사이고 다카모리는 정한론을 주장한적이 없다?

12

  • 1tengu132017/11/26(Sun) 23:08:28ID:g3NTg3NzI(1/1)NG通報

    정한론자로 널리 알려져 있었던 사이고 다카모리가 실제로는 정한론을 주장하지 않았다는
    이야기도 있던데.
    실제는 어느쪽이야?
    일본 사회, 학계에서 어느쪽이 정설로 여겨져?
    학계 정한론자가 아니었다는 주장도 일리있는 주장으로 여겨져?

  • 2誰かさんや2017/11/27(Mon) 00:04:52ID:g2MDEwNzk(1/5)NG通報

    韓国人が理解している征韓論が間違い。

    征韓論とは、西郷隆盛の地元の九州地域の
    若い士族が、日本に失礼な態度をとった朝鮮を
    武力侵攻しろと主張した。九州地域の若い士族
    の達は、明治維新を成し遂げた地域の主力勢力
    でもあり、そういった歴史から驕り高ぶっていて
    血気盛んだった。その九州地域の血気盛んな若者を
    抑えるために、九州地域で尊敬を集めていた西郷隆盛が「私が朝鮮と話し合いで解決するから、朝鮮との
    外交の全権を委任してくれ(全権大使)」と発言し、実際、西郷が明治政府の要職から退くまで、朝鮮との外交の全権が西郷隆盛に委任されていた。これが史実。

    西郷が朝鮮を武力侵攻しろという思考を持っていたわけではない。西郷はむしろ、そういう声を抑え込んでいた人物。理解しましたか?

  • 3誰かさんや2017/11/27(Mon) 00:19:15ID:g2MDEwNzk(2/5)NG通報

    征韓論=朝鮮への武力侵攻

    上記の説明であるとするなら、征韓論を主張していたのは、九州地域の若い士族達。豊富秀吉の時代に
    朝鮮出兵で朝鮮人の弱さを知っていた九州の士族達の
    子孫である。

    西郷隆盛は、その血気盛んな若い士族達を抑え込んでいた人物。当然でしょう。その時すでに西郷隆盛は
    明治新政府の陸軍大将という要職者であり、
    明治政府の中枢。簡単に戦争なんて決断しないよ。
    西郷隆盛は、話し合いで江戸を無血開城させた人物。
    また、第二次長州征伐のとき、幕府軍から参加を
    要請されても大義がないといって断った人物。裏で
    既に薩長同盟が締結されていたからかもしれないが。
    とにかく、西郷隆盛は日本ではラストサムライであり、義の人と認識される英雄。大義のないことは
    しないし、簡単に戦争を決断したりしない。
    サムライは大義がなければ簡単に戦争したりしない。

  • 4名無し2017/11/27(Mon) 00:22:34ID:c4MjQ1MzE(1/1)NG通報

    >>1
    バカチョン
    前にも同じようなスレが有っただろう

  • 5名無し2017/11/27(Mon) 00:24:37ID:M0MDc5NDc(1/1)NG通報

    朝鮮の大院君は、ほんと非礼だった。

  • 6名無し2017/11/27(Mon) 00:26:03ID:MwOTQwNjg(1/1)NG通報

    >>1
    そもそも征韓論を問うのに、中華衣装の通販サイトの画像を添付してるんだ?

  • 7誰かさんや2017/11/27(Mon) 00:35:43ID:g2MDEwNzk(3/5)NG通報

    そして最後、西郷隆盛はその九州地域の血気盛んな
    若い士族達と一緒に明治政府の新政府軍と戦いこの世を去る。この意味がわかるか?

    西郷は、もう武士(武士)が世の中を統治する時代では
    ないことを自ら予見していたのだよ。

    自ら士族を率いて倒幕し明治政府を樹立し、自ら
    その役目を終えて士族として死んだ。

    これがラストサムライとして義の人として
    西郷隆盛が日本人に愛される理由だ。

  • 8Bダッシュ 2017/11/27(Mon) 00:39:09ID:E4OTg3NzA(1/1)NG通報

    記録だけを証拠とするならば。

    西郷は朝鮮へ使節として出向き、開国が出来なかった場合は死ぬつもりだった
    (切腹含む)

    「陸軍大将」が朝鮮で死ねば間違いなく戦争になるのは理解していた。

    これを「征韓論」と呼んでよいかは疑問。

  • 9誰かさんや2017/11/27(Mon) 00:49:27ID:g2MDEwNzk(4/5)NG通報

    西南戦争において、世の中が西郷を明治国家の
    国賊とみなすようになってしまった状況で、
    同じ明治政府の中枢にいた
    岩倉具視の発言

    「なぜ明治新国家の大元勲である西郷が国賊なるぞ?」

  • 10誰かさんや2017/11/27(Mon) 01:18:16ID:g2MDEwNzk(5/5)NG通報

    西南戦争
    反乱士族側の盟主=西郷隆盛(士族が担ぎ上げただけなので盟主とする)
    新政府軍の全権参謀=山縣有朋(長州藩高杉晋作創設奇兵隊出身者)
    当時の徴兵制度ができたばかりであったが、山縣有朋は最後まで士族階級からの徴兵を拒んだ。これは
    もう武士の時代じゃないといってなのに士族階級の
    力は借りられないという意地だろう。だから、
    農民出身者ばかりで戦闘未経験で、序盤は西郷率いる反乱士族に全く歯が立たない状態だった。当然
    だろう。武士と農民じゃ覚悟がまるで違う。逃げて
    しまう者まで現れたと言われている。新政府軍の
    状況が全く良くならない状況で、最後に山縣有朋は
    妥協する。士族階級から徴兵なく募集する。なぜ
    徴兵じゃないかって?軍隊じゃなくて、警察組織と
    して募集したから。それが、抜刀隊。この士族出身の
    抜刀隊が反乱武士を切り崩し、最後、西郷率いる50名
    の反乱士族を明治新政府軍は包囲する。そきで、山縣有朋は西郷に手紙を託す。その内容は、「西郷のためだけに命を懸けて戦う人間がいる。私にはいない。
    であるならば、彼ら他の士族のために、あなたは自害し、戦争をやめさせ、彼ら他の士族命を助けるべきだ。」西郷「もう、ここでよか」自害する。サムライの世は終了する。反乱士族であるサムライを抜刀隊
    というサムライが鎮圧してサムライの世の中は終了する。ちなみに、抜刀隊には会津藩出身者が多くいた。
    薩長と会津の因縁だね。皮肉なもんだ。

  • 11ららら太陽2017/11/28(Tue) 17:49:35ID:U1MDc1ODQ(1/2)NG通報

    そして緋村抜刀斎は生まれたが、児童ポルノで堕ちてしまう。

    るろうにポルノ

  • 12ららら太陽2017/11/28(Tue) 17:55:25ID:U1MDc1ODQ(2/2)NG通報

    『少女達よ!俺の股間の逆刃刀を見ろ!俺は誰も傷つけない!鑑賞するだけだ!』