東朝鮮の皆さんごんばんわ

38

  • 1韓国の二ト2016/09/29(Thu) 16:52:53ID:g0NzEwODE(1/1)NG通報

    西日本からきました。 よろしくね

  • 2名無し2016/09/29(Thu) 16:55:32ID:M5ODg3MjI(1/1)NG通報

    うむうむ
    楽しまれよ♪( ´Д`)y━・~~

  • 3名無し2016/09/29(Thu) 17:58:42

    このレスは削除されています

  • 4ぽん太2016/10/05(Wed) 14:29:21ID:E5NDM1NDA(1/1)NG通報

    画像アップロードのテストに使わせてください。

  • 5名無し2016/10/05(Wed) 14:30:25ID:A1NTY0MDA(1/1)NG通報

    >>1
    日本は島国。
    朝鮮は半島。
    東アジアの火薬庫。
    半島人よこんにちは。

  • 6名無し2016/10/05(Wed) 14:31:24ID:gzMjkxNjA(1/1)NG通報

    >>4上手いね

  • 7名無し2016/10/05(Wed) 14:31:40ID:cyNjkzNjU(1/1)NG通報

    >>1
    スレタイで笑ってしまったじゃないかw

  • 8名無し2016/10/05(Wed) 14:37:24ID:g5ODk2MDA(1/1)NG通報

    韓国の人が日本を東朝鮮と呼ぶのはユーモアがあって笑えるが
    日本の左翼が東朝鮮と呼ぶと残虐に殺害したくなる不思議

  • 9りりー2016/10/05(Wed) 14:37:31ID:k4NDc1NDA(1/1)NG通報

    おいおい、東朝鮮だと
    北朝鮮関係者に思われてしまうよw

    あんたがたは大韓民国で
    半島名は韓半島と、言っているんじゃ
    なかったっけ?

  • 10名無し2016/10/05(Wed) 19:12:11ID:cyMzU0MTA(1/1)NG通報

    よろしく(^-^)

    おいしい茶を飲んでください
    どうぞ☆ ( ^-^)o旦~~  

  • 11名無し2016/10/05(Wed) 19:14:09ID:I5OTY4MTU(1/1)NG通報

    >>8
    差別だろ
    日本人の俺にも東朝鮮言わせろよ

  • 12名無し2016/12/04(Sun) 14:45:06ID:U4NTIxODA(1/26)NG通報

    119 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/04(日) 21:38
    さてと、戦後しばらくのことまで話したの。終戦後の鮮人のことを話すには、
    共産党のことも言っておかんとその後のことがわからんでの。
    ちと面倒な話になるのぢゃが、ま、ついでぢゃからお話しておこうか。

    戦争に負けて、進駐軍の天下になるとな、これまでお国にさからう非国民だのアカだのと罵られおった共産党がな、
    わが世の春とばかりに羽振りをきかせはじめたのぢゃよ。
    悪く言うものはロシアの手先ぢゃ、中共のスパイぢゃなどといっておったがな。
    ま、ずんと後になって、本当にその頃はロシアの言うとおりに活動しておったことがわっかたのぢゃが。
    で、この共産党に鮮人どもがすっかりとかぶれおってな、元々のところ9分どおりが南鮮出身のくせに、
    逆にほとんどの者が共産党とロシアが占領した北鮮を支持しおったのぢゃ。
    アメリカとロシアの仲がおかしくなって、共産党が進駐軍から見放されると、
    浮かれ気分で共産党に入った日本人は潮が引くようにやめていったがな、
    北鮮を支持した鮮人はごっそりと残ったのぢゃよ。

  • 13名無し2016/12/04(Sun) 14:45:27ID:U4NTIxODA(2/26)NG通報

    120 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/04(日) 21:39
    朝鮮で戦争が始まったときには、共産党は非合法での、講和条約が成って、日本が独立を回復した頃に、
    共産党があれこれと暴動をおこしたのぢゃ。
    (朝鮮戦争昭和25-28年、サンフランシスコ講和条約発効27年)
    (26年民戦(在日本朝鮮統一民主戦線)結成、日本革命をめざし反米闘争を行う)
    大きなもので、血のメーデー、吹田事件、大須事件などというのがあっての、どれも鮮人が先頭になって暴れたものぢゃ。
    (いずれも昭和27年)
    今では、鮮人が暴れおったことは、内緒の話になっておるようぢやがな。
    なになに、そのころの新聞をみれば一目でわかることぢゃよ。

    この時に捕まった鮮人を南鮮に送り返す、強制送還するぞと、日本の警察が鮮人の団体、今の朝鮮総連をおどしての、
    強制送還をせんかわりに、二度と鮮人は日本の政治に口を出さんことで手打ちになったのぢゃ。

    なんせ、日本でなら懲役の3月の1年ので済むことが、当時の南鮮に送り返されれば、
    そのまま銃殺ぢゃて、鮮人の主だったものも、驚いたろうて。

    そのあと、鮮人の共産党員は日本の共産党を抜けての、北鮮の共産党、労働党かの、
    ま、同じことぢゃが、そこに入ることになったのぢゃ。
    (昭和30年、日本共産党下の民戦を解散し朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)を結成)
    これが、終戦から昭和の30年から少し前までの話ぢゃ。

  • 14名無し2016/12/04(Sun) 14:45:47ID:U4NTIxODA(3/26)NG通報

    124 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/05(月) 19:22
    さてと、脱線ついでぢゃ、共産党にかぶれんぢゃった鮮人どものことも話して置こうの。

    鮮人というのは、どうも極端に走る僻があるようでの。アカと言っても分からなければ、
    共産主義に行かなかった連中は反共主義といってな、今の右翼にいったのぢゃ。
    ま、大まかなところ、そのころは共産党支持の北鮮組が8割に右翼支持の南鮮組が2割というところかの。

    前にも言うたが、内地におった鮮人の9割5分以上、ほとんどは、もともと南鮮の出身ぢゃよ。

    そりゃ、本当に共産党員やら右翼ぢゃったものの数はそんなにおおいわけではないで、
    旗色というか、おお分けしてのことぢゃ。
    本当のところでは日和見というか、どちらでもないものもおったろうが、どちらでも良いと言えば両方からいぢめられたでの。

