TSMCが1.6nm世代の半導体製造プロセス「A16」を2026年中に量産

12

    • 1名無し2024/04/26(Fri) 18:57:23ID:c5MjY1NzQ(1/1)NG報告

      半導体製造企業のTSMCが、2024年4月24日に開催された同社のシンポジウム「North America Technology Symposium 2024」で、1.6nm世代の半導体製造プロセス「A16」の量産を2026年に開始する予定を明らかにしました。

      TSMC unveils 1.6nm process technology |
      https://www.tomshardware.com/tech-industry/tsmc-unveils-16nm-process-technology-with-backside-power-delivery-rivals-intels-competing-design

      TSMCはA16プロセスを2026年に量産開始する予定です。A16は、すでに量産中である3nm世代の「N3E」と、2025年後半に量産開始となる2nm世代のN2プロセスに続く、次世代のプロセスになります。

      A16は、TSMCの最先端となる「ナノシートトランジスタ」を採用しています。ナノシートトランジスタは、従来のFinFETトランジスタと比較してより優れた電気的特性と制御性を提供するため、トランジスタのサイズを縮小しつつ、性能と電力効率を向上できるのがポイントです。

      また、A16は、「Super Power Rail」と呼ばれるアーキテクチャを採用しているのが特徴です。このSuper Power Railは、チップの裏面に専用の電力レールを配置することで、電力供給の性能を向上させるというもの。これにより、表面の配線リソースを信号配線に特化できるため、複雑な信号回路が必要な設計に対して有利になります。

      TSMCのシーシー・ウェイCEOは「私たちは、AIがデータセンターだけでなく、パソコン、モバイル機器、自動車、さらにはモノのインターネットでも稼働する世界を迎えようとしています。TSMCでは、お客様のAIに関するビジョンを実現するために、最も包括的な技術を提供しています。それは、世界最先端のシリコンから最も幅広い先進パッケージングと3D ICプラットフォームのポートフォリオ、そしてデジタルの世界と現実の世界を統合する特殊技術に至るまで及びます」とコメントしました。

    • 2슈퍼한국인◆vDTjJ282rE2024/04/27(Sat) 13:38:56ID:k1ODgxODg(1/1)NG報告

      안돼 만들지마

    • 3白妙2024/04/27(Sat) 14:04:49ID:kwNjc1MjU(1/1)NG報告

      >>2
      そこは「韓国の勝利」だろうがw

    • 4名無し2024/04/27(Sat) 15:38:37(1/1)

      このレスは削除されています

    • 5名無し2024/04/27(Sat) 21:47:47ID:g4Nzg4NTI(1/1)NG報告

      >>2
      良かったな~🤣
      韓国の大勝利じゃん

    • 6名無し2024/04/29(Mon) 00:26:58ID:g0MzI2MDI(1/1)NG報告

      TSMCが先に2nm未満の微細化やるのか、Samsung何してるんだ?
      裏面配線9か月ほど待ってるけど音沙汰ないけどどうなったの?
      Intelも2nm未満のロードマップ順調だよ、微細化では最速だったサムスンが一番遅れてるってどういうこと?

    • 7名無し2024/05/01(Wed) 08:19:25ID:QxMDMxNzY(1/1)NG報告

      TSMCが次世代の「1.6nmプロセス」を発表! アップルのチップ製造に弾み

      台湾の半導体メーカー・TSMCは、次世代のプロセス技術となる「1.6nm(ナノメートル)」のチップ製造を2026年から開始すると発表しました。

      スマートフォンからパソコンまで、さまざまなチップを製造しているTSMC。なかでも同社とアップルとの結びつきは深く、「iPhone 15 Pro/Pro Max」の「A17 Pro」チップでは、真っ先にTSMCの「3nm」プロセスが採用されました。

      TSMCによれば、1.6nmプロセスはチップのロジック密度とパフォーマンスを大幅に向上させ、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)製品と、データセンターの大幅な改善を約束するとしています。

      さらに1.6nmプロセスでは革新的なナノシート・トランジスタと裏面電源レール・ソリューションを採用することで、同社の「2nm」プロセスと比較して8〜10%の速度向上と、15〜20%の消費電力の削減が見込まれ、チップ密度も最大1.1倍向上すると伝えているのです。

