シャングリのために韓中国防長官会談開催..北朝鮮核・サード議論するように

7

    • 1名無し2022/06/03(Fri) 06:14:08ID:MyMDUwNjU(1/1)NG報告

      韓国と中国の国防首長が来週2年7ヶ月ぶりに会談する。中国が暖かくない駐韓米軍高高度ミサイル防衛体系(THAAD・サード)基地正常化が推進されるうえ、北朝鮮が7次核実験の兆候を見せるなど、朝鮮半島の緊張が高まるタイミングに会談が成立した分、どのような議題が取り上げられる。か注目される。

      2日、国防部によると、韓中両国は来る10~12日、シンガポールで開かれるアジア安保会議(シャングリラ対話)をきっかけにイ・ジョンソプ国防部長官とウェイファンク国防部長(長官)間の量子会談を開催することに合意した。具体的な議題と日程は調律中だが、2019年11月、タイバンコクでASEAN拡大国防長官会議(ADMM-Plus)をきっかけに開かれた後、初めて開かれることになり、結果が注目される。

      両側はまず、北朝鮮の7次核実験動向などで緊張が高まった朝鮮半島情勢に対する評価を共有し、緊張緩和のための協力案を議論すると予想される。ユン・ソクヨル政府になって弾力を受けた慶北城州駐韓米軍サード基地正常化問題に対して中国が立場を出すこともできる。この長官は最近「サード基地正常化は当然しなければならないことで、これから早い時期内にする」と発言したことがある。

      中国は韓国がサードを配備すると経済報復に乗り出したことがあるが、追加配備でもなく既に配備されている基地の正常化であるだけに大きく問題にならない可能性が大きい。韓国は「中国を狙ったわけではない」という立場を繰り返し説明するものと見られる。

      https://news.v.daum.net/v/20220602180554860

    • 2名無し2022/06/03(Fri) 13:37:22ID:ExMjQxODM(1/1)NG報告

      鮮人どうする?

    • 3名無し2022/06/03(Fri) 13:42:19ID:kzNjI4MzI(1/1)NG報告

      中国-韓国国防長官会談。

      日本-在韓米軍司令官会談。

      韓国の国際的位置を端的に表してるな。

    • 4名無し2022/06/03(Fri) 14:10:20ID:c0ODI3OTM(1/1)NG報告

      シャングリラと言えば

      【立民代表「中国と対話を」、首相「呼ばれているのは日本だけ」。】

      立憲民主党の泉健太代表は1日の衆院予算委員会で、シンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席する岸田文雄首相に「軍事力を高めるだけでなく対話外交が必要だ。
      中国側とシャングリラ対話で何かしらの会談をすべきだ」と呼び掛けた。

      首相は、「首脳で呼ばれているのは日本の首相と地元のシンガポールの首脳だけだ。日中首脳会談は不可能だと申し上げておきたい」と語った。

      質問の前に調べておけよw。

      https://news.yahoo.co.jp/articles/6134a47597c0b37b9b4418b64ba1e02649db5483

    • 5名無し2022/06/03(Fri) 16:38:14ID:M1MjU3NDg(1/1)NG報告

      しかし、よく韓国と会談する気になったね中国は。
      韓国との会談なんて時間の無駄なのにね。
      あ、もしかして、只の通達を韓国側は会談って報じているとかかな?w

    • 6名無し2022/06/03(Fri) 17:12:34ID:E4MDg1ODI(1/1)NG報告

      次の弱い輪は韓国か?

      米国と中国の次の“弱い輪”は韓国になる可能性が大きい。中国は韓国のIPEF参加の前後で発言の水位を高めている。中国外交部は5月12日、IPEFに対し「中国は各国と共に開放的協力と互恵・共栄の趣旨を持ってアジア・太平洋協力の大きい舞台を共に作ることを望む」という比較的抑制された反応を示した。

      だが、尹錫悦(ユンソンニョル)大統領がIPEF参加方針を公式化した16日に開かれた韓中外相会談で王毅外相は、「デカップリング(切り離し)の否定的傾向に反対し、グローバルな産業供給網を安定的に維持しなければならない」として、韓国のIPEF参加を牽制した。

      中国は尹氏が大統領に当選した後、異例にも習近平主席との通話、王岐山副主席の就任式出席など、韓国新政権との関係を重要視するとのメッセージを発している。尹錫悦政権が文在寅(ムンジェイン)政権とは違って米国側に傾き得るとの危機感が作用したのだ。

      一方で、中国は韓国に最善を尽くしたが、韓中関係が疎遠になった原因は韓国にあるという名分を積み上げる過程だと見ることができる。

      尹錫悦政権の米中両国間の外交政策は文在寅政権の“戦略的曖昧性”と違って米国により密着するだろう。中国とどれくらい距離を置くのかは分からないが、選択する場合は相手のカードへの対応策も考えなければならない。韓国は、在韓米軍の迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備の際に中国から報復された辛い記憶がある。何の戦略もなく、同じ目に遭うのは問題だ。最初の被害は騙された人間の過ちだが、再び騙されれば、被害者側にも問題があるということだ。

    • 7名無し2022/06/03(Fri) 19:48:03ID:QzOTYyMjM(1/1)NG報告

      属国としての立場を明確にしないと、
      本当に潰されるぞ。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除