    南鮮組が少なかったのはな、終戦後しばらくは南鮮に帰ることは簡単ぢゃったで、
    みなそっと帰ってみて、こりゃ駄目だと思うたものが日本に残るか、戻ってきたのでの、
    本当に故郷が恋しい連中はさっさと帰国してしまっておった、ということもあるのぢゃよ。

    なにせ、戦後の半年で200万人からいた鮮人がどんどん帰国してじきに60万人ほどまでに減ってしまったくらいぢゃからの。

  • 15名無し2016/12/04(Sun) 14:46:06ID:U4NTIxODA(4/26)NG通報

    125 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/05(月) 19:23
    なんのなんの、帰れん理由など、暮らし向き以外にあるわけもないのぢゃて。

    さて、この少数派の南鮮組はどうかというと、これも日本人には評判が悪かったのぢゃ。

    なぜと言うてな、ヤクザというか暴力団が多かったのぢゃよ。
    日本人でも暴力団と右翼の二足のわらじというのがおおいのぢゃが、鮮人の右翼はことにそうでの。

    一時は日本のヤクザや暴力団の半分とは行かぬが、三人に一人は鮮人だったのぢゃよ。今ではどうかの。

    それとな、南鮮、いやもう韓国ぢゃが、その大統領になった李承晩というのが日本嫌いでの、
    朝鮮近くで漁をする日本の漁船をどんどん捕まえて、帰そうとせんで、
    日本人はみな腹を立てておったでな、自然と日本におる韓国派の鮮人も白い目で見られておった。
    (昭和27年領海外に「李承晩ライン」設定)
    さて、そんなわけで、昭和の30年頃には、鮮人はどちらも日本人から嫌われておったのぢゃが、
    なに、鮮人が暴れたことなどすぐ忘れてしまうのが日本人の良いところでな、
    それに、詳しいことなど知らんから、共産党支持の北鮮組を北鮮の出身者と勘違いしてしもうてな、
    故郷に帰るに帰れん気の毒な連中とまで思った日本人も多かったのぢゃ。

    なんの、大いに勘違いなのぢゃが、鮮人どもは自分に都合のよい勘違いには口をつぐんでおるでな。
    ま、こりゃ、鮮人だけのことではないぢゃろうが。

  • 16名無し2016/12/04(Sun) 14:46:24ID:U4NTIxODA(5/26)NG通報

    131 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/06(火) 18:55
    さて、日本が戦後の混乱から抜けての、世の中が落ち着いてくるとな、
    それまでなりふりかまわぬ闇商売やらで、体面を気にせにゃならん日本人の勤め人や、統制にしたがってまっとうな商売をしとった
    日本人にくらべて、それなりに良い暮らしをしておった鮮人どもが世の動きについていけんでな、うまくやったものも少しはおったが、
    おおかたの鮮人の暮らし向きは落ち込んできたのぢゃよ。

    そこへもってきて、自業自得とも言えんことはないが、アカじゃの興行師じゃの裏商売じゃのを除けば、普通の日本人からは鮮人はあまり
    相手にされんようになっておったでな、なかなか、日本にもいづらいことになったのぢゃ。

    今では考えにくいぢゃろうが、朝鮮戦争が終わって、景気が悪くなった昭和30年代の前半はの、まだ日本の国の先行きもどうなるものか
    わからんころでの。日本人であってもブラジルやらドミニカやらへ移民が出て行きおったのぢゃて。

    さ、そこで鮮人から「祖国北朝鮮に帰国させろ」という声があがったでの。
    なんの、再三ゆうたことぢゃが、内地に残っておった鮮人の本当の故郷はおもに南鮮ぢゃて、こりゃ少々おかしな理屈ではあったのぢゃが、
    ま、その当時は共産党がまだ夢を撒いておった時期での、日本人でも左翼の連中が「労働者の祖国はソ連邦」などと本気で言うておったものぢゃて、
    ま、それを考えれば不思議というほどのこともないかの。

  • 17名無し2016/12/04(Sun) 14:46:42ID:U4NTIxODA(6/26)NG通報

    146 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/07(水) 23:35
    今となっては、なんともげせんことぢゃろうが、ま、帰国船、帰国事業を了承した日本の当局側では厄介払いと考えていたフシもないではない。
    なにしろ、そのころ生活保護といえば鮮人ぢゃったで、金くい虫での、政府も困っておったろうて。
    (昭和30年の在日朝鮮人の生活保護率は21.4パーセント)
    ぢゃが、これの実現に向けて運動やら実務やらを担ったものはな、みな善意で動いておったのぢゃよ。

    とはいえ、わざわざ北鮮まで出向いたくせに、接待だけ受けて、きちんと調べもせず見当違いの提灯記事を書きまくったしようのない新聞記者
    はのう、鮮人どもに恨まれても仕方がないの。

    ま、騙したもんも騙したもの、騙されたもんも騙されたもの、信じたもんも信じたもの、というところが公平なところぢゃろうて。

    考えてみれば、冷戦の真っ最中でな、アメリカとロシアが意地をかけて、どちらの政治が良いか住み良いかというのを競っておったころぢゃ。
    当時はまだ韓国との国交はなかったが、アメリカや韓国の反対を抑えての政治判断ぢゃて、運動が始まったころは、だれも簡単にいくとは思っておらなんだ。
    よう、がんばったものぢゃ。

    これが実現したのが、昭和34年の暮れのことぢゃ、鮮人がぞくぞくと新潟港から北鮮に渡っていったの。
    新潟までの旅費のないものには、赤十字からぢゃったか、汽車賃まで出しての。

  • 18名無し2016/12/04(Sun) 14:47:03ID:U4NTIxODA(7/26)NG通報

    147 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/07(水) 23:46
    なにやらに追い銭ぢゃと言いおる口の悪いものもおったが、餞別代りとみな思っておったわ。

