諌死の伝統についての議論

25

  • 1名無し2017/01/20(Fri) 18:37:11ID:UyNDA4NDg(1/1)NG通報

     先日韓国で僧侶が焼身自殺を敢行したとのニュースが日本にも伝わった。この人物の主張内容は、それこそ日本との合意への反対などを含むものだったようだが、それは抜きにして、いずれにしても非常に興味深い伝統である諌死ということについて議論できないだろうか。
     背景は儒教なのか仏教なのか。歴史的なものあるいは現代におけるもの、あるいはその政治的意義や成果などなど
     

  • 2名無し2017/01/20(Fri) 23:50:00ID:k5MjAwMA=(1/1)NG通報

    >>1
    兎さんは、お釈迦様に捧げるものがないからと、自ら火に飛び込み、自らの肉を、食料として捧げた。
    関係ないかな?
    チベットでも、中共の侵略に抗議して、焼身自殺した人が、いなかったか?

  • 3名無し2017/01/20(Fri) 23:53:18ID:I1MTgzNjA(1/1)NG通報

    でもこいつら水をかぶってからやるんだぜ
    だから死亡率は低い
    パフォーマンスだからな
    流血するブッチャーみたいなもん

  • 4일본 음악 좋아2017/01/21(Sat) 00:04:32ID:k4NzYyMTc(1/1)NG通報

    YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=APmUWC8S1_M

    Yeah, we gotta take the power back!!!

  • 5名無し2017/01/21(Sat) 07:17:07ID:I1ODYzNTc(1/1)NG通報

    >>2
    それ知らないな。捨身飼虎ってんなら知っているけど。諌死ではないけど、名前があるなら教えて欲しいな

  • 6名無し2017/01/21(Sat) 09:57:09ID:I5OTM4MDQ(1/1)NG通報

    >>5
    それ俺も聞いたことがあるな
    軽く調べてみたら「ジャータカ物語 兎の話」がヒットした
    読んでみたが、これは俺の知ってる話じゃない
    多分この話が変形したものを記憶してるんだと思う
    ウサギが火に飛び込むシーンがマンガの絵の記憶であるから
    可能性としては手塚治虫の「ブッダ」かもしれん

  • 7左巻きの名無しさん2017/01/21(Sat) 14:24:11ID:MxMzg0MzU(1/4)NG通報

    >>6

     「ウサギの見返りを求めない布施の心が見てとれます」とか、ぞっとする解釈迄飛出す程に、ウサギは自己主張をしない達観した存在として取扱われる逸話がある様ですね。 
     福岡には、大陸に修行に行った僧が助けたウサギが、帰りの船で時化に会うと、自らの身を犠牲にして海に身投げし、時化を鎮め、龍に成ったとの逸話が残っていたりします。

     従って、ウサギは自己主張をしない達観した存在なので、自己主張を込めた自己焼却演出は、良く見ても、仏教の中道路線とは離れた「苦行」となり、最早、仏教とは言えないかと想います。これを、他人に求める様に成れば、只のテロリストと言うことに成りますかね。

     放火は、廻りの人に迷惑をかけますので、心安らかに山奥で静かに断食でもして往生して欲しいものです。基本的に仏教は殺生禁止ですから、他を巻き込んでは成らない。

  • 8名無し2017/01/21(Sat) 16:15:25ID:U5MjM1MjM(1/1)NG通報

    >>7
    ただ諌死というのは仏教のみが背景ではないし、焼身だけが諌死の手段ではないですよ。まあ、韓国の僧侶にしても大統領を批判してのことだったし、本当は政治家がもっと責任を取るようなシステムを確立するのが好ましいのでしょうけどね

  • 9名無し2017/01/21(Sat) 16:48:18ID:Y3NzcxOTM(1/1)NG通報

    焼肉の起源は韓国ニダ!!

