인류 역사상 가장 많은 사람을 죽인 나라 top6

98

  • 1ㅇㅇ2017/06/13(Tue) 15:47:11ID:c0ODE5NjE通報

    http://incompetech.com/music/royalty-free/index.html?isrc=USUAN1100321

    6위 몽골제국
    5위 일본제국
    4위 대영제국
    3위 나치 독일
    2위 소련
    1위 중국

  • 49こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:05:46ID:Q2OTE5NzA(24/62)NG通報

    韓国併合時代、列強はどんなことをしていたか…

    ◇イギリス…オーストラリアのタスマニア人(3千人以上)を皆殺○にしている。
    ◇ドイツ …ユダヤ人のジェノサイドを試みる。
    ◇アメリカ…奴隷の売買をしたり、買ってきた奴隷と白人とを結ばせ、子供を産ませて大儲けしたりしていた。(奴隷牧場)

    これらに対して日本は、35年の朝鮮統治を通じて、民衆を獣以下の扱いにしたことは一度もない。

  • 50こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:07:25ID:Q2OTE5NzA(25/62)NG通報

    アイルランドの受難史は、語って語り尽くせない。イギリスの不当な支配は12世紀に始まる。エリザベス女王(一世)はイギリス貴族を入植させた。
    イギリスの歴史教科書では大英雄とされるクロムウェルは、アイルランドを攻めて数千人を虐殺した。宗教・政治・経済、あらゆる面でイギリス人はアイルランド人を掠奪し搾取した。

    1801年、イギリスに合併された後に起った1845~49年のジャガイモ飢饉。数十万が餓死したが、イギリス地主は平然と小作料を取り立て続けた。死ななかった者は新大陸に棄民された。

    後年、皮肉にもその人々が、テロによりイギリス支配に抵抗するIRAの強力な後援者になった。

  • 51こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:11:57ID:Q2OTE5NzA(26/62)NG通報

    アメリカ建国の歴史?

    ヨーロッパの宗教戦争や国内の政治紛争のため、ヨーロッパに、はじめのうちは特にイギリスに住みにくくなった人たちが(悪く言えばイギリスで食い詰めた連中が)、インディアンが住んでいるところに勝手に侵入してきた。

    はじめ少人数の頃は、仲良くやろうという態度で接していたが、どんどん入植する白人が増えてくると、鉄砲で脅したり、ウィスキーで酔わせたりして片っ端からインディアンの土地を奪っていった。反抗する部族があれば、これ幸いと大虐殺を繰り返した。そしてバッファローなどインディアンの生活基盤となる動物を殆ど絶滅させ、インディアン自体を無力にした。

    広い土地の農業に手が足りないと、アフリカから大量の黒人を奴隷として輸入し、その貿易によってボストンは繁栄し、またその奴隷を使って南部は豊かになった。
    イギリスに防衛を任せながらも、税金を払いたくなくて戦争になったが、イギリスと敵対していたフランスが助けてくれたので勝つことができた。

    独立宣言文は、巨大な嘘と偽善の文書である。後にテキサス問題を悪用してメキシコシティを軍事占領し、テキサスを自国に編入し、アリゾナ・ニューメキシコ・カリフォルニアなどのメキシコ領を安く売らせて自国のものにした。
    太平洋ではハワイ王朝を滅ぼし、フィリピンを植民地とした。

  • 52こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:15:53ID:Q2OTE5NzA(27/62)NG通報

    そもそも、満洲事変の起きた1931年は、フランスでも植民地帝国主義が爛熟を極めたとも言える年であった。パリではこの年、「国際植民地博覧会」なる一大イベントが大々的に開催された。

    これは、それまでの1世紀にわたるフランスの植民地事業を総括し、フランスと植民地が不可分であることを国の内外にアピールするのを目的とした「フランス植民地帝国主義の集大成」といった趣をなすものであった。

    会場にはアンコールワットをはじめ、各植民地の著名な建造物の巨大な複製品が築かれていた。
    さらに、各植民地から動員された現地住民は見世物同然に来場者の目に晒されるように配置され、民族に優劣の序列をつけるようなパネルも展示されていた。

