백제인의 이름

19

  • 1ㅇㅇ2017/09/29(Fri) 16:21:00ID:k0Mjk4ODE(1/1)NG通報

    고대 백제인의 이름

    鬼室福信
    黑齒常之
    砂宅智積
    憶禮福留

    GwiShil Bok shin
    HeukChi Sang ji
    ShaTaek Ji jeok
    UhkRye Bok ryu

    현대 한국인이 보았을 때 발음도 이름도 너무 이질적입니다.
    신라의 김유신, 김춘추, 최치원, 金憲昌, 金周元 같은 이름은 현대 한국에도 충분히 있을 수 있는 이름인데요
    백제 이름을 일본어로 읽으면 자연스럽나요?

  • 2名無し2017/09/29(Fri) 17:35:56ID:c1MzE1OTg(1/1)NG通報

    >>1
    不自然。。

    そんな名前は日本には無い名前だね。

  • 3カササギ◆mrw/05RkXI2017/09/29(Fri) 17:52:42ID:Y2OTAyOTQ(1/1)NG通報

    >>1
    最近、百済関係のイベントが韓国でもさかんですね。
    今はもう存在しない国と思うとロマンがあります。

  • 4名無し2017/09/29(Fri) 17:54:33ID:kxMTkzMDI(1/1)NG通報

    黒歯常之とか扶余豊璋などは、日本人と似た名前だな。

    百済の王子である扶余豊璋は人質として日本で暮らした。

    もちろん日本が宗主国で百済が属国の関係だったが。

  • 5名無し2017/09/29(Fri) 18:21:21ID:k4NjY1NDU(1/1)NG通報

    今の感覚としては不自然ですけど、2文字+2文字のところは日本人っぽいです

  • 62017/09/29(Fri) 20:06:47ID:c0MTQyNTI(1/1)NG通報

    >>1
    日本にも無い感じです
    日本の苗字は、住んでる土地に由来してるものが多いのです。
    仏教系の名前とも違う気がします

  • 7名無し2017/09/29(Fri) 20:39:34ID:AzNDc5NDM(1/1)NG通報

    結構クールでカッコイイ名前w
    でも日本人らしくはないな
    失われてしまったのがもったいない

  • 8名無し2017/09/29(Fri) 21:51:30ID:U5NjI5MTA(1/1)NG通報

    >>1
    日本人とは、かけ離れた名前がある。何て読むのか分からない。
    福留っていうのは名前じゃなくて、苗字ならいる。
    福留孝介(ふくどめ こうすけ)っていう野球選手がいるね。
    常之っていうのは名前で有るね。日本語だと「つねゆき」で変換すると、この字が出る。

    貴方は百済人が日本に渡って支配層になったと言いたいんだろうけど
    中国や日本の古文書には「百済は百済人と漢人と倭人の多民族国家である」と書かれているよ。
    これは韓国人だけが知らない。

    だから百済の武寧王の墓の内装は全て中国様式で、棺は日本製の高野槇で造られた和式の木棺。
    王の装飾品だけ百済独自の物。

    画像は百済国の王子が1人で日本へ来た時のことを描いた絵。
    右側に居る日本人たちは立ったままだが、家来の百済人は平伏している。
    百済王子は第38代天皇である天智天皇(中大兄皇子 626~672年)から武器と領地を貰ったと書いてある。

  • 9ㅇㅇ2017/09/29(Fri) 23:24:10ID:MwOTAzNjI(1/1)NG通報

    >>8
    스레 작성한 사람인데요, 별로 그런 악의를 가지고 질문한 것은 아니에요.

    나는 역사 전공은 아니지만 백제와 일본의 관계, 백제와 신라 관계를 찾아보면 재미있으니까 그것뿐.

    한국 고등학교 교과서에 백제가 문화를 전수하고 영향을 주었다는 이야기는 서술되어 있지만 상하관계라는 이야기는 없어.

