イギリス、アメリカのプロパガンダ戦略

66

  • 1名無し2016/12/08(Thu) 17:55:55ID:U4MjAzMTI通報

    http://www.populstat.info/Asia/chinac.htm
    データによって異なる可能性はありますが、どうも1800年以降最も中国人を殺したのはイギリス人のようです。
    人口を見るだけでも、アヘン戦争が始まってから7000万人ほど減っていますね。
    対して日中戦争で死んだ中国人はこのグラフからは見えません。それほど少ないようです。

    しかし、中国人はイギリス人を責めません。日本がどれほど技術支援、経済支援、環境支援をしても責め続ける中国人がです。
    イギリスのプロパガンダの何がそれほど優れているのでしょうか。

  • 17お願いしたい2016/12/08(Thu) 21:44:01ID:U3NDQ5NzY(3/10)NG通報

    >>15
    うん。

    で・・・そこに韓国も入りたいっと。
    わかりやすい説明ありがとう。

  • 18名無し2016/12/08(Thu) 22:08:16ID:M1MDc2NjQ(1/1)NG通報

    日本が情報戦に疎いお人好しなだけ
    韓国にもプロパガンダで負けている

  • 19お願いしたい2016/12/08(Thu) 22:17:02ID:U3NDQ5NzY(4/10)NG通報

    >>18
    侍の精神が強いからね。

    しばし忘れよ。

  • 20名無し2016/12/08(Thu) 22:19:34ID:U4MjAzMTI(4/8)NG通報

    >>1
    http://www.populstat.info/Asia/japanc.htm
    ちなみにこれが日本の人口推移です。
    西南戦争と日清戦争の死者数が共に13000人。
    これらは人口の増加に影響しませんでした。
    日露戦争の死者数が88429人。
    日露戦争では若干人口が減りましたが、すぐに回復しました。

    1939年付近の第二次上海事変とノモンハン事件では人口増加が止まりました。20万人近く死んだのかもしれません。
    第二次大戦では約300万人、シベリア抑留では約30万人死にました。こちらはグラフで見ても人口が激しく下がったのが分かります。

  • 21名無し2016/12/12(Mon) 20:58:27ID:IwOTcwNjg(5/8)NG通報

    >>1
    考えてもらいたいことがある。

    イギリスは広東省でアヘンを売っていた。
    林則徐は広東省でアヘンを取り締まり、それに怒ったイギリスはアヘン戦争を起こした。
    イギリスはアヘン戦争に勝利しさらにアヘンを大量に売った。
    当然広東省は荒れ果てた。

    太平天国の乱を起こした洪秀全は広東省出身だった。
    しかし何故か清を恨み、イギリスを恨まなかった。儒教を憎み、西洋の神をむしろ賞賛した。

    洪秀全はあまりにも怪しい。

  • 22お願いしたい2016/12/12(Mon) 21:43:45ID:k5NjQyNjQ(5/10)NG通報

    >>21
    イギリス様の戦略は凄まじいからね。

  • 23名無し2016/12/12(Mon) 21:52:17ID:EyNTMwMzY(1/1)NG通報

    >>20
    朝鮮のはないの?
    朝鮮は日本に併合されてから急激に人口が増えて
    第2次世界大戦中も空爆もなく、ぬくぬくと暮らしてたんだよね

    ただし、行くことを禁じられていた日本にカネを稼ぐために密入国してたから
    半島内の朝鮮人の人口は増えていないのかな

  • 24名無し2016/12/12(Mon) 21:55:16ID:Y2NjI5NzI(1/1)NG通報

    >>13 そういう話では無いんだよな。子供? 朝鮮人は、少しは話の筋を考えなよ。 論点がどこにあるか考えろよ。

  • 25名無し2016/12/12(Mon) 22:13:45ID:kyMTA2NjA(1/3)NG通報

    >>13
    あなたも殺してるんですよ。
    加害者になる覚悟すら無い者に
    できることなど何ひとつない。
    自分を善だと思い込んでる人間を俺は信じない。

  • 26名無し2016/12/12(Mon) 22:15:06ID:kyMTA2NjA(2/3)NG通報

    >>1
    というか、そのグラフのリンク先を知りたかった。

  • 27名無し2016/12/12(Mon) 22:21:19ID:IwOTcwNjg(6/8)NG通報

    >>26
    これ
    http://www.populstat.info/Asia/chinac.htm
    の表のデータをエクセルに打ち込んで自分で作りました。
    ただし1866年だけは1年で8000万人増えて翌年8000万人減っていることから入力ミスと思われるので1865年と1867年の平均に変えました。

