日韓の童話、源流に2人の「小波」 韓国の研究家が日本の先駆者の本まとめる

14

    • 1名無し2020/06/30(Tue) 21:47:41ID:Y1ODY5MzA(1/1)NG報告

      桃太郎、浦島太郎、花咲かじいさん――。元々は各地の伝承だったこれらの話を「日本昔噺(ばなし)」としてまとめ、誰もが知るおとぎ話として広めた人物がいる。明治時代に活躍した児童文学者で俳人の巌谷小波(いわやさざなみ)(1870~1933年)だ。生誕150周年の節目の年に韓国の近代文学研究家が18年かけて巌谷が残した俳画を集めた本を完成させたが、巌谷と韓国にどんな関係があったのだろうか。

      巌谷は、各地の伝承をまとめて広めた他、アンデルセンなど西欧の童話を翻訳した。子供や大人に語り聞かせる「口演童話」を全国各地で開き、世間に昔話を浸透させた近代児童文学の先駆者とされる。一方で、韓国人の近代文学研究家、金成妍(ソンヨン)さん(41)は「実は日韓双方の児童文学の源流的な存在なんです」と巌谷のことを語る。

       韓国・釜山出身の金さんは18年前、九州大大学院の留学生として来日。大学の図書館で日本の植民地時代を中心に発行された「京城日報」を読んでいた時、巌谷の記事を見つけ驚いた。巌谷は、海を渡って当時の朝鮮(現韓国)も何度も訪れ、童話を広めていた。ただ、驚いたのは、韓国にも「小波」を名乗った児童文学者、方定煥(パンジョンファン)(1899~1931年)がいたからだ。金さんにとっての「小波」は方定煥で、日本の巌谷のことは知らなかった。

      続く

      https://news.yahoo.co.jp/articles/abaa93cbc68461dd8187a9cfb7cd348968738276

    • 2名無し2020/07/01(Wed) 00:59:36ID:YxMTA0MTU(1/1)NG報告

      方定煥は土着倭寇。

    • 3名無し2020/07/01(Wed) 01:15:18ID:c3MDcwOTU(1/1)NG報告

      >>1
      >金さんは「日本の小波(巌谷)は当時植民地だった朝鮮に偏った見方をしなかった。今思えば、国籍や時代に関係なく、平等な視線でおとぎ話を伝えた姿勢が作品を集める原動力になっていた」と振り返る。


      だいたい植民地ではなく李氏朝鮮の王が借金苦から併合を求めてきたのだから、そう考えれば偏った見方をするという考え方に違和感があるだろ。

      これまでどこの国の植民地が支配する国の国民と同じ名前を名乗らせるような面倒をするのか。
      ちなみに朝鮮人の名前にバリエーションがないのはもともと奴婢に名前などなかった朝鮮人が併合後勝手に有名な両班の苗字を、これからは奴婢も名前をつける制度ができた上で血筋も由来もないのに勝手につけただけだろ。
      この話だけでいかに朝鮮人が嘘つきなのかがよくわかろう。

    • 4名無し2020/07/01(Wed) 07:04:46ID:E5NjUyMzE(1/1)NG報告

      へー。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/方定煥
      >彼の文学活動は、民族を近代化して失われた主権を取り戻そうとする独立運動であり、
      >民族運動でもあった。
      https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-24520409/24520409seika.pdf
      >現在、いわゆる民族運動のリーダーとして尊敬される方定煥が、その実情を知らずに(中略)
      >現在では土地収奪事業との悪名高い朝鮮総督府による土地調査局に関係していたというのは
      >確かに皮肉である。

      どちらにも巌谷小波の名前はない。執筆者(wiki・pdf )の思想観がほんのり香る文章。
      時代背景はあるだろうが、作品に「きっと」民族運動の意図があらわれてるのでしょうね()
      韓国に訪れて 日本語で「口演童話」したのかな?
      オリジナルは西洋童話なんだし、それとも巌谷作品で「オレ小波!」しちゃったの?
      方定煥が有名ならそれはないか。リスペクトで雅号「小波」で完結。