    奔走した日本人も、なかなかかなわぬことと思っておったことが実現しての、喜んで見送っておったのぢゃ。

    さて、鮮人が喜んで北鮮に渡っていくのを見て、大方の日本人はこれで日本に不満の鮮人の件はすっかり片がついたと思っておったのぢゃがの。
    なんの、そうはいかなんだ。

    結局、この帰国船というのは尻すぼみでの、10万人に少しかけるくらいの鮮人が渡ったところで、もうだれも行こうとしなくなってしまったのぢゃ。

    日本人にしてみれば、不思議での、なんであれほど望んでおった北鮮への帰国をせんのぢゃろうとな。
    無邪気に「いつ帰国するのか」と知り合いの鮮人にたずねた日本人も多かったのぢゃよ。

    聞かれた鮮人も返答に困っての「祖国が統一するまで帰れません」などと苦し紛れに言っておったの。

    なんの、先に行った連中からのうわさが伝わってくれば「地上の楽園」どころか「この世の地獄」というのが本当のところぢゃて、行くに行けんというのが本音ぢゃ。

    本心では、これはもう日本に住むしかないと観念しておってもな、こんな国に住めるか、北鮮は楽園ぢゃとは自分達から言い出したことでの、
    建前ではいずれ帰国すると言いつづけ、表向きは北鮮が地上の楽園ぢゃとな、ずっとごまかしつづけたのぢゃよ。

  • 19名無し2016/12/04(Sun) 14:47:24ID:U4NTIxODA(8/26)NG通報

    193 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/10(土) 11:11
    さて、昭和34年の暮れにはじまった北鮮への帰国騒ぎはの、
    数年もすると、どうやら北鮮が「地上の楽園」とはだいぶん話の違う様子ぢゃと知れてきての、
    おまけに、日本も高度経済成長の波にのりはじめたところで、在日鮮人の生活も格段に安定してきたものぢゃから、
    帰国船自体は細々とだいぶん後まで続いたが普通の鮮人はもうこれに乗ろうとはしなくなったのぢゃ。

    昭和40年になって、日韓の条約が成っての、国交が開かれると、
    日本が承認する正当政府は大韓民国ということになって、その略標記は「韓国」となったのぢゃ。

    この条約交渉は15年もかかったでの、数年でかたがつくと考えていた
    日本政府にとっては、あれこれと不都合も出てきておった。

    日本に住んでおる鮮人の法的な地位などもそうぢゃった。

    そこで、日韓の国交開始にともなっての、日本におる鮮人の地位に関する協定も結ばれての、
    以前から日本に住んでおる鮮人の永住権を法的に認めることになったのぢゃよ。

    さて、この永住権の手続きには、当然のことぢゃが、韓国籍であることが前提ぢゃった。

    ここで、韓国の在日組織である民団と北鮮の在日組織である総連がな、
    もともとは一律に朝鮮籍であるものを朝鮮籍のままか韓国籍にするかで綱引きをはじめたのぢゃ。5、6年も続いたかの。

  • 20名無し2016/12/04(Sun) 14:47:42ID:U4NTIxODA(9/26)NG通報

    194 名前: つづきゃ 投稿日: 2000/06/10(土) 11:12
    当時の組織としての実力はな、共産党の細胞組織を基盤にした総連のほうがずんと上ぢゃよ。
    人材も十分におったし、末端までよく管理されて、面倒見もよかったでの。

    一方、民団のほうはと言えば金持ちにはゴマをすり、貧乏人には威張り散らすという、小役人を漫画にしたようなありさまぢゃった。

    そうそう、ついでに言っておくとの、国交開始直後、昭和4O年当時の韓国に様子を見に行った鮮人も多いのぢゃよ。

    その当時に高校生ぢゃった鮮人の記録を読むとな、京城の街は自分と同じ年代の乞食だらけで、
    とても帰国してなんとかやっていけるような状態ではないと書いてあるの。

    すでに一財産築いているのでもなければ、韓国への帰国は無理、北鮮へ渡るのは論外、
    そこそこ安定しはじめた日本での生活基盤を失いたくないとなれば、自然と永住権の取得に向かうのは人情ぢゃ。

    本来ならば、ほとんどの鮮人がこの時に韓国籍になり、永住権を取得しておかしくはなかったのぢゃがの、
    まだ、帰国船で10万人近い鮮人が北鮮に渡って人質同様になってから、何年もたってはいない時ぢゃで、
    親類縁者のことを気遣えば、簡単にはいかぬ事情の鮮人も少なくなかったのぢゃ。

    結果として、それまで圧倒的に北鮮支持の多かった鮮人ぢゃが、永住権の手続きの締め切りまでには、
    半分以上が韓国籍になり、永住権を取得して逆転したのぢゃよ。

    これが昭和の40年代の半ばころまでのことなのぢゃ。このころから、戦後生まれのものがそろそろ成人しはじめての、
    なにやらわからんことになるのぢゃが、それはまたつぎのことにしようの。

  • 21名無し2016/12/04(Sun) 14:48:57ID:U4NTIxODA(10/26)NG通報

    215 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/10(土) 19:19
    さて、鮮人の書いたなんとも珍妙な本の話をしておこうかの。

    なんという題ぢゃったかの、たしか「朝鮮人強制連行の記録」といったかの。
    (朴慶植著 未来社刊)
    これが出たのが昭和40年のことぢゃ。

    中身はなんのことはない、戦中の徴用動員で鮮人が数多く内地に動員されたことを少々誇張して書いておるのぢゃが、
    書いていないこともあっての、 当時は鮮人は日本国民ぢゃて、別に鮮人だけが徴用されたわけのものではない、 日本人みんなが兵役やら徴用やらでお国のために働いておったということぢゃ。

    前にも言うたがの、徴用で来た鮮人はたしかにおったし、数もおおかったのぢゃが、
    これらはみな戦後の間もないうちにさっさと帰国しおったでの。

    後に残ったのは、戦前から来ておるものか、斡旋で来て家族を呼び寄せたものか、
    徴用で来てもあまり大きな声ではいえぬ事情で帰れなくなったものぢゃて。

    また、いったん帰国してから食い詰めて舞い戻ったものも少ない数ではないのぢゃ。
    戦後しばらくは炭坑などでは人手が不足しておったでの。戻っても働き口はあったのぢゃ。

