高麗의 무사정권, 그리고 몽골의 침입에 관하여.

98

  • 1名無し2016/12/17(Sat) 18:10:54ID:I2MjAzMDk通報

    일본에서 가마쿠라 막부가 수립된 것과 동일한 시기에, 고려국에서는 무신정권이 수립되었습니다. 정권을 장악한 고려국의 무사들은 왕을 대신하여 국가를 통치했습니다. 개인적으로는, 이 시기까지 한반도와 일본열도의 역사가 비슷했다고 생각합니다. 신라국, 고려국에서는 지방의 호족들이 막대한 힘을 가지고 있었으며, 무시받던 무사들은 축적한 힘으로 국가를 장악한 것입니다.

    그러나 몽골의 침입이라는 계기로, 이 무신정권이 붕괴되었습니다. 몽골의 지배에 저항하기 위해서 高麗는 국왕을 중심으로 뭉쳐 중국식 국가체제로 전환했습니다. 그리고 그 이후 얼마 지나지 않아 성리학 국가인 조선이 건국되었습니다. 동일한 시기에 일본에서는 전국시대, 막부체제가 진행되고 있었던 것입니다.

    이 한반도의 무신정권~몽골침입 시기에 관해 이야기하고 싶습니다.

  • 49名無し2016/12/18(Sun) 14:07:12ID:cxODI5OTA(7/24)NG通報

    >>47
    歴史は遊び心。
    恨むだの恨まれるだのを何千年も言うような話じゃない。

    逆に聞くけど清朝の皇帝はモンゴルハーンの帝位を継承している。
    ロシアのイワン雷帝も継承している。
    これらは伝説では無く事実だ。
    ムガール帝国もチムール帝国も全部モンゴル。
    世界中モンゴル系だらけだよ。

  • 50名無し2016/12/18(Sun) 14:11:40ID:cxODI5OTA(8/24)NG通報

    しかし不っ思議だよね。
    すぐ隣国の伝統の国をボッコボコにけなして、
    一万km離れたテロだらけの地域の宗教宣伝を全部聞くなんて。
    この種の中華系文化が嫌いだわ。

  • 51名無し2016/12/18(Sun) 14:38:29ID:cxODI5OTA(9/24)NG通報

    元寇
    https://en.wikipedia.org/wiki/Mongol_invasions_of_Japan

    Mongol Korea vs Japan

    こんなものに本気で善悪を考えたりしない。
    相手の置かれた立場も当然わかる。
    だがしつこいわ

  • 52名無し2016/12/18(Sun) 14:39:30ID:Q0MjgwMzI(1/2)NG通報

    >>47
    本気にするなよ(笑

    >>35
    >>40
    ヨーロッパやイスラムでは モンゴルは抵抗さえしなければ、
    奪えるものを奪っただけで 出て行くことを知っていた。
    だから 虐殺はおこらず、
    むしろ東西文化交流や商業の活発化というプラスの側面を語ることも可能だが、
    高麗は 再三にわたって抵抗している。

    つまり講和したあとに 裏切るんだが、韓民族にとっては当然の民族運動という認識でも、
    騎馬民族は 約束を非常に大切に考えるので、モンゴルの怒りを買い、
    まさに草木の1本も残さず…という勢いで侵略されたと聞いた。

    記憶に基づいて書いているので 事実と違ったら訂正してほしい。

  • 53名無し2016/12/18(Sun) 14:46:43ID:cxODI5OTA(10/24)NG通報

    And 元 is one of Chinese dynasty from a Japanese point of view.
    もちろん違いは知ってるよ。今の日本人なら。
    当時はどう思ったか知らん。

  • 54名無し2016/12/18(Sun) 15:01:00ID:EzMDI5ODg(1/1)NG通報

    >>52
    モンゴル軍はその土地を統治するより服従して貢物を持ってくれば良しとしていたから…貢物が少なかったんじゃない?

