて、概ね森林が残されていた。
     京畿道、忠清道、慶尚道の禿山は激しく、気候の良い南部地域でも人口が多い故に火田等も焼畑農法の被害も多く、それゆえの禿山と思われる。
     一方で、冬の寒さが極めて厳しい咸鏡道や平安道は、火田に加えて、暖房需要(オンドル)等も加わった激しい伐採がなされえていたようで、こちらの荒廃も極めて厳しい状況がわかります。
     全体を通じて、農業をできる平野部の周辺は総じて禿山となっており、末期の李氏朝鮮の経済破綻はなるべくしてなったとしか言いようのない状況ですね。

  • 210名無し2018/02/25(Sun) 01:21:37ID:g2NDQwMDA(1/1)NG通報

    >>209
     ジャガイモ王国は、江原道だね。
     江原道は、焼畑被害が酷い場所だったはずだが?

  • 211makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/25(Sun) 02:35:11ID:k1NzYwNzU(9/11)NG通報

    >>210
     これは、朝鮮大学教授の高秉雲が主張した内容です。大きな誤謬があります。
     日本統治時代も、火田民は、火田が可能な山があれば、次々と火田を続けていた。朝鮮総督府の前身となる韓国統監部の火田に対する取り締まりは、先ずは人口が多い地域(被害が大きい地域)から実施されており、1908年の「森林法」により、火田開墾を禁止を明文化した。そして、1910年の併合後に「森林法」と「国有林野法」を法的根拠にして「森林令」を交付し、火田に対する制限・禁止・罰則を可能にした。この結果、火田ができなくなった住民が、別の火田可能な地域に移動する現象が発生した。官憲の監視が緩い地域で、かつ火田可能な地域として、まだ森林が残されていた田舎の江原道に、火田民が流入する事となった。この結果、李氏朝鮮末期まで、辛うじて自然森林が残っていた地域である江原道の森林に、これらの火田被害が発生し始めた。 
     既に火田の影響で、水害に悩まされていた人口が多い地域の、耕作を保護する政策であったが、火田の風習を止めさせなければ、被害が別地域に移動するだけであった。残念ながら総督府は、その問題に対して後手に回ってしまった。この悪循環を止めさせる為に、焼畑以外で収入を得る必要があった。 一部は国土開発の土工への就職斡旋、一部は日本資本による親切工場へ就職斡旋、一部は総督府の土地調査事業に協力的した中人が立ちあげた農業組合への就職斡旋、その他色々な職業に就くように勧めた。長い間をかけて、火田の風習の根絶策を取る事になった。
     しかし根絶はできなかった。特に北朝鮮地域には、現在も残っているらしい。
     日本統治時代において、江原道の火田被害があったのは事実です。高秉雲は、火田が日本政府の悪政で収入を失った貧農が、火田民となり被害を増やしたように述べますが、現実は火田の風習を止めさせる為に取り締まりを強化した地域から逃げ出した火田民が、森林が残っていた江原道に集まってしまったのが実態です。
     こうやって、日本悪政論が捏造されてしまう事に、苛立ちはありますが、元をたどれば、北朝鮮寄りの朝鮮大学校の教授が発端となっている。 これらの情報に煽られて、韓国側の日帝収奪論の論拠となってしまうのは、残念です。

  • 212名無し2018/02/25(Sun) 19:40:39ID:gxMjQyNTA(4/5)NG通報

    >>202
    一目見ただけでも怖いね。雨が降ったら土砂や泥流とともに流されるしかない。
    それはそうと、日本はスギ花粉のことを林野行政は考えているのかな?
    聞いたことがある方はいらっしゃいますか?