    細かいことを言い出せば、この連中は密入国ということになるの。

    なにやらの調査では、在日鮮人の一世の1割と少々が、斡旋やら徴用動員できた
    ものとなっておるらしいがの、 戦後のどさくさに密航してきたものも、ここに入っておることぢゃろうて。
    (在日本大韓民国青年会中央本部刊 「アボジ聞かせて あの日のことを」 1988)

  • 22名無し2016/12/04(Sun) 14:49:18ID:U4NTIxODA(11/26)NG通報

    216 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/10(土) 19:20
    まさか、正直に密航してきたとも言えんぢゃろうからの。

    そもそも、強制連行などという言葉はこの本がこしらえた言葉ぢゃよ。
    この後、繰り返して鮮人どもが使うようになったがの。

    何を妙なことを言い出すかと思ったがの、結局は、鮮人が日本に居残るための言い訳を考えはじめおったのぢゃろうて。

    ぢゃが、昭和も40年頃になると、戦前戦中のことなど知らん連中が高校生やら大学生くらいの年頃になっておったで、
    この連中がすっかりだまされての、なんと無理やり連れてこられて、国に返してもらえんとは 気の毒にと思い込んだものぢゃ。

    まだまだ、日本を目指して経済難民がやってくるようになる遥か前のことぢゃ、
    日本人は残留孤児のように凄惨な境遇のものを除けばみな外地から引き揚げてきたで、鮮人が帰国せんのには、
    なにやら悲惨な事情があるのぢゃろうと考えるものがおおかったでの。

    なにしろ、戦後生まれの連中はの、鮮人が日本国民であったころの本当の姿を見ておらんで、
    鮮人どもは、まんまと「気の毒なひとたち」「かわいそうなひとたち」という印象を売り込んだのぢゃ。

    なんと言うたかの、団塊世代と後に呼ばれることになった連中ぢゃよ。
    これがまた、あれこれと騒動をおこすのぢゃ。

    それにな、言葉もまだ少々不自由な在日鮮人の一世にくらべて、この代の鮮人はもう外見上は日本人ぢゃで、
    同じ日本人が差別されておるとも見られるようになってきたのぢゃの。

  • 23名無し2016/12/04(Sun) 14:49:40ID:U4NTIxODA(12/26)NG通報

    260 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/12(月) 20:56
    永住権やら韓国籍の話が出たついでにの、ひとつ、お話しておかにゃならんことがあるでの。

    昭和41年からの、日韓両国の協定による永住権を取得するように説いてまわった日本人に、池上努というお方がおっての、この人は当時法務省の役人ぢゃった。

    口は悪いが、鮮人の法的地位の向上のために努力したお人での、この協定永住権についても実現のため奔走したはずぢゃ。

    で、この永住権取得のための説明にな、まず、国際法の原則から、
    永住権を持たない外国人は居住国の政府が「煮て食おうと焼いて食おうと勝手」なほどに無権利な立場にあるのぢゃから、
    このまま日本に住みつづけるならば、ぜひとも永住権を取得して、
    できれば国籍も取得して法的な立場を確保するようにと説いたのぢゃ。

    この言葉尻をとらえての、北鮮系の鮮人は、やれ妄言ぢゃ、在日鮮人の人権を認めようとしない悪党ぢゃのなんのと騒ぎおっての、すっかり大悪者にしたておったのぢゃ。

    なにやら、味方をしてもらったはずの民団の連中まで、尻馬に乗って悪口雑言を吐く始末ぢゃて。
    鮮人がみな帰化してしもうては、自分等の商売があがったりぢゃからかの。

  • 24名無し2016/12/04(Sun) 14:50:40ID:U4NTIxODA(13/26)NG通報

    261 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/12(月) 20:57
    どうも、鮮人には恩義のあるはずの相手を悪し様にして、後ろ足で砂をかけるようなことをする悪い癖があるようでの。
    個人的には尊敬しているなどと言うのに、集団になると、ボロクソにくさすのぢゃ。
    遡っては、明治の頃の福沢諭吉先生の例もあるの。

    福沢諭吉先生はの、およそ朝鮮人と聞けば満腔の同情を惜しまなかった、と形容されるほどの鮮人びいきのお人での、朝鮮開化派の金玉均に肩入れしたあげく、クーデター用の武器を斡旋した疑いで、警視庁に呼び出されたほどのお方なのぢゃよ。

    当時の福沢先生は無位無官とはいえ、歴代政府の高官が日本の知恵袋と仰ぐお方ぢゃて、ただの疑いなどで呼び出せる相手ではあるまい、 おおかたは「先生、おやめください」との圧力ぢゃの。

    そもそも、あの「脱亜論」はの、日支鮮の三国が共に手をたずさえて近代化をなしとげ、西欧の帝国主義に対峙しようと考えておった先生がな、開化派仲間と信じていた清国は北洋軍閥の軍事介入と朝鮮自身の事大派、 旧守派の反撃で、金玉均などの朝鮮開化派の改革が潰えたのを見ての、 当時の東亜細亜の軍事大国であった清国を軍事的に打倒せねば、もはや事はならぬと観念しての言説ぢゃて。

    それを何やら、朝鮮侵略を唱えた福沢諭吉を一万円札の絵柄にするのは朝鮮人を侮辱しているなどと、おこの沙汰を言いたてる鮮人がおるわ。

    最近の例では、例の慰安婦に肩入れした東大の和田春樹やら高木弁護士の例もあるの。これは皆も知っておろうから、詳しくは言わんが、樺太の在留鮮人のために、何の見返りもなかろうに、あれだけ奔走して、あの始末ぢゃて。