  • 55名無し2016/12/18(Sun) 15:12:56ID:cxODI5OTA(11/24)NG通報

    >>52
    世界には大きく分けて"敵を称えられる人達"と"敵を称えられない人達"の二つの文化が存在すると思う。
    モンゴルの虐殺は世界中で有名で、あらゆる地域の国の者が話を合わせるたびにデフォルメされていったんだと思う。
    遊牧民共通の傾向は建造物を壊すこと。確かに都市としては消える。人も散る。
    しかし一人あたり数千人もハンティングするなんてことは有り得ない。シモヘイヘじゃあるまいし。

    遊牧民ではないが似たような北方民族として女真がある。
    これは"七大恨"という大義を掲げて明朝を攻撃した。
    それだけ自分達が激しく被害を受けていたということ。
    遊牧民は本来黄河近辺に住んでいた。それが北へ追いやられていったのは、定住民側からの侵略があったからこそ。
    高麗の者も唐の軍人として北方や西域を征服に行っているだろう。
    また元朝にしても他の征服王朝にしても、その名で他地域を威圧して侵略に行っている。
    自分の悪い部分のみを全て物言わぬ相手に押し付けるその発想が好きでない。

  • 56名無し2016/12/18(Sun) 15:23:47ID:cxODI5OTA(12/24)NG通報

    バグダードの戦いなんて、あんな嘘を、
    大して興味も無いのならいざ知らず、ちゃんと考察したことがありながら、あんなデタラメをイスラム教徒以外で本気で信じる者がいるとは思わなかった。

  • 57名無し2016/12/18(Sun) 15:26:11ID:IzNzA5MzI(1/1)NG通報

    >>1
    님 혹시 여몽전쟁때 몽고군 막다가 자기 성에 불지르고 자살한 장군 누구인지 아심?

  • 58名無し2016/12/18(Sun) 15:28:55ID:E3NzA4NzQ(2/3)NG通報

    アジアのパパ説
    University of Leicester.UK DNA研究チーム 
    11人の“アジアの父” アジア127地域5,321人の男性のY染色体を分析、西暦1100年から紀元前1300年。

    チンギス・ハン直系の子孫1,600万人。
    ギオチャンガの子孫150万人以上。明朝後期の女真族の一派、建州女直の部族長ギオチャンガの孫は後金の創始者で清朝初代皇帝ヌルハチ。
    耶律阿保機(やりつ あぼき、872年契丹帝国の建国者)パパ候補。


    http://www.nature.com/ejhg/journal/v23/n10/full/ejhg2014285a.html

  • 59名無し2016/12/18(Sun) 15:37:01ID:cxODI5OTA(13/24)NG通報

    >>58
    それもかなり言い方が酷い話だよね。
    白人が増えれば優秀な人種だからと言って、チンギス統が多いと"レイプ魔"だという。
    "チンギス統"というのは日本の源平藤橘みたいなモンで、支配階層の一族になり擬似血族も含めた血統主義。チムールなんかはカミさんの系統でチンギス子孫を名乗ったりした。
    ロシアの貴族の三分の一はモンゴル系だったと言われている。ユーラシア全域の貴族階層に一番多い系譜なのかもしれない。
    だから子孫が多いのは当たり前で、そうでなければ『日本は源氏がレイプして数を増やした』というのと同じ事になる。
    そもそもその影響力を否定したい前提から入るから、そうなってしまう。

  • 60名無し2016/12/18(Sun) 15:47:02ID:gyNTI0MjI(1/1)NG通報

    >>1 高麗は現在の朝鮮人の祖先だけど・・・それ以前は別の種族だから

  • 61名無し2016/12/18(Sun) 16:35:08ID:c0NzAxODY(15/23)NG通報

    >>57

    기억이 안난다. 좀 찾아줘.

  • 62名無し2016/12/18(Sun) 16:46:40ID:c0NzAxODY(16/23)NG通報

    >>40

    문화에 대해서는, 몽골인에 의한 한반도의 문화재 파괴 이외에는 잘 모르니까, 말을 아끼겠습니다.
    하지만 확실한 것은, 몽골인과 유목민의 특징은 '계속해서 저항하면 도시와 초목을 모두 불태운다'라는 것입니다.

    이것 이외에는 몽골에 의한 반달리즘을 설명할 수 없지요.

