朝鮮の『奴婢』は 【ノンキャリ官僚】?

66

  • 1流狼2017/08/11(Fri) 19:46:16ID:kxNTY5MzM通報

    『え?またかよ〜韓流時代劇のチョゴリはウソだった。』スレで、

    >44名無し1時間前ID:g5MzE4NDA(3/3)
    >>22
    閨閥を防ぐためじゃないかな。
    後宮に入ることは普通に考えれば出世へのパスポートだろ。朝鮮でも後宮に入ってお手付きになれば側室になれる可能性がある。
    それは日本も中国も同じ。
    あなたはどうも朝鮮の奴婢をアメリカの黒人奴隷か何かと混同していないか?朝鮮の公奴婢は現代で言えばノンキャリア官僚だよ。…

    …と、言われた。

    でも、
    >>良賤交嫁を想定して身分制度を維持するために、1039年、高麗王朝(靖宗の治世)で婢女が生んだ子供は主人(非賤民)の所有物とされ、生母[9]が賤民ならば子供も奴婢とするという、「賤者随母法(奴婢随母法)」が定められた。
    (wiki【朝鮮の奴婢】より)
    『人権を剥奪され、所有を金銭で売り買いされる…存在』の何処が『他国の黒人等の奴隷と違う』のか?

    たしかに、
    >官奴婢は、他の奴婢よりも高い地位にあり、良民と奴婢との中間のような立場であった。
    …とあるから、【官奴婢】は、他の奴婢とは違う階級であったのだろうが、何れにしろ、『普通の奴婢』から『選抜』された存在である。

  • 17流狼2017/08/12(Sat) 07:27:14ID:c3MDY0MzY(7/24)NG通報

    (日本wikiより)
    >最も数が多いのは王朝が滅亡した時であり、百済滅亡時には百済の民はいずれも奴婢とされたという。これが全羅道差別の根源であり、韓国の地域対立が生まれたとも言われる。

    (゜ロ゜)むむっ…
    地域差別の影に、奴婢制度有り…

  • 18流狼2017/08/12(Sat) 07:34:21ID:c3MDY0MzY(8/24)NG通報

    日本にも、奴婢制度は有ったけど、平安時代に禁止されているね。
    (日本wikiより)
    >日本の奴婢制度は律令制の崩壊とともに瓦解した。10世紀初頭である平安時代中期の寛平の治から延喜の治の間に奴婢廃止令が出されたとされる。

    >中世に出現し江戸時代に制度化された穢多・非人との間には連続性はなく起源も異なる。

  • 19名無し2017/08/12(Sat) 08:04:58ID:U2Mjg2NTY(1/2)NG通報

    平安以前の奴婢もたしか下手を打った時に身分が落とされるだけで、もとの身分に復帰できたはずだ。親、子、孫と連綿と続く奴婢はいなかったと記憶している。万葉集には奴婢が作った歌もあるよ。
    婢(まかだち)飯食めど うまくもあらず 寝ぬれども 安くもあらず あかねさす 君が心し 忘れかねつも
    日本人のすごいところは、どんな階級のひとでも、ある程度の教養があるということだ。

  • 20流狼2017/08/12(Sat) 09:39:06ID:c3MDY0MzY(9/24)NG通報

    >>19
    でもまあ、「日本に奴婢は居なかった」とは 言えないね。
    【山椒大夫】なんかも『人買い』の話だし。
    >平安時代の末期、陸奥国の掾であった平正氏は、上役の罪に連座して筑紫国へ左遷された。妻と、安寿・厨子王の幼い姉弟は、正氏に会いに行く途中、越後国で人買いに騙され、離ればなれになってしまった。安寿と厨子王は、丹後国の苛烈な荘園領主・山椒大夫に売られ、奴隷としてこき使われるようになる。やがて、成長したふたりは、荘園から脱走することを考えるようになった。そしてある日、安寿は厨子王に脱走をすすめる。厨子王は都への上洛を果たし、関白藤原師実の知遇を得て丹後に国司として赴任(実際は遥任であるが)、厨子王の脱走とともに入水した姉の菩提をとむらうとともに、丹後一帯での人買いを禁止。山椒大夫はやむなく、奴隷を解放し賃金労働者として雇うようになる。その後、母が佐渡国にいると聞きつけた厨子王は、佐渡にむかい、盲人となった母親に再会する。