    どうも鮮人に親身になって肩入れした日本人は、最後には煮え湯を飲まされるものがおおいようぢゃの。
    なんとも困った癖ぢゃ。

    そこにいくと、支那人は人たらしが巧ぢゃて、腹の奥底でどう考えていようと、恩義のある相手には何があろうと礼はつくすでな。

    失脚した田中角栄を歓待した周恩来やら、日本に来て、あれだけあることないこと悪口雑言を並べた後でも、魯迅の恩人、藤野先生にきちんと言及した江沢民を見れば、その差が知れようて。
    ふむ、ちと、脇道にそれすぎたかの。

  • 25名無し2016/12/04(Sun) 14:51:01ID:U4NTIxODA(14/26)NG通報

    278 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/13(火) 20:53
    さて、話を戻して、昭和45年頃の鮮人どものことぢゃ。

    生まれ在所が朝鮮の一世たちについては、実のところ、話は簡単での、
    南鮮に帰りたければ、戦後の2、3年の内ならば無料で帰れたことぢゃし、そうすればよかったのぢゃ。

    なにやら主義にかぶれてあえて北鮮に行きたいというのならば、これまた、用意された帰国船に乗れば良かったのぢゃ。これも無料ぢゃったでの。

    日本に残って、日本人になりたければ、帰化すれば良いのぢゃよ。
    そうした者もおったし、韓国籍に切り替える手数を考えれば、帰化申請をしてもおかしくはなかろうて。

    もっとも、帰化するには、ヤクザものなどはだめでの、まっとうな仕事についていなければならんかったのもたしかぢゃがの。

    まずこのころの朝鮮籍の一世にとっては、いずれ帰国するというのが大きな建前ぢゃから、
    自分らの子供が日本の企業やら公務員やらに就職しようなどというのはもってのほかのことぢゃった。

    また、韓国籍に切り替えたものも、日本で韓国人として生活していくことをわざわざ選択したのぢゃから、
    やはり子供が日本の企業やら公務員やらに就職することなど考えておらなんだ。

    ところがの、当の二世たちにとっては、こりゃ深刻なことでの、同世代の日本人が企業や役所へ就職して、カタギの職業に就いていくのに、
    なんで自分たちはだめなのかと、そりゃ親がきめたことで、自分達自身ではそんな選択をした覚えはないでの。

    ぢゃが、それが気に入らんということであれば、本来ならば自分の親を恨むのが筋というものでも、そこは情として、なんでも日本の社会が悪い、差別ぢゃと決めこんだのぢゃ。

  • 26名無し2016/12/04(Sun) 14:51:23ID:U4NTIxODA(15/26)NG通報

    280 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/13(火) 20:54
    実のことを言えば、成人後に親に黙ってそっと帰化しようとした二世も少なくはなかったのぢゃよ。

    ぢゃがの、このころの日本の法務当局はな、なるべく一家で帰化することを薦めておってな、それがだめでも、なるべく円満にということで、
    親が絶対反対などというのでは、よほどの事情でもなければ、なかなかのことぢゃった。

    帰化の手続きは個別事例対応で、裏に基準はあっても公表する訳ではないでの、
    帰化しそこなってヤケになったような連中はあれこれと吹聴するが、さて、実情はどんなものぢゃろうか。

    ちとこれよりもだいぶん時期が後のことになるが、すっかり有名になった辛叔玉という鮮人のおなごがおるぢゃろ。

    あれも一人で帰化しようとして、失敗した口ぢゃよ。

    本人は、帰化後の名前を辛叔玉にしようとして、断られたと言っておるがな、
    新山節子ぢゃったかの、もともと通名で社会生活を送っているものが、
    急に本名で帰化したいなどと言っても相手にされんのはあたりまえぢゃが、
    本当のところの理由は知らんの。

    今なら、普段使っている辛叔玉のまま帰化したいと言っても法務局も真剣になって相談にのるぢゃろうが、さて、本人がのう。

    いや、また話がだいぶんに脱線したかの。

    この、鮮人の二世どもの就職をめぐる話は、またつづきのこととしようかの。

  • 27名無し2016/12/04(Sun) 14:51:40ID:U4NTIxODA(16/26)NG通報

    437 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/17(土) 20:38
    さてさて、どうせ、本題からはずれにはずれた脱線ついでぢゃて、
    このころ朝鮮籍に残った鮮人どものこともお話しておこうか。

    朝鮮籍から韓国籍に切り替え、永住権を取得したものが多数派になったあとでも、
    北鮮を支持するものはまだまだ、4割から3割ほども残ったのぢゃ。

    少数派になった北鮮支持派の拠り所はの、北鮮そのものの存在と朝鮮人学校ぢゃったよ。

    この連中には、北鮮の選挙権もあり、総連の幹部ともなれば北鮮の国会議員などに相当する地位にもなれるのぢゃ。
    つまり、日本にいながら、北鮮の国民、当人たちは共和国公民と言っておったが、
    として日本社会とは経済活動以外はなるべく関わりをもたずに暮らそうということぢゃろう。

    朝鮮人の学校については、戦後間もない頃からあれこれといざこざがあっての、
    鮮人どもがそのあたりの公立学校の校舎を勝手に占領して朝鮮人学校にしてしまったのが発端で、警官が追い出そうとすると、
    何千何万の鮮人が集まって騒いだでの、 神戸などでは、進駐軍の憲兵隊、MPまで出動するような騒動まであったの。

    教育熱心といえば、熱心なのぢゃが、韓国系の学校はごく少なくての、韓国籍の子弟の大半は日本の学校に通うことになるのぢゃ。
    朝鮮籍子弟であっても、近くに朝鮮人学校がなければ同じぢゃの。

    この日本の学校にいった連中はな、通名といって、朝鮮人の本名でなく、みな日本人風の名前を名乗っておった。
    ぢゃから、同じ学校に鮮人が通っておって、教師は心得ておっても、生徒のほうは知らぬままのことが多かったのぢゃよ。
    それどころか、鮮人の生徒もどうかすると、
    同じ学校に別の鮮人がおってもわからぬことすらあったのぢゃ。