  • 53こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:18:04ID:Q2OTE5NzA(28/62)NG通報

    英国の植民地政策は狡猾を極めた。
    まずインド農村の税制を強化、生活難におとしいれ、次にマラヤ、ビルマ(現ミャンマー)など周辺地のゴム園、茶園の賃金水準をインドの3倍以上に設定、インド人が海外出稼ぎに出ざるを得ないように仕向けるのである。

    この政策実現により各地の商品作物の栽培は急増、英国の貿易輸出額の3分の1を占めるに至るのである。

  • 54こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:19:36ID:Q2OTE5NzA(29/62)NG通報

    日帝が両班階級による横暴を取り締まったので、民衆の生活は楽になりました。民衆の側から見れば、李朝時代よりも日本統治時代のほうが、生活があらゆる面でよくなったから、対日感情は決して悪いものではなかったんです。
    だから、独立運動が広範な支持を受けることがなかった」とは、ある韓国人の証言。

    朴泰赫 加瀬英明「醜い韓国人(歴史検証編)

  • 55こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:21:45ID:Q2OTE5NzA(30/62)NG通報

    実際に統治下にあった朝鮮人民は、どのように感じていたのだろうか?
    韓国研究者のヒルデ・カンは、アメリカ在住の韓国系住民51名に日本統治下に関する聞き取り調査を行った。(2001年)

    彼女の調査には「日本人が朝鮮人民に対して親切であったり、尊敬の態度を取ったりした」という証言や、「朝鮮人官僚が日本人の同僚と同じ給料、平等の待遇を得て、昇進の可能性もあった」といった証言を読むことが出来る。日本側の「傲慢さ」や「野蛮な行為」についての証言はあったものの、「非人道的行為」の存在を主張したものはいなかったのである。
    その一方、刑務所で朝鮮人の職員に拷問にかけられた体験を語る者もいれば、「朝鮮の人々の土地を奪ったのは、他の朝鮮人などであった」という指摘も見られた。 

  • 56こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:22:52ID:Q2OTE5NzA(31/62)NG通報

    日本時代、朝鮮では3・1独立運動(1919年)と光州学生運動(1929年)以外には、これといった反日騒擾がおきたことはない。

    3・1運動をみても、今日教科書では当時の日本軍の鎮圧ぶりを誇張している面がある。全国規模のデモは発生したが、日本の警察は運動に加わったという理由では1人も逮捕しなかったし、暴動を主導した人々に対しても、大半は訓戒と軽い罰金刑ですませた。 

  • 57こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:24:04ID:Q2OTE5NzA(32/62)NG通報

    日本は統治後しばらくして、初期の武断統治的な姿勢を根本的に改めた。
    そして事実、生活の蹂躙に至るような統治をしないことを一貫させ、法治主義に徹していった。
    過酷な統治を布いたのは日本ではなく、日本統治以前の李朝政権であり、戦後の金日成政権や李承晩政権だった。
    日本統治はそれらとはおよそ比較にならない善政だったし、人々はそれらの時代とは比較にならない平和で豊かな一時代を過ごした。

  • 58こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:25:01ID:Q2OTE5NzA(33/62)NG通報

    朝鮮総督府の武断政治は、大韓帝国の皇帝や両班(官吏)による政治ほど『武断』ではなく、憲兵警察との二本立ての制度がフランスと同じで、主な目的は朝鮮人警察に対する汚職防止と治安維持だった。併合初期の治安維持には大きな貢献をしている。たとえば1908年10月から翌年の初年度に発生した傷害事件は780回、延べ34,400人にのぼったが、5年後には5回、延べ
    45人にまで減少したのである。

  • 59こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:26:31ID:Q2OTE5NzA(34/62)NG通報

    吉野作造が日本に感謝していた朝鮮人本人から聞いた発言…「自分の父祖の代までは、其蓄積せる多額の財産に眼をつけられて、故なくして府の長官から捕縛せられ其度毎に多額の身代金を取られたものだが、斯くの如き不当の侵害は今日なくなった。是れ全く日本の統治以来のことだ」

