日「親のそばに住んでいる」... 親・子世帯満足する住宅団地

4

    • 1名無し2018/02/15(Thu) 15:10:55ID:k4NTE1MTU(1/1)NG報告

      最近、日本での親と子の世代が同時に満足する施設を備え、これらの近くで一緒に生活する住居形態が注目されている。 14日毎日新聞の報道によると、親と子が同じ家ではなく、1つだけで集まって住む」隣接の住宅型」都市開発が進められている。

      「隣接住宅」は、親の世代の居住空間と子供の世代のためのスペースに分離し、それぞれの世代が必要とする設備を備えた住居形態をいう。これらの住宅団地は、親が子供の育児、共働きを助ける一方、子供・孫と近くに過ごすことができるという点で注目されている。また、団地には、1階に図書館、カフェなどがあり、入居者間の交流が行われることも利点として挙げられる。

      日本の東京に初めてできたが、住宅団地は、入居者の約40%が50歳以上の世帯となった。これらの世代がタワーマンションや別荘を好む傾向にあることと比較すると、異例の数字というのが業界の説明だ。実際ただのアパートを購入する契約は、2015年3000件から2016年度には約7000件、予想を大きく上回った。団地は東京都から「高齢者支援モデル事業」に選定され、建設会社に補助金が支給される。も住宅とは「土地の確保など解決すべき課題が多いが、世代間交流の重要性が浮き彫りにされて需要が高まっている」とし「住宅の満足度などの反応を探り、今後の追加導入を検討する」と話した。

      日本の総合研究所後灘シニアマネージャーは、「高齢化と共働き家庭が増加し、隣接住宅という新しい住居形態が良い反応を得ている」とし「子供たちへの支援を惜しまない場合は、親の努力と親を近くで仕える子供たちが新しい住居文化を作った」と述べた。
      http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=022&aid=0003250615
      ----------
      画像:親と子の世代が同時に満足する施設を備え、これらの近くで一緒に生活する住居形態が注目されている。

    • 2名無し2018/02/16(Fri) 10:29:12ID:czNDE2NjQ(1/1)NG報告

      横浜市の住宅地モデルプロジェクト

    • 3名無し2018/02/16(Fri) 12:04:47ID:AyODQyMzI(1/1)NG報告

      >>1
      韓国の嫁は、親の近くだと常に親の動向を聞き耳立てて、お見送り、お出迎え、呼ばれたらすぐ馳せ参じ用事を言いつかると聞いた。
      韓国人同士の結婚でも離れてた方がトラブルなくていいと思う。
      https://discoveworld.com/japanese-korean-marriage

    • 4名無し2021/09/07(Tue) 00:12:08ID:UzMTY5NTA(1/1)NG報告

      -

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除