【ホルズム海峡と安全保障】米、イラン沖で有志連合を結成へ 中東の船舶護衛 【日経新聞】

32

    • 1Moral准尉2019/07/11(Thu) 00:01:31ID:g3NzgzMzQ(1/17)NG報告

      イラン沖での米軍を中心とした有志連合結成に関する話題です。

      ◆記事の概要◆

      ・米軍は、ホルムズ海峡やイエメン沖で民間船舶の護衛をするにあたり、米海軍とそのシーレーン防衛活動をサポートする有志連合の結成を目指している。
      ・米国のトランプ大統領やその側近の一部は、中東の石油に依存しているシーレーン防衛の受益者の各国に相応の負担を求める意向を示している。
      ・日本、中国、韓国、インドネシアなどを受益者として名指ししており、今後、米国が日本にどのように協力を求めていくかが注目されている。


      引用開始――

      【ワシントン=永沢毅】米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は9日、中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するため、同盟国の軍などと有志連合の結成をめざす方針を示した。これから数週間以内に参加国を募るとしている。トランプ大統領は日本など中東で石油を輸送する国々が自国の船を守るよう求めており、日本も対応を迫られそうだ。

      ――引用終わり


      記事URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47173910Q9A710C1MM0000/

      ◆考察のポイント◆
      ①日本の自衛隊は、どのように関わっていくべきか。あるいは、どこまでなら「国益」の範疇として活動できるか。
      ②米国は、中国、韓国、インドネシアにどのような協力を求めるのか。あるいは、中国などは応える意思はあるのか。
      ③米国の目的は、ビジネスライクな費用分担の「公平化」に留まるものなのか。あるいは、他に目的があるのか。

      こんなところかな?

    • 2名無し2019/07/11(Thu) 00:37:18ID:k2MzI5NzM(1/1)NG報告

      こりゃ中期防衛力整備計画の見直し確実だな。
      護衛艦をアデン湾に1隻、ホルムズ海峡に2隻の計3隻も抜かれたら海自の護衛艦を今の計画数からもっと増勢しないと足りないよな。

    • 3名無し2019/07/11(Thu) 00:38:52ID:cyNzQyMjc(1/1)NG報告

      イソコってますねw

    • 4名無し2019/07/11(Thu) 00:40:18ID:A0MDU3ODI(1/1)NG報告

      そうりゅう級を派遣して韓国のタンカーを沈めましょう
      そしてイランvs韓国

    • 5Moral准尉2019/07/11(Thu) 00:50:28ID:g3NzgzMzQ(2/17)NG報告

      >>1

      お、立った。

      ①護衛艦1隻と給油艦などの支援艦艇を気持ち出すだけで見逃してくれれば御の字かな。

      ②中国は、示威活動の意味も込めて積極的に参加する可能性もあるかも。韓国は、まぁ、「無駄金だ」「反米だ」とか言って不参加やろな。

      ③参加しなかったり、あるいは、日本の海自より少ない派遣規模では、中国の大国としてのメンツが潰れると指導部は考える。すると、大規模な派兵をせざる負えなくなる。かつての旧ソ連がそうだったように、広範囲に広がり過ぎた兵站を維持するだけの国力が維持できずに、中国は内部から崩れ去る。つまり、中国にとって非効率な軍拡競争に引き込み、自壊するのを狙った作戦……というのは考え過ぎかな?

    • 6Moral准尉2019/07/11(Thu) 00:53:39ID:g3NzgzMzQ(3/17)NG報告

      >>2

      数を増やすという選択肢をとるなら、あとは、日本の納税者がどれだけ許容できるかとはなしになるだろうね。

      >>3

      まぁ、日経のスタンスでは軍事に大金使うのは否定的だろうしね。

      >>4

      日本の陰謀なんて暴かれるのがオチ。そういうのは、イギリスかユダヤに任せておけばOK

    • 7「ほれ、追加記事だよ」Moral准尉2019/07/11(Thu) 02:49:44ID:g3NzgzMzQ(4/17)NG報告

      >>1
      【ホルズム海峡と安全保障】イランの揺さぶりに対抗 有志連合で親米アラブ諸国の連携立て直し狙う【産経新聞】
      2019.7.10 20:07