  • 21ステファン2017/08/12(Sat) 10:01:55ID:c0NTcyODA(3/4)NG通報

    >>12
    どうも4です。
    このスレだけコテハンにしますね。
    ちなみに議論の元になったレスも私のものですよ。

    貴方が言うように奴婢の人口比率はとても高い。朝鮮では農の大部分と工・商が奴婢です。であれば奴婢を一纏めに評価しても意味は無いでしょ?

    注文をつけるとすれば私のコメントは奴婢=ノンキャリア官僚ではなく、ノンキャリア官僚=奴婢です。スレの核心だと思うので、そこは訂正をお願いします。

  • 22倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 10:10:25ID:QxNzA4MzY(1/6)NG通報

    小説の一節にこんなのがあったと記憶している ニャ。

    「メリケンでは洗濯屋の息子が入れ札で大統領になるがゼよ」→「日本を洗濯し候」

    日本の場合は身分に関係無く知識層の幅が広かったのと身分差を乗り越えて登用する指導者の技量が少なからずあったと思う。
    正統性(義典)や血筋に執着せず(第一義ではなかった)利便性や合理性等のバランスをとる思考が古くからあったのであろう。

    ある意味で貪欲(研究熱心)な国民性なのかもしれない ニャ。

  • 23流狼2017/08/12(Sat) 10:22:27ID:c3MDY0MzY(10/24)NG通報

    「江戸時代に 奴隷階級は居なかった」という話だけど、
    【徳川綱吉の生類あわれみの令】は 関係あるのかな?
    >「生類憐みの令」とは数ある法令をまとめた総称であり、その中には「捨て子禁止」や「病人は駕籠(かご)にのって良い」などがありました。
    これは、悪法ではなく現代風に言えば、児童福祉法や救急車をイメージする社会福祉政策ともいうべきものでした。
    (れきし上の人物com.より)

    綱吉の時代は、【元禄】と呼ばれる"江戸文化華やかれし時代"でしたが、未だ戦国時代の気風も残っており、"人命軽視"な風潮が残っており、それを憂いた綱吉が作った法令である…というのが最近の説みたいですね。
    (知らんかったけど、教科書もそうらしい)
    ↓綱吉イケメンwww

  • 24流狼2017/08/12(Sat) 10:24:58ID:c3MDY0MzY(11/24)NG通報

    >>21
    (^0◇0^*)ゞよろしく~♪

    (ハンネ、センス良いね)

  • 25流狼2017/08/12(Sat) 10:28:58ID:c3MDY0MzY(12/24)NG通報

    >>21
    まあ、七~八割が 奴婢じゃあね。
    (まさか、それほどとは)

    (ーー;)恐ろしい国だね。

  • 26名無し2017/08/12(Sat) 10:29:51ID:M2MTA3MjQ(2/5)NG通報

    >>17
    百済押しの韓国人多いけど、結局、地域差別してるという事ですね。

  • 27流狼2017/08/12(Sat) 10:37:38ID:c3MDY0MzY(13/24)NG通報

    >>22
    藩に召し抱えられれば、【侍】だけど、召し抱えられ無くても、【浪人】は居たし、江戸時代後期になれば、『侍株』を 商人が買ったりして、侍になる人も居たみたいだね。
    (農民は、【人別帳】(戸籍)に記録されて、土地に縛られていたみたいだけど
    …記録されないと【無宿人】www)

  • 28倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 10:41:51ID:QxNzA4MzY(2/6)NG通報

    歴史と教育の違いが国民性を育む ニャ。

    朝鮮人(韓国人)→極端(染まり過ぎる、事大主義)
    日本人→合理性(研究熱心と程よい加減)