  • 63名無し2016/12/18(Sun) 18:07:46ID:cxODI5OTA(14/24)NG通報

    >>62
    信仰なんだと思うんだよね。
    大地の上に恒久的な物があることを嫌う。
    平原が正しい姿だという感覚がある。

    農耕技術の進化で開拓地が北上していった。
    我々は耕地開拓に"悪"という概念は無い。
    でも彼らから見ると、多分それは悪しき侵略行為なんだと思う。

    日本の前方後円墳のルーツはモンゴルのノヨンオール古墳だと言われる。
    "ズボン"という洋服は遊牧民の服を西洋で導入したもの。
    文化の由来も様々なものがあるから、時々視点を変えるのも良いと思うよ。^^

  • 64名無し2016/12/18(Sun) 18:23:27ID:cxODI5OTA(15/24)NG通報

    海の資源に手を加えて生態系を壊すことを海の民が嫌う、みたいなものなのかな。。

  • 65名無し2016/12/18(Sun) 18:30:25ID:c0NzAxODY(17/23)NG通報

    >>63

    그렇다고 해서, 그들의 반달리즘이 옳은 것은 아닙니다.
    문화의 차이라던가, 생각할 여유 없지요.

  • 66名無し2016/12/18(Sun) 18:45:36ID:cxODI5OTA(16/24)NG通報

    >>65
    焚書坑儒や満州族の民族浄化も結構似てますよ。。

  • 67名無し2016/12/18(Sun) 19:13:44ID:c0NzAxODY(18/23)NG通報

    >>66

    그렇네요. 굉장히 오래된 역사이지만, 일종의 반면교사라고 생각합니다.
    인류의 문화유산은 지켜져야만 하는 것입니다. 아무리 오래된 일이라도, 슬프지요.

  • 68名無し2016/12/18(Sun) 19:20:29ID:Q5NjgyNTQ(1/1)NG通報

    ウヒヨ〜〜懐かしい事をみんな語ってるね〜❗

    拙者が落ち武者になる前の話だね…
    モンゴルも高麗も攻めて来て拙者の活躍で撃退したでござる❗
    懐かしい話でござる…

  • 69左巻きの名無しさん2016/12/18(Sun) 20:08:58ID:MxNjYyMzA(1/5)NG通報

    >>1

     調べたけど、日本の武家社会形成とは、何も似ていないね。文化的にも準えるものは無いよ。

     高麗は、その起源からして、新羅王朝を滅ぼした親分を殺して王位についた武装匪賊に由来する。クーデターで政治体制が変わったのでは、最早、出自の正統性で自らの権威を示すことは出来ない共謀による下剋上にであった。それ故か、国号からして自らを偉大ならしむが為、かつての中原由来の強国「高句麗」の後継を称する。
     しかし、その支配権力を支える武力は、当時、直接に接する中原の覇権国家の一軍団の進軍に耐え得る規模でも無かった。その為、臣下の礼を捧げる宗主国は目まぐるしく変わり、その文化的影響は専ら、北東アジアの中だ。日本が南宗との交易で、交易立国の多様な文化を愛でたのとの違いは大きく、日本の武家はその頃の流行り「禅宗」の影響を享受する。
     今の「韓国人」は、この「高麗」を半島域内の歴代王朝の中で一番人気だが、モンゴルの一家臣に組み込まれる前にも、「金」に同様の扱いを受けている。そんな時期に「三国史記」は王命により編纂開始され、その王は死没により見ることも無く、3年程度でちゃちゃっと完成させてしまったものに過ぎない。自らのアイデンティティーを、この古代の三国に求め、権威掌握を図りたかったのだろう。

     そんな王朝集団の中でのクーデターで生じた擁立政治体制移行が、このスレのお題ってことだね。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/高麗#.E6.AD.A6.E8.87.A3.E6.94.BF.E6.A8.A9.E3.81.A8.E3.83.A2.E3.83.B3.E3.82.B4.E3.83.AB.E3.81.AE.E4.BE.B5.E6.94.BB

