監視ソフトウェア

3

  • 1名無し2018/01/10(Wed) 11:29:32ID:c4ODM1NjA(1/1)NG通報

    米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先月、北朝鮮の携帯端末にユーザーの使用動向を監視するためのソフトウェアが搭載されている事実と、その機能について報じた。北朝鮮の携帯端末に当局が仕掛けをしていることは以前から指摘されていたが、その具体的な機能が紹介されたのは、おそらくこれが初めてだ。
    WSJによると、ドイツの研究者フローリアン・グリューノウ氏は、北朝鮮で販売されている「ウルリム」という名のタブレットPCを分析。北朝鮮の独自OS「レッドスター」にバンドルされ、事前に埋め込まれた監視ソフトウェア「トレースビューア」を発見した。

    その監視ソフトはユーザーの意思とは関係なく、端末が使われている間にスクリーンショットをランダムに撮影。ユーザーがどんなアプリをどのように使い、どのようにイントラネットにアクセスしているかといった履歴を記録する。そして、ユーザーはどのようなスクリーンショットが撮られたか見ることはできるものの、削除することはできないという。
    つまり、他人に知られたらマズい使い方をしているユーザーが、国家保衛省(秘密警察)などから「端末を見せろ」と提示を迫られたら、一巻の終わりということだ。北朝鮮では、国家保衛省の職員が、極秘に集めたデータを基に市民の携帯電話購入の申請を承認するかどうかを判断している。

    (https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180107-00080153)

  • 2名無し2018/01/10(Wed) 14:37:32ID:MzNzk0MzA(1/1)NG通報

    >>1
    日本で売れてる中国スマホも入ってる
    それでも情弱さんは買ってる

  • 3かわうそ2018/01/10(Wed) 15:40:11ID:I5NDc0NzA(1/1)NG通報

    >>1
    え?マヂ?(´・ω・`)もう絶対ギャラクシーは買わん

レス投稿