      米国の意図について、より深く考察した産経新聞の記事

      ◆記事の概要◆

      ・米国が有志連合の活動範囲にイエメン沖を含めた意図は、親イランの民兵組織「フーシ派」の封じ込めにあたって親米アラブ諸国の連携に隙を作りたくないという事情による。
      ・イエメンでハディ暫定政権と敵対する「フーシ派」に対抗するべく、サウジアラビア・UAEの連合軍は2015年より軍事介入している。しかし、UAEは、戦闘の泥沼化による疲弊や自国の近隣でここ最近、度重なって起きているイラン陣営による軍事行動(日本タンカー攻撃、米軍無人機撃墜)に対する危機感から、イランに対する敵対の度合いを低下させた。
      ・イランの「自らの影響下にある武装組織による近隣諸国への攻撃で揺さぶりを掛ける 」というの安全保障戦略が奉功している現状を座視できない米国は、民間船舶の安全確保を名目にして「有志連合」の結成に動き出したという考え方もできる。

      引用開始――

      【カイロ=佐藤貴生】トランプ米政権が船舶護衛のために結成する有志連合の活動範囲に、イラン近海のみならず、イエメン沖を含む方針を示した。背景には、内戦下の同国で、親イランのイスラム教シーア派民兵組織「フーシ派」の封じ込めが思うように進まないことへの懸念がある。最近は、サウジアラビアとともにフーシ派と戦ってきたアラブ首長国連邦(UAE)が派遣兵力を削減させていることが表面化。今回の米国の動きには、イラン包囲網にほころびが出ないよう、親米アラブ諸国の連携を立て直す狙いもうかがえる。

      ――引用終わり
      記事URL:https://www.sankei.com/world/news/190710/wor1907100031-n1.html

      ◆考察のポイント◆
      ①今回の「有志連合」結成は、アメリカが中東における親米諸国に対するメンツを立てるのを目的としているかも。
      ②中東のアラブ諸国の石油の上客である日本は彼らを無下にはできない。では、どれくらい、積極的に関与するべきか。
      ③いっぽう、イランへの配慮も必要か。米国とイランの仲立ち交渉の役回りをしている間は、有志連合への参加のあり方に条件(制限)は必要?必要なら、どんな形が望ましい?

    • 8名無し2019/07/11(Thu) 05:14:17ID:YyOTY2NA=(1/2)NG報告

      これ、ホルムズ海峡でも背取り監視をやろうって話だよね
      韓国は参加できないなーwww

    • 9独り言2019/07/11(Thu) 05:18:35ID:cxNzg2NjM(1/7)NG報告

       【ワシントン=黒瀬悦成】ダンフォード米統合参謀本部議長は9日、記者団に対し、イラン沖のホルムズ海峡やペルシャ湾、アラビア半島南部イエメン沖のバベルマンデブ海峡で民間船舶の航行の安全を確保するため、同盟諸国の軍と数週間以内に有志連合を結成し、海上護衛活動を行う考えを明らかにした。
      https://www.sankei.com/world/news/190710/wor1907100025-n1.html

       野上浩太郎官房副長官は10日午前の記者会見で、米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長がホルムズ海峡での民間船舶の安全確保に向け、同盟国の軍と有志連合を結成する考えを示したとの報道について「報道に対して答える立場になく、コメントは差し控えたい」と述べた。
      https://www.sankei.com/politics/news/190710/plt1907100021-n1.html

      自衛隊派遣しないんか

    • 10名無し2019/07/11(Thu) 05:21:34ID:YyOTY2NA=(2/2)NG報告

      >>9
      するに決まってんじゃん

    • 11名無し2019/07/11(Thu) 05:53:10ID:E3Mjc0OTI(1/1)NG報告

      安保法制が役に立ったな。
      当時は、安倍首相がホルムズ海峡の名前を出したら、嘲笑されていたものだが、現実になってしまった。

      今でも安保法制が不要と考えているかどうか、野党に聞いてみたいものだ。

    • 12独り言2019/07/11(Thu) 06:07:21ID:cxNzg2NjM(2/7)NG報告

      >>10
      ホルムズ海峡付近で日本関係の積み荷を積んだ船が襲撃されたとの情報に関し、防衛省幹部は「現時点で自衛隊を派遣する方針はない」

      コレ以降変わってない?