  • 70名無し2016/12/18(Sun) 20:32:13ID:cxODI5OTA(17/24)NG通報

    >>67
    日本には平泉に中尊寺金色堂というのがあった。
    これは今は世界遺産だけど、鎌倉武士との戦さで壊滅した都市。
    1100年代は平安京に次ぐ人口で、当時の世界の大都市のひとつに入る。
    今は何もない東北地方の平原。

  • 71ハンペン2016/12/18(Sun) 21:10:59ID:YzODE4NjQ(1/1)NG通報

    >>70
    ここにある仏像の一部には歴代当主のミイラがあるんだよね‥
    なんでそんなことしてたのか謎

  • 72名無し2016/12/18(Sun) 21:12:16ID:YwMTU0NDQ(2/2)NG通報

    >>68
    成仏するんだぜ

  • 73名無し2016/12/18(Sun) 21:28:38ID:c0NzAxODY(19/23)NG通報

    >>69

    신라는 국왕과 별개로 존재하는 호족들의 연합체제입니다. 高麗의 건국자인 왕건은 그 호족의 한 사람이었습니다.
    왕건이 실제로 고구려인의 후손이라는 주장이 많습니다만, 스레의 주제와는 다르므로 논외로 합시다.

    그 금나라와 高麗의 관계에 대한 이야기입니다만, 高麗와 금나라의 사이에서 전쟁의 조짐이 있을 때, 高麗의 국론이 두 개로 나뉘었습니다.

    1. 慶州를 중심으로 한 事大派
    2. 평양을 중심으로 한 主戰派

    무신정변을 주도한 武臣들은, 대체로 主戰派에 속했습니다만, 숙청되었습니다. 이것이 武臣에 대한 차별대우의 원인 중 하나입니다.

    금나라와 몽골의 高麗에 대한 대우는, 굉장히 다릅니다. 금나라의 입장에서, 高麗는 무시할 수 없는 나라였기 때문에, 후방을 안정시키는 것으로 안심했습니다. 따라서 거대한 전쟁은 없었으며, 조공관계로 만족했습니다. 그러나 몽골에 있어서 그런 이유는 없었던 것입니다.

  • 74名無し2016/12/18(Sun) 22:52:29ID:E3NzA4NzQ(3/3)NG通報

    高麗人の洪大純、洪福源、洪茶丘、親子3代は必死に生きた。
    3度目の元寇は無かったが、船は作っていた。

  • 75名無し2016/12/19(Mon) 00:27:44ID:UxMjUzMzg(1/2)NG通報

    高麗は30年にも渡る抵抗の末にモンゴル帝国に服従した
    これは紛れも無い事実

  • 76名無し2016/12/19(Mon) 01:31:49ID:M2ODYwMzA(1/5)NG通報

    >>75 무신 정권 삼별초가 반도남부에서 새로운 왕을 옹립하고 몽고와 고려정부에 대항하고 버티어 줬기때문에 일본이 무사할수 있었다. 삼별초가 아니었으면 일본원정이 더 빨라질수 있었다.
    삼별초는 일본에 국서를 보내 몽고는 짐승이라고 같이 몽고에 대항하자고 하였다. 고려정부는 일본에 국서를 보내 몽고에 항복 하라고 하였다.

  • 77名無し2016/12/19(Mon) 08:18:13ID:IzMjAwNjM(20/23)NG通報

    >>75

    굴복하지 않으면 생존할 수가 없다면, 굴복하는 것이 당연.
    어떤 일이 있어도 굴복해서는 안된다고 생각한다면, 그것은 순진.

    굴복해본 경험이 딱 한 번, 미국에 의한 항복 뿐이지만, 그것은 일본만의 특수한 경험입니다. 그것을 세계의 표준으로 생각하지 마십시오.

  • 78名無し2016/12/19(Mon) 08:46:06ID:E4NDUwNDU(18/24)NG通報

    >>71
    シャーマニズムによるものかなあ。

    >>77
    "日本国"として戦ったことはほとんどないから。
    日本国内の各地域同士ではしばしば征服と屈服があるよ。

  • 79名無し2016/12/19(Mon) 09:33:35ID:IzMjAwNjM(21/23)NG通報

    >>78

    타지역 영주에 의한 굴복과, 미국에 의한 굴복은 다른 것이지요.
    근대와 전근대를 불문하고,
    같은 언어, 같은 문화권의 사람에 대한 대우와
    다른 언어, 다른 문화권의 사람에 대한 대우는 완전히 다릅니다.