  • 28名無し2016/12/12(Mon) 22:30:18ID:IwOTcwNjg(7/8)NG通報

    >>13
    アヘン戦争とそれに伴う内戦で7000万人減っています。
    毛沢東の大躍進政策で2500万人減っています。
    国共内戦の1949年だけで600万人減っています。
    増加傾向にあった人口が減少に転じているので死者はさらに多かったでしょう。
    1920年の中国内戦中では年間150万人ずつ増えています。その直前の年は500万人増えていたので、増え方は激減しています。民間の死者も年間あたり数百万人いたでしょう。

    対して、1932年から始まる日中戦争の間は、一貫して中国人は300万人ずつ増えています。その直前の年も300万人増えていたので、増え方も変わっていません。民間人の死者はほぼいなかったと考えられます。「民間人は狙っていない」「中国人を助けるために戦った」という日本の主張の裏づけになります。

  • 29お願いしたい2016/12/12(Mon) 23:23:42ID:k5NjQyNjQ(6/10)NG通報

    >>28
    南京落城の時の映像は感無量ですよね。

    日本の兵隊さんを中国人が歓迎してる。

  • 30お願いしたい2016/12/12(Mon) 23:31:50ID:k5NjQyNjQ(7/10)NG通報

    >>28
    内戦を起こさせるのは、いつものやり方ですよね。

    洪秀全しかり。

    白人さんの息がかかるとろくな事がない、虐げられる側に甘い言葉で近づいてそそのかす。

    歴史の闇は深いです。

  • 31名無し2016/12/12(Mon) 23:40:01ID:IwOTcwNjg(8/8)NG通報

    >>30
    そうですね。
    あまり言いたくないですが、日本も革命を促したのはイギリスでした。それも薩英戦争でイギリスに恨みがあるはずの薩摩がイギリスと手を組んだという。
    革命せずに近代化すれば余計な死者は出なかった。明治維新は奇跡的に3万人程度の死者で済みましたけどね。

  • 32お願いしたい2016/12/12(Mon) 23:51:59ID:k5NjQyNjQ(8/10)NG通報

    >>31
    はい。トーマス・グラバー恐るべしです。

    イギリスの没落がささやかれる昨今ですが、やはり イスラエル イギリスは侮るべからずですね。

  • 33名無し2016/12/19(Mon) 21:59:11ID:gwMDYzMDk(1/2)NG通報

    中国人に見て欲しい
    情報さえ共有できればアジアの団結は簡単なのに

  • 34お願いしたい2016/12/20(Tue) 00:35:16ID:g0MDI4NDA(9/10)NG通報

    >>33
    アジアの団結は無理です。

    日本人とは文化が違うから。

    お互いの文化を尊重して 一定の距離をおいてのお付き合いが万全だと思います。

  • 35お願いしたい2016/12/20(Tue) 00:40:14ID:g0MDI4NDA(10/10)NG通報

    >>1
    アメリカ イギリスのプロパガンダは今でも完全で有効ですね。
    日本で 話題になった小保方さん 覚えてます?

    あの細胞は アメリカの会社が特許をとりましたよ。
    知らない日本人 多いみたいです。

  • 36名無し2016/12/22(Thu) 00:10:38ID:U4MzEyMTA(3/3)NG通報

    >>27
    自作ですか。
    貴重な資料を見せて頂いてありがとうございます。

    近代前半の中国の人口衰退は激しいですね。
    江戸末期で4億の人口はWW2頃までほぼ変化がない。
    一方幕末に3千万だった日本は通常の発展地域同様、
    WW2当時は2倍半増えている。

    中国は1930年代に減少はないので、満州国は中国側にカウントされているものと思います。
    当時の日本が7500万(内地)+3000万(台湾・朝鮮)+4000万(満州)≒1億5千万、
    満州を除いた3億台後半の中国には、人口でリーチが掛かかりつつある。
    一部に中華利権への妄執が生じたのもわかる。

  • 37名無し2016/12/22(Thu) 08:06:48ID:M2OTMwOTA(1/1)NG通報

    大日本帝国が香港のイギリス人を追い払ったのにまた奪われて2000年まで統治されてた恥ずかしい中国人。

  • 38名無し2016/12/22(Thu) 08:28:07ID:I1MjkwMTY(1/1)NG通報

    원래 북방에는 도살자들이 있어서
    중국이 살찌면 주기적으로 잡아먹어서
    인구 조절했지만
    북방인들이 소멸한 지금
    중국인의 증식에 장애가 없는데....

