縄文人と弥生人

298

  • 1貸金2017/06/03(Sat) 15:49:17ID:g2ODk2NzI通報

    ヽ(`Д´)ノ<勉強するニダ!!

    https://rekijin.com/?p=13837

    ウリの似顔絵ニダ↓

  • 249名無し2017/07/09(Sun) 17:40:15ID:Y1OTM0MjY(1/1)NG通報

    일본인의 이동 : 아프리카 --> 인도양의 andamanese 사람 --> 동남아시아 negritos --> 일본열도의 일본인

    일본인은 하플로 D형, 하플로 D형은 흑인, 그래서 일본인은 흑인

    하플로 D형의 조상은 andamanese 사람들

    andamanase 사람들은 키가작다 . 그래서 일본인도 키가 작다.

  • 250╰U╯2017/07/09(Sun) 17:47:19ID:Q4MTIzMjE(1/1)NG通報

    >>249だから朝鮮人の平均身長は168cmなんだ

  • 251金玉2017/07/09(Sun) 18:56:40ID:Y4NTA1MDc(1/2)NG通報

    >>248
    「倭国」と「日本国」が別の国だって言ってる人は大体九州王朝説が元ネタ
    旧唐書の記述(これも異伝がある内の1つでしかないんだけど異常に拘る)が論拠なんだけどまあはっきり言って珍説奇説の類
    古田武彦とか九州王朝説でググれば大体わかる

  • 252方舟さくら丸=左翼2017/07/09(Sun) 21:53:18ID:U1NTE0Mzc(8/17)NG通報

    >>251
    そうだとしても、690年滅亡では、天智天皇から天武天皇への王朝交代を前提とするより
    ないだろうが、そうなるとその後天智系に皇統が復帰した事の説明がつかない

  • 253金玉2017/07/09(Sun) 22:44:08ID:Y4NTA1MDc(2/2)NG通報

    >>252
    いや九州王朝なんてシロモノの論証は本人に聞いてくれよ

  • 254名無し2017/07/10(Mon) 00:51:03ID:M2NjM5NzA(3/3)NG通報

    Mt dna가 거의 같은 일본인과 한국인의 차이는 Y dna의 하플로그룹 D의 농도 차이일까? D가 죠몬인의 지표유전자 같은데 평균적으로 한국인은 약 3-5%정도, 일본인은 30-40%정도 가지고 있으니까.. 일본인과 한국인은 닮은 듯하면서도 어딘가가 이질적인 것은 이것 때문일지도..

  • 255名無し2017/07/10(Mon) 01:32:14ID:A0MTE2NjA(1/1)NG通報

    >>254
    韓国で見つかるD1bは南部に集中している。
    局地的に割合を抽出すると日本に近い数値が出るかも。

  • 256呉系2017/07/10(Mon) 22:45:35ID:g4Mjc1MDA(11/27)NG通報

    >>251

    >>248
    「倭国」と「日本国」が別の国だって言ってる人は大体九州王朝説が元ネタ
    旧唐書の記述(これも異伝がある内の1つでしかないんだけど異常に拘る)が論拠なんだけどまあはっきり言って珍説奇説の類
    古田武彦とか九州王朝説でググれば大体わかる

    『旧唐書(ぐとうしょ)』*東夷伝に書かれた倭国と日本国の記述を読んで、私が倭国九州説を取っていると思っている様だけど・・・。
    残念乍ら、旧唐書(ぐとうしょ)は読んでいなかったんですよねW。
    私は、倭の五王より前の時代に倭国王の本拠地は近畿圏に移行していると思っていますが。
    そもそも倭国は小国の集まった連合国家という事は理解していますよねぇ~。統一国家ではないんですよ。国主はほぼ合議制で決定だと考えているけど。
    倭の五王の時に小国家を纏め統一国家の体制を整えたのではないかと思っているけど。

    ①九州説は鉄の保有量が圧倒的に九州が多い。(鉄鏃・矛など北部九州からの出土が近畿地方より圧倒的に多い。)
    鉄は、武器での優位性もあるが、最も大きいのは農具だと思う。
    木で作った鍬で土地を耕すより、鉄の方が格段に作業効率は良くなる。
    これが九州説の根拠の一つ。