    当時の日本では、朝鮮の男性に嫁いだ日本女性には表彰状まで与えられた。朝鮮と日本の血を混ぜて、一体化をはかるべく「内鮮結婚」を大いに奨励した。
    日本軍に志願して採用された時、小躍りして喜び、「家族は赤飯を炊いて祝ってくれた」と回想した韓国人もいた。

  • 60こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:27:54ID:Q2OTE5NzA(35/62)NG通報

    朝鮮半島が日本統治だった当時は、「日本人・朝鮮人」などと言おうものなら、彼らに猛烈に反駁された。彼らも日本人なのだからと言う理由である。 《小野田寛郎 正論2005/1月号》

    石橋湛山が調べたところ、日本国民1人当たりの国家予算の支出は10円54銭であり、植民地住民1人当たりのそれは9円46銭で、殆ど差がなかった。(大正時代)
    それに対し植民地から得られる収益は、支出をはるかに下回った。つまり日本は、台湾や朝鮮から経済的利益を得ていたとはいえない。

  • 61こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:29:40ID:Q2OTE5NzA(36/62)NG通報

    大東亜戦争では、多くの台湾人・朝鮮人が志願兵となった。1938年の初めての朝鮮での募集では約8倍に、1943年には約60倍に達した。強制だったというが、全てがそうとは考えられない。朝鮮出身の金錫源は少佐で、日本兵を率いて中国北部で戦った。
    (朝鮮人の最高位は洪思翊中将)
    朝鮮・台湾人の青年の中にも「日本人として認められたい」と考えて志願した人が多くいた。

    朝鮮・台湾では、現地住民は総督府レベルの政治には参加できなかった。しかし国政レベルでは、内地在住の朝鮮人・台湾人には選挙権・被選挙権とも認められていた。
    (東京から朴春琴が2回衆議院に当選)

    逆に朝鮮・台湾に在住する内地人には選挙権がなかった。

  • 62こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:30:51ID:Q2OTE5NzA(37/62)NG通報

    韓国人でも軍隊内で昇進できた。(洪中将・朴元大統領は関東軍の中尉、など)
    このことは世界的に見れば極めて異例。
    例えばイギリス軍ではインド人がイギリス人に命令を下すことはなかったし、アメリカ軍でも有色人種は白人に命令できなかった。ところが日本軍ではコリア人であろうが台湾人であろうが、将校になれば兵隊はその上官の命令に従わなければならない。

  • 63こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:32:45ID:Q2OTE5NzA(38/62)NG通報

    日韓は連合国家であり、そうなった場合どちらかがリーダーシップをとらなければならない。
    この時は、大きい方が強い方がとることは世の常。

    日本の植民地はきわめて政治目的で(防衛目的)、基本的に儲けるためにやってないし儲かる構造にもなっていない。

    当時の朝鮮の労働者は、どのような立場に置かれていたか。ホワード大学教授であるスン・ウォン・パーク(韓国系)は、朝鮮の労働者が総督府の統治政策に一定の支持を与えていたと指摘している。
    植民地時代、朝鮮の労働者に起きた重要な変化は、「努力による昇進」が可能になったことだとパークは論じる。それによって自主性を持ち、自ら責任を負う「熟練工」が生まれ、貴重な人的資産となったのである。
    …朝鮮人民は単なる「無言」で「受け身」で「無力」な被害者ではなかったし、総督府の政策も必ずしも独裁的・専制的なものではなく、それどころか「合理的」であったとパークは論じる。

  • 64こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:34:06ID:Q2OTE5NzA(39/62)NG通報

    戦時中の「朝鮮人民志願制度」に関する最新の研究成果である、ブランドン・パルマー(ハワイ大学)の「日本の戦争による朝鮮人動員1937-1945」(05年)の中で、彼は「もし日本人が朝鮮人民を抑圧していたのが事実ならば、なぜ、彼らに兵士として銃を与えることが可能だったのか」と問うた。