    正邪、功罪の二面性が有る事を意識しているか知ろうとしない(抹消する)かでは知識と経験の蓄積(歴史の継承)は大きな差になる ニャ。

  • 29倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 11:01:03ID:QxNzA4MzY(3/6)NG通報

    >>27
    日本の場合は戦国時代(下克上)があった事が大きな影響があったと思う ニャ。
    冠位を授かる時は血筋を重んじ、実利的な下克上も同時に存在していた。程よいいい加減さと捉える事が出来ると思う。

    何処の国にもある「下克上」だけれども特亜は「血筋や英雄」を欲する余りにアンタッチャブルな歴史を作り今も続いているよう ニャ。

  • 30流狼2017/08/12(Sat) 11:09:20ID:c3MDY0MzY(14/24)NG通報

    >>28
    「歴史を忘れた民族に未来は無い」www
    (でも、これを最初に言った人、誰なのかな?
    …エンコリ辺りで、韓国人が日本人に 言われそうなワードだけど?)

  • 31流狼2017/08/12(Sat) 11:14:48ID:c3MDY0MzY(15/24)NG通報

    >>29
    だけど、韓国に【下克上】は 起きなかったのかな?
    いくらなんでも、八割も奴隷といえる人間が居たら、いくらでも反乱を起こすことは可能なのにね。
    (現に、秀吉の朝鮮出兵の時に、権力者の城に加藤清正を案内して、ついでに暴れまくったのは、朝鮮現地民だった)

  • 32倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 11:24:09ID:QxNzA4MzY(4/6)NG通報

    >>30
    解らないけど「~忘れた~無い」の言い回しは日本人ポイ ニャ。

    階級制度の壁を突き破る事を諦め利益の追求に傾倒した結果。利益に成らない知識(情報)を嫌うのだろう?そして「他者の利益になる事を嫌う」→悪い加減の出来上がりか?ニャ。

  • 33倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 11:35:06ID:QxNzA4MzY(5/6)NG通報

    >>31
    有ったと思うが中国で「漢族」を重んじるように勝者(支配者)に対して「血統の正当性」を付与しなければ国が纏まらなかったものと推察する。
    そして歴史を抹消し物語を作り出すのだけれども>>32で述べたようになってしまったと思う ニャ。

    歴史と教育は恐い ニャ~。

  • 34倉庫◆aoQJZRtfIo2017/08/12(Sat) 11:56:14ID:QxNzA4MzY(6/6)NG通報

    こんな見方も出来ます ニャ。
    日本は帝(みかど)を神輿(揺るぎ無いもの)として実務者の争い。
    朝鮮は実務者=支配者=王の争い。
    その他の愚民は巻き込まれずに勝者に依存する簡単な生き方を選んだ。
    「一揆」等は不満の捌け口で大義名分を後付けしたように思えてくる ニャ。

  • 35名無し2017/08/12(Sat) 12:21:48ID:g0NTgxMjA(1/1)NG通報

    >>30
    韓国の独立運動家で歴史家、言論人でもあった申采浩(シン・チェホ)(1880~1936年)の名言といわれる。(又は彼の名言として後世の人が広めた)

    本来、韓国人自らに向けた戒めと激励のためであって、日本に向けたものではない。その意味は現時点でいえば、「日本に侵略され支配された歴史を忘れず、再びそういう悲劇を招かないようがんばろう」ということになる。ところが今や支配された方(韓国)が支配した方(日本)にしきりに「歴史を忘れるな」と言っている。

    だそうです。
    愚かですね。

  • 36名無し2017/08/12(Sat) 12:34:55ID:M2MTA3MjQ(3/5)NG通報

    1894年の甲午改革と1909年韓国統監府の戸籍制度を導入で日本が奴隷廃止にしたことは、韓国ではなかったことになってるんだろうな……。

    1980年にソウルで発行された本には「奴婢の制度は支配階級のひどい虐待のもとで、ごく最近まで続いた。1920年代においても朝鮮の家庭ではほとんど例外なく、聴直・床奴・上直・住込み女中などという奴婢を置いていた。」と記されている[10]