    ②更に前述した絹も、弥生時代に福岡地域で作られていた絹が、後の古墳時代になって、近畿など他の地域に広がったから。

    ③地域制・・・朝鮮半島に近いからと言うのではなく黄河、長江を下り黄海に出、真っ先に着けるのは九州。
    空き地があるのにわざわざ瀬戸内海を抜け近畿圏に上陸し、というのは非効率でしょうね。
    先ず九州に上陸後に西の佐賀・長崎、南の熊本・大分・宮崎、東は瀬戸内海を進んで近畿圏まで部族の長が率いて進んで行ったと考えるのがすんなりと受け入れられるけどね。
    更に、鉄の産出国の朝鮮半島には九州が最も近い。

  • 257呉系2017/07/10(Mon) 22:46:21ID:g4Mjc1MDA(12/27)NG通報

    その他細々した理由もあるけど大まかには以上の理由。

    私は専門家ではないので金玉さんの九州説ではないというご意見を伺いたいですね。私が納得出来るくらいに詳しくお願いしますね。

    よろしく!!

  • 258呉系2017/07/10(Mon) 22:46:52ID:g4Mjc1MDA(13/27)NG通報

    >>248

    >>240
    690年と言えば、天智天皇の皇女である、持統天皇の御世
    なんで、国が滅んだ事になっているのか
    全く意味不明だな

    ところで、嫁さん韓国が暴れてたのはここだっけ
    どこへ消えたんだあのバカは(笑

    感心しませんねぇーこういう言い方は。

    国が亡ぶと云ったけれどあくまで倭国としてという意味。
    大和朝廷と倭国は別物と考えているからですよ。
    皇統の歴史は政治的な意味での勝者側の大和朝廷の歴史だから、倭国の王達の歴史とは関係がないと思いますけど。
    答えは金玉さんへの回答を読んでください。

  • 259方舟さくら丸2017/07/10(Mon) 22:54:04ID:YyMjEwMzA(9/17)NG通報

    >>258
    だから、そこで王朝交代したとしたら、天智系への回帰をどう説明するの?

  • 260呉系2017/07/10(Mon) 23:00:34ID:g4Mjc1MDA(14/27)NG通報

    >>247
    ・この越国は日本海側の高志国と同一でしょうか?

    ウイキに書いてありますよ。
    「7世紀に設けられた地方行政区分としての「国」に引き継がれた。当時は高志国と書かれ、越国は8世紀以降の書き方である。」

    ・北方民族だと思っていました。呉が越に滅ぼされた時に北方系の人種が取り込まれ、一緒にやってきたのでしょうか?

    倭族にも南方系と北方系がありますよ。
    黄河流域の北側に住んでいたのが北方系倭人ですよ。
    呉は黄河流域の南側だから倭人は南方系だと思いますよ

  • 261方舟さくら丸2017/07/10(Mon) 23:05:47ID:YyMjEwMzA(10/17)NG通報

    >>258
    >答えは金玉さんへの回答を読んでください。

    自分の問いに対する答えは、どこにも説明されていない

    君の説によれば、690年に倭国が滅びたという意味のようだが
    それでは、後に天智天皇の系統に皇統が復帰した事を説明できない
    690年以前の王朝は滅びず、復活している事になる

    倭と大和が別な王朝だとしても、交代はもっと以前、せいぜい6世紀以前でないとおかしい
    倭は「和」とも表記できるから、和=大和、と考えるのが自然だしね
    卑弥呼も「日御子」と読める、つまり太陽神である天照大神と同一人物
    一つの国家の中で、何度か支配者の交代劇があったと考えるべきだ

  • 262呉系2017/07/10(Mon) 23:20:28ID:g4Mjc1MDA(15/27)NG通報

    >>258
    天智天皇と天武天皇の対立構図は「反蘇我派対親蘇我派」の対立だと思うけど。逆にこれが倭国とどう繋がるのか教えて欲しいんだけど。
    大和朝廷内の内部抗争だと思ってたけどね。

    >>258
    ~君の説
    おいおい、君呼ばわりはおじいちゃんに失礼だわw。(昭和31年生まれ)

    君の説によれば、690年に倭国が滅びたという意味のようだが
    それでは、後に天智天皇の系統に皇統が復帰した事を説明できない
    690年以前の王朝は滅びず、復活している事になる

    だから、日本書紀の皇統は大和朝廷の系譜と言っているんですけど。

  • 263方舟さくら丸2017/07/10(Mon) 23:46:03ID:YyMjEwMzA(11/17)NG通報

    ・663年、白村江の戦いに敗北。(倭国滅亡のきっかけとなる)
    ・703年、日本国の朝貢(670年頃に倭国を凌駕し690年頃倭国滅亡)

    ネットで年齢の事を主張されても困る
    君より年上かどうか判断できないのだから、そんな事は無視する

    上記が君の主張だが、白村江の戦いは倭国が行ったという意味にしか見えない
    その際、百済派の中大兄皇子(後の天智天皇)が主導的な役割を果たしている
    で、その天智天皇の系統が、後に復活しているわけだが?