  • 213 2018/02/25(Sun) 22:00:59ID:gwMzcxNzU(10/14)NG通報

    >>211
    「植民地統治方法の一つとして山林警察制度を導入して取り締まり、規制主義で実施された他律的な山林保護政策は、日帝に対する我が民族の反感を刺激することで抵抗表現としての山林破壊行為が正当化された。
    長期間このような意識が韓国民に存在することで、自然に罪の意識なく利己的に山林を利用する行動が固着化されてしまった。」(『韓国林業50年史』)という内容があるみたいです。

    本当にそんな政府系の出版物があるのか裏付けで調べてみたんですが、私のリサーチ能力ではムリでした。もしかしたら『韓国林政50年史』かも。
    “日本による米の収奪”と同じような整合性で脚色されてますね。こういうのは韓国人は大得意(笑)

  • 214 2018/02/25(Sun) 22:56:52ID:gwMzcxNzU(11/14)NG通報

    >>212
    戦後の大陸からの帰還邦人の人口増加で、建築材の需要を想定して、急遽建築材に向く樹種を選定したのが、スギとヒノキ。この2種は密生すると真っ直ぐ成長する事から植林に向くと選んだみたいです。

    スギの語源は“直木”。ヒノキの語源は“日(太陽)の木”、神聖な神社に使われるのに“火の木”だと、火災で忌み語ですからね。

    スギの適地は山の尾根等の乾燥した土地。ヒノキの適地は山の谷の湿った土地。
    でも戦後の植林では尾根も谷も関係なく画一的にまとめて植林してしまった為に、不適当な土地にもスギやヒノキが植えられた。

    木は自分の生命が脅かされる環境になると、次世代を多く残そうと、沢山の実をつけようとします。例えば、実がならない特定の果樹の幹に、鉈で傷をつけると、その果樹は生命の危機を感じて、その年は多く実がなるのは、造園の手法としてありますよ。
    このスギとヒノキも同様に過剰に花粉を出してるのは、不適地に植えられてるからだと要因として言われてますね。
    不適地に植えられて生命の危機を感じてるから、花粉を沢山出して、沢山の種子を残したいと。

    あと、苗木も、種子からの育苗が多く、九州地方だと挿し木での育苗なので、九州の方が花粉は少ないとかも。

    林業はもっと円安にならないと国内利用はムリでしょうね。農家ですら、もう風呂や煮炊きに、薪は殆ど使ってないし、クヌギの雑木林も荒れてる。間伐どころか枝打ちすら、やれてない植林地も多いですね。

  • 215 2018/02/25(Sun) 23:07:40ID:gwMzcxNzU(12/14)NG通報

    植林で、忍者と林業の関係をどこかの学者が言ってましたね。

    ・出稼ぎしないと、食べていけないような狭い耕作地
    ・林業で枝打ちやる為に、縄1本で登って、木と木を渡るという軽業が必然だった職種の土地

    そんな環境が伊賀で、忍者の素養になってたみたいな話。

  • 216makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/27(Tue) 02:58:27ID:AzOTEzMjk(10/11)NG通報

    >>213
     多分これだろうか?『韓国林政50年史』

    http://www.forest.go.kr/newkfsweb/cmm/fms/BoardFileDown.do?atchFileId=FILE_000000000318712&fileSn=1&dwldHistYn=Y&bbsId=BBSMSTR_1008

     「林政」が、google翻訳だと「臨時政府」と略される罠があった。内容が800ページで、さらに画像化PDFなので、最低限OCRのテキスト抜き出しがなければ、該当部位を探し出すのは苦しい。

  • 217名無し2018/02/27(Tue) 03:08:26ID:MyNjY2NTM(1/1)NG通報

    韓国人「必要ないから作らなかったニダ」


    はいはい、精神勝利精神勝利(-᷄◞८̻◟-᷅)༿

  • 218名無し2018/02/27(Tue) 03:10:33ID:g4MjA1NTg(1/1)NG通報

    日本は水車を作れても風車までは作れませんでした
    風車以前の技術を競うなら、もはや目くそ鼻くその近代化競争である

  • 219makobee◆EoU1RT4iGw2018/02/27(Tue) 03:29:04ID:AzOTEzMjk(11/11)NG通報

    >>216
    >>213
     色々調査した結果、コピペ元の文章は、『韓国林政50年史』ではなさそうです。以下のページに全く同じ文章がありました。

    『[人文社会]北朝鮮の山林荒廃化の現況と解決方策』 
    http://www.allreport.co.kr/search/detail.asp?pk=10975911