    • 13独り言2019/07/11(Thu) 07:17:43ID:cxNzg2NjM(3/7)NG報告

      アメリカが、ホルムズ海峡の安全を確保するため同盟国などと結成を検討している有志連合について、アメリカ軍の制服組トップは、民間船舶の護衛は原則としてその国の軍の艦艇が行うという方針を示し、日本を含めた同盟国に有志連合への参加を迫るねらいもあるとみられます。

      アメリカとイランの間で緊張が高まる中、アメリカ軍の制服組トップ、ダンフォード統合参謀本部議長は9日、ホルムズ海峡と周辺の海域のシーレーン=海上交通路の安全を確保するため、同盟国などとの有志連合の結成を検討していることを明らかにしました。

      ダンフォード議長によりますと、アメリカ軍の主な任務は周辺海域での偵察などで得られたデータをパトロールに参加する各国の軍の艦艇に提供する活動になるということです。そのうえで、ダンフォード議長は、「民間船舶の護衛については、その国の軍の艦艇によって行われることになるだろう」と述べ、参加国の艦艇が自国の船を護衛する方針を示しました。

      ホルムズ海峡をめぐって、トランプ大統領は先月のタンカー攻撃事件のあと、ツイッターに「すべての国々は自国の船を自分で守るべきだ」と投稿し、関係国に応分の負担を求める考えを示していました。

      ダンフォード議長は今後、2週間程度で参加国を見極める考えですが、民間船舶の護衛は原則としてその国の軍の艦艇が行うという方針を示すことで、日本を含めた関係国に有志連合への参加を迫るねらいもあるとみられます。

    • 14独り言2019/07/11(Thu) 07:18:46ID:cxNzg2NjM(4/7)NG報告

      >>13
      続き

      「制裁はまもなく大幅強化」
      アメリカのトランプ大統領は10日、ツイッターで、「イランはケリー元国務長官やオバマ前大統領が作った合意に反して、秘密裏にウランの濃縮を続けてきた。イランへの制裁はまもなく大幅に強化することになるだろう」と投稿し、近くイランに対する追加制裁をさらに強化する考えを示しました。

      トランプ政権の高官は、イランのザリーフ外相を対象とした制裁も検討していると明らかにしており、イランとアメリカの対立は一層深まることが予想されます。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190711/k10011989561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

    • 15Moral准尉2019/07/11(Thu) 09:51:21ID:g3NzgzMzQ(5/17)NG報告

      >>8
      韓国は、海自の参加が決定したら、まず、出て来れんなw

      ていうか、韓国は、取り締まられる側だよなぁ。

      ただ、今回は「瀬取り監視」目的ではなくて、イランに連帯して圧力を掛けるのがメインミッションみたいだね。

      >>9 >>10 >>12
      日本への正式なオファーが入ったみたいだよ。

      >>11
      民主党が盛んに反対してたのは、「安保」そのものじゃなくて以下の点に関してイミフな疑問を提起してたんだよね。

      ・ホルムズ海峡の封鎖なんて事態は現実的に起こりえるか?
      ⇒そんなこと起きないでしょ!

      ・仮に起こったとして、それが、日本の「存立危機事態」と言えるか?
      ⇒中東以外にも産油国はあるのだから、他から石油輸入すればいいじゃん!

      この2点じゃなかったかな。いずれにせよ、ワロエナイ回答してたんだが……。

      安倍さん、今回の事態に至って、政治家冥利に尽きたでしょうね。

      >>13 >>14
      新しい記事をありがとう!

    • 16「とれたての追加記事はいかが?」Moral准尉2019/07/11(Thu) 09:55:21ID:g3NzgzMzQ(6/17)NG報告

      >>1
      【日本へ正式オファー】米、日本に有志連合への協力打診 イラン沖で船舶護衛 【日経新聞】
      2019/7/11 2:00

      ついに米国より正式オファー

      ◆記事の概要◆

      ・トランプ政権が日本に対して有志連合への参加要請を打診していたことが10日にわかった。
      ・他の同盟国にも呼び掛け中の模様
      ・日本としては、参加の是非や法的な枠組みをこれから判断する予定

      引用開始――

      トランプ米政権が中東のイラン沖などを航行する民間船舶を護衛するために同盟国の軍などと有志連合の結成をめざし、日本政府に協力を打診したことが10日、分かった。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47215960Q9A710C1MM8000/

      ◆考察のポイント◆
      ①ついに米国から正式なオファーが来た。これは、もう、断れない。だとすると、どのような規模・範囲で派兵するべきか?
      ②有志連合への参加要請は米国の「同盟国」に行う模様。つまり、中国には呼びかけない。韓国は一応まだ同盟国だが参加要請はきたのだろうか?呼ばれたとして韓国は参加するかな?