    • 5名無し2020/07/01(Wed) 07:16:28ID:A1NzYxNzE(1/1)NG報告

      童話は教訓的なのが多いから韓国人はもっと読んだ方が良いよ
      日本のが嫌ならグリムとかアンデルセンとか色々ある

    • 6バカなので判りません◆O9bxU9dCL.2020/07/01(Wed) 07:27:32ID:g2MzkzMTY(1/1)NG報告

      >>1
      <丶`∀´>ノ
      児童文学・お伽話・口演童話の起源は大韓民国ニダ‼︎
      高句麗安岳3号古墳に残された手縛図に(ry

    • 7名無し2020/07/01(Wed) 07:27:39ID:E4NjY1NDU(1/1)NG報告

      朝鮮人が研究して毎日が記事を書く

    • 8名無し2020/07/01(Wed) 07:29:42(1/1)

      このレスは削除されています

    • 9名無し2020/07/01(Wed) 22:57:07ID:I4NzY2MTI(1/2)NG報告

      巌谷小波さんからは少し時間と位相をずらした「赤い鳥」という
      童話&童謡の児童雑誌がありました
      鈴木三重吉さんが編集長で、当時の文学、学術畑の錚々たるメンバーが
      賛同者として名を連ねています
      wikiから抜粋してみます

      鈴木三重吉が提唱した子供の純性を育むための話・歌を創作し世に広める運動”
      は、1918年創刊の「赤い鳥」を生み出した
      賛同者には芥川龍之介、有島武郎、泉鏡花、北原白秋、高浜虚子徳田秋声
      その後菊池寛、西條八十、谷崎潤一郎、三木露風らがいる
      このムーブメントは「赤い鳥運動」と呼ばれた
      北原白秋は、全国から寄せられる投稿作品の選者としても寄与した
      1919年の5月号には西条八十の詩「カナリヤ」に成田為三の曲の楽譜をつけて
      掲載された。楽譜のついた童謡は、それが初めてだった 

      韓国の方々には「日帝残滓」なのでしょうけれど、当時の「帝国の子供達は
      多くが、この雑誌に掲載された物語達や、唱歌を共有していたかと思います
      ちなみに7月1日は「童謡の日」らしい

      101年前の7月1日に赤い鳥が創刊された記念です

    • 10名無し2020/07/02(Thu) 00:00:52ID:M2MDQ4MjQ(2/2)NG報告

      赤い蝋燭と人魚   小川未明 
      お馬        坪田譲治
      蜘蛛の糸      芥川龍之介
      走れメロス     太宰治
      泣いた赤鬼     浜田宏介
      ごんぎつね     新美南吉
      杜子春       芥川龍之介
      名人伝       中島敦
      鬼の角       泉鏡花
      春を告げる鳥    宇野浩二
      天に登る話     火野葦平

      赤い鳥掲載の、よく知られた作品引いてみました
      知ってる人も多い、本当にいいお話ばかりです
      このグループは以前にアニメ化されてるけれど
      ダイジェストしか拾えませんでした
      探したらあるかもです

    • 11名無し2020/07/02(Thu) 05:15:48ID:MyMTU5MDY(1/1)NG報告

      チョーセン人には蜘蛛の糸がおすすめw

    • 12猛獣使い2020/07/02(Thu) 06:05:34ID:A2NjMwOTI(1/1)NG報告

      おいおい、肝心な所が抜けてるぞ

      方定煥は日韓併合時代に日本に留学して児童文学を知り、半島に帰ってパクって雑誌を創刊したって事じゃんw



      「金さんによると、方定煥はまだ有名ではなかったころ日本に留学をしていた。「方定煥は日本の小波(巌谷)の活動を知り、民間伝承をおとぎ話として復活させた彼の偉業に憧れを抱いたのではないか」。方定煥は帰国した後、国内で初めて児童向けの雑誌を創刊。子供の人権に目を向け、民族運動へとつながる時代をけん引していった。」

    • 13名無し2020/07/02(Thu) 08:28:33ID:kzMzAyMDY(1/1)NG報告

      浦島太郎の話しは東南アジアからインドにかけて同じような話しがあるんだろ。

    • 14名無し2020/07/02(Thu) 23:26:06ID:cxODkzMTA(1/1)NG報告

      つまり、
      日本の童話をパクったことが
      誇らしいニダ!<`∀´>ノ
      という記事だよね。

      合ってる?

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除