NBAの元選手・ロッドマン氏が訪朝

5

  • 1名無し2017/06/15(Thu) 17:22:54ID:c0NjM4MTU(1/1)NG通報

    NBAの元選手・ロッドマン氏が訪朝した直後に北朝鮮で拘束されていた米バージニア大の学生が解放されました。トランプとも“太いパイプ”を持っているといわれており、米朝の橋渡しを期待する声も


    13日、いきなり訪朝し、来週まで平壌に滞在する米プロバスケットボール(NBA)の元選手、デニス・ロッドマン。過去に少なくとも4回訪朝し、そのうち3回は金正恩委員長と面会。一緒に誕生日祝いをしたり、バスケの試合を観戦している。“独裁者”と太いパイプを持つ男だけに、今回の電撃訪朝は何かミッションがあるのではないかという見方が浮上している。

     トランプ政権は弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に圧力をかける一方、北朝鮮との対話も進めている。先月は米朝高官が欧州で非公式に接触。来月上旬にシンガポールで開催される「北東アジア協力対話」でも双方が6カ国協議再開の糸口を探るとみられている。

     果たしてロッドマンは米国のメッセージを伝えるための密使なのか。コリア・レポート編集長の辺真一氏が言う

  • 2シコリアン2017/06/15(Thu) 18:50:39ID:M0Mzk0MDA(1/1)NG通報

    ニダ

  • 3方舟さくら丸2017/06/15(Thu) 19:40:50ID:I2MDk2OTU(1/1)NG通報

    デニス、何やってんだよ、ファンだったのに
    まるで、猪木さんみたいじゃないか・・・・orz

  • 4名無し2017/06/15(Thu) 20:10:57ID:ExODYxNzA(1/2)NG通報

    「金正恩&ロッドマン」北朝鮮美女からむちゃくちゃ嫌われる理由
    http://dailynk.jp/archives/90482

    金正恩党委員長の「マブダチ」を自称する米プロバスケットボールNBAの元スター選手であるデニス・ロッドマン氏が13日、北京経由で北朝鮮を訪れた。金正恩党委員長との面会が注目されるが、本稿を執筆している時点(15日)、北朝鮮は報道していない。

    ロッドマン氏が訪朝するのは2014年以来、3年ぶりとなる。2014年の訪朝時には、金正恩氏と仲良くバスケットボールのエキビジョンマッチを観戦した。観戦したのは1月8日、すなわち金正恩氏の誕生日であり、ロッドマン氏は、ハッピーバースデーを歌うというサプライズらしき演出で正恩氏を大喜びさせた。
    YouTubehttps://youtu.be/gVY_72NETnQ
    いささか馬鹿げたイベントだったものの、ロッドマン氏は、金正恩氏の誕生日を事実上明らかにした。

    また、金正恩氏・李雪主(リ・ソルチュ)夫妻にチュエという娘がいることも証言した。ロッドマン氏の訪朝は、目的はどうあれ、謎多き金正恩ファミリーの内幕を知る意味で大いに役立った。
    この時の金正恩氏とロッドマン氏が並んで座って仲良さげに談笑する様子は、翌日の朝鮮労働党機関紙・労働新聞の一面に掲載された。ロッドマン氏もVIP待遇でもてなされ、さぞかし気分がよかっただろう。

    しかし、ロッドマン一行を接待する北朝鮮当局の関係者は、大変だったと伝え聞く。

    当然ながら、ロッドマン一行を招いたパーティーが開かれたわけだが、そこには名門学院から女学生たちがコンパニオンとして動員された。密室の中で何があったのかはわからないが、パーティーの乱痴気騒ぎに付き合わされた彼女たちは陰で泣いていたという情報が漏れ伝わった。

    それだけではない。一説によると乱痴気騒ぎでしこたま酒を飲んで酩酊した賓客が、脱糞してしまったという噂さえ流れた。筆者は、さすがにそれはないだろうと内部情報筋に確認をとったところ、肯定する情報も否定する情報も得られなかった。

  • 5名無し2017/06/24(Sat) 09:25:11ID:EyNjg5OTI(2/2)NG通報

    ワームビア氏の解放にロッドマン氏も関与? 米テレビで本人主張
    http://www.sankei.com/world/news/170624/wor1706240020-n1.html

    今月13~17日に北朝鮮を訪問した米プロバスケットボールNBAの元スター選手、デニス・ロッドマン氏は23日放送の米ABCテレビの報道番組に出演し、北朝鮮当局に拘束されていた故オットー・ワームビア氏の解放に自身も関与したことを示唆した。

    ロッドマン氏は「今回の訪問によって良いことが起きた」と指摘。米国務省とワームビア氏の父親は「ロッドマン氏は解放に一切関与していない」としているが、番組に同席したロッドマン氏の代理人は「訪朝前、北朝鮮当局にロッドマン氏の意向として(オットー氏の)解放を3回要請した」と明らかにした。

    代理人はまた、今回の訪朝の準備に際し、北朝鮮当局に「将来のスポーツ交流のためには解放によって善意を示すことが必要だと伝えた」とし、「彼らも分かったと言っていた」と述べた。

    ロッドマン氏は今回、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働委員長とは面会しなかったとしているが、8月に北朝鮮を再訪問する意向を表明、「その際には金氏と面会し、本人が意見を語ってくると思う」とした。

    また、金氏とは「一緒にカラオケを歌い、乗馬をする間柄だ」と明かし、「人々は北朝鮮の良い面を見ない」「金氏と話せば別の側面も分かる」などと主張した。