    • 17「新しい記事よ!」Moral准尉2019/07/11(Thu) 10:27:09ID:g3NzgzMzQ(7/17)NG報告

      >>1
      【舵取りナイトメアモード】イラン大統領と9月再会談=国連総会時、緊張緩和狙う-安倍首相検討 【時事通信】
      2019年07月11日07時06分

      一方、アメリカとイランの仲介役を買って出た日本は厳しい外交折衝に直面

      ◆記事の概要◆
      ・安倍首相は9月にニューヨークで行われる国連総会に合わせてイランのロウハニ大統領と会談する検討に入った。
      ・安倍首相は2012年の政権復帰以来、毎年、国連総会でロウハニ大統領と会談してきた。
      ・米-イラン間の対立がエスカレートする中、野上浩太郎官房副長官は10日の記者会見で「緊張の高まりを深刻に懸念している。米国をはじめとする関係国と連携しつつ、外交努力を継続していく」と語った。

      引用開始――

      安倍晋三首相は9月の国連総会に合わせて米ニューヨークを訪れ、イランのロウハニ大統領と会談する検討に入った。イランが2015年核合意の履行を段階的に停止し、欧米との対立を深める中、首相は6月のイラン訪問に続く仲介外交で緊張緩和を図りたい考えだ。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071000858&g=pol

      ◆考察ポイント◆
      ①日本はイランとの伝統的な友好関係をもとに、米国とイランの間を取り持ってきた手前、有志連合への関与の仕方が難しい。
      ②万が一、シーレーン防衛作戦中にイラン軍(イラン革命軍)と自衛隊あるいは米軍が戦闘状態に入ったらどうなる?
      ③安倍首相はどういった落としどころを見ているのだろうか。

    • 18「はい、新しい記事だす!」Moral准尉2019/07/11(Thu) 19:29:37ID:g3NzgzMzQ(8/17)NG報告

      >>1
      【日本は対応を検討中】有志連合打診、確認避ける=ホルムズ海峡「死活的に重要」-野上官房副長官【時事通信】
      2019年07月11日12時09分

      日本は有志連合に参加する?しない?

      ◆記事の概要◆
      ・米国のトランプ政権が日本政府に「有志連合」への協力打診を行ったという一部報道に対して、官房副長官は確認を避ける一方、「ホルムズ海峡でのシーレーン確保は日本にとって死活問題」という見方を示して連合参加への含みを持たせた。

      引用開始――

       野上浩太郎官房副長官は11日の記者会見で、トランプ米政権が中東イラン沖などを航行する民間船舶を護衛するための有志連合結成に向け日本に協力を打診したとの一部報道について、「イラン情勢をめぐり日米間で緊密にやりとりをしているところだが、詳細は控えたい」と述べ、確認を避けた。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071100519&g=pol

      ◆考察ポイント◆
      ①今回の件に関して、未だに明確な発表ができていないのは、日本政府が今日のイラン情勢に対して対応の仕方を計りかねている証左か?
      ②また、今回の件を「存立危機事態」とするには、ハードルが高すぎるという見方もある。どのよう方向性に意見をまとめるべき?
      ③同盟国の民間船が拿捕もしくは撃沈されたら参加する?それとも、ホルムズ海峡で邦船で死人が出るのを待つべき?いや、実際に日本への石油輸送がストップする事態まで見て見ぬふりを決め込むか。どうする日本!?

    • 19「新記事、追加!追加~!!」Moral准尉2019/07/11(Thu) 20:22:29ID:g3NzgzMzQ(9/17)NG報告

      >>1
      【イギリスは参加確定か】イラン船、英タンカーを拿捕未遂 ペルシャ湾【CNN】
      2019年07月11日10時00分

      まぁ、イギリスは当然「参加」だよね。欧州組は、他にどの国が追随するのかな?