     該当部分の韓国語表現は以下。
    ---------------
    식민통치방법의 하나로서 산림경찰제도를 도입하여 단속, 규제위주로 실시되었던 타율적인 산림보호정책은 일제에 대한 우리민족의 반감을 자극함으로써 저항표현으로써 산림파괴행위가 정당화 되었습니다. 장기간 이러한 의식이 한국민에게 존재함으로써 자연히 죄의식 없이 이기적으로 산림을 이용하는 행태가 고착화되어 버렸다.
    ---------------
     50年史の内容に類似があるかもしれないが、一字一句同じ表現は上記の論文でしょうか...。

  • 220がおらー◆TYBVULIPSU2018/02/27(Tue) 05:44:08ID:E5OTg2Njg(1/1)NG通報

    >>218
    よくわからんけど、風車を作るのが近代化へのプロセスだと言いたいの?
    蒸気機関じゃ駄目なの?

  • 221名無し2018/02/27(Tue) 07:05:51ID:A1MTI5MTA(5/5)NG通報

    どこかで総督府が植林した本数が5億9千万本だと書いてるのを見た。

  • 222名無し2018/02/27(Tue) 07:06:45

    このレスは削除されています

  • 223 2018/02/27(Tue) 10:23:00ID:M2ODQyNjE(13/14)NG通報

    >>219
    調べてもらってすいません。
    『林政』の方の引用論文は何点か見たんですけどね。『林業』の方は見つけられなかった。

    >>218
    日本は台風があるので、風車の発生はムリな話ですよ。三菱系に親戚がいたんですが、10年ぐらい前でも台風に耐える変速技術に難があるという話でした。
    ヨーロッパのような恒常的に安定した風がある立地も日本では限られてます。

    オランダの土地の排水のような必然条件もないですからね。
    新潟の何処かで日本海からの風によって砂が高低差を狂わせて排水が出来ずに湿地になってる地域が昔からあったと記憶してますけど、結局近代になって現在も電力で排出させてますね。
    佐賀平野の農家は風対策に建物が“コ”の字型になってるそうですけど、あの辺りの干拓は海に柵を立てて引き潮の時に砂を堆積させる方法で拡張させるので、オランダのように排水を要するまでの必然ではなかった。九州は毎年の台風の通り道だし。

  • 224北区の人2018/02/27(Tue) 11:20:40ID:UwODIxNTA(1/1)NG通報

    確かに水車は、あのグルグル回っている部分だけじゃなく「支点・力点・作用点」じゃないけど、総合的な技術ですから、簡単な事ではないですね。
    その全ての技術を持っていなくては「望む成果」は得られないし。

    ウチの先祖の一人が、水車小屋を持っていたそうです。動力を、何に使っていたのかな。
    画像は、北区赤羽の「保存農家」です。あの様な家に住んでいたのかな。

  • 225 2018/02/28(Wed) 00:38:37ID:E1MDc4MDQ(14/14)NG通報

    朝鮮併合時代の教科書には、水車小屋のトルトリという少年が登場する話があるそうです。
    三年峠という、“転ぶと、三年しか生きられない坂”を転んでしまい、病んでしまった人に、水車小屋の少年が知恵を与えるという話。

    「三年峠」が朝鮮総督府編纂教『普通学校朝鮮語読本 巻四』の初等教育の教材として採録された理由は、朝鮮に蔓延してた迷信を教育で打破する目的があったようで、戦後には目的を離れて、とんち話に推移し、現在では知ってる韓国人も少ないそうです。
    (※特に朝鮮の医療は、日本が禁止するまで、足に呪文を書いたりと呪術医療でしたし、閔妃の浪費も呪術祭典による国家繁栄でしたからね)

    http://archives.bukkyo-u.ac.jp/rp-contents/SK/2008/SK20081L253.pdf

    京都の清水寺にもある事から、左遷された菅原道真の太宰府にある転んではいけない3つの橋も、京都から伝播した話かもと思い出しました。
    元々朝鮮の昔話は、口伝が多く、日本ほど残ってないそうで、
    ちなみに、この話を思い出して再生産した在日の作家は“私たちの祖国は,今まで度重なる異民族の侵略をはねのけながらも他国を圧迫したことのない平和を愛する民族です。”と認識してますね(笑)
    スレ違いですが、この認識も、いつからなのか興味ありますが、1970年頃から在日知識人を中心に“朝鮮通信使は日韓友好の証”と広めようとしたのと同様に、かなり恣意的な意図がありそうですね。