  • 37流狼2017/08/12(Sat) 13:00:06ID:c3MDY0MzY(16/24)NG通報

    >>35
    なるほどね、やっぱり、韓国人に対しての言葉なんですね。

  • 38名無し2017/08/12(Sat) 13:06:33ID:kzMjQzNjQ(1/6)NG通報

    >>23
    平安時代末期の藤原氏による一連の改革で、奴婢も完全に撤廃されている。
    鎌倉~江戸の間に、庶民の土地所有が可能になっている。

    奴婢というと、アメリカの奴隷制度みたいなイメージがあるけど
    実際はロシア帝国ロマノフ朝の『農奴』制に近い。
    日本も朝鮮半島も、中国から身分制度が入ってきた。

    古代社会では、『国の土地は全て皇帝(王様)の所有物』『土地に住んでいる人間も皇帝(王様)の所有物』だった。その後、皇籍のある家臣などに土地の所有を認める様になった。
    公領と私領の違いは、税金の収める先。税率も違ったし、戦争の時などに動員される兵士も公兵と私兵に別れていた。
    公領に住んでいる人が公民で、私領に住んでいる人が私民で、奴婢身分。
    当時の税金は、品物と労働力の供出が主だった。
    公民を雇うと給料の支払いが必要だったけど、税の一部として提供される奴婢の労働は、給料の支払いは必要なかった。
    (国が税の一部として公民の労働を提供させる時は、当然給料は発生しない)

  • 39名無し2017/08/12(Sat) 13:07:02ID:kzMjQzNjQ(2/6)NG通報

    >>23
    日本の場合だと、飛鳥時代の改革で、土地の所有権は天皇から国に変わる。
    その時に一部の土地は、天皇領として残された。
    天皇は、天皇領から后や家臣に土地を分け与えた。
    定期的に改革が行われて、私領がの所有が制限されたりしてたけどね。

    大阪の交野は、第30代敏達天皇)が額田部皇女(後の推古天皇)を皇后にした時に、『皇后領』として送った土地。住んでた人達は、皇后の部民(ベノタミ)として、私部となった。
    税金の納付先も、天皇から皇后に変わったし、税金の種類も一部変わった(白布の物納量が増えたり、女性召使いの供出が増えたり)

    皇后の為の仕事をする役所が私府(きさいふ)。私府の役人が私官(きさいかん)。
    皇后の為に農耕や、身の回りの世話をする人々は、総称して私部(きさいべ)。
    皇后領のになった村を総称して私部内といい、
    その中心で5日毎に市が開かれていた村を私市。と呼んだ(私市の地名は今も残っている)

    まあ、その後直ぐに、私領の所有が制限されて、額田部皇女も皇后領の一部を国に供出するんだけどね。
    その後も、公領と私領の面積は変化を続け、平安時代には国司が自己開拓した土地は私領として所有oKになったりもした。
    農民達が開発をした土地を、私領として貴族達に献上したりという事もあった
    それで度々、制度改革などが起きてる。
    その後、税としての労働力の提供がなくなり、土地の個人所有が認めれて奴婢身分も消えた。

  • 40名無し2017/08/12(Sat) 13:17:19ID:kzMjQzNjQ(3/6)NG通報

    >>29
    それは関係ない。

    日本は平安時代後期に貨幣経済に突入した。
    この時期に、税制改革が行われている。

    税金=決めれた品物+労働力の提供
    ↓↓↓↓
    税金=決められて品物+銭(貨幣)