      ◆記事の概要◆
      ・10日、ペルシャ湾で英国タンカーがイラン革命防衛隊によって拿捕しようと試み、その様子を米軍機が撮影していた。
      ・英海軍フリーゲート艦「モントローズ」が艦砲を向けて警告したため、イランの武装ボート5隻は撤退した。
      ・イランのロウハニ大統領は、10日、シリア向けタンカーが英海兵隊に拿捕されたさい、「不安定な状況を招いたのは英国側であり、英国はその結果を思い知ることになるだろう」と警告していた。

      引用開始――

      (CNN) 中東ペルシャ湾で10日、イラン革命防衛隊の武装ボート5隻が英国の石油タンカーの拿捕(だほ)を試みたものの、未遂に終わったことが分かった。事情に詳しい米国の情報筋2人が明らかにした。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.cnn.co.jp/world/35139761.html

      ◆考察ポイント◆
      ①イギリスは、有志連合に参加するのは確定的のようだ。問題は、増派するのか現状維持か?増派するならイラン攻撃は近い?
      ②日本も梯子を外されようとしている。いずれにせよ、米国の同盟国である日本も対イラン戦争に参加するのは確定事項?
      ③日本が参加しない場合のメリット・デメリットは?逆に、参加した場合のメリット・デメリットは?

    • 20誰かさん2019/07/11(Thu) 20:30:11ID:YyNDEzOTE(1/1)NG報告

      米国がホルムズ海峡に行く場合、横須賀の在日米軍を使用するのか?大西洋ルートで行くのか?
      どっちなんだ?

    • 21「新記事、追加!追加~!!」Moral准尉2019/07/11(Thu) 20:35:38ID:g3NzgzMzQ(10/17)NG報告

      >>20

      まぁ、このタイミングなら横須賀から日米で艦列作って行くかもしれないね。イランだけでなく中朝への牽制にもなるだろうし。途中で豪印あたりの米国同盟国と合流すかも。

      YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=OZqtpnbHA1U

    • 22白妙2019/07/11(Thu) 20:37:19ID:UzMDI1OQ=(1/1)NG報告

      韓国は日本の派遣規模を見てから、それに見劣りしない程度の規模を取り繕うと思うよ。参加するならね。

    • 23Moral准尉2019/07/11(Thu) 20:42:42ID:g3NzgzMzQ(11/17)NG報告

      >>22
      ご名答!おそらく、その推察は当たりまっせ、旦那!

      まぁ、克日ブーストで自国の体力に見合わない派兵をするだろうな。

      まあ、朝鮮半島の有事では無用の長物の「独島」級強襲揚陸艦が無駄にならなそうでよかったじゃないか。サムスン在庫処理と同じで、蔵の肥やしにならずに済むだけ、韓国は有難く参加させてもらうことだね。

    • 24独り言2019/07/11(Thu) 21:57:05ID:cxNzg2NjM(5/7)NG報告

      米イラン戦争になれば、イスラエルがイランを襲う
      <核合意から一方的に離脱したアメリカの制裁に耐えかね、自らもついに核合意のウラン濃縮上限を破ったイラン。いきり立ち、戦争準備万端なのは、隣国で仇敵のイスラエルだ>

      アメリカとイランの関係悪化に伴い、イランとイスラエルの関係も険悪さを増している。最近、両国は互いに相手が攻撃可能な範囲にあると威嚇しあった。     
                 
      イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は7月9日、空軍幹部らと共に国内のネバティム空軍基地を訪問し、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35の編隊を視察。その攻撃能力を誇示した。

      「今回の空軍基地の視察で、あらゆる武器システムと空軍機を確認した」と、ネタニヤフは語った。「私の後ろにあるのは、F-35戦闘機だ。このところイランはイスラエルを破壊すると脅している。ここにある戦闘機はイランやシリアを含む中東のどこにでも到達できることを、イランは覚えておいたほうがいいだろう」
      イランもイスラエルを「壊滅させる」

      イスラエルはこれまでも、シリア国内のイラン関連施設に数百回の攻撃を加えてきた。ただ、かつては秘密裡に行っていたのが、この1年は攻撃に関する情報を堂々と開示するようになっている。

      今回、ネタニヤフがイランに噛みついたのは、イスラエルの同盟国アメリカと仇敵イランが互いに恫喝しあうなかで、戦争になればイスラエルを壊滅させるとイランが威嚇したからだ。

      「アメリカがイランを攻撃すれば、30分もしないうちにイスラエルの命運は尽きるだろう」と、イランの聖職者で保守派の国会議員でもあるモジュタバ・ゾルヌールはイランの国営ニュース局に語った。「われわれは今もこれまでも、他国に侵攻するつもりはない。だが我が国に侵攻してくる者があれば、容赦なく足を切り落とす」