  • 39名無し2016/12/22(Thu) 15:48:14ID:AyMTM2NDI(2/2)NG通報

    今の中国の貧困問題は、上海の財閥と中共幹部が欧米へ金を持って逃げることが問題なのに、南京を理由に日本に戦争をしかけようとする上海財閥と中共。
    日本としては、平和が欲しいなら、歴史戦を仕掛けて上海財閥と欧米に逃げた中共幹部を叩けばいいだけ。せっかくインターネットがあるのに情報発信して中国世論を動かそうとしない。
    あまりにも愚か。


    イギリスなんて大虐殺の限りを尽くしたにも関わらずプロパガンダだけで紳士の称号を手に入れているのに。

  • 40名無し2017/01/27(Fri) 15:17:30ID:YxODY1NDk(1/11)NG通報

    有名ですね

  • 41名無し2017/01/28(Sat) 14:50:50ID:Y0NzMxMzY(2/11)NG通報

    今も続いてる?

  • 42名無し2017/02/05(Sun) 13:24:33ID:g1NDAzMzU(3/11)NG通報

    台湾のサイトに白人がいて中国たたいてます。
    プロフィールに自分の画像のってて台湾人なの?って聞いたら
    画像消しちゃった。

  • 43名無し2017/02/05(Sun) 22:56:13ID:YxMzc5MjA(1/1)NG通報

    イギリスのプロパガンダのせいではなく 中華思想のせいだろう。
    もともと 日本は中国の令を知らない野蛮人。
    野蛮なけだもののような奴。オレたちが教えてやらなかったら 裸で暮らしていたくせに!
    あんな奴らには 何を言ってもいい。
    あんな奴らに やられたなんて!
    許せない。道徳的に上なのは オレたちの方だ!!
    謝れ!

    さすが どこかの小中華の国の宗主国様。

  • 44名無し2017/02/05(Sun) 23:03:09ID:U1MTI4MjU(1/3)NG通報

    >>43
    いや、実際に日本が国民党を追い出した時は中国民衆が歓喜していたんだよ。
    南京虐殺を起こしたのは国民党と共産党であり、日本は助ける側だったから。
    そんな中華思想とか言っていられる場合じゃなく、日本軍が英雄のように見えたことでしょう。

    国民党の南京大虐殺、日本軍の南京大歓喜、共産党の南京大虐殺、と歴史できちんと教えればいいのにね。

  • 45名無し2017/02/06(Mon) 00:00:49ID:kzNTI5OA=(1/2)NG通報

    >>42
    今は香港、台湾に力入れてやっているだろうね。
    日本もそうだね。
    この先、韓国でもやるだろう。
    それとベトナムとフィリピンか。

    昨年暮れ、香港に旧香港の提督パットンが入って、民主活動家集めて講演している事も偶然じゃないでしょ。

    別に良いとも悪いとも言わないけどね。中国の肥大化は望む所ではない。

  • 46名無し2017/02/06(Mon) 00:01:35ID:kzNTI5OA=(2/2)NG通報

    >>45
    ごめん

    パットンじゃなくて、クリストファーパッテンだった

  • 47名無し2017/02/06(Mon) 17:31:05ID:Q1NDcwMg=(1/2)NG通報

    >>6 모택동 공산혁명을 모르는 우익혐한

  • 48名無し2017/02/06(Mon) 17:33:12ID:Q1NDcwMg=(2/2)NG通報

    >>44

    중국인이 네가 하는말을 들으면 2012년 대폭동 재현될듯

  • 49名無し2017/02/06(Mon) 18:40:08

    このレスは削除されています

  • 50名無し2017/02/06(Mon) 19:18:01

    このレスは削除されています

  • 51prusha◆lE4419LonQ2017/02/06(Mon) 19:47:58ID:EwNzU0ODY(1/1)NG通報

    英国だけでなく米国も、事実上、米国も最も多くの虐殺を行った国家である土地も全部に迫るほど強奪して人類に容認されているさまざまな理由があり得るが、。 いくつかを話をすれば。