    白村江の戦いで敗北した王朝と、平安王朝は同じだという事になる
    そこをどう説明するんだい?

  • 264名無し2017/07/11(Tue) 01:01:43ID:E0OTU1NjI(1/4)NG通報

    >>263
    天智天皇が正統な血筋
    古事記、日本書紀に天武天皇は草薙の剣に祟られ命を落とすとある。

  • 265方舟さくら丸2017/07/11(Tue) 02:43:45ID:Y4OTA2MjM(12/17)NG通報

    >>264
    それはわかってるけど、白村江が原因で倭が滅亡したというから
    その倭は、天智天皇(当時は中大兄皇子)の国な筈で、滅亡していないという意味

  • 266方舟さくら丸2017/07/11(Tue) 02:55:08ID:Y4OTA2MjM(13/17)NG通報

    倭(和)が滅亡して、大和政権にとって代わられたのではなく
    倭(和)⇒大和、と成長していく一つの国体の中で、何度か支配者の交代があったのだろう

    室町幕府から江戸幕府へと、支配者は何度も入れ替わったけれど、日本という国が滅亡した
    わけではない、それと同じ事が、古代においても起こったと推察できる
    当時は「天皇」という呼称もなく「大王」の一族も、入れ替わったのだろう
    しかし、古代から続く太陽神信仰に基づく、王権の正当性は一貫していたのだと思う
    日本書紀で辻褄合わせをして、平安時代以降に、天皇の血統と権威が確定した

  • 267名無し2017/07/11(Tue) 03:16:58ID:c5Mjk1NDA(2/4)NG通報

    >>260
    ご回答頂きましてありがとうございます^^
    私も実はWIKIは見ていたのですが少し疑問が生じまして(^^;
    日本海側の「越の国」のWIKIを見ると「古代中国の国家については「越」をご覧ください」とあるんですね(あいまいさ回避)。それで何かご存じかと思いお伺いした次第です。(こしとえつで発音もちがうしなー、と)それで自分でも色々調べて見たんですが、全く関係ないとは言い切れないが、違う物だという見解が多いようなんです。どうも高志国は粛慎・靺鞨・狄などの沿海州あたりから来たツンギーデによる成り立ちだと考えられているらしくて(私もこの辺曖昧にしておりました(^^;)人間は北方系らしいと。満州語と日本海側北部の言語も似ているそうです。私は勉強不足の素人ですので議論するまでの知識は無いんですが(^^;
    資料集を買って読んだ程度の知識で述べさせて頂きました。後日お時間ある時でもご確認なさってみて下さい^^議論の能力のないヘタレが横入りして失礼致しました^^

  • 268名無し2017/07/11(Tue) 03:57:17ID:c5Mjk1NDA(3/4)NG通報

    >>260
    それからこちらですが誤解を招く書き方でした(^^;
    >北方民族だと思っていました。呉が越に滅ぼされた時に北方系の人種が取り込まれ、一緒にやってきたのでしょうか?
    確か呉の被支配者層に北方系民族がいたと思いまして(ソースが今見つけられませんでした)その事だったんですが言葉足らずでした。申し訳ありませんm(__)m

  • 269名無し2017/07/11(Tue) 05:21:26ID:I5MTEzMjM(6/6)NG通報

    沖ノ島の海人.縄文時代前期には漁業の基地、4世紀後半-9世紀末頃祭祀遺構遺物が地表に露出。古代と明海底遺跡らしきものがある。
    世界遺産登録 .宗像・沖ノ島と関連遺産群
    http://www.okinoshima-heritage.jp/movies/
    「竹幕洞祭祀遺跡と沖ノ島祭祀遺跡の比較研究」 禹 在 柄.ウ, ジエビョン教授(韓国・忠南大学校人文大学考古学)
    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=a0yk3LJZJIY