    오히려 최근에는 마한의 잔존세력이 5세기까지 전라도 남부에 존재했다던가 한반도 남부에 독자적인 지역 세력이 있었다던가 주장하는 사람들도 있어요. 편견 너무네요

    그리고 후쿠도메라면 알고 있습니다. Wbc에서 김병현에게 홈런쳤던 사람이구요. 얼마전에 선동열이 꼽은 최고의 외야수 중 한 명이네요. 지금은 hanshin이던가

  • 10名無し2017/09/30(Sat) 01:45:29ID:YxMDk3OTA(1/1)NG通報

    >>9
    難しいですね
    漢字を4つ並べたら、日本人の名前っぽくなるのでw
    発音の方は、全然日本的ではないようです

    中国の歴史書「梁書」によれば、「今言語服章略與高麗同」
    訳すと「(百済の)言語や服装などが高句麗とほぼ同じ」
    百済の文化が日本的であると考えた場合、高句麗の文化まで日本的であったことになってしまいます
    さすがに、それはないでしょうw

    でも、昔の日本が使っていた百済の文化には、たとえば、年号があります
    当時の日本も暦と年号は作っていました
    でも、暦は1年間だし、日本の年号はすぐに変わるので、長い単位で年代を表すのに便利だったようです
    他にも、百済滅亡の際に大量の百済難民が日本に来て、いろんな遺物が残されているようです

  • 11万年欠食中年2017/09/30(Sat) 10:29:22ID:E1NzQ2MTA(1/1)NG通報

    >>9
    逆の見方をすれば、新羅はこの頃すでに名前が漢人化してしまっていたという事でしょう。
    使っている漢字の意味も悪くないので
    百済風の名前を現代で使っても面白いと思うのですが。

  • 12名無し2017/09/30(Sat) 10:54:53ID:MyOTA4MTA(1/1)NG通報

    >>1
    読み(発音)は全く違いすが、漢字は日本では不自然には感じません。
    姓で通用しそうなのは
    鬼室
    福信
    黑齒
    常之
    砂宅
    智積
    福留

    名でありそうなのは
    福信
    常之
    智積
    ただし、少し旧く感じます。

    今の韓国人の姓名(朴槿恵とか安貞桓とか)の方が
    日本の名前としては、はるかに不自然に感じます。

  • 13makobee◆EoU1RT4iGw2017/09/30(Sat) 15:41:18ID:IwMDc1MjA(1/1)NG通報

    >>1
     確か、百済語や新羅語等は、当時の発音は、解明できてないから、極めて大きな古代史の謎になっていると思う。
     日本語は、言語体型が複雑になるが、漢字語を『音読み』と『訓読み』に別ける事で、上代日本語以後の系譜を『訓読み』に残り、当時の読み方し易い部類です。
     朝鮮語が、漢字語の正韻化を経て、古代朝鮮語の固有の読み方が、死語となっています。固有語としていくつか残っている言葉(例えば『海』、바다、해)も有りますが、かなり消滅している為、朝鮮語の系譜として一番近いと考えられている新羅語でさえ、当時の発音が謎の
    ままです。
    鬼室福信(GwiShil Bok shin)、黑齒常之(HeukChi Sang ji)、砂宅智積(ShaTaek Ji jeok)、憶禮福留(UhkRye Bok ryu )
     上記全て、ほぼ漢字由来発音ですね。文献では、漢字で記載で、当時の固有語読みは、謎です。
    鬼室福信(GwiShil Bok shin)
    日本音読み(KiShitu FukuShin)
    日本訓読み(OniMuro FukuNobu)
    黑齒常之(HeukChi Sang ji)
    日本音読み(KokuShi Jyo Shi)
    日本訓読み(KuroHa TsuneKore)
    砂宅智積(ShaTaek Ji jeok)
    日本音読み(ShaTaku Chi Sheki)
    日本訓読み(SunaTaku Tomo Tsumi)
    憶禮福留(UhkRye Bok ryu)
    日本音読み(OkuRei Fuku Ryu)
    日本訓読み(OboeRei Fuku Tome)
     漢字語の『福』や『宅』や『禮』は、訓読み存在しないので、そのまま音読みを当てはめました。『福(fuku)』や『宅(taku)』は、実際の発音は『fuk』や『tak』でも問題無いかと思います。(日本語のローマ字が子音で終了する習慣が無いので、その様な表記します。)
     漢字由来の音読みでは、かなり似てますね。共に中国由来の発音だからでしょうか?
     訓読は、完全に違う読みになります。
     もし、百済語や新羅語の固有語の多くの発音が判れば、古代語の相関関係や、なぜ言語学的に朝鮮語が孤立した言語となったのか? かなり解明できるのではないでしょうか?