  • 28名無し2016/12/04(Sun) 14:52:55ID:U4NTIxODA(17/26)NG通報

    438 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/17(土) 20:38
    さて、朝鮮人学校のほうはといえばの、当時の朝鮮籍の鮮人が立て前としては、いずれ北鮮に帰国するということになっておったで、なるべく北鮮の学校と同じ教科や授業をおこない、北鮮の国民としての教育をほどこしておったのじゃよ。
    北鮮側の言い様では、共和国在外公民教育とか称しておったの。

    今では、民族教育の権利がどうのという論を持ち出すものがおるようぢゃがの、なんのなんの、少数民族の文化継承のための教育などではないて、在外公民教育、例えて言えば、米国在住の日本人子弟に日本国民としての教育をおこなう学校が、米国の教育制度と関係がないのと同じでの、日本国の教育制度とは縁もゆかりもないことなのぢゃよ。

    さて、表向きでは、朝鮮人学校で共和国在外公民教育を受け、日本の政治や社会などには関わることなく、ひたすら、北鮮、いやいや統一朝鮮に帰国する準備をしていることになってはいたのぢゃがの、一歩学校を出れば、そこは日本ぢゃ、なかなか、身も心も北鮮人になりきるのは難しかったろうて。

    帰国船さわぎの、ちと具合の悪いうわさにもかかわらず、北鮮を祖国ときめこんで朝鮮籍に残った鮮人の胸の内はなかなか推しはかることのむずかしいものがあるがの、
    一種の宗教と考えればさほど不思議でもないかの。

    ほれ、親鸞聖人が弟子に「いくら念仏を唱えても、早くお浄土に往生したいという気持ちが湧いてこないのですが」と問われて「そうか、おまえもか、実はわたしもそうなのだ」と答えたという有名な話があるぢゃろ。

    「お浄土に往生」とは結局のところ死ぬることぢゃで、親鸞聖人様とて念仏しながら極楽往生は願っても、すぐにお迎えが来ることは望まぬということだの。

    鮮人どもにとっても、祖国統一を祈願して金日成に万歳を唱えることと、実際に北鮮に暮らすことは別物ということなのぢゃろうて。

    なに、親鸞聖人を知らんとな、それはよろしくないぞ。
    ぢぢは門徒ではないが、親鸞の事蹟などは心得ておくのが心掛けというものぢゃ。
    ふむ。なにやら話が抹香臭くなったか。こりゃいかんの。
    あとの話は、またつぎのこととしようかの。

  • 29名無し2016/12/04(Sun) 14:53:36ID:U4NTIxODA(18/26)NG通報

    468 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/19(月) 20:34
    それはさておき、昭和40年代から50年頃の朝鮮籍に残った鮮人の話に戻ろうかの。

    何度もお話したように、北鮮の実態がはじめの話の楽園とはだいぶんに違うようぢゃと仲間内での評判となってからは、実際に北鮮に渡ろう、帰国しようとするものは
    ほとんどいなくなってしまったの

    ぢゃが、まだまだ、社会主義建設中の祖国という夢は捨てきれんでの、
    南北が社会主義のもとに統一すれば、いずれは日本よりも豊かな社会ができるだろう、
    などと夢を先延ばしする鮮人も少なくはなかったのぢゃ。

    ぢゃがの、現実は厳しいものでの、永住権申請の期限が過ぎたころから、先に北鮮に渡った親族から、やれセイコーの時計を100個送れのペニシリンを1000個送れなどという手紙が舞い込むようになったのぢゃよ。

    またの、大きな声ではいえんが、北鮮の対南工作員などもこれらの鮮人を頼ってというか、
    利用して浸透してきおったがの、ひとつには日ごろの主義主張から、もうひとつには人質同様の親族が北鮮におることから、なかなか断れんことであったのぢゃろう。

    なに、今でもそうぢゃが、日本にはスパイ防止法などないでの、
    本物の工作員が捕まっても大した罪にはならず、ちょいと服役した後に北鮮に送還されるだけのことぢゃて、スパイ天国と言われておったくらいでの。
    協力したとて大したこともなかったのぢゃよ。

    さて、北鮮から在日の鮮人に物を送れの、金を送れの話がはじまった裏には、ちと事情があるでの。

    日韓条約後に日本からの援助を得た韓国経済の急成長を見て、北鮮がちとあせっての、
    自分等も外国からの借款で工業プラントを導入して対抗しようとしたのぢゃが、
    もともと近代的な工業プラントの運営能力や企業の経営能力などありもしないうえに、
    石油ショックにぶつかっての、外貨の借金だけが残るはめになったのぢゃ。

  • 30名無し2016/12/04(Sun) 14:54:14ID:U4NTIxODA(19/26)NG通報

    もともと乏しい外貨獲得能力しかないところへ、借金を抱えて、必要最小限の資材を輸入するにも事欠くようになっての、
    そのしわ寄せが在日鮮人のところへ来るようになったということぢゃて。

    はじめの内は、身内がそれで助かるのなら、祖国が困っているのなら、と応じていた朝鮮籍の鮮人もな、たび重なるとだんたんと疲れてきての、
    おまけに指導者の世襲が決まったとなると、まじめな社会主義者ほど考えこんでな、
    夢から醒めるものもぼちぼちと出てはきたのぢゃよ。

  • 31名無し2016/12/04(Sun) 14:55:13ID:U4NTIxODA(20/26)NG通報

    469 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/19(月) 20:36
    さて、一方の韓国政府といえばな、朴正煕という大統領が開発独裁というやつで、経済的には高度成長を促進しながら、政治的には反政府活動をゆるさぬということで、左翼はもちろんのこと、日本の普通の人々からも、ちとやりすぎでは、と見られておったのぢゃ。

    そこへ、当時は野党の頭目で、韓国におられんで、日本や米国で活動していた金大中氏、なんと今では大統領ぢゃよ、が東京で韓国の工作員に拉致されるという事件が起きての、日本国中、右翼から左派まで韓国非難で轟々という大騒ぎとなった。
    ちょうど、石油ショックの年のことぢゃったかの。
    (昭和48年、金大中拉致事件)