    パルマーは、朝鮮出身の将校の指揮の下に日本人の兵士が置かれたことに注目する。たしかにインド人指揮官が英国兵を指揮したり、インドネシア人指揮官がオランダ兵に命令を下すといった図式は考えられないだろう。

  • 65こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:36:10ID:Q2OTE5NzA(40/62)NG通報

    第二次大戦後、エコノミストが日本の朝鮮支配を決算してみたら、日本側の大幅な赤字だった。(欧米が植民地から大量の富を収奪したのとは大違い)

    日本は、朝鮮を植民地ではなく、拡大された日本の一部と考えていたから、莫大な投資を惜しまなかった。 金完燮 「親日派のための弁明」

    朝鮮人の朴春琴は、1932年の衆院選挙に立候補して当選している。
    (日本風の名前を名乗らずに)
    原則的には日本国民として選挙権も被選挙権さえも持っていた。

  • 66名無し2017/06/13(Tue) 18:36:34ID:U5MTk4Mjk(3/3)NG通報

    >>63
    ・・・もうそろそろ切りの良い所で切り上げては?
    韓国人もグウの音も出ていないようだし

  • 67こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:37:18ID:Q2OTE5NzA(41/62)NG通報

    韓国の教科書では、ひどい弾圧を受けている民衆がそれに屈することなく勇敢に闘った、戦後の解放を勝ち取るまでの間、いかに徹底して植民地政策に対する自主救国運動を展開し続けたか、というように激しい抵抗と闘争によって韓国人は頑張ってきたと書かれている。
    もしそれだけの激しい闘争があったのならば、韓国全土には常時強力な軍事支配が布かれていなければならないはずだ。しかしそんな事実は全くなかった。大多数の人々がとりたてて抵抗をすることなく、比較的よく統治の秩序に従ったのが事実である。
    そして日米開戦となり朝鮮半島にも危機が訪れたことによって、家族や郷土の生活を守るために日本人と同じように日本の戦時政策に協力していった。   呉善花 正論2002/2月号

  • 68こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:39:17ID:Q2OTE5NzA(42/62)NG通報

    帝国主義全盛時代に列強各国が植民地に建設した鉄道は、多くの場合、生産地での収穫を港湾から本国もしくは輸出先へ運び出すことのみを目的としていた。専ら資源収奪の機能を担うことから、宗主国が鉄道を現地に根ざした交通ネットワークとして位置づけることは稀であった。

    経営史の観点から日本統治下の植民地鉄道を考察した高橋泰隆著「日本植民地鉄道史論」
    (平成7年・日本経済評論社)は、朝鮮の鉄道が基本的に産業鉄道であり、「『旅客収入』型であり、経営不振が特徴」であることを指摘している。
    これは、旅客輸送が過密だったのではなく、貨物輸送が相対的に少なかったことによるものだが、
    旅客収入が多く貨物輸送が不振という性格は、資源収奪型の典型的植民地鉄道とは矛盾するものである。

  • 69こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:40:38ID:Q2OTE5NzA(43/62)NG通報

    こうした鉄道が、仮に当時の朝鮮人にとって「何の役にも立たなかった」のであれば、日本統治終了後に直ちに放棄・廃止されてもおかしくない。だが、実際には終戦後も大半が運行を続けている。現在、韓国・北朝鮮の双方にある合計約8千キロの鉄道のうち、日本時代の開通路線は全体の約7割を占め、今も国内交通の重要なネットワークとして機能している。

    インド独立の父と称されるガンジーが、南アフリカを訪れた時のこと。彼は一等車の切符を持っていたにもかかわらず、鉄道員から貨車へ移るよう迫られ、拒絶すると巡査によって荷物もろとも車外へ無理やり放り出されたという。

    欧米列強の植民地において、鉄道の利用においても被支配階級が差別を受けることが世界的に珍しくなかった当時、朝鮮の鉄道では利用上の民族差別は存在しなかった。
    朝鮮総督府鉄道局発行の「朝鮮旅行案内記」(昭和9年)に掲載された、特急「ひかり」最後尾の展望デッキに白いチョゴリの女性が立つ宣伝写真は、朝鮮人も一等に乗車できることが当然の前提であることを物語る。