    税金として納める『労働力の提供』が無くなったので、奴婢身分も消えた。

    朝鮮半島では貨幣経済への移行が遅れたので、近代まで奴婢身分が残った。

  • 41名無し2017/08/12(Sat) 13:47:05ID:QxOTYwMzI(1/1)NG通報

    >>17
    현재 조선인의 지역차별은
    한국전쟁 이후 경상도가 군사쿠테타로 패권을 잡고
    독재를 하면서 생긴것이다

    과거에 전라도를 지역 차별했다는것은
    경상도인들이 전라도를 차별에 대한 정당성을 위한 수단일뿐

    조선의 근대사를 보면 조선인들은

    한국전쟁 400만명 학살 군사 쿠테타 독재 수십만명학살하고 반공과 반일 애국 파시즘으로 내부의 단결을 도모

    이런 과정을 거치면서 전라도와 경상도는 극과극 정반대의 정치 사상을 가지게 되었다

    경상도는 군사 독재 찬양 민간인 학살 찬양

    왜냐하면 조선인의 대통령은 경상도고 자기 지역은 발전 시켜주니까

    전라도는 항상 반일을 빼곤 반대의 정치 사상으로 반대

    조선인은 항상 자기 지역의 대통령만 뽑고 대통령은 항상 자기 지역의 경제 발전을 최우선으로 했다.

    그 결과 경상도가 인구가 제일 많기 때문에 경상도에사만 대통령이 선출되었다 그 결과 수도권을 제외하고
    경상도만 공장이나 먹고 살수 있는 것들을 많이 만들어줬다

  • 42名無し2017/08/12(Sat) 14:04:21ID:M2MTA3MjQ(4/5)NG通報

    >>41
    なるほど、わかりやすくありがとう。
    という事は、北朝鮮出身の大統領は、非情に危ないという事になりますね。
    北朝鮮優遇で韓国財政を牛耳られたら、大変なことに……。

  • 43名無し2017/08/12(Sat) 14:25:16ID:kzMjQzNjQ(4/6)NG通報

    >>20
    平安時代も、良民の人身売買は禁止。浚って売るのも禁止。
    なので、厨子王が都で朝廷塗った得た時点で、人買いの山岡太夫や山椒大夫の犯罪が確定している

    元は説経節ておいう、神仏の加護を説くお話の一部。
    だから事実ではないよ。

  • 44流狼2017/08/12(Sat) 15:57:02ID:c3MDY0MzY(17/24)NG通報

    >>43
    なるほど。
    厨子王家族が良民以上の身分だったから、同情を誘う物語になったのかな?
    平安時代に奴婢制度が残っていた…ということは、奴婢の身分だったら、『当然のこと』として"物語"にならなかったかもしれませんね。

  • 45名無し2017/08/12(Sat) 17:58:34ID:kzMjQzNjQ(5/6)NG通報

    >>44
    奴婢身分の者でも、その主人に断り無く勝手に売ったら犯罪です
    奴婢の身分でも、拉致されてた。とかなら犯罪ですし。(自分で村を逃げ出していても、拉致自体が犯罪行為)

    当時はいろんな理由で住んでた土地から逃げ出したり浮浪民となった人を【散所の民】と呼んでた。
    住んでる所(土地・村)から散った民。と言う意味。
    で、そういう言う人を欺して借金で縛って働かせたり拉致したり売り飛ばしたりして財をなした人を【散所太夫】と呼んだ。
    散所の太夫は、バレたら罰を与えられたし、財産没収とかもあった。

    その歴史的事実を、当時の民に判りやすくより劇的に神罰を加えて語り物にしたのが説経節の『さんせう太夫』。
    浮民の話より、貴種流浪譚の方が受けが良い。と言う理由で、主人公は貴種です。

  • 46名無し2017/08/12(Sat) 18:17:35ID:kzMjQzNjQ(6/6)NG通報

    >>44
    説経節だと、奴婢や散民、良民が主役ってのもありますよ
    貴種流離譚と成り上がり(出世物語)は、受けが良いですから

  • 47名無し2017/08/12(Sat) 19:14:20ID:U2Mjg2NTY(2/2)NG通報

    >>42 そんなことは有らへんやろ。大阪出身の大統領は、大阪のために何もしよらへんかった。
    竹島に上陸し天皇陛下の悪口まで言いよった。

  • 48ステファン2017/08/12(Sat) 19:25:49ID:c0NTcyODA(4/4)NG通報

    奴婢の定義が難しいですよね。
    日本なら「小作農」、「商家の丁稚」、「職人の徒弟」こういうものはどうでしょうか。
    もちろん市場で売買されたわけではありませんが、支度金等の名目で実質的には人身売買ではないかと。
    もちろんそれは当時の社会システムとして受容されたものであり、現在の価値観・倫理観から善悪の判断をしようというものではありません。