  • 10名無し2017/01/21(Sat) 16:58:21ID:Q5NjI2MTg(1/1)NG通報

    お諫め申し上げてからの簒奪
    男なら一度なら憧れるシチュエーション!!!

  • 11左巻きの名無しさん2017/01/21(Sat) 17:44:06ID:MxMzg0MzU(2/4)NG通報

    >>8

     自分のこのレスの視点は、仏教との関わりの有無に触れたものです。「諌死」の視点で視れば、そうですね。

     自殺では無いにしろ、江戸期に於ける「直訴」は聴き入れられても死罪、受け付けられなければ、その場で無礼討ちなので、それも含めて良いのかもですね。

     さて、その百姓名主は、宗教や正義心とかでしたのでしょうか?

     「我欲」を総て心に納め、村全体暮らしの安寧を図ろうと、捨て身で権力者の意思に身を委ねたものでしょう。無論、周りにせっつかれて嫌々と言うことも在ったでしょうけど。

     そんな割切れない心を抱えながら、覚悟して臨むものが「諌死」でしょう。風上の離れた所に、ポリタンクを置く、この焼身フォーマンスは違いますよ。そこには、誰かに消して貰って名声を得たいとの邪念が感じられます。形は仏僧でも、その物騒な心の中は既に、仏教徒ではない。自分にはそう想えます。

  • 12名無し2017/01/21(Sat) 17:51:18ID:YzMDg3OTU(1/1)NG通報

    南ベトナムでも僧侶の焼身があった。
    当時の南ベトナム大統領夫人は
    「人間バーベキューに過ぎない」と言い放って
    自分たちの生活や行動を省みることなど無かった。
    抗議の焼身など無意味。

  • 13名無し2017/01/21(Sat) 19:12:27ID:A3MDI0ODU(1/1)NG通報

    >>11
    >>12
    ベトナムでの焼身自殺は政権崩壊の遠因になったんですよ。政治的効果について言えば十分あったと言えます。

  • 14名無し2017/01/21(Sat) 23:07:26ID:c1MDE5Njc(1/2)NG通報

    >>6
    手塚治の『ブッダ』で間違いない。

    手塚治が、仏教説話(本性経)を改編したんだよ。
    本来は、兎=輪廻中の仏陀。
    帝釈天はウサギ(=お釈迦様)の菩薩行が真実のものかを試そうと、乞食僧に姿をかえて肉を求めた。
    ウサギは自らの体を捧げようと火に飛び込んだが、まったく火に焼けなかった。そんなウサギの菩薩行に、帝釈天は感服。
    帝釈天は、月にウサギの姿を刻んだ。

    仏陀を数えきれない前世で、このような菩薩行を行ってきたのだ。

    というのが『本性経』の月とウサギのはなし。

    ここから派生して、衆生を救う為に命を投げ出すのも修行の1つとなった。
    社会変革の抗議のために修行僧が焼身往生するのは、衆生を救う荒行の一環

  • 15名無し2017/01/21(Sat) 23:18:39ID:c1MDE5Njc(2/2)NG通報

    >>11
    雑学だが、直訴は村の代表の他、くじ引きで決めることもあった。
    神明裁判と同じ。その場合、残された家族の面倒は、村で負担する決まりだった。大抵は、村の寺で遺族を引き取り(寺内は俗世間とは違うので、藩の法律の枠外。という名目)、その食いぶちは村人で割って用意してた。
    遺族が親なら死ぬまで。子供なら、成人して一人前になるまで。

    直訴は失敗して無礼打ちになっても、直訴状を元に隠密が派遣されて実態調査をされることが多かった。結果国替えになれば、新領主は遺族を調べて、村での扶養を命じるのが一般的だった