    水車は、日本同様に朝鮮でも、古くから有りそうな物、
    水車小屋という高度な建築技術&灌漑技術を要する証建築物(知恵者トルトリが作った証)として、水車小屋を登場させたのでしょうね。

  • 226名無し2018/02/28(Wed) 23:53:46ID:g0NTU2Mjg(1/4)NG通報

    水車ごときで調子にのるネトウヨw
    金属活字や白磁などの技術者を韓半島から奪って使えるようになったくせに何行ってんだ?

  • 227名無し2018/03/01(Thu) 00:00:20ID:YxMjcxOTU(1/5)NG通報

    >>226
    「水車ごとき」だから、笑われてるんじゃないかw
    負け犬くんw

  • 228名無し2018/03/01(Thu) 00:05:44ID:IwODMzNTE(2/4)NG通報

    >>227
    韓半島から韓民族の技術者を盗まないと金属活字や白磁を作れない日本人何言ってんだよwwwww

  • 229名無し2018/03/01(Thu) 00:06:34ID:Q0MjgzNTM(7/7)NG通報

    ウリタチ朝鮮人の先祖は水車ごときを作れなかったニカ
    チョッパリは作ってたニカ
    朝鮮人はそれほど無知無能なバカ民族だったニカ

    くやしいニダ くやしいニダ くやしいニダ・・・・・そうだウリはもっともっと反日してやるニダ!

  • 230名無し2018/03/01(Thu) 00:06:45ID:IwODMzNTE(3/4)NG通報

    韓民族が技術をもらわないと何百年間も灰吹法を使うことができなかった日本人………

  • 231名無し2018/03/01(Thu) 00:08:06ID:IwODMzNTE(4/4)NG通報

    >>229
    なんかこいつ発狂しててワロタ

  • 232名無し2018/03/01(Thu) 00:11:35ID:YxMjcxOTU(2/5)NG通報

    >>228
    ↓ご先祖さまか?w そっくりなイジケっぷりだなww

    >天下広しといえこのような眺め、またいずこの地で見られようか。北京を見たという訳官が一行に加わっているが、かの中原(中国)の壮麗さもこの地には及ばないという。この世界も海の向こうよりわたってきた穢れた愚かな血を持つ獣のような人間が、周の平王のときにこの地に入り、今日まで二千年の間世の興亡と関わりなくひとつの姓を伝えきて、人民も次第に増えこのように富み栄えているが、知らぬは天ばかり、嘆くべし恨むべしである
    ――日東壮遊歌 大阪での記述より

  • 233名無し2018/03/01(Thu) 00:15:01ID:YxMjcxOTU(3/5)NG通報

    >>230
    ↓その「韓民族」の偉大な歴史www

    ・古代~1895 ―― 中国歴代王朝の属国or朝貢国
    ・ ~1945 ―― 日露による軍事干渉 のち日本に併合
    ・ ~1950 ―― 米国とソ連による占領 南北に分断
    ・ ~1953 ―― 朝鮮戦争 米ソ中の手駒となって南北で殺し合い  
    ・ ~現在 ―― 南北分断すっかり固定 共食い続行中

  • 234名無し2018/03/01(Thu) 00:29:38ID:UzMDIxNzU(1/2)NG通報

    >>233
    「日本人」の歴史www

    ・ 古代 ―― 韓民族に技術や文化を教えて貰う
    ・ 1592~1598 ―― 日本軍が韓半島を侵略 日本軍の兵士は韓民族の兵士や住民の耳や鼻を削ぎ、持ち帰る
    ・ 戦国時代 ―― 韓民族の技術者が、日本人が何百年も忘れた灰吹法を教えに来る
    ・ 1910年 ―― 韓半島を植民地にする
    ・ 戦中 ―― アジア諸国を植民地化
    ・ 1945年 ―― 戦争に負ける