    예를 들어, 있을 수 없는 일입니다만, 한국과 일본이 전쟁을 한다고 가정하면, 한국군이 일본의 사찰을 발견하거나, 일본군이 한국의 사찰을 발견한다면, 우선 경의를 표하게 될 것입니다. 최소한의 대우입니다.

    그러나, 몽골인이라던가, 북방 유목민족들에게는 그런 면이 전혀 없었다는 것입니다. 모든 것을 파괴합니다.

  • 80752016/12/19(Mon) 21:04:24ID:UxMjUzMzg(2/2)NG通報

    >>77
    服従の歴史を持つ事が恥だなんて一言も言ってないぞ
    半島の地理を考慮したら侵略は免れない
    ただそういう歴史があったのも事実だねって言いたいだけ

    お前は一体何を否定してるんだ?

  • 81名無し2016/12/19(Mon) 21:32:49ID:cxMDgwNTk(3/3)NG通報

    てかなんでこんな喧嘩腰になってんだ

    空気を共有しがたい翻訳掲示板ではコメントの脈絡は慎重に考慮すべきだと思うんだが。

  • 82左巻きの名無しさん2016/12/19(Mon) 23:12:03ID:ExMjY0NjU(2/5)NG通報

    >>73

     丁寧な御解説に感謝です。また、スレとはずれた史料に基づかない感情的応酬は当方も嫌ですので、貴方の御方針に同意です。参加の皆さんにも良ければ意識欲しいことですよね。

     さて、本論の高麗王朝と金との関係への御認識理解しました。恐らく、これが今の定説の「歴史認識」によるものかと想い、読ませて頂きました。了解です。


     個人的な見解ですが、高麗期なら、少なくとも王朝を構成する組織内だけなら、同じ事象について、当時書かれた記録が複数遺物として存在し、「史実」へのアプローチが可能ではないかと想います。日記、随筆、漢詩等の史料の記載日時を検証した上で、当時の著者の価値観を基準に解析を深めて行くことを期待します。
     その様な観点から、ご記載の「歴史認識」による歴史解釈自体には異論は述べませんが、今の「韓国人の皆様」が持ち、過去の人々が持たなかった価値観が、その中に在りますので、その指摘のみはさせて下さい。

     「事大」の概念は、杜甫の故事に由来しますが、今の韓国では、故事成語と成った当時とは全く異なる価値認識の「レッテル」として余りに多用され過ぎです。ここもその価値認識で読む方が居ることを意識して言葉は選ぶべきでしょう。
     対外勢力と対峙するとき、戦うか戦わないか、どの様な関係を結ぶかは、「事大」の概念が意識される太古の昔から世界中に存在。もっと言うとヒトが分化する前の哺乳類の群れでも発生する事象に「事大」を被せるのは如何なものかと思います。「事大」を何にでも被せるのは、韓国人だけですよ。

     過去の変えようのない歴史に、今の価値観を被せて卑屈になることはない。

     この歴史の当事者は当時の価値観で自らの想いで活路を拓こうとして行動し、その結果を受入れた。その時系列上で、半島の民は、その影響を被りつつ営みを重ねた結果として、良く悪いは関係無く、今の韓国人の皆様は、この世に生を享けたのです。

     自分は日本の小島に棲息し続けた「ヒト科の哺乳類」。今の区分は日本人。でも中央権力とは無縁の僻地、当時の先祖に「日本人」の認識は無い。先祖は後世に誕生した自分なんて想定外で自分もその頃の先祖を知らない。ましてや、その時代の無縁の朝廷や幕府とその御家人に感情移入する理由は無いし、自分の色のサングラス越しに評価する意味も無い。そんな視点ですね。

  • 83名無し2016/12/19(Mon) 23:38:29ID:E4NDUwNDU(19/24)NG通報

    >>79
    日本の織田信長は平安以来の宗教聖地を全員殺して焼き払った。
    日本は偶然、中華文明圏側と騎馬部族の側を両方知ってる気がする。
    中華文明に対しては文化破壊は行わない。
    しかし騎馬民族のような戦い方をする者には同じ態度で接すると思う。