  • 270名無し2017/07/11(Tue) 13:18:35ID:E0OTU1NjI(2/4)NG通報
  • 271名無し2017/07/11(Tue) 15:07:33ID:c5Mjk1NDA(4/4)NG通報

    >>268 追記
    北方系の支配は無理ですよね多分。だからこれは間違った記憶かな。失礼しました。

  • 272呉系2017/07/11(Tue) 22:52:11ID:Y4OTI3NTA(16/27)NG通報

    >>263
    ネットで年齢の事を主張されても困る
    君より年上かどうか判断できないのだから、そんな事は無視する

    可愛くないんだねぇw

    上記が君の主張だが、白村江の戦いは倭国が行ったという意味にしか見えない
    その際、百済派の中大兄皇子(後の天智天皇)が主導的な役割を果たしている
    で、その天智天皇の系統が、後に復活しているわけだが?

    白村江の戦いで敗北した王朝と、平安王朝は同じだという事になる
    そこをどう説明するんだい?

    だとの問いで、次が

    >>266

    倭(和)が滅亡して、大和政権にとって代わられたのではなく
    倭(和)⇒大和、と成長していく一つの国体の中で、何度か支配者の交代があったのだろう

    だが・・・

  • 273呉系2017/07/11(Tue) 22:52:52ID:Y4OTI3NTA(17/27)NG通報

    多分、取っ掛かりの部分から意見が違うようなので、まずは方舟さんがどういう認識をされているのか伺いたいですね。

    ①皇統は継続性があるとの見解ですが、倭国に小国家が出来た時から現在までなら何故日本書記に漢委奴国王や倭国王帥升。
    更に、卑弥呼や邪馬台国が対立した狗奴国との戦いの記載が無いのでしょうか?
    倭の五王についても正確な名前はないですよね。
    当時も中国側の史書は日本側で読む事は出来ていますよね。
    中国側と整合性の取れない日本書記を書いたのは何故?

    ②白村江の戦いは百済側からの要請があって出兵した事になっていますが。(私はここも見解が違うけど)
    小舟1000隻に1万人余りの兵を乗せて、周留城(するじょう)救援に向かい唐の大型船170隻に行く手を阻まれて4度突破を試みて400隻を失うという大惨敗を喫してしまう。
    事実上これが最後の戦いとなり撤退することになるのですが、若し、大和朝廷が全国を統一していたのなら、1万の兵の出兵は少な過ぎませんか?
    何故、大事な最後の戦いで1万人しか用意出来ないのか、理由を教えて下さい。

    更に、敵が陸にも居る事が分かっているのに二方面作戦(一隊は周留城(するじょう)の沖合、もう一隊は手前で上陸し周留城(するじょう)を救援が出来なかったのは何故?

  • 274呉系2017/07/11(Tue) 22:53:18ID:Y4OTI3NTA(18/27)NG通報

    ③戦後、唐から兵士2000名、新羅側からは監視の為の軍監も来ているが、この唐との戦いを主導した中大兄皇子や天皇が唐へ捕虜として抑留されないのは何故?
    抑留されたのは白村江の戦いで捕虜となった者のみ。
    敗者に厳しい処置を執るのは世の常。しかも相手は最も残虐な漢人なのに随分甘い処置と思われるが。

    以上、倭国・日本国の取っ掛かりの部分から、白村江の戦いまでの3点について私の理解出来ていない情報をお持ちのようなのでお教え願いたい。
    その上で質問に答えますわ。

  • 275名無し2017/07/11(Tue) 23:44:08ID:E0OTU1NjI(3/4)NG通報

    >>274
    270の動画でその答えは出てますけど

  • 276泥舟さくら丸2017/07/12(Wed) 00:31:51ID:c1NjAyMTY(14/17)NG通報

    >>273
    ①皇統は継続性があるとの見解ですが

    そんな事は、どこにも書いていない
    >当時は「天皇」という呼称もなく「大王」の一族も、入れ替わったのだろう
    と説明している

    >大和朝廷が全国を統一していたのなら

    自分は、そんな話もしていない

    白村江の時点で、倭は中大兄皇子の国、これは異論ないかい?
    その中大兄皇子の血統が、平安朝を作っている
    であれば、白村江時点の倭は滅びていない(少なくとも復活した)事になる
    その点の説明を求めているのだが?