      トランプは1年前の5月にイランの核兵器開発を制限する「イラン核合意」から離脱し、経済制裁を再開した。イランは対抗措置として、合意履行の一部停止を発表。以来、ホルムズ海峡における石油タンカー攻撃など様々な事件が起きるたびにイランを非難し、制裁を強化してきた。

      https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12509.php

    • 25独り言2019/07/11(Thu) 21:58:16ID:cxNzg2NjM(6/7)NG報告

      >>24
      続き
      6月20日、イランの革命防衛隊はアメリカの偵察用ドローン(無人機)を撃墜したと発表した。イランの領空を侵犯していたというのだ(米国防総省は否定)。

      ドローン撃墜の直後、トランプはイランへの軍事攻撃を承認したが、実行寸前に中止した。民間人の犠牲が多過ぎるとわかったから、とトランプは説明したが、ドローン撃墜がイラン指導部の命令ではなく、一部の過激分子が勝手にやったことと判明したから、という説もある。
      2015年の核合意は国際協調路線を掲げる穏健派のハサン・ロウハニ大統領の努力の賜物だが、イラン国内でもゾルヌールのような強硬派やアリ・ハメネイ最高指導者は、以前にも増して態度を硬化させている。

      7月8日、イランはウランの濃縮度を核合意で定められた上限3.67%を超すレベルまで引き上げることを発表、核合意の上限を上回る量の低濃縮ウランを貯蔵していることも認めた。

      イランは常々、核兵器を開発する意図はないと訴えてきたが、アメリカと中東の同盟国であるイスラエル、サウジアラビアなどは信じていない。またイランがレバノン、イラク、シリア、イエメンなどで過激派を支援し、弾道ミサイルを開発して中東の不安定化を図っていると非難する。

      なかでもイランとイスラエルは地域の仇敵同士。イスラエルは過去数十年、イラクとシリアの「疑わしい」核施設を攻撃してきた。イランも、イスラエルはイランの核科学者数人を暗殺した、と非難してきた。

      ゾルヌールがイスラエルを脅し、イラン政府がウラン濃縮の上限超過を発表した翌日の7月9日、イスラエルのイスラエル・カッツ外相は、「イスラエルはイランが核兵器を手に入れることを許さない」と警告。

      一方、イランの味方でイスラエルと2度の戦いと無数の小競り合いを繰り返してきたレバノンのシーア派民兵組織ヒズボラの最高指導者ハッサン・ナスララは、「イスラエルの基地を直接攻撃できる精密ロケットを入手した」と発表。「これでこの地域のパワーバランスは一変するだろう」と言った。「アメリカがイランに戦争を仕掛ければ、中東は炎に包まれる」

    • 26Moral准尉2019/07/11(Thu) 22:35:05ID:g3NzgzMzQ(12/17)NG報告

      >核合意から一方的に離脱したアメリカの制裁に耐えかね、自らもついに核合意のウラン濃縮上限を破ったイラン。いきり立ち、戦争準備万端なのは、隣国で仇敵のイスラエルだ

      相変わらず、ユダヤ人はペルシャ人大嫌いだよね。ペルシャ人は、一応、「バビロン捕囚」で国を奪われたユダヤ人に温情を与えてくれた恩人のはずなのに……。まぁ、韓国人が日本に併合されたことにプライドを傷つけられているように、ユダヤ人も異民族・異教徒に救われたという歴史を直視できないんだろうな。昔のユダヤ人は、今以上に異教徒を人間だと思っってなかっただろうから。ホント残念だね、一神教は。

      まあ、イランもイランで核持ったら、ホントにぶっ放しそうだから、イスラエルの過剰防衛も仕方ないと思うけど。お互い様だね。

    • 27「新記事でございます。」Moral准尉2019/07/11(Thu) 22:38:27ID:g3NzgzMzQ(13/17)NG報告

      >>1
      【有志連合と多国籍軍の違い】急浮上「有志連合」って何?【FNN】
      2019年7月11日 木曜 午後7:51

      「有志連合」に関するTips

      ◆記事の概要◆
      ・「有志連合」とは、共通の目的を持つ有志の国々が、共同で独自の軍事行動や平和維持活動などに取り組む協力体制のこと。国連の安全保障理事会の決議が必要としない点で「多国籍軍」とは異なる。
      ・2001年の米国を中心とした「対テロ戦争」では、日本も米国艦艇への給油活動の形で参加した。現在も、日本は「海賊対処法」を施行した上でソマリア沖の海賊対策に参加している。
      ・今回のアメリカの呼びかけに日本はどのように応じるべきか。米国、イラン双方にとっての友好国である日本は、自衛隊派遣のハードルの高さもあり、決断に苦慮するだろう。