  • 70こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:42:04ID:Q2OTE5NzA(44/62)NG通報

    庶民レベルにおいても旅客の中心は圧倒的に朝鮮人であり、旅客サービスもこれに対応できる体制だった。朝鮮語で切符を買うことができ、駅名票から弁当の包み紙に至るまで、漢字を中心にしつつ平仮名とハングルが併記された。
    駅名が漢字の日本語読みを基本とする点に批判的な見解もあるが、日本の統治下である以上、筆頭公用語である日本語が基本となるのは当然だし、意味が諒解される限りどう読もうが勝手というのが、東アジア文化圏における共通語としての漢字の本質である。朝鮮人が漢字を充分に解した当時、漢字中心の表記は日本人と朝鮮人の共通語を用いた必要充分の方法と言える。


    >>68 >>69 >>70 小牟田哲彦 「韓国・北朝鮮の嘘を見破る」

  • 71こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:45:36ID:Q2OTE5NzA(45/62)NG通報

    日本の統治は女性も解放した。
    例えば、朝鮮では夫が死んでも女性は再婚できず、
    その後に出来た子供を殺○嬰児殺しが絶えなかった。
    夫に死なれた女性が再婚できるようにしたのも、朝鮮総督府だった。

  • 72こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:47:51ID:Q2OTE5NzA(46/62)NG通報

    引退して間もない頃、韓国・ソウル郊外の山里で、サムゲタン(参鶏湯)を食べるテレビのロケがあった。出迎えてくれた老母は感激して、初対面の私を抱きしめてくれた。
    「あなたたちは私の息子だ。よく来てくれた」と流暢な日本語で話し、「故郷」や「旅愁」などの唱歌を何曲も口ずさんでくれる。
    聞くと、日本統治時代に本土からやってきた校長に習ったという。
    「素晴らしい先生で恩を感じているのです」という。
    韓国の田舎で、日本人と韓国人との間に生まれた縁に心が温まった。

    ところが、テレビ局のディレクターは「すみません、日本語で話さないでください」という。
    理由は「日本が植民地化していた当時を視聴者に思い起こさせてしまうから」らしい。
    何とあさましい了見か。ありのままの姿を伝えるべき、と思った私はその場をこらえて、打ち上げの席で猛抗議し、楽しい夕食の場を台無しにしてしまった。 

                               舞の海秀平 産経新聞2014/9/25

  • 73こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:54:38ID:Q2OTE5NzA(47/62)NG通報

    ●華僑について

    ◇海外華僑は福建人が嚆矢となった。客家人が多いのも歴代王朝の栄枯盛衰が激しく、追いつめられた”中国版・平家の落人”たちが、主として福建から海外へ逃れたからだ。やむを得ず故国を離れた人々である。

    ◇第二波の海外流出は広東人。阿片戦争の前後に奴隷のごとく米国に売られた苦力の子孫である。

  • 74こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:55:25ID:Q2OTE5NzA(48/62)NG通報

    東南アジアで日本は、民をやっつけに行ったのではなく、そこに居座る宗主国をやっつけたのだ。確かにその地の華僑は反発したが、それは東南アジアの民ではなく、植民地に寄生し宗主国の手足になって搾取のおこぼれを吸っていた連中だ。彼らは利権を守るために、宗主国とともに日本と闘った敵の一員だった。 (現実に今もシンガポールにその華僑がいる)

    高山正之 正論

  • 75こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:56:09ID:Q2OTE5NzA(49/62)NG通報

    「東南アジアの反日感情」と言うのは、植民地支配下でアングロサクソン側について利益を得ていた「華僑」である。自分たちの利益が失われるもんだから、日本に対して猛烈に反発しゲリラになって戦った。(東南アジアでは、華僑と現地人では日本に対する感情が全然違う)

  • 76こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:56:36ID:Q2OTE5NzA(50/62)NG通報