    その後者の面が、中華相手に悪い形で表れてしまったのが先の戦争。
    同時にその感覚のために、米国の民間攻撃を天災のような感覚で受け入れている。

    でもあなたの言いたいことは、よくわかります。

  • 84名無し2016/12/19(Mon) 23:44:37ID:E4NDUwNDU(20/24)NG通報

    ただ騎馬民族のとんでもない強さは、
    実際被害を受けた者以外は、きっとうまく説明できないね。
    ほとんどただの一方的な"狩り"だからな。
    戦争ですらない。

  • 85左巻きの名無しさん2016/12/20(Tue) 02:08:18ID:kwODY3MDA(3/5)NG通報

    >>11

     このリンクは、ハングルでの整理なので日本人には、取り敢えず、ページ総てをコピペ翻訳して、該当箇所を探すしかない。

     でも出てきた漢文はちゃんと句読点付なので、まともに学んだ日本人なら読めるのだろう。俺は無理で気力が続かない。で、ザクッと斜め読みでの拾い読みで端折ったけど、次の一行要約が印象として残ったよ。半島では、人望が無いと何時の世でもこうなるのだね。日本とは大違いだ。

     王さんが酒や何とかの癖が悪く、政務をしないので衆が憤慨、そこにヒーローが登場、河川工事をしたら、皆が喜んだ。


     ちゃんと読んだ人居たら、もう少し肉付けしてね。髪の毛と足の爪迄見たけど、肝心な臓器類は拾ってませんので(笑)

    #  一般論ですが、この手の文献は遺した側の主観的視点での正統化の意図が自然に入るものです。この立脚点以外の視点の日記等の文献との照合が出来ると史実が見えて来ると思いますね。

  • 86左巻きの名無しさん2016/12/20(Tue) 03:06:09ID:kwODY3MDA(4/5)NG通報

    >>9

     スレ主の書いたことでは無いのだけど、「文治」と言う飾り言葉必ずと言っても良い様に、半島の歴史全体に登場します。

     御引用の日本人向けのURLにも

    「高麗では文治主義の伝統に基づき、武班官僚は文班官僚の下位におかれていた。」

    との意味不明な表記が在ります。

     質問ですが、今の韓国人が、歴史的事象に「文治」を冠するときの意味は具体的には、どの様な場合なのでしょう?

     日本人の自分が見る限り、内実の伴わない無為な治世に無理矢理、王冠を被せ美化している史実探求とは完全に無縁の「呪い札」にしか見えません。これも「事大」と同様、歴史を語る上で不要な言葉の様に思えるのです。

     もし、この高麗期の歴史でも「文治」が不可欠な概念語なら、その実体をお教え頂けると有り難いです。このスレに関係無ければ、無視頂いても結構ですが、判ると嬉しいです。

  • 87名無し2016/12/20(Tue) 04:32:26ID:cxNjk5NDA(22/23)NG通報

    >>82

    감사합니다! 말씀하신 내용에 동의합니다.

    특정한 파벌에 감정이입을 하고 있는 것은 아닙니다.
    저는, 역사의 해석에 있어서 현재의 상황이 지나치게 개입되는 것을 격렬히 거부하는 사람입니다.
    事大主義라는 것이, 현재의 관점으로 보면 비굴한 것이므로, 나의 조상들이 비굴한 사람들이었다고는 생각하지 않습니다.
    오히려, 당시에 반도인들의 입장으로 보면 당연한 선택이지요.
    저는 선조들의 선택을 존중하며, 금나라와 전쟁하지 않은 것이 탁월한 선택이었다고 개인적으로 생각하고 있습니다. 오히려, 한반도의 역사에서, 어느 국가에 충성할 것인가 하는 문제는 무한반복이지요. 조금은 다른 형태로, 지금도 반복되고 있습니다.

    >>85

    말씀하신대로, 구체적인 사실에 대해서는 더욱 조사가 필요합니다.
    고려사절요는, 조정에 협력하는 역사가들이 저술한 것입니다.

