平昌五輪組織委員会「限界があるので、食事は改善しないが、とりま温水シャワー24時間可能」

4

31
  • 1名無し2018/02/01(Thu) 20:16:42ID:UyNTYwODA(1/1)NG通報

    2018平昌冬季オリンピック大会ボランティアの現場配置が本格化している。

    大会開会を十控えた29日現在の制服配らとメインセンター(UAC)で登録手続きと制服を受領したボランティアが6000人を超えたと組織委員会が31日、明らかにした。

    ボランティアは1月2日からの登録、ユニフォーム配付などの業務を開始した。ボランティアをはじめとする大会運営者の現場配置が急速に進み、劣悪な生活条件に対する不満が提起されている。宿泊施設の温水が供給されず、冷水を使わなければなら点、ランドリー設備が不足している点、シャトルバスと通勤時間が合わない点などであった。

    組織委員会は、問題の改善に乗り出した。いくつかの宿泊施設で限定的に供給していた温水を24時間供給するように宿泊オプチェグァ協議を完了し、洗濯機を追加配置して生活利便性を向上させるすると組織委員会は言った。

    シャトルバス利用がやや混雑していた部分と寒さにバスを待っている不便には、「操作人員、車両を追加投入して、通勤時に長時間バスを待っている不快感を解消するように努力している」と述べた。

    ボランティアの参加は、平昌に聖火が燃え始める2月10日にピークに達し、1万5000人余りに達することになる。

    イフイボム組織委員会委員長は、「冬季オリンピックが非都市地域で開催されるだけに宿泊‧交通などの過酷な基盤施設と極寒の気候のためボランティアの勤務条件を改善する大きな限界があるが、組織委員会全社員の情熱を尽くしてボランティアのボランティア活動条件を改善するために最善を尽くしたい」と述べた。

    このボランティアのユニフォームを受け取った6千人の内、2千人が既に脱落して、帰っている。

    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0012098016&code=61161111&cp=nv

  • 2名無し2018/02/01(Thu) 22:15:48ID:QwMTQzMzc(1/1)NG通報

    >>冬季オリンピックが非都市地域で開催されるだけに宿泊‧交通などの過酷な基盤施設と極寒の気候のためボランティアの勤務条件を改善する大きな限界があるが

    田舎町と寒さのせいにして責任逃れ。
    ボランティアの食事に出された食パンが凍ってた事も寒さに責任があるようだ。

    計画と準備って言葉を知らんのかね。ギリギリになってバタバタやって出来なければ何かのせい。

  • 3Idolmaster2018/02/01(Thu) 23:21:23ID:E3MTQ1Nzg(1/1)NG通報

    >>1
    썸네일 지원

  • 4がおらー◆TYBVULIPSU2018/02/01(Thu) 23:25:43ID:E3ODA0Nzc(1/1)NG通報

    普通、こんな不具合を見つける為にプレ大会開くんじゃないの?

レス投稿

画像をタップで並べ替え / 『×』で選択解除