  • 49名無し2017/08/12(Sat) 19:37:11ID:M2MTA3MjQ(5/5)NG通報

    >>47
    それは、反日叫ぶだけで韓国の支持率とれるし、当時の民団、民主党も売国で同調してたからね。

  • 50流狼2017/08/12(Sat) 21:12:25ID:c3MDY0MzY(18/24)NG通報

    >>45
    ペットを車で曳いたら、ペット傷害罪…じゃなくて、器物破損…みたいなものですかね。
    (-o-;)やはり、『人の命を所有』というのは、違和感を感じますね。

  • 51流狼2017/08/12(Sat) 21:18:15ID:c3MDY0MzY(19/24)NG通報

    >>46
    ああ、なるほど。
    今でも、成り上がり物は、面白いですからね。

  • 52流狼2017/08/12(Sat) 21:32:56ID:c3MDY0MzY(20/24)NG通報

    >>48
    昔なら、小作農家の人も 現代は サラリーマンになって、立場や価値観が逆転していますね。
    …因みに、僕は 与太郎な赤字経営農家です(笑)。
    …丁稚奉公も、現代に同じことをしたら、労基法違反で ブラックも良いとこ(笑)。しかも、無賃労働に堪えても、番頭や暖簾分けさせて貰えるのは、数人…。(笑)
    (この辺は、給料を除けば、今の会社と同じかな?)

    …現代の【奴隷】なら、リ○○○ト等から『中抜き』されまくる【制約社員】かな?
    原○労働者なんか、酷いみたいだね。国から助成が出てもそれまでむしられる。

    …って、なにも『現代の奴隷』が争点じゃないwww

  • 53流狼2017/08/13(Sun) 09:02:20ID:YyNTU5Mzk(21/24)NG通報

    >>41
    『慶尚道による 全羅道大量虐さつ』犯。
    もやもやとして、はっきりしなかったけど、
    【西北青年団】が 実行犯…ということで良いですか?

    【西北青年団】スレ、建てました。

  • 54名無し2017/08/13(Sun) 19:08:41ID:U3MzUxMjk(1/1)NG通報

    >>48
    韓国で言うなら、身分は
    良民(両班、中人、常人)
    賎民(七般公賤、八般私賎)に別れていた

    両班と中人が、所謂貴族階級。
    両班は科挙試験を受ける権利があり、上級役人
    中人は、中級~下級役人。科挙試験を受ける権利はないけど、中国語教育等を受けていた

    その下で実務的な役職についていたのが、奴婢出身の公賎。
    韓国儒教は、文化の尖鋭化が起こって変質した
    『上に立つ者がよく考えて、下の者がその考えに従って動くことで社会がより良くなる』
    という考え方が尖鋭化した結果、
    『良民は考える(だけで働かない)』『賎民は(考えずに)上の者に従う』
    という社会になった。

    宮廷といえどもそれは同じ。
    (皇帝や皇后の世話という)肉体労働を伴う以上、宮女は賎民の仕事だ

    ※良民の農民は、食事の時の箸の使用を許可されてたらしい(賎民は、箸の使用を制限されてた)

  • 55名無し2017/08/13(Sun) 19:13:12ID:U2NDU4MTA(1/2)NG通報

    몽고가 고려에 간섭을 할때 같은 고려인을 노예로 삼는것이 너무 심하다고 신분 해방해라고 해도 고려귀족들은 무시 조선반도는 외세의 간섭이 없으면 노예제도가 1000년 10000년 이어진다. 북한을 보라

  • 56名無し2017/08/13(Sun) 19:16:55ID:U2NDU4MTA(2/2)NG通報

    >>41 한국전쟁이 일어나기 전에도 북한의 황해도에서도 전라도인을 비하하는 단어가 있었다. 전라도 차별은 경상도 정권과 무관하다. 조선말기 에 서양에서 온 선교사들의 기록에도 전라도 인을 버릇없다고 다른조선 사람들이 싫어 한다고 한다.