    >>86

    신라와 高麗는, 민중의 종교는 불교, 정치 엘리트의 이념은 유교를 추구한 국가입니다.
    文治主義라는 것은, 중원의 유교논리에 입각해, 국가 내부의 모든 무력을 중앙정부가 소유, 쿠데타를 억제하려고 하는 수단입니다. 신라의 삼국통일, 그리고高麗의 삼국통일의 이후, 양국은 똑같이 지방세력의 군사력을 억제, 中央貴族化를 추구했습니다. 국가의 힘을 하나로 만들지 않으면, 외부의 압력에 효율적으로 대응할 수 없다고 하는, 일종의 반도인의 본능이라고 생각합니다. 동시에, 국왕의 무리한 독재를 정당화하는 이데올로기였다고 생각합니다.

    이러한 이유로, 高麗의 武臣들은 반드시 文臣의 지휘에 따랐습니다. 부차적으로 武臣에 대한 차별대우가 생겼으며, 조선시대에는 이 武臣들을 국가 엘리트에 통합, 양반이라는 계층을 만들었습니다. 그리고, 훗날의 조선의 시스템을 창조한 유학자인 鄭道傳은, 국왕을 배제하고 신하들이 정국을 지도하는 체제를 만들고자 했으나, 李芳遠에 의해 제거, 기획은 실패한 일도 있습니다.

    한반도는 지역간의 분쟁이 격렬했던 장소였고, 현대까지도 그 잔재가 있습니다. 나름대로 이유가 있는 정책이라고 생각합니다.

  • 88名無し2016/12/20(Tue) 05:22:29ID:I5NTE0MDA(2/5)NG通報

    >>78 북방기마 민족은 사찰에 불을 지르고 승려를 노예를 잡아간다.

  • 89名無し2016/12/20(Tue) 07:25:27ID:Y1MDcxMDA(21/24)NG通報

    >>88
    モンゴルはチベット仏教の庇護者だよ

  • 90名無し2016/12/20(Tue) 10:29:55ID:I5NTE0MDA(3/5)NG通報

    >>89 몽골과 청나라도 초기에는 티베트 불교를 믿지 않다. 제국이 되고 나서 비로서 승려를 우대 하였다.

  • 91名無し2016/12/20(Tue) 10:37:17ID:I5NTE0MDA(4/5)NG通報

    >>89 몽고가 고려에 침입하여 신라 시대때 부터 내려오던 황룡사 9층 목탑에 불을 질렀다.
    청이 조선에 침입하여 사절에 있는 승려까지 모조리 노예로 잡아갔다.

  • 92名無し2016/12/20(Tue) 10:38:44ID:I5NTE0MDA(5/5)NG通報

    >>89몽고가 고려에 침입하여 신라 시대때 부터 내려오던 황룡사 9층 목탑에 불을 질렀다.
    청이 조선에 침입하여 사찰에 있는 승려까지 모조리 노예로 잡아갔다.

  • 93名無し2016/12/20(Tue) 22:53:53ID:Y1MDcxMDA(22/24)NG通報

    >>90
    そうかなあ
    結構古くからモンゴルはチベット仏教を庇護してると思うけどなあ。
    https://en.wikipedia.org/wiki/Sakya_Pandita

    女真はヌルハチのときから文殊菩薩の信仰者だね。

  • 94名無し2016/12/21(Wed) 10:45:24ID:A4Njc5MDQ(2/2)NG通報

    高麗の歴史は興味深いので 続けてほしい。
    モンゴルに対する評価は とりあえず後にした方がよいんじゃない?
    高麗から 話がそれてしまう。

    文治主義というのは 中国から輸入された統治システムで 日本では「律令制度」と呼ばれるものと同じだよね?
    もちろんそれぞれの国の事情によって 変形されているだろうが。
    日本の場合は 中央から「受領」と呼ばれる下級貴族が 地方へ派遣され、政治を行った。
    実態は「受領は倒れた場所で 土でも掴め」 つまり失敗しても ただでは帰るなと言うぐらい、賄賂と収奪で一財産築けたらしい。
    つまり 政治なんてしてなかった。