    第一、勝利者の位置にあるという。(人類の卑怯さ)
    二番目。未来にも勝利者である可能性が高いということだ。(卑怯さ)
    三番目。米国と英国などを代替する国家が近未来にはないということ。(卑怯さ)
    四番目。英国と米国は非常に好戦的で実質的攻撃をする国家というもの。(卑怯さ)
    五番目。長期的に低俗な彼らの文化と戦略が人類を洗脳、汚染させてきたという。(無分別さ)

    結論は、アメリカ、イギリスと共にほとんどの人類も水準が低いからだと思います。

    彼らが優れたのではなく、すべて低いからだと思います。
    本来同レベル同士で同調して賛同することです。

    たとえば、模範生が遅刻したり、無断横断をすることは、問題の種になりますが
    連続殺人者が暴力を行使することはよくあることと受け入れられるものだと思います。

    私は、英国や米国が優れていると思いません。 実際、いくら彼らが優れているとする部分があっても彼らの低俗さ一つだけでも全部無意味だと思います。

  • 52名無し2017/02/06(Mon) 21:23:50ID:c0MjM3Nzg(1/1)NG通報

    >>51
    アングロサクソンの根を辿れば民族的に海賊の暴力性、殺して奪って遊んで暮らす民族
    それと稀代の頭脳民族で、宗教上、労働は神の罰と考え、他者に寄生し生きる金貸し

    そういうコンビなので。

  • 53名無し2017/02/06(Mon) 23:29:38ID:Q0NDY3OTA(2/3)NG通報

    >>51
    第二次大戦で朝鮮は日本側で戦ったのに、わざわざ虐殺国家の英米側で戦ったと歴史捏造する。
    しかもそれが誇りだと思っている。
    何もかも無茶苦茶だ。

  • 54名無し2017/02/06(Mon) 23:42:15ID:E4MTE5OTg(1/4)NG通報

    >>23
    フランスの方が前に指摘していましたよ
    YouTubehttp://www.youtube.com/watch?v=_4qQCRT0v-4

  • 55名無し2017/02/06(Mon) 23:44:29ID:E4MTE5OTg(2/4)NG通報
  • 56名無し2017/02/07(Tue) 14:05:59

    このレスは削除されています

  • 57名無し2017/02/07(Tue) 19:45:52

    このレスは削除されています

  • 58zz名無し2017/02/07(Tue) 20:39:09ID:MwOTYwMTE(1/1)NG通報

    んなこたあどうでもいい、シナと朝鮮人は
    地球人類の敵だ、この世から消去する

  • 59名無し2017/02/07(Tue) 20:53:28ID:E4NzEyMzE(3/4)NG通報

    気持ちが悪い画像貼るの辞めて貰えないかな
    面白いと思って貼ってるのかな?

  • 60名無し2017/02/08(Wed) 05:29:38ID:E5MzA0NjQ(4/4)NG通報

    管理人さんサンクス

  • 61名無し2017/02/08(Wed) 13:43:04ID:k0MDAwOTY(8/11)NG通報

    アメリカの裏はエジプト

  • 62名無し2017/02/10(Fri) 16:00:09ID:k5NzMyNzA(9/11)NG通報

    いっぱいますね。

  • 63名無し2017/02/10(Fri) 18:19:19ID:k5NzMyNzA(10/11)NG通報
  • 64名無し2017/02/12(Sun) 21:10:45ID:A1NDY0NDQ(11/11)NG通報

    >>1
    凄いデータだ

  • 65名無し2017/02/12(Sun) 21:15:23ID:YyMzk0MTY(1/1)NG通報

    >>1
    この人を忘れてはいけない。。
    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=MV29sgtcMAc

  • 66名無し2017/02/12(Sun) 21:18:53ID:gwNTA1ODA(3/3)NG通報

    >>65
    その人の戦争より米英の方が遥かにえげつない。
    中国人の死者数を見るだけでもイギリスが断トツだけど、米英が本当に民族浄化を行ったのはアメリカ大陸、オーストラリア、インド、アフリカ、ハワイ、だからね。
    中東でもずっと戦争しているし。