    華僑は、フランス植民地のベトナムで10歳の子供からも人頭税を取り立て、さらには阿片公社も運営して仏印経済を掌握した。マレーやビルマでも阿片売買で儲け、英国人に並んでゴム園のオーナーに納まる富豪もでてきた。表向きは独立国だったタイも内情は同じで、英国の影響下で華僑がその経済実権を握っていた。

  • 77こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 18:59:10ID:Q2OTE5NzA(51/62)NG通報

    インドネシアも、実は華僑が深く絡んでいる。オランダが植民地化すると同時に入り込んだ華僑は、ベトナムやミャンマーと同じようにオランダ人のよき下僕として仕えながら、経済実権を握ってきた。 

    戦後オランダが追われた後も、よその東南アジア諸国と同じに華僑たちは居座り、同じように追放や焼き打ちに遭いながらも彼らは生き残った。

    それどころか、彼らは植民地時代と同じ地位を確保したどころか、よその国々には見られないパターンとなる。彼らが新しい”宗主国”に祭り上げたのがスハルト・ファミリーで、ワナンディ兄弟とかリム・スイリョンとかの華僑グループがそれを支えるという構図だ。
    インドネシアは時を経てオランダからの独立戦争を始める時期と同じ形に戻されたともいえる。

    高山正之 「世界は腹黒い」

  • 78こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:01:02ID:Q2OTE5NzA(52/62)NG通報

    日本軍がシンガポールに迫ってきた時、マレー半島とシンガポールの華僑は義勇軍を組織して立ち上がったが、たちまち粉砕された。その蹴散らされた華僑たちは、一般市民の中に逃げ込んでしまった。

    英軍を打ち破ってシンガポールに入城・占領した日本軍は、市民の中に紛れ込んだ華僑義勇軍のゲリラに悩まされることになった。(市民だと思って油断していると後ろからズドン!とやられたり、いたるところに罠や爆弾を仕掛けた)そこでゲリラらしき者は全て捕らえることになったが、この時抵抗した者や怪しい動きの者はその場で殺した。

    これは合法である。ハーグの陸戦規定では、交戦者は…
    ①遠くからでも識別できる軍装をしていること。
    ②武器は外から見えるように持っていること。
    ③どんな集団にも責任ある隊長がいること。
    …と定められている。この条件を満たさない者は、種々の権利を有する捕虜になる資格がない。ということは山賊・野盗と見なすしかないわけだから(正規軍の兵でないのに武器を隠し持っている者)、これは見つけ次第殺してもかまわないという国際的合意がなされている。

  • 79こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:02:20ID:Q2OTE5NzA(53/62)NG通報

    マレーシアやシンガポールでは、「日本軍に虐殺された中国系市民」と言われているが、彼らは決して市民ではない。そればかりか、ゲリラとなってその付近一帯の市民の生命を危機にさらした。(どうしてもゲリラに間違われる市民もいるため)

    レーシアやシンガポールの華僑の一部のやったことは、イギリスの裁判官でさえ死刑が当然であると見なした行為だった。
    (日本軍が行った華僑の死刑に対して、その判事だった日本の日下判事は無罪となった)

    渡部昇一 「渡部昇一の「国益原論」入門」

  • 80こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:03:59ID:Q2OTE5NzA(54/62)NG通報

    太平洋戦争開戦時、シンガポールを含むマレー半島の華僑の子弟の70%は、共産党員だった。

    現在もASEANの華僑は、北京とワシントンの対日動向に敏感だし、日本資本が自分たちの得意とする農業や流通の分野に入ってくることに、本能的に反発する。つまりこれまでのように、現地人から甘い汁を自由に吸われなくなることを恐れるわけだ。むしろ日本資本と組むよりは、アメリカ資本と提携したほうがいいと考える。
    (昔、宗主国資本と組んで、現地人から「安全に」搾取したことが忘れられないのだろう)

    立以前は、自分たちの稼ぎに対する現地人の反感も、現在のように焼き討ちや略奪などに発展しなかった。植民地官憲は、そのような民衆サイドの反抗を徹底的に抑圧してくれたが、占領時代の日本軍はむしろ現地人サイドに立ったから、日本は華僑に逆恨みされてしまった。