  • 57流狼2017/08/13(Sun) 19:47:29ID:YyNTU5Mzk(22/24)NG通報

    >>54
    「民族の八割が奴婢」ってなれば、当然そうなるよね。
    一見、名称だけな感じがするけど、【奴婢】で ある以上、二割の特権階級により、八割の奴婢は「売り買い」されるわけだ。
    …そんな特権、日帝に奪われたら、「千年恨み」たくなるか(笑)。

  • 58流狼2017/08/13(Sun) 19:53:27ID:YyNTU5Mzk(23/24)NG通報

    >>55
    (^_^;)うーん…
    あの"モンゴル"でさえ、「朝鮮の奴婢制度は酷い」と思った、ということですか…。

  • 59流狼2017/08/13(Sun) 19:56:46ID:YyNTU5Mzk(24/24)NG通報

    >>56
    全羅道差別は、根深く、歴史の長いものなのですね。
    "差別する側"が 止めようとしない限り、終わらないような気がします。

  • 60名無し2017/08/14(Mon) 20:02:09ID:E4NzYzNjg(1/1)NG通報

    >>57
    一口に奴婢といっても、職業や技術によって待遇の優劣はあったみたいだよ

    高技術を持った奴婢は高値で売買されたけど、元の主人への人的保証的な意味合いがあった。
    其処は、現代のプロ野球のFAの金銭保証に似てる

    なので、一部の奴婢が、ノンキァリってのは間違いではない。

  • 61ららら太陽2017/08/14(Mon) 22:16:08ID:AwNDY0NjA(1/1)NG通報

    実際に人を雇用しようとしたら分かるよ。
    分かるのはコイツ駄目と弾く人しかわからない。誰がこの会社に向いているとか全くわからない。
    今は学歴という指針があるから選別出来るだけで、その選別も正しいとは言えない。
    昔は学歴が身分だっただけだと思うよ。みんな学歴は小学校卒業ぐらいだったし…

    学歴の欠点は能力という事でなく、高卒の平均より大卒の平均の方が能力は高い。しかし、大卒の方が給与が高いし、女性なら稼働年齢が短いからコスパで見るならどちらが優れているか全くわからない。給与が同じなら学歴は正しいのだけどね。
    昔は給与は同じだったのだから身分で採用決めるのは、なかなか優れた方法だったかもしれない。

  • 62名無し2017/08/15(Tue) 08:02:27

    このレスは削除されています

  • 63流狼2017/08/15(Tue) 14:59:39ID:k5Nzk4MjM(2/5)NG通報

    【韓国の奴婢】ググっていたら、
    【enjoyKorea】に引っ掛かった。
    魚拓かな?
    過去スレかな?

    他のスレにも貼ったけど、
    【奴婢カタログ】

  • 64流狼2017/08/15(Tue) 15:02:20ID:k5Nzk4MjM(3/5)NG通報

    【奴婢市場】

  • 65流狼2017/08/15(Tue) 15:03:15ID:k5Nzk4MjM(4/5)NG通報

    【奴婢の証文】

  • 66流狼2017/08/15(Tue) 15:17:26ID:k5Nzk4MjM(5/5)NG通報

    先祖が奴婢でも、恥じいることは無い。
    なんと言っても、八割が奴婢なら、奴婢であることが常識なのだから。

    ただ、そんな奴婢の身分から解放した日帝に、恩を報いろ、とは言わない。
    「人は生まれながらに平等」なのだから。
    当時の日本人も、そう思い、解放したのだろう。
    だから、道を作り、インフラを整備し、朝鮮の独立を願ったのだ。
    …故 伊藤博文公のように。

    …怨んだのは、旧両班・良民だけだったのだろう。
    だから、奴婢から解放された 殆どの朝鮮人は喜んで"日本人"になったのだろう。

    …だが、その子孫の韓国人は、先祖が奴婢であったことを隠し(おそらく、子孫に伝えていないのだろう)「自分の先祖は両班だ」と、【両班】のつもりで、日本を怨む。

    …それは、『人として』どうなのかな。
    日本人の倫理観なら、そうだ。