  • 277呉系2017/07/12(Wed) 22:59:04ID:Q5NTgwMDA(19/27)NG通報

    >>275

    その動画開いたけど、下の動画リストはミステリージャンルの動画ばかりですね。
    ようは信憑性に欠ける珍説の類だと思いますよ。
    在野の自称歴史家のブログのほうがまだ資料を駆使して解説しているのでそういうのを参考にした方がいいかもですね。

  • 278呉系2017/07/12(Wed) 23:00:57ID:Q5NTgwMDA(20/27)NG通報

    >>276
    う~ん・・・。

    なんとなくだが、一つの事が気になると全体を読んで理解しようとしないタイプかな方舟さんは。
    10代後半か20代前半の若者のような感じなんだが。

    「白村江の時点で、倭は中大兄皇子の国、これは異論ないかい?」
    ・・・の時点で違うよ。

    自分が思っていた方舟さんの考えより、かなりひどい認識だよ。

  • 279呉系2017/07/12(Wed) 23:02:10ID:Q5NTgwMDA(21/27)NG通報

    私が書き込んだ倭の最後に関する内容
    >>240
    ・663年、白村江の戦いに敗北。(倭国滅亡のきっかけとなる)

    ・703年、日本国の朝貢(670年頃に倭国を凌駕し690年頃倭国滅亡)

    >>258
    大和朝廷と倭国は別物と考えているからですよ。
    皇統の歴史は政治的な意味での勝者側の大和朝廷の歴史だから、倭国の王達の歴史とは関係がないと思いますけど。

    >>262
    だから、日本書紀の皇統は大和朝廷の系譜と言っているんですけど。

    >>273
    中国側と整合性の取れない日本書記を書いたのは何故?

    事実上これが最後の戦いとなり撤退することになるのですが、若し、大和朝廷が全国を統一していたのなら、1万の兵の出兵は少な過ぎませんか?
    何故、大事な最後の戦いで1万人しか用意出来ないのか、理由を教えて下さい。

    >>274
    ③戦後、唐から兵士2000名、新羅側からは監視の為の軍監も来ているが、この唐との戦いを主導した中大兄皇子や天皇が唐へ捕虜として抑留されないのは何故?

    上に書いている事を読みネットで異説とされているサイトなど見れば凡そ私の考えは分かるはず。

    まさに【木を見て森を見ず】が今の方舟さんだと思うよ。

  • 280呉系2017/07/12(Wed) 23:02:55ID:Q5NTgwMDA(22/27)NG通報

    と云う事で以下に大雑把に私見を述べるわ。(これで最後)

    世間一般では、倭の五王からが大和朝廷に繋がる系統の始まり(歴史上認識される)とされている。
    ただ、この説も諸説あって確定したものではない。

    私は、倭の五王は倭国連合の王族と思っている。
    何故なら、奇跡的に1500年以上ののちまで記録の残った倭の武王の上表文の冒頭に記載があるから。

    倭国在高麗東南大海中、世修貢職。
    (倭国は高麗の東南大海の中にあり、世々貢職を修む。)
    わが国(累代倭国王として冊封さくほうされてきたこの国)は、(中国から)はるか遠くにあって、外夷に対する天子の藩屏はんぺいになっています。

    という事で始まる上表文なので倭国連合国家を代表する王とみなすのが妥当。*あくまで私見

    日本国としての成立は660とかそれ以降とか諸説ある。
    この日本国を建国したのが大和朝廷。

    奈良の小国家だった、大和朝廷(面倒なのでこれで統一する)がどういう理由かは不明だが、財力を蓄え奴婢を多く集め大きい古墳を作り出す。
    一般には半島や中国側からの使節団に見せつける為とされているが、明らかに周辺国(倭国連合)に見せつける示威行動だと思う