  • 16名無し2017/01/21(Sat) 23:31:29ID:EwOTQxNzQ(1/1)NG通報

    2002年のワールドカップの時、「精霊となって韓国を応援する」と言って焼身自殺を図った韓国人のニュースを覚えている。

  • 17左巻きの名無しさん2017/01/22(Sun) 00:27:52ID:EwOTg2NzA(3/4)NG通報

    >>15

     情報有難う^^/。

     何故か、仏教の在り方には、口出ししてしまいますね。自覚は無いし、お経も読めないけど、外目には仏教徒なのかな(笑)。

  • 18名無し2017/01/22(Sun) 06:24:16ID:EwNDkzOTk(1/1)NG通報

    >>16
    本当かよ、って思って検索したら、マジで出てきた。ここまでする奴がいるなら反則しても勝たんとあかんね。
    http://japanese.joins.com/article/529/28529.html?servcode=400&sectcode=400

  • 19名無し2017/01/22(Sun) 16:45:47ID:g1Nzk2NjA(1/1)NG通報

    >>1
    韓国人の書き込みが薄いな。韓国でも諌死はしばしばあるようで、それについて韓国人はどう思っているもんなのか知りたいのだが

  • 20名無し2017/01/22(Sun) 17:42:09ID:MyNzUxNDA(1/1)NG通報

    분신자살 승려는 텐노 반자이 외치며 적함에 돌진하던 가미가제 특공대 같은 잘못된 애국관을 가진 사람이지

  • 21左巻きの名無しさん2017/01/25(Wed) 05:26:36ID:Q5NzkzNzU(4/4)NG通報

    >>20

     君にとっては、その僧侶も特攻隊員も同列なのだね。


     当時の日本人には、半島由来の「朝鮮人系」の日本国臣民も居て、志願して戦闘機乗りに成り、特攻隊員として出撃している。
     その隊員にも「内地人」系の日本国臣民同様に、郷里には家族も親戚も居て、同じ様に割切れぬ思いを懐きつつ将来の日本、つまり家族の安寧の為と覚悟を決め、飛び立ったのだよ。片道の燃料と発射することの無い戦艦を吹飛ばす威力をも持つ爆弾を積んで。
     その隊員の故郷には、その想いを踏み躙る輩がはびこるとは救われない。

     田舎住まいの身なので、上京の機会は殆ど無いが、次の機会には、靖国参拝で、そんな隊員の鎮魂も祈って来るよ。日本人特攻隊員して。

  • 22名無し2017/01/25(Wed) 09:22:15ID:M3NTYwMDA(1/1)NG通報

    >>20
    たとえがよく分からないな。命を捨てたのは良いとしても、大統領弾劾して日本との取り決めを撤回しろと訴えたのは良くない、ってことなら、21は早とちりのおっちょこちょいだと思うが…
    それとも諌死それ自体がよくないってことなのかな?それは韓国人として一般的な意見なのだろうか

  • 23名無し2017/01/25(Wed) 10:23:14ID:UyMjE2MjU(1/1)NG通報

    チョンウォン僧侶(64歳)光州虐殺に抵抗する仏教弾圧共同対策委員会の一員
    朴槿恵大統領の退陣を求めるろうそく集会
    遺書 李在明(イ・ジェミョン)城南市長へ「大統領になって売国奴と積弊を清算してほしい」。
    「朴槿恵は内乱事犯。警察は朴槿恵を逮捕せよ。警察の公権力も国民から生じている」
    昨年の1月、政府庁舎別館に火炎瓶を投げようとして逮捕。

    信仰を死守した殉教のようには見えない。

  • 24名無し2017/01/25(Wed) 14:08:03ID:YxMDgxMjU(1/1)NG通報

    >>23
    坊主の火炎瓶とは驚く。どちらかというと、自殺に終わるという形も含めてアモクに近いのかもしれませんね

  • 25名無し2017/02/14(Tue) 21:48:01ID:k0MjMzOTA(1/1)NG通報

    >>1
    実際、韓国からよく諌死の報が届くが、それは日本より政治的に混乱していることもあるのだろう。にもかかわらずどうも韓国人には諌死についての定見がないのか、と思うと確かに残念ですね

レス投稿