    なにより怒ったのは日本の警察ぢゃったな。ひとの国で断りもなく勝手なまねをしおったとな。

    ここで、あれこれと紆余曲折があったのぢゃが、1年後の8月15日、韓国では光復節と呼ぶようじゃが、終戦記念日に韓国大統領の狙撃事件が起きての、大統領夫人が亡くなる大事になったのぢゃ。

    この犯人が、韓国籍ながら在日の鮮人での、今度は韓国が日本の責任ぢゃと声をそろえて非難をはじめおった。

    真実がどうであったのかは、藪の中ぢゃろが、韓国政府はこの犯人の裏に総連と北鮮がおると断固主張しての、日本は総連や北鮮の工作員を取り締まることを約束させられたのぢゃ。

    そんなわけでの、この後しばらく、北鮮支持の鮮人どもで、日本の警察から北鮮の工作やら諜報活動に関与しておるのではないかと疑われたものは、韓国籍の者も含めて、外国人登録証の不携帯などの微罪でも、交番に呼び込まれたり、さらに疑わしいとなると警察につかまるようになったのぢゃ。

    実際に、この50年の間に表ざたになった北鮮工作員の事件は50件少々ほどなのぢゃが、このあとの5~6年、昭和56年までの事件が十数件と平均の倍以上の割合になっておるの。

    結局、割を食うたのは、一方では北鮮から物や金をせびられ、一方では警察からにらまれるようになった鮮人どもぢゃよ。

    すっかり、話が長くなってしもうたの。つづきはまたぢゃ。

  • 32名無し2016/12/04(Sun) 14:55:38ID:U4NTIxODA(21/26)NG通報

    262 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/24(土) 20:34
    >ぢーさん、指紋押捺の話はしないノ?
    ふぉっ、ふぉ、ふぉ、ふぉ。
    ぢぢがなんでその話を先にせんのかと不思議に思うておるのかの。

    ま、無理もないことぢゃが、わざわざ、その前にソウルオリンピックの話をするには、ちと訳があるのぢゃ。

    オリンピック大会というがの、韓国にとっては国際社会に認知されるための晴舞台、
    北朝鮮にとっては、下手をすれば外交的に孤立しかねない大事件であったのぢゃ。
    単にオリンピックの開催、ということだけではない政治的な意味があったのぢゃよ。

    まずの、ソウルオリンピックの前のロサンゼルス大会には、ロシア、いや、ソ連をはじめとする社会主義国のほとんどが参加せず、その前のモスクワ大会には日本やアメリカ
    などが参加していなかったということを思い出す必要があるの。

    2回つづけて、まともなオリンピックにならなんだおかげで、世界の国々はこんどこそ正常な大会をと望んでおったのぢゃ。

    韓国は、この国際社会の雰囲気を最大限に利用しての、
    オリンピック開催にあわせて、それまで国交のなかった中共やらソ連などとの交流やら交渉を活発化させたのぢゃよ。

    すでに、世界は冷戦末期での、経済的な行き詰まりを打開するためにと、
    ソ連や中共は成長著しい韓国の経済に目をつけての、すげない態度はとらなんだ。

    その他の東欧諸国や社会主義国はまだまだソ連や中共に右にならえであったから、
    この2国を落とせば、韓国としては事は成ったようなものでの、
    結果は皆も知ってのとおりの大成功であったのぢゃ。

  • 33名無し2016/12/04(Sun) 14:57:41ID:U4NTIxODA(22/26)NG通報

    263 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/24(土) 20:36
    さて、一方の北鮮はといえばの、はじめは共催を主張しての、一部の競技を北鮮で実施するよう要求したのぢゃ。
    ぢゃがの、建て前とは言え、オリンピックは都市開催ぢゃ、そのような主張の通るはずもないて。

    慌てた北鮮はソ連や中共にボイコットを呼びかけ、その一方で、なんと大韓航空機を爆破するというテロに走ったのぢゃ。
    ばれるとは思っておらなんだのぢゃろうが、いったい、飛行機を爆破してオリンピック開催の妨害にどの程度、役立つものかの。
    (昭和62年、金賢姫によるミャンマー沖上空の大韓航空機爆破事件)

    結果として、やることなすことすべて裏目に出て、北鮮はただ一国だけでオリンピックをボイコットすることになったのぢゃ。
    もっとも、おめおめと参加するとは誰も思ってはいなかったがの。

    この翌年、ほとんどの日本人は知らんぢゃろうが、北鮮では、オリンピックに対抗するためということで、なんという名前ぢゃったかの、世界学生青年祭典とかいうものを開催しての、アフリカやら中南米やらの世界の貧乏国から費用持ちで参加者をかき集めての、ただでさえ苦しい北鮮の財政事情を決定的に悪化させたのぢゃ。

    実は、この世界学生青年祭典には、北鮮支持の在日鮮人も最大限に動員され、人手も物も金も提供しておっての、仲間内では、自分達の協力がなくては、この催しも出来なかったろうと自負してはおったが、逆にこの時、韓国との間に決定的な差が付いたことを悟った者も多いのぢゃよ。

    また、世界から集められた参加者もな、一糸乱れぬマスゲームには目をみはったものの、前年のオリンピックと比較すれば歴然とした国力、経済力の格差は、はっきりと見てとったのぢゃ。
    この、事実上、昭和最後の年の前後を節目にしての、正常な思考のできるような人間であれば、北鮮をまともに相手にすることはなくなったと言ってよいぢゃろう。

    一方、韓国から見ると、基本的な部分で北鮮の脅威というものはなくなったとも言えるのぢゃ。ソ連も中共も後ろ楯に付いていない北鮮などでは、短期決戦ならばともかく、消耗戦に耐えられる戦力は ないでの。

