東京のルーベンス

9

  • 1スレしゃ2016/11/18(Fri) 05:57:22ID:Y5ODY3MDI(1/1)NG通報

    フランダースの犬のルーベンスの作品だよ‼
    亡くなった兄の子供フィリップとクララを描いた作品、ルーベンスはこの後二人を引き取って自分の子供として育てたんだよ(^_^)
    フェルメールと同じく国立西洋美術館でいつでも見ることができるので皆さんぜひぜひ\(^o^)/

  • 2名無し2016/11/18(Fri) 09:01:55ID:UyNTI0MDI(1/1)NG通報

    ふむふむ

  • 3名無し2016/11/18(Fri) 09:20:54ID:AzOTQzNDA(1/1)NG通報

    작성자 노인?

  • 4名無し2016/11/18(Fri) 09:56:50ID:Y0NTM0NDY(1/1)NG通報

    パトラッシュ居る?

  • 5たとえ真作であっても、ルーベンスの作品を描いたのはルーベンスとは限らない2016/11/18(Fri) 19:57:09ID:AwODQxNDg(1/2)NG通報

    >>1 が載せた二人のガキの別の絵、他にもどっかにあるぞ。何度も絵のモデルになっている。ルーベンスにとって、よほどお気に入りのガキだったのだなと思う。

    さて、贋作のチャンピオンと呼べるほどルーベンスには贋作が多い。なぜか? 理由の一つにものすごい多作の画家だったことがあげられると思う。実は個人で描いてたわけじゃないのだ。

    ルーベンスは工房を持っていて、なんと数百人!もの画家を雇って商売していたんだ。一説にはデッサンだけがルーベンスで後は職人に描かせてたとか。或いは最後の仕上げだけルーベンスが行ったとか。絵の工程や描く部位で複数の職人が担当していたのだろうと思う。特に号数の大きな絵だと、一人では時間がかかるしね。

    という訳で、ルーベンスの作品とは、ルーベンスが監督した作品と考えるのが正しい。
    映画とかと一緒だよね。

  • 6名無し2016/11/18(Fri) 20:10:22ID:g5MzgzMDA(1/1)NG通報

    >>5
    あの当時は著名画家は工房持ってパトロンが居るのは当たり前だぞ?
    変態変人なダビンチも。
    パトロンからの要請で描きたく無い物を書くんだよ。金の為に。
    宗教画のエロ画は大体がパトロン要請だと言う。
    画材の原料である鉱石が高くてホイホイと描けないからね。
    特にコバルトブルーの原料のコバルトが高くて絵の具自体がクソ高い。
    偽物ではコバルトブルーの発色は出ない。代替えの無い色だし。
    更に、絵の具の原料で混ぜると化学反応もあるから、これは自分で試して覚えなければならない。

    フラダンスの犬の主人公ネロは偽善の神なんだよね。
    そうして見るとパトラッシュが道連の被害者…違う意味で泣きたくなるw

  • 7名無し2016/11/18(Fri) 20:21:26ID:M1MzY0OTI(1/1)NG通報

    1枚の絵でいちいちスレを立てなくてもいいだろ
    レスも閑散としてるし非効率的だ
    「日本で見られる西洋絵画の巨匠たち」みたいなスレタイでいい

  • 8名無し2016/11/18(Fri) 20:36:11ID:AwODQxNDg(2/2)NG通報

    >>6
    ルーベンスのパトロンかぁ。考えたことも無かった。
    だいたいルーベンス自身が爵位を持ってたような気がする。

    ルーベンスって外交官の顔も持っていたし、恐らくスパイとしての顔も持っていたじゃん。
    工房も最初はイタリアだったけど、外交官としての都合で、そこからいろいろ移動してるはず。

    絵のパトロン持てたとしても、やっぱ一時的なものでしかないんじゃないかな?
    けど、普通のパトロンとか、やっぱ似合わない気もする。
    しいて言えば当時のドイツ(当時だと神聖ローマ帝国あたりになるのかな?)の政府が妥当なのかな?

  • 9名無し2016/11/18(Fri) 20:39:14ID:c1NDI4MzA(1/1)NG通報

    >>4
    美味しかったニダ

レス投稿