      引用開始――

      ニュースのキーワードをコンパクトにひも解く「3分ではてな」。11日のテーマは「有志連合」。中東・ホルムズ海峡は、日本が輸入する原油のおよそ8割が通る、まさにエネルギーの「生命線」。この地域の安全を守ろうと、アメリカが打ち出したのが...アメリカのダンフォード統合参謀本部議長は「有志連合を作れないか協議している」と述べた。「有志連合」とは、一体何なのか。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.fnn.jp/posts/00420664CX/201907111951_CX_CX

      ◆考察ポイント◆
      ①アメリカは、イラン攻撃に踏み切るとしたら、今回も国連決議を経ずに「有志連合」で軍事行動を起こす腹積もりか?
      ②そうだとすると、長年「国連中心主義」を採用してきた日本政府はどのような対処をするのか?小泉政権時のように「米国追随」か、安倍首相による「独自外交」か?

    • 28「此れ新記事ナリ」Moral准尉2019/07/11(Thu) 23:25:42ID:g3NzgzMzQ(14/17)NG報告

      >>1
      【有志連合と多国籍軍の違い】有志連合、日本参加に「4つの法的枠組み」 実現には課題【産経新聞】
      2019.7.11 21:16

      「有志連合」に関するTips

      ◆記事の概要◆
      ・米国の唱えるイラン沖「有志連合」への参加には困難を伴うことが予想され、政府や自衛隊トップの慎重な対応が続いている。
      ・自衛隊が「有志連合」に参加するための法的枠組み(理由付け)は主に次の4つがある。「自衛隊法に基づく海上警備行動」「海賊対処法に基づく護衛」「安全保障関連法における≪重要影響事態≫と判断された場合の後方支援活動」「安全保障関連法における≪存立危機事態≫と判断された場合の集団的自衛権の行使」
      ・上記4つの法律は、どれも要件が厳しく、今回の有志連合への参加に際して適用は難しい。現実的な手段としては、期限を区切った「特別措置法」を講ずることだが制定に時間が掛かるため、早期の対応を求める米国トランプ政権に応えるのは難しいのが現状だ。

      引用開始――

       米国がイラン沖のホルムズ海峡などを通過する民間船舶を護衛するため、同盟諸国との有志連合結成を目指していることに関し、日本政府は対応を慎重に検討する方針だ。派遣要請があった場合に備え、自衛隊に何ができるかの整理は水面下で開始しているが、実現には課題が伴う。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.sankei.com/politics/news/190711/plt1907110039-n1.html

      ◆考察ポイント◆
      ①参院選挙で忙しいこの時期に短期間で「有志連合」参加の口実(法的根拠)を得ることは可能なのか?
      ②そもそも、なし崩し的にイラン戦争始まったらマジでどうする?アメリカ兄貴、イギリスさん、イスラエル様みんなヤル気ですよね?

    • 29独り言2019/07/12(Fri) 03:47:06ID:U2OTE4OTY(7/7)NG報告

      英領ジブラルタル警察、イランのタンカー船長ら逮捕

      【イスタンブール=木寺もも子】英領ジブラルタル警察は11日、今月4日に拿捕(だほ)したイランの大型石油タンカーの船長ら2人を、欧州連合(EU)による対シリア制裁に違反した疑いで逮捕したと発表した。英メディアが報じた。2人はいずれもインド国籍。同警察は捜査を継続中で、タンカーの抑留はさらに続くという。

      ジブラルタル警察は4日、EUの制裁対象のシリアに原油を運ぼうとしていた疑いで問題のタンカーを拿捕した。これにはイランが激しく反発し、英国船を拿捕するなどの報復を示唆していた。

      英政府は11日、同国の石油タンカーが10日に中東のホルムズ海峡でイランの船舶に進路を妨害されたと明らかにした。タンカーを護衛していた英海軍のフリゲート艦が警告したところ、イラン船は離れたとしている。イラン側はこの件への関わりを否定した。

      https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47271500S9A710C1000000/