  • 34名無し2016/12/04(Sun) 14:57:56ID:U4NTIxODA(23/26)NG通報

    こうなると、米国と並ぶ国家安全保障上の主要友好国として、自分達としては多少は遠慮をしていたつもりのあった日本との関係を、政府も国民も、なにやら、もはや遠慮は無用などと思いこむようになってきたのぢゃ。
    日本人から見ると、韓国やら韓国人がそれまで遠慮をしていたなどとはとても信じられんことぢゃがの。
    この韓国政府の変わり身の最初の標的になったのが、当時、日本国内で問題になっていた在日鮮人の外国人登録に伴う指紋押捺問題なのぢゃよ。

    はて、また長くなってしまったの、つづきはまたぢゃ。

  • 35名無し2016/12/04(Sun) 14:59:20ID:U4NTIxODA(24/26)NG通報

    281 名前: ぢぢ 投稿日: 2000/06/25(日) 21:48
    さて、韓国系の在日団体は、昭和30年代までは反共主義でまとまっておったのぢゃが、昭和40年以降、ことに昭和50年以降は、1世中心から、2世、3世へと世代交代が進んできて、左翼がかった者も含めて、考え方が多様化してきての、単純に反共一本でまとまる状況ではなくなってきておった。

    そこへ、日立就職事件をきっかけに、新左翼くずれの人権派と結びついた組織ができ、これに刺激された形で、本来の韓国系団体の青年組織も競うように鮮人の権利獲得運動をするようになるのぢゃ。

    年金やら、保険やらの扱いを日本人と同じにして欲しいといった鮮人の要求は、それほどの違和感もなく日本社会の支持もうけて、受け入れられていったのぢゃよ。
    昭和60年頃までには、鮮人の権利要求の対象になるような事項は大方かたづいておったのぢゃ。

    しかし、外国人登録の切換え時の指紋押捺制度については、日本政府は簡単には譲ろうとはせなんだ。
    もっとも、人権感覚を尊重して、簡易な方法に改善することはしたがの。

    ほかの制度については、あっさりと受け入れられたのに、なぜこだわったのかというとな、指紋押捺問題というのは、簡単に言えば、スパイ防止政策の問題であったからなのぢゃよ。

    ことに、在日鮮人について言えば、北鮮の工作員が在日鮮人になりすます方法で浸透していたのは周知の事実での、この防止策の一つとして登録証の切り替え時に指紋を照合できるような制度にしていたのぢゃ。

    前にも話したが、日本にはスパイ防止法などという法律はないで、万がいち、工作員が逮捕されても、出入国管理法違反などで、ほんの少々服役したら、
    強制送還といえば厳しいようでも、単に送り返されるだけぢゃで、スパイとして秘密裏に出国するより簡単に帰国できるくらいのものぢゃ。

    そんなわけで、韓国に潜入するには、日本経由が一番簡単で、また安全なルートということで、韓国政府は繰り返し取り締まりやら善処を要求しておった問題ぢゃ。

  • 36名無し2016/12/04(Sun) 15:00:02ID:U4NTIxODA(25/26)NG通報

    なにやら、昭和50年代後半には、日本国内で韓国の新興宗教を背景とする反共政治団体を名乗る団体が、あの手この手で、せっせと自民党などに食い込んでな、日本にスパイ防止法を制定させようと暗躍しておったの。
    (Link 統一教会に対する裁判を支援する会のHP 勝共連合に関係する国会議員リスト)
    昭和60年にはとうとう法案提出まで行ったが、そのまま棚ざらしのままで成立はせなんだ。

    あまり、この法案の背後に韓国の匂いがするのもので、なにも、鮮人同士の角突き合いのために日本人が息苦しい思いをすることもなかろうという気運になったもの一因ぢゃて。

  • 37名無し2016/12/04(Sun) 15:00:39ID:U4NTIxODA(26/26)NG通報

    282 名前: つづきぢゃ 投稿日: 2000/06/25(日) 21:48
    さて、実際には昭和の50年代末には、指紋押捺制度については、あまり露骨な方法を取らずに、方式を簡略化するという方向で制度改正が進めれての、
    韓国からもそれで良いという返事が来ておったものぢゃ。

    ところが、大統領が全斗煥から盧泰愚に代わると、韓国政府は態度を変えて、在日鮮人を焚きつけるようなことを言い出したのぢゃ。

    びっくりしたのは日本政府ぢゃよ。
    そもそも、いったい何のために冷戦開始後に反対運動をねじ伏せてまで指紋押捺制度をつくり、維持しておるのか、と韓国政府に言いたいところぢゃが、
    関係者は皆心得ていることでも、これがスパイ対策と日本国内では正面から説明できるものではないで、大いに困惑するはめになるのぢゃ。

    平成に年号が代わって1990年、平成2年に盧泰愚大統領が日本にやってくるのぢゃ。
    勿論、例によって借金をしに来るのぢゃが、ぢぢの記憶では、この時は事前に日本からの借款額の折り合いがつかぬままの来日という異例の事態であったの。

    このため、この来日の前後の日韓の駆け引きでは、植民地支配への謝罪の仕方がどうのとか、在日鮮人の処遇がこうの、とか
    本来なら裏方で調整するようなことが、交渉材料になったのぢゃ。

    結局、日本政府は鮮人の処遇に関する韓国側の主張、つまりは在日団体の主張をほぼ丸呑みするのぢゃよ。別に損するわけではないでの。
    借款額の話は別ぢゃ、こちらは、財布の中身の話ぢゃで。

    またの、この時、大統領が代わるたびに何度でも謝罪を要求するのかと、鼻白んだ日本人も多くての、オリンピックで少々韓国に好意的になっていた世論も冷え込むことになるのぢゃ。

    このあと、強硬だった日本政府の方針を、自分達の運動が押し切ったと思うた連中は、
    このあと、今度は戦後補償要求と言うて、日韓条約で決着済みの個人補償の要求を持ち出し、前にも話した傷病兵の件や皆もよく知っておる慰安婦の騒動がはじまるのぢゃよ。

  • 38名無し2016/12/04(Sun) 15:04:11ID:c2ODc4NTI(1/1)NG通報

    韓国人よ、
    日本人を怒らせる最強で最低な悪口を教えてあげよう。

    「お前、韓国人だろ!」

レス投稿