  • 235名無し2018/03/01(Thu) 00:32:14ID:UzMDIxNzU(2/2)NG通報

    恩を仇で返す「日本人」
    仇を恩で返す「韓民族」

  • 236名無し2018/03/01(Thu) 00:38:02ID:YxMjcxOTU(4/5)NG通報

    >>234
    >>235
    >1945年 ―― 戦争に負ける

    あれ? これ以降はどうしたの?
    何で21世紀までの現代が「ごっそり」抜けてるの?w

    何か理由でもあるの?www

  • 237名無し2018/03/01(Thu) 01:44:01ID:MwMTE0ODQ(1/1)NG通報

    >>236

    1946年 ―― 日本国憲法発布
    1951年 ―― サンフランシスコ平和条約締結
    1954年 ―― 自衛隊発足
    1950〜53年 ―― 韓国戦争による特需
    1965年 ―― 日韓国交正常化
    1972年 ―― 日中国交正常化
    1991年 ―― バブル崩壊 1993年 河野談話
    1995年 ―― 村山談話
    2006年 ―― アベ政権誕生
    2009年 ―― 鳩山由紀夫政権誕生
    2012年 ―― 尖閣諸島国有化
    2013年 ―― 秘密保護法公布、アベ靖国参拝
    2015年 ―― 戦争法公布
    2013年〜現在 ―― アベ政権
    2017年〜現在 ―― モリカケ

  • 238名無し2018/03/01(Thu) 02:15:59ID:YxMjcxOTU(5/5)NG通報

    >>237
    で? 
    やり取りの意味がぜんぜんわかってないだろ? 
    何か用?

    夜中だからなあ。
    気味の悪い奴が出現するもんだww

  • 239 2018/03/01(Thu) 20:50:32ID:Q5OTI5ODg(1/1)NG通報

    日本の福岡県朝倉市に流れる筑後川には、“山田堰”という治水整備施設がある。
    川の流れを弱めつつ、取水口に水を誘導し、それを水車で灌漑用水に組み上げて、それを田んぼに利用する。
    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO92614040Y5A001C1000000

    この技術はアフガニスタンの復興に利用された。
    長期内戦により、現地の灌漑整備が破壊され、木草すら生えていない土地では、春になると山からの雪解け水が、土砂と共に一気に濁流になって流れ、全てを流してしまい。その後は川は干上がって水は一気になくなる。

    日本のペシャワール会は、現地の技術で管理維持ができるように、石積みで灌漑水路を引き、この山田堰を応用して、試行錯誤に苦労しながら現地に作って、春の濁流から取水口に水を入れて、荒廃した一帯を緑地に変えた。
    この濁流から、いかに取水口を破壊されずに維持し、灌漑用水に利用できるかが重要だ。

    たかが水車ではない。水車を設置するには、まず、その周辺環境の整備技術を要する。
    水平のアスファルトの平面がないデコボコの道路なのに“F1カーごときは、簡単に運用できる”と言ってるようなもの。

  • 240名無し2018/03/08(Thu) 14:12:51ID:U4ODc1MTY(4/4)NG通報

    青磁も白磁も李氏朝鮮末期にはすっかり衰退して技術の伝承は途絶えた
    灰吹法も朝鮮で開発された技術じゃない
    それに朝鮮に灰吹法に関する当時の文献が無いということで南蛮経由で
    伝来したという説が有力だぞ

  • 241名無し2018/03/09(Fri) 02:18:55ID:MzOTQyOTA(1/1)NG通報

    檀園風俗図帖はとんだニセモノ
    https://blogs.yahoo.co.jp/illuminann/15410711.html

  • 242おはよぉさーん!今朝は風雨が台風みたいだ!!2018/03/09(Fri) 04:25:34ID:QzNzc0ODE(1/1)NG通報

    水車よりもさ。
    今はさ。
    おかかごはんの焼きおにぎりを作って欲しいんだ。

    起きたばっかで、おなかペコペコだよ。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除