「北ICBM、移動式発射」「発射する能力ない」ピンポンゲーム…その裏には文大統領

1

    • 1名無し2019/11/07(Thu) 22:02:28ID:MyNjgyODY(1/1)NG報告

      北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の運用能力をめぐって青瓦台(チョンワデ、大統領府)と外交安保機関の「反転のドラマ」が続いている。

      発端は鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安保室長が1日、国会運営委員会国政監査で「北朝鮮のICBMは移動式発射台(TEL)で発射することが難しい。東倉里(トンチャンリ)試験場が廃棄されればICBMは発射し難い」として「自信をもって申し上げる」と強調しながらだ。この発言は直ちに論議を呼んだ。その間、軍と情報当局の立場に相反するものだったためだ。キム・ヨンファン国防情報本部長は先月8日、国政監査で「北朝鮮は現在の移動式発射台でICBMを発射可能な水準まで高度化されている。現在ICBM級は移動式発射台で発射し、東倉里は他の用途で使うだろう」と話した。鄭室長の発言と180度異なるものだ。
      https://japanese.joins.com/JArticle/259362

      一方アメリカは...
      米軍事専門家「鄭義溶発言、開いた口がふさがらないうそ」
      「北は軍用トラックを守るため移動式発射台を移したはず」「有事には直ちに発射する可能性も」

       韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は「北朝鮮が移動式発射台(TEL)で大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射するのは困難」と主張したが、この発言に米国の軍事専門家らから「開いた口がふさがらないうそ」「完璧なたわ言」などの批判が相次いだ。
      http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/07/2019110780027.html

      全ての原因は、フェイクニュースは罪だと発言する文在寅に起因してるねw

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除