平昌極寒の開会式「疑似体験」熱々のカップ麺が凍った

1

10
  • 1名無し2018/02/05(Mon) 10:31:41ID:c5NTQyNDU(1/1)NG通報

    3万5000人収容の「平昌オリンピックスタジアム」ではこの日、開会式のリハーサルが行われた。しかし「サプライズとなっているので」とメディアの場内立ち入りは禁止。それでも9日を先取りすべく、1時間前の午後7時に到着した。持参した温度計をスタジアム周辺で取り出すと氷点下12度。ほんの数十分で唯一露出している頬や、靴を履いているはずのつま先がピリピリと痛み始めた。

     どれぐらい寒いのか、魔法瓶に入れた熱湯をカップラーメンに注いでみた。注意書き通り4分待ち、箸で麺を持ち上げてみる。すると、写真を撮っている間にみるみる麺が固まっていった。1分後、カチカチに凍ると針金のように見事な逆立ち。開会式に見とれていると、暖を取るはずのラーメンさえも食べられない。

     通りかかったスペイン人男性は「アンビリーバボー!」と箸を持って絶句した。開会式では観客へ毛布が配られるようですが、その寒さ、うわさにたがわぬ「本物」です。

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除