朝鮮半島で最初に作られた潜水艦は日本陸軍製

5

    • 1名無し2019/03/16(Sat) 15:16:51ID:gxOTg4OTY(1/1)NG報告

      韓半島最初の潜水艦程度仁川で製作された。それ思ったよりかなり昔のことである。戦闘用ではなかったが、厳然軍用に使用された潜水艇が、1940年代に仁川で行われた。太平洋戦争当時、日本軍が使用した「3食輸送ジャムハンジョン(三式輸送潛航艇)床油(まるゆ)」がまさにその主人公だ。

      海軍は船に乗って移動するので、本土との接続が容易な方だったが、一度投入された陸軍は、占領地を続け確保しなければならない境遇なので困難な点が多かった。食糧のように現地で収奪することができる材料もあったが、弾薬をはじめとする多くの軍需品は、本土から普及されていることに依存しなければならいた。

      特に太平洋に散在小さな島のようにただ軍事的理由だけで格来に進駐した部隊は適時食事をしていないほどの痛みが深刻だった。それでも少しでも普及を担当してくれた日本海軍も1943年半ばを越えてからは、海に出るには難しい状況になった。自分の幸福を先に考えなければならないほどのあちこちで米軍に押されていた。結局差し迫った陸軍は、輸送用潜水艇を乾燥して、自分の普及という奇想天外な決定をした。しかし、造船所は、海軍の物量を消化する困難な状況であった。これ陸上で艦体を分けて製作した後、浜に移し組み立てすることにして1943年10月、東京近く安藤鉄工で初回トラップを乾燥して試験に入った。

      パフォーマンスに満足した陸軍は、1944年1月からすべてのリソースを集中させ、クラス潜水艇の量産に着手した。この時日立、日本製鋼とともに、仁川にあった「朝鮮機械製作所(朝鮮機械製作所)」にも量産を指示した。1937年横山工業の出資で仁川広域市東区ファスドンに設立された朝鮮機械は、その後韓国機械、現代洋行、大宇重工業を経て、現在、斗山インフラコア仁川工場で稼動している。

      http://biz.chosun.com/site/data/html_dir/2019/03/15/2019031502072.html

    • 2名無し2019/03/16(Sat) 16:02:12ID:AzMDI0OTY(1/1)NG報告

      暗号の解読が終了しました。
      報告します。
      『潜水艦を使って北朝鮮に支援物資を贈るべし』とのことです。

    • 3名無し2019/03/16(Sat) 16:13:05ID:YzMTAzNDg(1/1)NG報告

      そういや、日本は大坂の陣で、水面スレスレの船を使用したという記録がある。それが日本の潜水艦の最初と言われてる。

    • 4名無し2019/03/16(Sat) 20:39:01ID:Y0Nzk5NjA(1/1)NG報告

      >>1
      それより、日帝時代の細い上下水道をいまだに使っているから、トイレットペーパーを流せないのをなんとかしなさいよ。
      後進国レベルだよ。

    • 5名無し2019/03/18(Mon) 04:55:41ID:I5MjI3OTg(1/1)NG報告

      韓国海軍潜水艦隊の性能が伝統として固定された。

      マニラ在泊中の日本海軍軽巡洋艦から「汝は何者なるや?潜水可能なるや」の信号を受ける

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除