  • 281呉系2017/07/12(Wed) 23:03:21ID:Q5NTgwMDA(23/27)NG通報

    財力と外交術で倭国連合を切り崩し、倭国の国王率いる倭王を近畿圏から追い出す。
    更に勢力を拡大して吉備や山陰を取り込んだ事で倭国を凌駕。

    倭国は弱小国家になっても半島維持に固執し、百済救援に前のめり。
    2度の半島出兵で兵力を使い果たし、3度目の白村江の戦いで大惨敗。

    恐らく、倭国は大和朝廷に与した元倭国の小国の国王や以前国王だった系譜の者を通じて大和朝廷に出兵を促しただろうが、大和朝廷側は無視。

    結果、出兵した指揮官達や国主が唐へ抑留。
    671年に8年間の抑留生活を終えた筑紫君薩夜麻(ちくしのきみ・さちやま)か690年に30年間の抑留生活を終えた筑後国上陽咩郡の大伴部博麻のどちらかが倭国国王だと思っている。
    倭国王が帰還するも倭国はすでになく居る場所もない。
    大和朝廷側から隠居先を提供されそこで残りの人生を終える。

    って事が私の持論ですよ。

    日本書記は所詮は大和朝廷側の都合のいい設定で作られたと考えている。
    中大兄皇子の半島救援もそうでもしないと辻褄が合わないと考えたからの作り話しだと思っているんだけどね。

    これ以上は面倒なので、疑問に思う事は自分で調べてね。
    ではではご機嫌よう。

  • 282うん?◆KyUpmG9.1.2017/07/12(Wed) 23:03:26ID:MxNjY4MDg(1/1)NG通報

    思菌どこ行った(゜Д゜≡゜Д゜)?

  • 283呉系2017/07/12(Wed) 23:06:13ID:Q5NTgwMDA(24/27)NG通報

    あっ、今気づいた、君がついているから、671年の筑紫君薩夜麻が本命ぽいね。

  • 284笹舟ちくわ丸2017/07/13(Thu) 11:17:27ID:gyMjk4MDk(15/17)NG通報

    >>278

    グダグダごまかしているだけで、なんら回答になっていない

    結局、白村江当時の国家と、その後の国家と連続性がある

    白村江に出兵した国家は、倭なのかい?

    明確に返答してごらん

  • 285笹舟ちくわ丸2017/07/13(Thu) 12:56:05ID:gyMjk4MDk(16/17)NG通報

    この呉系という人は、百済派の天智天皇系が支配権を失い、新羅派の天武系に入れ替わった事を
    国家の滅亡だと勘違いしている
    結局、百済派だった天智系が皇統に復帰している事実に対し、なんら反論ができていない

  • 286名無し2017/07/13(Thu) 17:49:24ID:g5OTMwNDY(4/4)NG通報

    海神の 豊旗雲に 入日さし 今夜の月夜 さやけくありこそ

  • 287呉系2017/07/15(Sat) 23:41:31ID:kxNTM3NTA(25/27)NG通報

    >>284
    >>285
    理解力無いねぇ~
    もう少しこの時代のことで議論されていることを理解しておい方がいいよ。

  • 288呉系2017/07/15(Sat) 23:44:28ID:kxNTM3NTA(26/27)NG通報

    >>251
    「倭国」と「日本国」が別の国だって言ってる人は大体九州王朝説が元ネタ
    旧唐書の記述(これも異伝がある内の1つでしかないんだけど異常に拘る)が論拠なんだけどまあはっきり言って珍説奇説の類
    古田武彦とか九州王朝説でググれば大体わかる

    旧唐書・新唐書について調べました。
    旧唐書と新唐書の比較されているサイトもひと通り閲覧しました。

    元々、旧唐書の後半部分が欠落していた為、それを補う事から新唐書が編纂されたとありました。

    金玉さんが、旧唐書に信憑性がないように言われたのは倭国と日本国が併用して記載されていて古田氏がこれを根拠に倭国九州説を唱えたからだと思います。

    先ず、ある国が中国の新王朝に朝貢に来る場合、前王朝の史書から該当部分を読み、前回いつ朝貢に来てどういう会見だったかは朝議録から、更にその時代にその国に行った事があったものから該当国の様子を聞いて調べます。
    それを皇帝に報告し、皇帝はその内容を元に朝貢に来た使者に尋ねる事になります。
    その国が前回来た使者と異なれば、正規の禅譲が行なわれたか経緯を尋ねる事になります。
    禅譲が行なわれていない場合には、どのようにしてその王朝が入れ代わったかを尋ねる事になります。

    こういう会談には書記がいてその時の記録を前述したように朝議録として纏める訳です。

  • 289呉系2017/07/15(Sat) 23:44:56ID:kxNTM3NTA(27/27)NG通報

    又、隋書が編纂された頃については段々とこのやり方が簡略化され隋書の編纂についてはかなり不備が多かったため、旧唐書の編纂者が以前の厳格なやり方で隋書に書かれた内容も一部訂正しながら編纂したとあります。

