[韓国整形外科] 10日間連休・稼ぎ時・アガシは別人に

4

  • 1名無し2017/09/30(Sat) 21:00:22ID:A1MTAwMjA(1/1)NG通報

    「昨日は午前10時30分にのり巻1本を食べて0時まで手術をした」。

    29日午前、ソウル江南(カンナム)にあるA整形外科のチェ院長に電話をかけた。秋夕(チュソク、中秋)連休中に整形外科が混雑するという話を聞き、実際に予約がどれほど埋まっているか確認するためだった。  (抜粋)

    予想以上の返答だった。整形外科の「秋夕特需」はすでに始まっていた。昨夜遅くまで手術をしていたためかチェ院長の声はやや力がなかった。しかしチェ院長は「秋夕特需」を迎えて疲れを忘れるようだった。

    チェ院長は「整形外科の診療は普通、午後7時ごろには終わるが、今日は午前3時ごろ退勤することになりそうだ」とし「昨日は10分も休めないほど患者が多かった」と伝えた。

    最長10日間続く今回の秋夕連休を控え、整形外科が特需を迎えている。長い連休のおかげで、休みを取らなくても手術を受けて腫れが引く回復期間まで確保できるからだ。

    別の整形外科の相談室長は「秋夕連休特需なので普段より予約が2倍ほど多い」とし「手術を受ければ糸を7-10日の間に抜くので、10日間あれば回復に十分」と伝えた。連休期間にはボトックスやフィラーのような手術より、ある程度の回復期間が必要な目・鼻の手術が多い。親の顔のしわをのばす『親孝行整形』の予約も少なくない。

    手術予約患者には会社員が多い。ウォンジン整形外科のパク・ビョンホ院長は「手術のあとが目立つのを嫌がる会社員の予約が多い」とし「休みを取る必要がないため1、2カ月前に予約をした患者が少なくない」と伝えた。

    こうした中、秋夕特需をつかもうとする病院のマーケティング競争も激しい。「親のしわをのばす孝行整形」「ゴールデンウィーク完ぺき変身」「ゴールデンウィークを200%楽しむ整形」などという広告を集中的に出している。

    http://japanese.joins.com/article/993/233993.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|top_news

  • 2名無し2017/09/30(Sat) 22:39:57ID:gwOTU1MDA(1/1)NG通報

    .

  • 3名無し2017/09/30(Sat) 23:46:12ID:I0NzAwNjA(1/1)NG通報

    pakaチョン本当は一個もないnida.

  • 4名無し2017/10/01(Sun) 00:36:43ID:I5NDE0NDM(1/1)NG通報

    街でマスクした女性が一杯湧く