  • 81こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:04:48ID:Q2OTE5NzA(55/62)NG通報

    最近ASEANでも日本の「侵略性」の声が大きくなってきた理由
    ①独立戦争を戦った親日的世代が少なくなってきた。
    ②欧米留学組のエリートが台頭。政治・経済・文化など各方面の指導的地位に立った。
    ③植民地時代を知らない国民の間に、国家的・民族的アイデンティティーの要求が高まってきた。(独立戦争における旧日本兵の協力の否定)
    ④そこに太平洋戦争を侵略とする、共産党的ないし欧米的定義が浸透する基盤となった。
    ⑤華僑資本が握っているマスコミの影響。

  • 82こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:06:56ID:Q2OTE5NzA(56/62)NG通報

    シンガポールは過半数が中国人の国である。マレーシアは国民の3割が中国人である。

    東南アジアは、タイを除いて17~19世紀まで次々と西洋の植民地にされてきた。
    これによってそれまで海のシルクロードを握っていたイスラム商人やインド商人が後退し、それに代わって中国大陸の東南沿岸から流れ着いた華僑労働者たちが、湾岸都市を掌握しはじめた。そして次第に経済力をつけ、東南アジアにおける列強の番頭を任されるようになった。
    (華僑は商売が精神的な拠り所だった)

    華僑は現地人と違い、稼いだ利益は殆ど地元に還元しない。死んだ親類縁者を祀る殿堂の建設費用に回し、貧しい現地人をよそに、誰も住まない殿堂に冷房まで完備するようなところがあった。また、決して地域に溶け込もうとしなかった。

    19世紀、華僑は列強と手を結び、現地人を搾取し始めた。現地民の華僑排斥運動は、そのまま独立運動へと変化した。この構図が再び逆転したのは、戦後になって東南アジアが解放され独立した後だった。

    黄文雄 「「龍」を気取る中国「虎」の威を借る韓国」

  • 83こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:07:38ID:Q2OTE5NzA(57/62)NG通報

    ベトナムでフランス人の手先になって搾取をほしいままにした華僑をベトナム人は憎み、南北ベトナムが統一された後、ベトナム政府が最初にやったのが中国人の追放だった。世にボートピープルと呼ばれる難民の大部分は、その中国人だったのだ。
    この処置に登小平の中国が怒ってベトナム懲罰のために軍事攻勢をかけた。79年のいわゆる中越戦争だ。しかし逆にひどい大敗を喫する。
    《高山正之 「歪曲報道」他の著書「変見自在マッカーサーは慰安婦がお好き」》

  • 84こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:08:10ID:Q2OTE5NzA(58/62)NG通報

    アジア各国のマスコミは、ほぼ華僑の手中にある。華僑は北京の指令を受けずとも商売敵として日本企業排斥だから、「反日」を連日のように繰り返す。72年からタイとインドネシアを襲った反日暴動も、追跡調査の結果、地元の華僑が軍資金を出して「反日」を煽り、実際には「反華僑」運動をすり替えていた経過が判明している。
    《宮崎正弘 「崩壊する中国 逃げ遅れる日本》」》

  • 85こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:09:25ID:Q2OTE5NzA(59/62)NG通報

    インドネシアはもともと親日的な国だ。かつて田中角栄訪問時に反日暴動が組織されたが、それは背後で華僑が画策していたからである。日頃から現地で恨まれる華僑は憎しみの対象をすり替えようとしたのだ。

    現在、1,400万人もの人口を抱えるジャカルタで、「たぶん200万人は華僑でしょう」とタクシーの運転手が答えた。それほど多数の華僑がインドネシア経済の金融、通信、運輸などビジネスの根幹を抑えている。華僑も三世、四世となっており、「華人」と呼んだほうが良い。

  • 86こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:11:06ID:Q2OTE5NzA(60/62)NG通報