      TSMCは2nmプロセスを2025年に導入する予定で、同プロセスのチップをアップルがすでに実証しているとの報道もあります。TSMCとアップルがタッグを組んで、先進的なチップを市場に投入する流れは今後も続きそうです。

      Source: TSMC

    • 8名無し2024/05/01(Wed) 08:43:11ID:ExNDM3Njc(1/1)NG報告

      質で大差で負けてるサムスンが微細化まで負けるのか
      やっぱ半導体の負け組はサムスンだなあ

    • 9名無し2024/05/01(Wed) 08:44:06ID:I0NDIyNjk(1/1)NG報告

      こりゃ、韓国の大勝利だな🤭
      スーパー韓国人
      変わりに言っておいたぞ🤭

    • 10名無し2024/05/22(Wed) 06:23:13ID:c5MzA1NDY(1/1)NG報告

      Apple幹部が2nm世代チップの供給に向けてTSMCと極秘会談か

      Appleのチーフオペレーティングオフィサー(COO)であるジェフ・ウィリアムズ氏が、台湾の大手半導体メーカーであるTSMCのCEOであるC.C.ウェイ氏と極秘に会談したと報じられています。この会談の目的は、TSMCが開発中である2nmプロセスの初期生産能力を確保することだったとみられています。

      https://money.udn.com/money/story/5612/7974714

      Appleは独自のAIチップを開発し、データセンターサーバーでAI処理を行うことで、AIサーバー市場への参入を計画していると報じられています。これらのサーバーは、iPhoneやiPadのようなデバイス上では処理が複雑すぎるAI処理を担当すると見られています。

      また、今秋リリース予定のiOS 18は、AIモデルを大々的に活用することが噂されており、iPhoneやiPadなどのデバイスでローカルにAIを動作させることが期待されています。

      記事作成時点でAppleはサードパーティのデータセンターも利用していますが、AppleのCFO(最高財務責任者)であるルカ・マエストリ氏は、AppleがAI目的に使用できる独自のデータセンターを保有していること、そしてAppleが過去5年間で生成AIの研究開発に1000億ドル(約15兆6000億円)以上を投資してきたことを認めています。

      TSMCの2nmプロセスは、このデータセンターに使われる独自チップに採用される可能性が指摘されています。AppleがTSMCの2nmプロセスの初期生産能力を確保することで、TSMCの年間売上高は過去最高の6000億台湾ドル(約2兆9000億円)に達する可能性があり、長期的にみれば、TSMCの年間売上高は1兆台湾ドル(約4兆8000億円)に達する可能性があります。

      なお、AppleはすでにTSMCの3nmプロセスを、iPad Pro(2024)に搭載したM4に採用しており、このM4には以前の世代よりも強力なNeural Engine(NPU)が統合されています。

    • 11名無し2024/05/23(Thu) 19:53:14ID:c0MDA4NTc(1/1)NG報告

      アップル幹部が台湾のTSMCを訪問、最先端チップを確保へ

      アップルの最高執行責任者(COO)のジェフ・ウィリアムズ(Jeff Williams)氏が、次期2nmプロセスのチップ供給を確保するため、台湾のTSMCを訪問したと経済日報(Economic Daily News)が報じています。

      チップのプロセスはその回路の細かさを意味しており、数字が小さいほうがより高性能かつ省電力となります。例えば、「iPhone 15 Pro」に搭載されている最新の「A17 Pro」では、TSMCが製造する業界最先端の「3nmプロセス」が採用されています。

      経済日報によれば、アップルのウィリアムズ氏はTSMCの魏哲家・最高経営責任者(CEO)と会談を行っていたとのこと。そして、2025年に生産が開始される予定の2nmプロセスの製造ラインや、カスタムAI(人工知能)チップについて話し合ったそうです。

      MacRumorsによれば、3nmプロセスから2nmプロセスへの移行により、10〜15%のパフォーマンスアップと、最大30%の消費電力の削減が見込まれるとのこと。そして、2025年の「iPhone 17」シリーズでは、2nmプロセスで製造されたチップが搭載される可能性があるそうです。

      これまでも、真っ先にTSMCの最新プロセスを採用してきたアップル。今後もその強力なパートナーシップは続きそうです。

    • 12名無し2024/05/23(Thu) 22:54:26ID:QzMjkyNzg(1/1)NG報告

      한국에는 강대한 우방국 중국이 있잖아😊

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除