    武士は 受領の一部が地方に土着して、土地の有力農民と結びついて武装化したもの。
    農民は、貴種(身分の高い人)が 中央に対し自分たちの権利(土地の所有権)を主張してくれるのと同時に 自分たち同士の争いの調停をしてくれることを期待した。
    武士の時代に、領主は積極的に治水灌漑工事を行って土地を開拓し 人口が増え、商業も発達。
    汚職もなかったわけではないが、日常化するようなことはなくなり、近代化の条件が整う。

    これまでの説明では 武臣と文臣の性格の違いがまだよくわからないので、もう少し説明してほしい。
    武臣は 日本の武士とは少し違う気もする。
    でも モンゴルによって 武臣政権がつぶされたことが、
    韓半島の発展にとって 大きなマイナスだったことは想像がつくよ。

  • 95名無し2016/12/21(Wed) 22:48:06ID:ExNjkxNTU(23/24)NG通報

    文治主義はいわゆる civilian control 文民統制だよね。
    武断主義は、まあ日本の武家社会だけど、英語にするとただの"軍国主義(militarism)"になってしまう。
    がっかりな呼称だ。
    文治主義は今のほぼ全世界の標準だと思うけど。世界的には近世以前の日本のような社会は"遅れている"という扱い。
    まあ高麗は評価の高い側だったんだから、いいんじゃないの。

  • 96名無し2016/12/22(Thu) 01:53:56ID:Y4Njk2OTQ(23/23)NG通報

    >>94
    >>95

    율령제도가 맞다고 생각합니다. 모든 힘은 중앙의 통제를 받는, 근대국가와 유사한 체제입니다.

    이러한 이유로, 高麗의 武臣은 철저히 중앙의 통제를 받습니다. 현대의 한국군이 한국국방부의 통제를 받는 것, 별도의 세력을 허용하지 않는 것과 같은 것입니다. 그러나 高麗는 조선에 비해 중앙집권화가 부족했기 때문에, 文臣과 武臣은 私兵을 거느리고 있었습니다.

    私兵은 개인 소유의 병력이며, 조선시대에 비로소 금지됩니다.

    武臣들은, 지방의 농민들과 결합하기 이전에 정권을 상실했습니다. 또한 일본의 武士들이 교토의 조정과 별도로 막부를 만든 것에 비해, 武臣들은 高麗의 수도, 개경의 조정의 시스템을 그대로 활용했습니다.

  • 97名無し2016/12/22(Thu) 07:31:32ID:U4MzEyMTA(24/24)NG通報

    >>96
    武士による封建制は明治維新で解体されたよ。
    全員廃業して中央集権化した。
    武士自身が武士の身分を廃止した。

  • 98左巻きの名無しさん2016/12/22(Thu) 10:30:39ID:UwMDcxNzA(5/5)NG通報

    >>87

     こちらこそ有難うございます。貴方の真摯な御姿勢には、誠に嬉しく感じて居ます。当方の方法論的なアプローチに反応頂き有難うございました。

     人類史は、口伝にしても言語表現され、他者に伝達されることで発生します。そしてそれが、「文字」で表現され遺ることで、将来に向かい、時空を超越して他者に伝わることで、初めて「歴史学」が成立します。しかし、伝達側の「言葉表現」はその自体な存在した最適な用語を選択して表現したものなのです。でもそれを解釈する側は、その表現者の用いた言葉を文字のまま読み、解釈者の持つ語彙の意味で捉え、それを普段使う言語に置き換えて理解してしまいがちです。指摘した「事大」と「文治」は、半島のみで多用される概念語なので、記述時に意図した意味合いで、それが判る表現で用いるなら良いのですが、新たな評価として付加するなら曲解を招くことになります。それは避けたいとの趣旨です。
     能く「歴史は繰返す」と言いますが、自分の解釈を振返ると、現実には、類似箇所を探し、特別史料に根拠も無く感覚的に、「同一視したこと吠えているだけ」に成っていることも多いですから(笑)。

     何か催促のレスも新たに入ってますので、これよりスレのお題に戻りますね。感謝。