    • 30Moral准尉2019/07/12(Fri) 06:11:31ID:k3MTQ5Mjg(15/17)NG報告

      >>29
      記事ありがとう。

      事の顛末は、EUがシリアのアサド政権に課してる制裁をイランが「石油の輸出」と言う形で破ったことみたいだね。

      EU(イギリス)「シリアは制裁中や。石油の類はシリアでは売れんぞ。やけん、このタンカーの石油は没収な。」
      イラン「ふざけんなや!お前らの制裁なんて知らんわ!こっちにゃ、関係ないわ、ボケっ!あとで、仕返ししたるから吠え面かくなよ!」

      こういうことやろね。

      シリアの制裁については以下を参照

      引用開始――

      EUと米国はシリア政府およびシリア国籍の特定個人・特定法人に対して貿易制裁を継続しています。本特別回報では、海運業界と保険業界に関係するシリアに対する主要な制裁と最近の進展による潜在的な影響を概観します。
      ~中略~
      リストされた贅沢品と転用可能な特定の物資、化学品、石油および石油製品の売却、供給、移転、輸出の禁止、ならびに、直接間接を問わずそれらに関連する資金の提供や保険/再保険の提供の禁止。

      ――引用終わり

      参照元URL:https://www.piclub.or.jp/ja/news/12808

    • 31「新しい記事ザマスヨ!」Moral准尉2019/07/12(Fri) 06:48:49ID:k3MTQ5Mjg(16/17)NG報告

      >>1
      【Flower Garden Topics】’19参院選 イラン沖の警備 「専守」枠内で知恵絞れ【中日新聞・社説】
      2019年7月12日

      平和の国ニッポン、さいこぉ~

      ◆記事の概要◆
      ・「有志連合」に参加するべきかを含め、「憲法9条」の範囲で与野党が議論すべき。
      ・政府は国民に十分な説明を果たしていない。参院選の争点にして国民の審判にかけるべき。争点にせず、参院選後に参加決定するのは国民への背信行為だ。
      ・日本は外交努力で有志連合の結成を阻止して、自衛隊派遣を回避するべき。それが平和国家・日本の進むべき道だ。


      引用開始――

      トランプ米政権がイラン沖のホルムズ海峡などの海上を警備する有志国連合の計画を表明した。日本はそもそも参加すべきなのか。参加するとしても何をすべきなのか。憲法九条の専守防衛の枠内で与野党が知恵を絞り、参院選で国民に問うべきだ。

      ――引用終わり

      記事URL:https://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2019071202000113.html

      ◆考察ポイント◆
      ①この記者の「脳内お花畑度」はいくらぐらいか?
      ②真面目な話、米国との安保の影響下にある日本が外交努力で米国の外交政策・軍事行動を掣肘できるわけないだろう。違うか?
      ③参院選で争点にすべき重要な事柄は、他にもたくさんあるだろ?

    • 32「新記事か?受け取りな」Moral准尉2019/07/12(Fri) 20:18:24ID:k3MTQ5Mjg(17/17)NG報告

      >>1
      【米、韓国へ参加要請】米、韓日に「有志連合」結成への協力要請【東亜日報】
      2019.7.12 10:57

      この「有志連合」に一人が裏切り者がいるnida!

      ◆記事の概要◆
      ・金仁チョル(キム・インチョル)外交部報道官は11日の定例会見で米国から「有志連合」への参加要請を受けたことを仄めかす発言をした。
      ・先月30日に米トランプ大統領との韓米首脳会談を終えた後、文大統領は「韓米は中東情勢の安定に向けて今後も緊密に協力することで意見が一致した」と述べた。

      引用開始――

      トランプ米政権が、イランの封鎖警告で緊張が高まるホルムズ海峡を運航するタンカーを護衛するために、「有志連合」の結成を目指して韓国と日本の協力を打診したことが分かった。米国が北朝鮮の核問題だけでなくイラン問題でも韓日に「請求書」を突きつけたのだ。

      ――引用終わり

      記事URL:http://www.donga.com/jp/article/all/20190712/1787545/1/%E7%B1%B3%E3%80%81%E9%9F%93%E6%97%A5%E3%81%AB%E3%80%8C%E6%9C%89%E5%BF%97%E9%80%A3%E5%90%88%E3%80%8D%E7%B5%90%E6%88%90%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8D%94%E5%8A%9B%E8%A6%81%E8%AB%8B

      ◆考察ポイント◆
      ①韓国は、今回の有志連合に参加するのか。
      ②そもそも、するだけの余力はあるのか。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除