    人民日報には英語版、日本語版のほか各国語のバージョンをネット配信している。スワヒリ語版まである。それだけでも大変な影響力だが、じつはもっと大きな広がりがある。
    東南アジアのチャイナタウンで発行されている華字紙に露骨に影響力が浸透しているのだ。
    そしてこれらのメディアは、世界各国に散った華僑と華人ならびに新移民、留学生など合計3千万人に、甚大かつ深刻な影響力を及ぼしている。

    例を挙げよう。南沙、西沙群島を軍事占拠してフィリピン、ベトナム、インドネシアなどと対峙し、日本の尖閣諸島を突如「あれは中国の核心的利益」と言い出した覇権主義に各国が反発を強めているのに、人民日報は「関係国は挑発を止めろ」とあべこべの論陣を張る。中国共産党のプロパガンダである。

    ところが、この身勝手な言い分もアジアの華字紙からニューヨークで発行されている共産党寄りの華字紙、それを通してニューヨーク・タイムズなどにも反映される。害毒は計り知れないのだ。  宮崎正弘 正論2013/9月号

  • 87飛翔天女2017/06/13(Tue) 19:11:08ID:Q5NzI3MTM(1/1)NG通報

    あらら、韓国人が居なくなっちゃったねぇ〜

  • 88こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:13:06ID:Q2OTE5NzA(61/62)NG通報

    >>63
    わかりました。

  • 89こんばんは?◆jzZU9y1tAo2017/06/13(Tue) 19:34:26ID:Q2OTE5NzA(62/62)NG通報

    >>66
    失礼、アンカー間違え。わかりました。

  • 90たぶん日本人2017/06/14(Wed) 12:39:25ID:EwNzI2MTg(1/1)NG通報

    韓国人を5000万人ぶっ転ばせば1番になれるかな?
    世界平和に貢献できるかな?

  • 91名無し2017/06/14(Wed) 12:44:42ID:QwNjAyNjY(1/2)NG通報

    >>1
    多くの自国民を殺した政府なら、韓国と北朝鮮で5位以内に入りそう。
    ところで、韓国人は近代の自国の歴史をちゃんと習ってるの?

  • 92名無し2017/06/14(Wed) 12:48:12ID:QwNjAyNjY(2/2)NG通報

    >>1
    アメリカがないのも解せないな。
    世界各国に爆弾を落とした国だぜ?

  • 93名無し2017/06/14(Wed) 12:50:34ID:c4NzEzNg=(3/3)NG通報

    韓国人が一番幸せだった時代は、併合時代なんだよね
    なんでもいたれりつくせりで、最終局面以外は戦争に駆り出されることもなかった
    やることはお勉強と趣味を持ち、文化を育て、自国を自分で運営できるように賢くなることだけだった
    つまりそんな簡単なことも韓国人にはできなかったんだなぁ

  • 94名無し2017/06/14(Wed) 14:38:05ID:MxOTU0MDI(1/1)NG通報

    朝鮮戦争で400万人が死んでるし、朝鮮はトップ5に余裕で入りそうだが?
    しかも無抵抗の一般自国民を大量虐殺してるし。
    現実に残虐なのはどこの国でしょうかねぇwww

  • 95名無し2017/06/15(Thu) 01:21:37ID:U5MTgwMDU(1/1)NG通報

    人類の中でもっともバカで力無くて情け無くて嘘つきな国!!
    ウヒャヒャヒャWWW

  • 96名無し2017/06/15(Thu) 19:16:33ID:I1MDkwOTA(1/1)NG通報

    >>1
    まだ、貼られていないようなので。ご参考までに。

  • 97たぶん日本人2017/06/16(Fri) 10:51:28ID:ExNzkwMDg(1/1)NG通報

    朝鮮人は今、世界各国に喧嘩を売ってる国
    弱い犬ほどよく吠える・・・
    虎の威を借る狐

    日本は自分は猫だと思っている虎

  • 98名無し2017/06/16(Fri) 10:58:13ID:k4MTI4NzI(1/1)NG通報

    米軍が殺した日本人の数も

    なぜか、日本の殺害としてカウントされている件