  • 14名無し2017/10/01(Sun) 15:37:55ID:kzMzc0ODQ(1/2)NG通報

    >>1
    >鬼室福信
    余談だけど子の鬼室集斯(きしつしゅうし)を祀った鬼室神社が地元にあるよ

  • 15名無し2017/10/01(Sun) 16:23:51ID:I0NzUxNDE(1/2)NG通報

    >>3
    自分たちとは、余り関係ない民族なのにね。

  • 16名無し2017/10/01(Sun) 16:27:06ID:I0NzUxNDE(2/2)NG通報

    >>1
    以前に、漢字で6~9文字で長かったとか聞いたことある。

  • 17makobee◆EoU1RT4iGw2017/10/01(Sun) 22:09:05ID:k4ODgxNDk(1/1)NG通報

    >>16
     新羅語、百済語の古代語の名前は、元々長いです。これは、漢字が輸入される前は、古代語の発音に近い文字を無理矢理当てはめた結果です。ただ7世紀頃に唐時代に漢字普及で、字の意味と音が一致した名前が普及します。
     少なくとも、百済は、漢字語の普及する前は、高句麗と同様の扶余語族に見られる名前に近いものと推定されてます。しかし、絶対的にな情報は少ないですね。
     漢字が普及する前の、百済人の名前は以下が有名ですね。
    画部・因斬羅我(えかきべ・いすらが)
    医博士・奈率王有僚陀(くすし・なりつおうゆうりょうだ)
     『いすらが』とか『なりつおうゆうりょうだ』は、かなり無理矢理な感じがしますね。その他、漢字名が普及する前に、発音に対して当て字した名前には、以下のようなものがあります。
    『伊梨柯須弥』『蘇那曷叱智』『都怒我阿羅斯等』『微叱己知波珍干岐』

     同様の事が日本でもあります。古事記の神話で出て来る、名前で『伊邪那岐』イザナギ、『伊耶那美』イザナミ、『須佐之男』スサノオ
     これらは、大和言葉を無理矢理、似た発音の漢字を当てはめています。
     日本語は『訓読み』のお陰で、上代日本語に繋がるヒントが多く、漢字で書かれた古代語の解明が進んでいます。しかし、百済人の名前の当時の発音は、不明点が多く謎に包まれています。なお、最新の研究成果は知らない為、情報が少し古いかもしれません。

  • 18名無し2017/10/01(Sun) 22:38:05ID:kzMzc0ODQ(2/2)NG通報

    >>17
    >古代語の発音に近い文字を無理矢理当てはめた結果
    中国文明の周辺民族はこういう例が多いですね、近世になりますが完顔阿骨打や耶律阿保機、愛新覚羅氏等々

  • 19万年欠食中年2017/10/02(Mon) 04:13:11ID:kyNzU5ODQ(1/1)NG通報

    >>18
    万葉仮名と同じく単なる同音の漢字による当て字ですからね。
    ただ、中華思想の影響か、わざと卑しい意味の漢字を使っているのもまた
    中国人らしくてニヤリと笑うところですな。

レス投稿