    この事から旧唐書にある朝貢の部分についての記述はかなり信憑性が高いと思います。

    新唐書では、日本は古の倭奴国である。
    からはじまり、国王の姓は阿海氏、彼が自ら言うには、初代の国王は天御中主と号し、彦瀲に至るにまですべて三十二代、いずれも「尊」と呼ばれ、筑紫城に住んでいた。彦瀲の子の神武が立ち、あらためて「天皇」と呼ぶようになり、都を大和州に遷した。
    とある。
    「彼が自ら言うには」とあるように阿海氏が朝貢した事は分かるが、神代の話しが出て、神武の名前が出、東征の事も話している事から阿海氏が記紀に沿った物語を語っている事が分かる。

    その他新唐書においては明らかに記紀から転用した部分も存在すると比較サイトにはありますね。
    これが事実なら編纂者は致命的なミスを犯してしまった事になります。

    という事から、旧唐書・新唐書どちらを重視するかといえば旧唐書になるでしょうね。
    あくまで、私の感想です。

    正直、この時代(大和朝廷の奈良時代)は興味が無くて詳しく調べた訳では無いので悪しからず。

  • 290笹舟ちくわ丸2017/07/16(Sun) 00:33:49ID:AyMzg1ODg(17/17)NG通報

    >>289
    煽りから入ってごちゃごちゃごまかさず、質問に答えてくれ

    白村江で戦ったのは、倭国なのか?

    回答できないなら、君の主張は無効と見做す

  • 291闇金2017/08/19(Sat) 22:31:02ID:kyODkyMjM(1/1)NG通報

    ヽ(`Д´)ノ<ウリがお留守にしている間に偽物が出てたニダね。困ったもんニダ。

    >>1

  • 292名無し2017/08/19(Sat) 23:12:47ID:Y1NTQ0NTg(1/2)NG通報

    約7万年前にスマトラのトバ火山の破滅的な噴火の頃、
    現生人類が東南アジアに存在。

  • 293名無し2017/08/19(Sat) 23:50:08ID:Y1NTQ0NTg(2/2)NG通報

    ミケーネ人、ユーラシアのステップ地域の居住民と類縁関係。
    ミケーネ人とミノア人は西アナトリア人やエーゲ海地域の人々を共通祖先とする遺伝。
    エーゲ海地域のクレタ島のミノア文明、ギリシャ本土のミケーネ文明で青銅器時代、ヨーロッパの青銅器時代。

  • 294貸金2017/08/20(Sun) 11:43:45ID:g4ODA3NjA(1/1)NG通報

    >>291
    ヽ(`Д´)ノ<偽物ニダ!

  • 295名無し2017/08/20(Sun) 12:51:55

    このレスは削除されています

  • 296名無し2017/08/20(Sun) 13:51:53ID:EzNDExNjA(1/1)NG通報

    >>249
    韓国人は背が小さくて色がきいろくて不細工だよ
    あと気持ち悪いよね

  • 297名無し2017/08/20(Sun) 15:30:25ID:g4NTcyNDA(1/1)NG通報

    縄文人は頭蓋骨が長頭~中頭
    弥生人は頭蓋骨が中頭

    頭蓋骨が短頭~過短頭の朝鮮半島の民族とは別物なんだよな。

    頭蓋骨の形状で比べるなら中国人と近い。

  • 298名無し2017/08/20(Sun) 18:12:42ID:UxNTE3NDA(1/1)NG通報

    今日、地元周辺の村の縄文と弥生の土器や古墳を見てきた、過疎山奥でも珍しくないが迫力がある、多くが地域整備で破壊された。6世紀から3千年前くらいの物、青銅や鉄など渡来物があった。地元民は特に興味は無いようであった、綺麗に展示してあり復元建築まであったが、管理は無人、農作物販売も無人、老人介護施設以外は村人も見えなかった、もったいない。山奥でもどこにでもある。

    シベリア、アルタイ、紀元前1千年紀、北方からの進入を防ぐ石の壁。
    http://siberiantimes.com/science/casestudy/features/discovered-the-great-wall-of-siberia-dating-to-1st-millennium-bc/

レス投稿